どんなときもWi-Fi

どんなときもWiFiでSwitch版スマッシュブラザーズは快適に遊べる?【オンライン対戦で検証】

投稿日:2019年9月18日 更新日:

どんなときもWiFiスマブラ_本体

「通信制限一切なし!」という今までのモバイルWiFiの常識を覆したことで人気上昇中の どんなときもWiFi 。ただ、いくら制限なしとはいえ、標準の通信速度が遅かったら意味がありません。

とくに私はゲーマーなので、外出先でニンテンドースイッチをプレイすることもしばしば。そこで今回は、どんなときもWiFiでSwitchのスマッシュブラザーズ(大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)が満足にプレイできるかを実際に検証してみました。

どんなときもWiFiのようなモバイル回線を使ったWiFiは、回線工事をしっかりする光回線(固定回線)に比べると通信速度が遅いため、最初は正直そこまで期待していなかったんですが……

実際にプレイすると予想は良い意味で裏切られ、ほとんど問題なくスマブラをプレイできました

ただ、細かい部分では気になる点もあったので、下記で詳しくレビューしていきます!

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

 

どんなときもWiFiの通信速度はどれくらい?1日かけてスピードテストしてみた

どんなときもWiFi申し込み_ルーターアンテナ状況

まずは、どんなときもWiFiの通信速度って実際どんなものなの?という点を確認しておきます。

どんなときもWiFiは商品設計上の最大速度が下り最大150Mbps・上り最大50Mbpsと、実はそこまで高速ではありません。下記の通り、同じモバイルWiFiサービスの「WiMAX」と比べると下り最大速度は約10分の1、上り速度も少し遅いです。

どんなときもWiFi WiMAX(W06の場合)
下り最大速度 150Mbps 1.2Gbps
上り最大速度 50Mbps 75Mbps

この点がどんなときもWiFiのデメリットとして語られることがありますが、この「最大速度」というのは理論値であって実際には出ない数字なので比較してもさほど意味がありません。

大事なのは、実際に出る速度です。

どんなときもWiFiの実際の速度

どんなときもWiFiの速度を、朝から晩まで4時間帯で測ってみました。

<朝8時>

<昼12時>どんなときもWiFiスマブラ_速度昼12時

<夕方17時>どんなときもWiFiスマブラ_速度夕方5時

<夜20時>どんなときもWiFiスマブラ_速度夜8時

  • 【朝8時】下り50.8Mbps/上り17.1Mbps/Ping22ms
  • 【昼12時】下り13.6Mbps/上り27.1Mbps/Ping36ms
  • 【夕方17時】下り45.7Mbps/上り26.2Mbps/Ping38ms
  • 【夜20時】下り29.9Mbps/上り26.0Mbps/Ping21ms

この日は昼間の速度が普段より遅かったのですが(速度数値は日によって変動します)、概ね平均すると下り20〜40Mbps程度の速度が安定して出せる印象のどんなときもWiFiです。

動画視聴やゲームも含めネットを快適に使える目安速度が下り20Mbpsほどと言われているので、数値で見れば、どんなときもWiFiは動画・ゲームに関しても必要十分な速度は出せていると言えます。

オンラインゲームプレイでは「Ping(応答速度)」が大事!50ms以内ならOK

またオンラインゲームの快適性は、下り速度だけでなく「Ping」という数値が非常に重要になります。Pingは応答速度を意味する数値で、要するに操作の「サクサク感」に影響するものです。

Pingの数値は、小さければ小さいほどサクサク動きます主観ですが、おおよそPing値の目安は以下の通り。

Ping値の目安

  • Ping100〜:ゲームの快適プレイは不可能
  • Ping50〜100:動きがもたつき厳しい
  • Ping20〜40:普通くらい
  • Ping10以下:とても快適

※あくまで目安です。

モバイル回線サービスの場合、快適にオンラインゲームをするなら50ms以内であることが望ましいところ。どんなときもWiFiは20〜40msなので及第点ですね。

どんなときもWiFiの速度制限はほぼ心配なし!

