PocketWi-Fi SoftBank Air

工事なしのWi-Fiでオンラインゲーム・PS4を遊ぶなら選ぶのはどれ【おすすめのネットWi-Fi】

更新日:

PS4などのゲーム機器でオンラインゲームをするなら、基本的には光回線(固定回線)を引くのが一番良いです。しかし、建物の事情などで開通工事ができないなど光回線を契約できないケースもありますよね。

そんな時に頼りになるのが、工事なしで導入できるネットWi-Fiです。

工事をしないということは、スマホと同じモバイル回線を利用したWi-Fiになるので、通信速度でいうと光回線には劣ります。しかし工事ができないのなら致し方ない。

工事なしで導入できるネットWi-Fiとして候補になるのは2つ。ソフトバンクの「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」か、ワイモバイルの「ポケットWi-Fi」です。

簡単な特徴

SoftBank Air(公式HP)
……ソフトバンクが提供している据え置き型Wi-Fi。工事は不要、コンセントに挿して電源ONすればすぐにネットが使えるようになります。

ポケットWi-Fi(公式HP)
……ワイモバイルが提供しているモバイルWi-Fi。ポケットサイズのWi-Fiで、家の中はもちろん外へ持ち運ぶことも可能。

では、SoftBank AirとポケットWi-FiはそれぞれPS4などのオンラインゲームが快適にプレイできるのか?

しむまる
私は実際に両サービスとも利用経験がある(Softbank Airは現在も利用中)なので、詳しく解説していきます!

 

おすすめのWi-FiはSoftBank Air(ソフトバンクエアー)|速度やオンラインゲームのプレイ感は?

まず最初に結論を言ってしまいます。

個人的にSoftBank AirかポケットWi-Fiかで言えば、自宅でオンラインゲームをする目的であればSoftBank Airの方がおすすめです。これは実際に両方を経験した上での率直な感想。

なぜかSoftBank Airなのかというと、

  • 私が実際にSoftBank Airでオンラインゲームをできている
  • 通信量制限がない(○日で○GBまでルールがなく使い放題)
  • 速度制限がポケットWi-Fiより緩い

という3つの理由が大きいです。

この辺りについてまずは説明しておきましょう。

SoftBank Airで実際にオンラインゲームできている

「SoftBank Airでオンラインゲームがちゃんとできるか?」というテーマについては、当サイトの別記事で腐る程レビュー体験記事を書いてきました。

人気のスプラトゥーンモンハン、ジャンルはFPSから格ゲー、機種はPS4からニンテンドースイッチまであらゆるゲームを実際にプレイしてみた結果、まとめると以下のような感じです。

ポイント

  • ほとんどゲームは問題なく普通にプレイできた
  • 格ゲーはオンライン対戦になるとラグが発生することがある
  • FPSはタイトルによっては重くなる(バトルフィールド1が重かった)
  • ゲームのアップデートやダウンロードは時間がかかる

基本的にほとんどのゲームはSoftBank Air回線でも普通にプレイできています。夜間に速度低下を受けた状態でも許容範囲で、わりと普通にプレイできます。

ラグの発生や重さが気になったのは、検証したタイトルの中では格ゲー(ストリートファイター30thアニバーサリーコレクション検証記事)のオンライン対戦時とバトルフィールド1(FPS検証記事)くらいでした。

格ゲーのオンライン対戦は相手側の通信レベルも影響してくるので検証が難しいのですが、一瞬のラグが命取りになるので格ゲーオンライン対戦だけは厳しいイメージです。

ここでは結果だけ書きましたが、ゲーム検証についてもっと詳しくは下記のまとめ記事を書いたので、参考にしてください。

検証まとめ
有線必須?SoftBank AirでオンラインゲームやPS4はできるか検証まとめ【ネトゲ/ソフトバンクエアー検証レビュー】

ソフトバンクAirは「置くだけインターネット」と称され、工事不要でコンセントにつなぐだけで即ネットが使える手軽さが最大のメリットです。 しかしその反面、あくまでモバイル回線を利用したWi-Fiサービス ...

