SoftBank Air

SoftBank Airのエリアを確認する方法。自宅が対象エリア外の対策まで

更新日:

SoftBank Airは、工事不要でコンセントに挿して電源ONするだけでインターネットが使えるようになるという超お手軽なネット回線です。

ただめちゃくちゃ便利な反面、モバイル回線を使ったWi-Fiサービスなので利用可能なエリアが限られるのがややツラいところ。しかもSoftBank Airの電波はかなり敏感で、地域どころか町内の1丁目で使えるのに2丁目で使えなかったりするくらい”徒歩レベルの差”でもエリア判定が変わるのです。

そのため、SoftBank Airを契約する際には自宅のエリア確認が必須です。

この記事では、SoftBank Airのエリア確認方法から、もしエリア外だった場合の対策まで紹介していきます。

ひとまず、下記の公式サイトにて「住所別下り最大速度情報」のページを開いておきましょう。

>> SoftBank Air公式サイト

 

必ず契約前に!自宅がSoftBank Airの対象エリア内か確認しよう

初めてSoftBank Airを利用する人はもちろん、SoftBank Airを持って引っ越す人も必ずエリア確認を行いましょう。(引越し先がエリア外のケースもありますよ)。

まずは公式サイト内の、「住所別下り最大速度情報」というページを開きます。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  

全国の都道府県、地区が並んでいるので、自宅など利用予定の場所を選択します。

例えば「関東甲信」→「東京」→「千代田区」を選ぶと、さらに細かい町内エリアにまで分かれます。

右の「対応速度」というのはSoftBank Airがそのエリアで出せる最大速度です。つまり、これらのエリアならSoftBank Airで最大261Mbpsの速度が出せるということです。

SoftBank Airはエリアによって通信速度が違う

SoftBank Airは2017年現在

  • Airターミナル2:最大261Mbps
  • Airターミナル3(最新):最大350Mbps

の速度が出せるまでに進化しています。

ただし現状だとまだ最大261Mbpsのエリアがほとんどで、最新ターミナル3で最大350Mbpsのエリアはそこまで多くありません。

例えば最も都心の新宿区のエリア判定を見てみると、

最大350Mbpsが出せるエリアもちらほらと出てきますね。最大350Mbpsのエリアは現在も順次拡大しているようですが、今の所はまだ基本261MbpsがMAXのエリアが多いです。

ただし、この最大速度というのは”理論上可能な数値”なので、実際にこの速度が出るわけではありません。分かりやすい「潜在的なスペック数値」みたいなものです。

ちなみに、私は現在仙台の「最大261Mbps」に入るエリアでSoftBank Airを使っています。参考までにうちの環境でSoftBank Airの実際の通信速度をテストしてみると、

というなかなか優秀な速度結果が出ています。

ネットサーフィンする分には10Mbpsも出れば一通り快適にこなせます。なので、この「住所別下り最大速度情報」に載っているエリア(=つまり最大261Mbpsはでるエリア)であれば問題ありません。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  

対象エリアに載っていない地域は通信速度がダダ下がる

この「住所別下り最大速度情報」に載っていないエリアは、

  • SoftBank Airが使えない(電波圏外)
  • 使えるが、最大速度が261Mbpsも出せない

のどちらかになります。

公式サイトの「住所別下り最大速度情報」に載っていないと100%使えないわけではありません。さすがに日本全国全ての住所は載せられないので、公式サイトに掲載されているのは最大261Mbps以上が出る主要地域になります。

自分の住所が載っていないけど使えるか知りたい場合は、公式サイトにてチャット相談ができるのでそこで聞いてみましょう。

公式チャット SoftBank Air

(画面右の「チャットで質問する」を押せば、メッセージウィンドウが開きます)

ただし、最大速度情報に載っていないエリアでもSoftBank Airが使えるエリアはありますが、その場合は通信速度がめちゃくちゃ下がります。

SoftBank Air提供エリアで、上記に記載のない地域は、下り最大175Mbps/165Mbps/112.5Mbps/110Mbpsを提供しております。

SoftBank Air公式サイトより)

正直、これほど最大速度が下がると快適に使えるか不安なところ……。

ネットサーフィンくらいなら問題ないですが、動画見たりとかゲームやりたいような人はこの地域だと厳しいかもしれません。

ただ後述しますがSoftBank Airのエリア判定は正直精度があいまいな部分があり、使えるはずのエリアで上手く繋がらなかったり、逆にエリア判定では弾かれたエリアで問題なく使えたり……という口コミも多々溢れています。