どんなときもWi-Fi_通信制限なし

どんなときもWiFiは「通信制限一切なし!」が最大のウリなので、基本的にはいくら使っても速度制限がかかる心配はありません。

ただし、速度制限が100%存在しないわけではなく、公式サイトには下記の記載があります。

「著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度をおおむね384Kbpsに制限する場合があります」

詳細 どんなときもWiFi 公式サイト

この「著しくネットワークを占有するレベル」ってどのくらいなのか? どんなときもWiFiの運営会社の人に聞いてみたところ、”人間が普通に使っている分にはあり得ないレベル”だそうです。

要するに、システムを組んでルーター何十台を24時間稼働させているとか、そういう普通じゃない使い方をしている場合のみシステムが検知して速度制限をするそうです。

なので、普通に動画みたりゲームしたりするレベルでは速度制限にかかる心配は今のところないでしょう。実際に私も速度制限を検証するために1日動画見たりゲームしましたが、速度制限にかかったことは今まで1度もないです。

しむまる
「”今のところ”心配ない」と言いかたは、どんなときもWiFiはまだ誕生したばかりのサービスなので、今後変更や改悪が行われる可能性もゼロではないからです

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

より詳しい速度検証記事

速度検証
【検証】どんなときもWi-Fiの通信速度は遅い?速い?|速度制限の重さまで実測公開

「通信制限(3日10GB制限)一切なし!」という圧倒的なメリットを打ち出して今年登場した新たなモバイルWiFiサービス「」。テレビCMの効果もあって知名度が上がってきましたね。 しむまる私も早速どんな ...

続きを見る

 

どんなときもWiFiで実際にSwitch版スマブラをプレイしてみた

どんなときもWiFiスマブラ_本体

しむまる
スマッシュブラザーズはSwitchの中でも人気が高く、2019年9月現在も数えきれないプレイヤーたちが24時間対戦を行っています。

しかも対戦アクションゲームなので、動作のズレや一瞬のラグは致命傷になるゲーム。モバイル回線で大丈夫かな……と思っていましたが、

ほとんど問題なく快適プレイできました。

タイトル表示→マッチングまでの流れはサクサク

どんなときもWiFiスマブラ_メニュー画面

スマッシュブラザーズのメニュー画面から「オンライン」を選択すると、早速読み込みの後に対戦相手のマッチングがスタートします。

 

どんなときもWiFiスマブラ_ロード画面2

ロード画面の待ち時間は5〜10秒くらい。光回線でプレイするときと変わらないスムーズさです。

 

どんなときもWiFiスマブラ_マッチング中1

マッチングはCPUと対戦している裏で10~30秒かけて行われますが、こちらの動作や待ち時間も光回線で遊んでいるときと変わらないプレイ感。

朝から晩まで十数回プレイしましたが、ラグや動作の重さはなく、いつでも快適そのものでした。

 

2~3人対戦は動作サクサク、攻撃や移動の遅延も一切なし

どんなときもWiFiスマブラ_対戦開始1

スマッシュブラザーズのオンライン対戦は最大4人で行われますが、2~3人で対戦した状況ではとくに気になる部分はなし。

格闘ゲームなんかだとコマンド入力から攻撃の発生までにラグが出たりしがちなのですが、そういった「重さ」も一切なくサクサクと戦うことができました。

どんなときもWiFiスマブラ_攻撃中1

どんなときもWiFiスマブラ_攻撃中2

相手を掴んで投げたり、強力な必殺技で場外に飛ばしたりなど、至って快適そのもの。

 

どんなときもWiFiスマブラ_勝利画面

どんなときもWiFiスマブラ_順位

ゲーム終了後の勝利画面や順位表示もスムーズ。

結局2〜3人プレイでは、どんなときもWiFiの回線でも全く問題なくサクサクプレイすることができました。

 

4人対戦プレイだとやや動作が乱れるシーンも(他プレイヤーの回線の遅さが影響している可能性)