続きを見る

しむまる
ただし後述しますが、SoftBank Airは利用エリアによって速度が全然変わってくるので、この結果はあくまで私のエリア・通信環境での話です。

ソフトバンクエアーは使い放題|通信量制限はなし

SoftBank Air

(うちで使っているSoftBank Air。最新のターミナル3。コンセントに繋ぐだけでOK)

まず当たり前ですが、SoftBank Airは使い放題のWi-Fiです。オンラインゲームをやる上で通信量を気にする必要はありません。

対するポケットWi-Fiも使い放題プランがあるにはあるのですが、ポケットWi-Fiには3日間で10GB以上使うと速度が最大1Mbpsまで制限されるというルールが存在するのです。

下り1Mbpsまで制限されるとオンラインゲームはなかなか厳しいものがあります。なのでポケットWi-Fiだと3日で10GB以上は使えず、1ヶ月(30日換算)だと100GBくらいが実質上限になってしまいます(※この点は後述のポケットWi-Fiの項目でも解説)。

その点、SoftBank Airには「○日間で○GBまで」という一律ルールはありません。通信量を気にせずオンラインゲームをするなら、SoftBank Airの方が安心というわけです。

SoftBank Airの通信速度/速度制限について

SoftBank Airはモバイル回線サービスなので、利用するエリア(地域)によって通信速度が大きく変わる性質があります。

なのであくまで参考にしかならないのですが、私の通信環境でSoftBank Airの速度をテストしてみるとこんな感じです↓

<朝8時>

<昼12時>

<夕方17時>

<夜20時>

  • 【朝8時】下り83.6Mbps/上り6.02Mbps/Ping31ms
  • 【昼12時】下り45.8Mbps/上り6.89Mbps/Ping28ms
  • 【夕方17時】下り98.1Mbps/上り7.38Mbps/Ping29ms
  • 【夜20時】下り9.52Mbps/上り7.43Mbps/Ping33ms

日によって数値は上下するのですが、この数値はいい方ですね。平均すると朝〜夕方までであれば下り30〜60Mbpsくらいの範囲に収まることが多いイメージです。

ただし見てわかる通り、SoftBank Airは夜間から(大体20時くらいから)速度低下しやすいです。これがSoftBak Airの速度制限になります。

ポケットWi-Fiのように「3日間で10GBまで」といった一律ルールはないものの、「回線が混雑した場合には一時的に速度を制限する場合がある」という言い方で公式に明記されています。

しむまる
回線が混雑しやすいのは大体夜間(21時以降)なので、この辺りから速度がガクンと下がります。大体毎日のように下がると思っておいていいです(笑)

とはいえ、SoftBank Airは速度制限を受けても下り7〜10Mbpsくらいは出ます。

ポケットWi-Fiは制限されると”最大”で下り1Mbpsになるので、それに比べるとSoftBank Airの速度制限はかなり緩いです。数値だけでなく実際に体感的にも全然緩いです。

制限されど下り8Mbps程度が出せれば、ネットサーフィンや動画は普通に観れますし、オンラインゲームも大体は普通にプレイできるレベルです。

この速度制限のゆるさで比較しても、やはりSoftBank Airの方がポケットWi-Fiよりマシですね。

しむまる
ただ、これは私がSoftBank Airの利用可能エリア(最大速度261Mbpsエリア)で使っているからです。

エリアが外れると使い物にならないので、まずは自分の住所がSoftBank Airのエリア圏内かどうかを必ず確認が必要です。

エリア情報は、公式サイト内の「住所別下り最大速度情報」というページで確認できます。

右の「対応速度」というのはSoftBank Airがそのエリアで出せる最大速度。つまり、これらのエリアならSoftBank Airで最大261Mbpsの速度が出せるということです。私が使っているのも「261Mbps」のエリアです。

逆に言うと、このエリア情報に掲載されていないエリアは、速度レベルがダダ下がることが公式にも記載されています。

SoftBank Air提供エリアで、上記に記載のない地域は、下り最大175Mbps/165Mbps/112.5Mbps/110Mbpsを提供しております。

SoftBank Air公式サイトより)

予め言っておくと、このエリアに載っていない市町村に住んでいる場合はSoftBank Airは諦めた方がいいです。

契約検討する際は、まず最初に下記の公式サイトで必ず自宅のエリアをチェックしておいてください。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  

参考記事SoftBank Airのエリアを確認する方法。自宅が対象エリア外の対策まで

関連記事【レビュー検証】SoftBank Airは速度が遅い?評判が割れる理由

 

ソフトバンクエアーの月額料金(購入/レンタル)

ソフトバンクAirの月額料金は、Airターミナルを「購入」するか「レンタル」するかで変わってきます。

現在行われている月額1000円割引/12ヶ月間のキャンペーンが”購入プラン限定”なので、基本的には購入してしまった方が金額的にはお得です。

→ SoftBank Air公式サイトでキャンペーンをチェック!