なので、実際のところは使ってみないと何とも言えません。

SoftBank Airは契約日から8日間は無料キャンセルができるので、ひとまず申し込んでみて全く使えなかったら8日以内に返却する……という方法でも良いかと思います。

自宅がエリア対象外で契約できない場合、実家や身内の家名義で契約することも可能

自宅の住所がSoftBank Airの提供エリア圏外に判定されると、「残念ながら圏外ですね」と契約させてもらえないことがあります。

ただSoftBank Airのエリア判定は精度が若干アレなので、「近所の友人宅や祖父の家では使えているのに、何でうちだけエリア外に判定されるんだ!おかしい!」といったことも起こり得ます。

そんな納得いかない時の対策として、『自分以外の家の名義で契約し、契約後に自宅に住所変更する』という方法があります。

SoftBank Airの契約は自宅名義でなくてもOKです。なので例えば実家の住所で契約したり、身内や近しい人の誰かの住所名義を借りて契約を済ませ、その後に住所変更で自宅を登録しなおせばOKです。

それで自宅で使ってみてやっぱりダメだったら、契約日から8日以内に無料キャンセルしましょう。

>> SoftBank Air公式サイト

SoftBank Airの電波はエリア内でも周辺環境で大きく変わるので注意!

SoftBank Airが快適に使えない(あるいは全く使えない)というのは大体以下2つの要件によります。

  • 基地局が遠い
  • 周辺に障害物が多い

そもそも基地局が遠くて電波が届きにくい場合はエリア判定で概ね弾かれるので分かりやすいですが、意外なほど落とし穴になるのが周辺の障害物です。エリア判定が○なのに速度が遅かったり電波が弱いのは電波が障害物に邪魔されている可能性が大です。

地下や高層階の建物周辺は電波が届きにくい

SoftBank AirはモバイルWi-Fiを使ったサービスなので、基本はスマホ電波と同じようなものです。

地下へ潜れば電波が弱くなったり圏外になったりしますし、周囲に高層ビルなどが立ち並んでいるような場所だと電波が弱まります。また地方だと山間部は繋がりにくいですね。

そもそもモバイル電波は屋内に弱い習性があるので、屋内で使うにしても壁の内の内にいくほど電波をキャッチしづらくなります。

SoftBank Air(Airターミナル)はできるだけ壁際に設置しよう

外を飛んでる電波を少しでもキャッチしやすいように、SoftBank Air(Airターミナル)は壁際の高い位置に設置するようにしましょう。

できれば屋内で最も電波が入りやすい場所を色々試してみるのが良いね。なるべく障害物が前にない窓の近辺に設置することを推奨します。

(Airターミナルの大きさはティッシュ箱くらいです↓)

先にも言いましたがモバイル回線はもともと屋内に弱いので、戸建なんかだと壁を2枚3枚またいだ別室だと電波が弱くなったりします。例えば1階にAirターミナルを置くと、2階の離れた部屋には届きにくいなど。そのあたりは最も良い位置を探すしかありません。

実際に設置すれば分かりますが、”たったこれだけのこと”でも通信速度の快適さに結構差がでますよ。すでにSoftBank Airを使っていて速度が遅いと感じている人も、いちど最適な設置場所を探してみて下さい。

同じエリア内のユーザー数でもSoftBank Airの回線速度は変化する

この辺りもスマホと同じです。同じ回線を使うエリア内にSoftBank Airユーザーが多くいれば回線が混雑しやすくなるので速度が低下しやすくなります。逆に利用者が少なくて回線が空いていれば、それだけ快適に使えます。

SoftBank側もユーザー数が特定エリアに偏らないように均一化の対策を取っているようですが、正直なところは分かりません。

しむまる
聞くところによると、利用者数を調整するために地域ごとに契約数を制限しているという話もあったり……。

本当はエリア内なのに「エリア外です」と言われるケースは、こうした裏事情があるのかもしれません

エリア内にどれほど利用者が混雑しているのかなんて契約者側がわかるわけないですし、本当にSoftBank Airは実際に使ってみないと分からないのが現状ですね。

ほんと、SoftBank Airは人によって使い心地が全然変わってくるのです。

参考記事【制限】SoftBank Airは通信速度が遅い?口コミ評判が割れる理由

 