どんなときもWiFiスマブラ_4人対戦開始画面

唯一やや気になったのは、4人対戦時は動作が重くなる場面もちらほらあったことです。

画面がコマ送りのようにガタガタになったり、操作と画面の動きに若干ズレを感じたりする試合もありました。

どんなときもWiFiスマブラ_4人対戦中1

どんなときもWiFiスマブラ_4人対戦中2

とはいえ、4~5回対戦したうち、重さが気になったのは2回程度。私の環境(どんなときもWiFi)では速度に問題ないことは先の検証で明白だったので、一緒に対戦している3人の相手プレイヤーの誰かの回線がいまいちだった可能性が高いですね。

ゲームのオンライン対戦というのは、相手プレイヤーの通信レベルもプレイに影響します。なので、自分の通信速度が問題なくても、一緒に対戦している誰かが遅い回線を使っていると試合全体が遅くなることがあるのです。

しむまる
オンライン対戦している全員が光回線でプレイしているわけではないですからね。プロのゲーマー環境でプレイしている人もいれば、スマホ回線でプレイしてる人もいるのがオンライン対戦です。

とくにSwitchのスマブラは老若男女に人気のゲームなため、PS4やPCと比べると幅広いユーザー層=回線状況が悪いプレイヤーもけっこう多いです(スマブラに限らず、ストリートファイターなども同様)

私が光回線でスマブラを遊んでいるときも、こちらの回線はPing3~4程度で問題ないのに相手の回線が悪くて動作ががたがたになるケースはしばしばあります。

なので、オンライン対戦では動作が重くなっても、必ずしも自分の通信速度が遅いことが原因とは限らないわけですね。

 

アイテム利用→発動はスムーズ、試合は白熱!

アイテムを拾って使う動作も、光回線と変わらずなめらかな動きで行えましたよ。

どんなときもWiFiスマブラ_アイテム使用中1

ステージに大きなギミックが表示され、一気に複数のプレイヤーを攻撃したり。

どんなときもWiFiスマブラ_アイテム使用中2

巨大なビームガンで、派手な演出とともに相手を攻撃したり。

どんなときもWiFiスマブラ_アイテム使用中3

変わった小道具で相手を混乱させたりなど、楽しい試合が展開されました。

 

最後の切りふだも問題なく発動、相手を一網打尽に

どんなときもWiFiスマブラ_必殺用アイテム

スマブラでは、ステージ上を飛び交う丸い「スマッシュボール」を破壊することで、超必殺技の「最後の切りふだ」を使えます。

素早い動きで飛び交うスマッシュボールを破壊→必殺技を放つ動作も、自分・相手プレイヤーどちらが行った場合もスムーズでした。

どんなときもWiFiスマブラ_特殊攻撃1

どんなときもWiFiスマブラ_特殊攻撃2

どんなときもWiFiスマブラ_特殊攻撃3

派手な演出と高い攻撃力で、試合はさらに白熱!

画質の乱れやガタガタ感もなく、迫力ある戦いを楽しめました。

 

しむまる
以上のように、どんなときもWiFiの回線でスマブラは基本的にサクサク快適にプレイできました。

4人対戦の時だけ数回、動作が重くなるシーンがありましたが、おそらく一緒に対戦している相手側回線の問題だと思っています。

オンライン対戦はこのように相手側の通信レベルも影響してくるわけですが、ひとまずこちら側はどんなときもWiFiの回線で問題なくプレイできるという検証はバッチリできました!

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

 

他ゲームの検証まとめ記事はこちら

どんなときもWiFiモンハン_大砲発射
どんなときもWiFiでPS4やオンラインゲームは快適プレイできる?オンライン対戦で検証してみた

「通信制限一切なし!」という最強の強みを持って新登場したモバイルWi-Fi「」。容量無制限かつ速度制限もほぼないので、もはや外出先でのモバイルWiFiとしてだけではなく、自宅のネット回線としてどんなと ...