(※キャンペーン終了時期は未定。早めに申し込みましょう)

購入した場合の利用料金

レンタルした場合の購入料金

レンタルした場合はキャンペーン割引が適用されない上、元の月額料金も購入プランより高いです。

購入プランは分割払いにすると36ヶ月分割になるのがネックですが、トータル料金でいうとお得になります。

※キャンペーンは予告なく終了する場合があります。現在の料金プラン詳細は公式サイトで必ずご確認ください

→ SoftBank Air公式サイトで料金プランを見る

しむまる
ソフトバンクAirについては下記記事に詳しくまとめています。
契約手順
ソフトバンクエアー
【簡単10分】SoftBank Airの申し込み手順〜設置方法を画像付きで解説します【ソフトバンクエアー】

しむまるこの記事では、SoftBank AirのWeb申し込みの手順から、実際に届いたAirターミナルを設置するまでの手順を画像付きで分かりやすく解説していきます。 SoftBank Airは家電量販 ...

続きを見る

評価レビュー
SoftBank Airの外箱
SoftBank Air 本音の評価レビュー!実際使ってわかったメリットデメリット全て【ソフトバンクエアー】

SoftBank Airを使い始めて1年弱くらいになりました。 ここ数年は仕事の関係で引越しが多くなったので、開通工事が不要でコンセントに挿すだけでネットが使えるSoftBank Airを契約してみた ...

続きを見る

 

 

持ち運びもできるワイモバイルのポケットWi-Fi「603HW」

続いて、もう一つの候補であるワイモバイルのポケットWi-Fiについて。

ポケットWi-Fiにはいろんな機種があるのですが、私が実際に使っているのは「603HW」という機種。603WH自体のレビュー記事も以下に書いているので、気になれば参照ください。

レビューワイモバイルのPocket WiFi「603WH」レビュー|通信速度や使用感をまとめ

ポケットWi-FiはSoftBank Airと同じくモバイル回線を利用したサービスなので、ぶっちゃけ回線の質としてはほとんど同じサービスです。

ではSoftBank Airとの違いは何かというと、

SoftBank Airとの違い

  • 有線LAN非対応。ゲームプレイは夜間になると若干重くなるイメージ
  • 3日間で10GB以上使うと速度制限ルールあり(1Mbps以下)
  • ポケットサイズのWi-Fiなので外へ持ち運び可能

この3点ですね。

オンラインゲームは基本的にはできるが、夜間はやや重くなる

ポケットWi-Fiのオンラインゲーム検証についても、詳しくは下記記事で書いています。

検証記事
ワイモバイルのポケットWi-FiでPS4やオンラインゲームが快適プレイできるか検証してみた

ワイモバイルが展開しているであるポケットWi-Fi(Pocket WiFi)は、外出先で仕事をするノマドワーカーや、自宅に光回線を引かない人の代用ネット回線として人気があります。 ただ、自宅ネット回線 ...

続きを見る

検証ではPS4のバトルフィールド4をプレイしてみましたが、結果だけいうと、朝から夕方までは普通にプレイできるものの夜20時以降は重さが気になり始めます。

夜に回線混雑してくるとキャラの動きがガタガタになってきます。個人的には我慢できるレベルですが、「気にはなるレベル」でもあります。

しむまる
体感としてSoftBank Airと比較するならば、やはりSoftbank Airの方が安定してプレイできる印象ですね。

また、通信が安定しないときにSoftBank AirならLANケーブルをつないで有線接続ができますが、ポケットWi-FiはLANが繋げないので有線では接続できません。この点でもやはり不利ですね。

ポケットWi-Fiの通信速度|応答速度を示す「Ping」が高め

続いてポケットWi-Fiの通信速度について。

こちらも実際にスピードテストしてみました。

比較的回線が混雑してくる夕方18時と夜20時に計測しましたが、どちらも下り18Mbpsとまずまずの数値が出ています。夜間に関してはSoftBank Airよりも速い数値ですね。