【申し込み前に】SoftBank Airの基本情報をチェック

しむまる
最後に、申し込み前に確認しておきたい基本事項をまとめます。

  • 基本料金の割引キャンペーン
  • スマホセット割引
  • 乗り換えキャッシュバック

など、お得情報をお見逃しなく

ソフトバンク Airの月額料金

現在新規申込キャンペーン中です。いま申し込めば24ヶ月間は毎月1000円程度安くなるので、検討中の人はお早めに申し込んでおきましょう(※キャンペーン終了時期は未定)。

ソフトバンクAirの月額料金は、Airターミナルを「分割購入」するか「レンタル」するかで変わってきます。

Airターミナルを「分割購入」する場合の月額料金

購入してしまう方が安いは安いです。ただデメリットがあります。

Airターミナルを「購入」する場合は注意が必要で、「36回分割払いのみ」という縛りがあります。

ソフトバンクAirは2年契約ですが、分割購入すると3年間ターミナル代を支払い続けることになるので、2年で辞める場合はスッキリ終われないデメリットがあります。

しむまる
また、Airターミナルは解約後にはWi-Fiルーターとしても使えなくなります。

Airターミナルを「レンタル」する場合の月額料金

レンタルはやや高くなりますが、スッパリ2年で契約満了にしたい場合は、無難にレンタルを選んだ方が良いかと思います。

※料金詳細は公式サイトで必ずご確認ください。

料金プラン詳細 SoftBank Air

ソフトバンク・ワイモバイルならスマホ割引あり

ソフトバンクなら「おうち割」

ソフトバンクスマホを使っている人であれば、SoftBank Airを契約することで2年間毎月のスマホ代が割引になります。

  • 5GB、20GBプランの人は毎月1522円割引
  • 30GBプランの人は毎月2000円割引

ソフトバンクユーザーならスマホ代も安くなってかなりお得です。

詳細 SoftBank Air

ワイモバイル利用者は「光セット割」

ワイモバイルとソフトバンク光またソフトバンクAirを契約し、光セット割に申し込むことで、ワイモバイル側の月額料金が割引適用となります。

1回線契約の割引額は下記の通り。

契約プラン 割引額
スマホプランS 500円
スマホプランM 700円
スマホプランL 1000円
データプランL 500円
PocketWi-Fiプラン2 500円

ワイモバイルだけではなく、ポケットWi-Fiにも割引対応していますね。

他社からの乗り換えなら、違約金や撤去工事費用に応じたキャッシュバックあり!

引越し時などに、今まで使っていたインターネット回線からソフトバンクAirに乗り換えたい場合、ネックになるのが違約金(解約金)や撤去工事費などです。

そこでソフトバンクAirは、乗り換えユーザーに対して違約金や撤去工事費などに応じて最大10万円のキャッシュバックを提供しています。他社の違約金や撤去工事費はソフトバンクが負担してくれるということです。

キャッシュバック額の変動は下記表の通り。

違約金と撤去費用合計 キャッシュバック
1~5000円 5000円
5001~10000円 10000円
10001~15000円 15000円
15001~20000円 20000円
20001~25000円 25000円
25001~30000円 30000円
30001~35000円 35000円
35001~40000円 40000円
40001~45000円 45000円
45001~50000円 50000円
50001~55000円 55000円
55001~60000円 60000円
60001~65000円 65000円
65001~70000円 70000円
70001~75000円 75000円
75001~80000円 80000円
80001~85000円 85000円
85001~90000円 90000円
90001~95000円 95000円
95001~100000円 100000円

キャッシュバックを受け取るには、違約金や撤去費用の額を証明できる書類のコピーが必要になります。請求書あるいはネット(マイページ)から請求金額画面のスクリーンショットなどを印刷しておくのでもOKです。

ソフトバンク光/Air契約後に、書類コピーの返送用の用紙が郵送されてくるので、契約から6ヶ月以内に書類コピーを貼り付けて返送する流れになります。

詳細 >> SoftBank Air公式サイト

 

まとめ

SoftBank Airのエリアは年々拡大しており、1年前よりだいぶエリアが広がっています。なので1年以上前に一度エリア判定でボツ食らった人も、いま再びエリア確認すれば使えるようになっている可能性もあります。

また、通信速度もどんどん速くなっています。2017年には最新ターミナル3が誕生しており、1バージョン前とは別物くらいに進化しているので、今後ますますパワーアップすることも期待されます。

なんにせよ、ひとまず契約前に必ずエリア確認をしておきましょう。

そして、SoftBank Airは実際に自宅で使ってみないことには使い心地が不明なので、少々面倒ですが一度使ってみてダメだったら8日以内に無料キャンセルする……というのが1番確実です。

>> SoftBank Air公式サイト






-SoftBank Air

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.