続きを見る

【補足情報】どんなときもWiFiは有線接続には非対応

モバイルルーターやホームルーターはLANケーブルをつないで優先接続できるものもありますが、どんなときもWiFiは有線LANでのインターネット接続に対応していません。

無線接続しかできないので、ルーターから離れた場所(例えば違う部屋や1階/2階など)で通信すると壁や天井が障害物となって電波が弱まる可能性があります。

そのため、基本的にどんなときもWiFiは一人で使うネット回線(一人暮らし含む)としておすすめです。戸建で家族みんなで使う目的としては正直おすすめしません。

参考記事【工事不要】一人暮らしのマンション・アパートは工事なしWi-Fiもおすすめ!

【申し込み前に】どんなときもWiFiの基本情報をおさらい

しむまる
最後に、申し込み前に確認しておきたい「どんなときもWiFi」の基本事項をまとめておきます

どんなときもWiFiの月額料金プランは1つのみ

どんなときもWiFiは制限なしの使い放題なので、月額プランが1つだけです。シンプルで選ぶのに悩まないのが良いですね。

ただし、支払い方法を「クレジットカード払い」にするか「口座振替」にするかで月500円ほど料金が変わってきます。

クレジットカード払いは月額3480円

 

口座振替は月額3980円

ご覧の通り、クレジットカード払いの方が月々500円ほど安くなります。なので、とくに理由がなければクレジットカード払いの方がおすすめです。

クレジットカードを持っていないなどの事情がある人は、口座振替を選びましょう。クレジットカードがなくても契約できる点も、どんなときもWiFiの一つのメリットです。

リンク →どんなときもWiFi 公式サイトを見る

※契約期間は2年

※初期手数料3000円が別途かかります

端末は一種類のみ。カラーはグレーとゴールドの二色

公式HP どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの端末は、現時点では「D1」の1種類のみ。カラーは「ゴールド」と「グレー」の二色です。

WiMAXなんかは端末の種類が色々ありますが、逆に1種類のみというのも悩む必要がなくシンプルで良いのではないでしょうか(今後に増えていく可能性はあります)。

しむまる
私はゴールドを選んでみました。

どんなときもWiFi申し込み_ルーターバッテリー残量

 

【契約は2年間】解約時はルーターの返却が必要。更新月以外の解約は契約解除料がかかる

どんなときもWiFiはルーターをレンタルするので、解約時にルーターの返却が必要になります。付属品一式はしっかり保管しておきましょう。

どんなときもWiFi申し込み_ルーター一式

ルーター/ストラップ/ケーブル

また、どんなときもWiFiは2年契約/自動更新のサービスです。

25ヶ月目の契約更新月以外は以下の通りの契約解除料がかかることにご注意ください。

契約期間 契約解除料
~12ヶ月目 19000円
13~24ヶ月目 14000円
25ヶ月目(更新月) 0円
26ヶ月目~(更新月を除く) 9500円

【最後に】申し込みはネットの公式サイトから。申し込み手順はこちらを参照

どんなときもWiFiの申し込みは基本的にネットの公式サイトから行います。

申し込み どんなときもWiFi 公式サイト

申し込みは10分もあれば終わる程度で簡単ですが、手順を見ながら申し込みたい方は、下記記事に申し込み手順から配送・初期設定まで基本的なことを全てまとめましたので参照してください。

申し込み手順
【5分で簡単】どんなときもWiFiの申し込み手順から配送時間・初期設定・接続方法や使い方など基本情報まとめ

モバイルWi-Fiとしては始めて「通信制限なし」という画期的なサービスを打ち出したのが、今年新登場した「」です。 今までのWiMAXやポケットWi-Fiのように3日10GB制限に怯える必要はもうない! ...

続きを見る

本音レビュー
どんなときもWiFiNetflix_D1
【口コミ感想】評判高いどんなときもWiFiのメリット・デメリット・使用感の本音レビュー!

「通信制限一切なし」という、今までのモバイルWiFiの常識を覆して新たに登場した「」。テレビCMやネットCMもバンバン流れて瞬く間に人気のWi-Fiサービスになりました。 このどんなときもWi-Fiが ...

続きを見る

-どんなときもWi-Fi

Copyright© 【賢者のSIM】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2019 All Rights Reserved.