ただ気になったのはPingの数値が80〜117msと高いことです。

Pingは「応答速度」を測る数値です。数字が小さい方が応答速度が速くなり、ゲーム内の動きがサクサクになります。

おおよそPing値の目安は以下の通り。

Ping値の目安

  • Ping100〜:ゲームの快適プレイは不可能
  • Ping50〜100:動きがもたつき厳しい
  • Ping20〜40:普通くらい
  • Ping10以下:とても快適

※あくまで目安です。

Pingが100前後というのは、お世辞にもゲームが快適とは言いづらいです。先に紹介したSoftBank Airの速度テストではPing20前後なので、応答速度でみるとSoftBank Airの方が圧倒的に優秀です。

ポケットWi-Fiの速度はそこそこ普通なのにゲームプレイに重さを感じるのは、このPingのせいかと思います。

ポケットWi-Fiの通信制限|3日で10GB以上は使えない

ポケットWi-Fiの最大のデメリットは、3日で10GB以上使うと通信速度が最大1Mbpsまで制限される速度制限ルール。ソフトバンクエアーは「場合により」ですが、ポケットWi-Fiは「3日で10GB」と明確に決まっています。

私も速度制限は何度か受けたことがありますが、速度制限を受けたら(1Mbps以下では)オンラインゲームプレイは無理と思っておいていいです。軽いゲームならまだしも、PS4でFPSとか無理ゲーです。

そうなると、常に「3日で10GBまで」と通信量を気にしながらプレイしなきゃいけないのでツラいです。思いっきり楽しめない。なので、自宅でゲームする目的ならポケットWi-Fiのオススメ度は経験者としては低めです。

ポケットWi-Fiのメリットは外へ持ち運べること

ポケットWi-FiがSoftBank Airより優れている点は、ポケットサイズなので外へ持っていけることです。外出先でオンライン対戦したいときなどは使えるアイテムですね。

お店のフリーWi-Fiなんかよりはずっと快適にプレイできると思います。

ポケットWi-Fi(使い放題プラン)の月額料金や契約期間

ポケットWi-Fiを使い放題プランで利用する場合は月額4380円以上かかります。

代表的な「Pocket WiFiプラン2」だと以下の通り。

月額料金
Pocket WiFiプラン2 3696円
アドバンスオプション(使い放題) 684円
本体代金 実質0円など
合計 4380円~

≫料金プラン詳細はコチラ

ポケットWi-Fiは、通信料無制限(使い放題)で通信をするための「アドバンスオプション」料や本体代金がかかるため、月額料金は4380円からとなります。

ポケットWi-Fiの契約期間は基本的に3年間です。WiMAXなら2年契約も選べますが、ポケットWi-Fiは3年と長めなので注意しましょう。

PocketWi-Fiは機種も豊富に揃っています。定期的に新しい機種が登場していたりもしますね。

 

使う回線はどれも同じなので機種は好みで選べばOKですが、一つおすすめするとすれば私がいま使っている「603WH」は良いと思います。

603HWは「キャリアアグリゲーション」「4×4 MIMO」など、一言でいうと通信速度を加速化させる先端技術が搭載されており、一応公式サイトのキャッチコピーだと「超高速下り最大612Mbps!」と謳われています。

まぁこの記事で速度テストした通り、実際はそこまでの速度が出るわけではないのですが、一応1Mbpsでも早い速度を出すための工夫が施されていると思えば、速度重視なら603HWを選ぶといいかと思います。

公式HP≫商品ラインナップを見てみる

レビュー!
ワイモバイルのPocket WiFi「603WH」レビュー|通信速度や使用感をまとめ

私は以前WiMAXを契約していたのですが、WiMAXは通信速度が速く家でも外でも使えるので、それはそれで非常に気に入っていました。 その一方で気になっていたのが、のPocket WiFiです。 WiM ...

 

まとめ

しむまる
開通工事なしで導入できるネットWi-Fiでオンラインゲームするなら、候補は「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」か「ポケットWi-Fi」あたりです。

私は両方利用した経験がありますが、自宅でオンラインゲームする目的なSoftBank Airの方がおすすめですね。

ただ、SoftBank Airは利用エリアによっては速度が遅くなるので、エリア確認が必須です

→ SoftBank Air(ソフトバンクエアー)公式サイトを見る

→ ワイモバイル(ポケットWi-Fi)公式サイトを見る









-PocketWi-Fi, SoftBank Air

Copyright© 【賢者のSIM】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2019 All Rights Reserved.