SoftBank Air どんなときもWi-Fi

【家のWi-Fi】SoftBank AirとどんなときもWiFiのおすすめ比較!速度・使用感を比べてみた結果

投稿日:2019年9月23日 更新日:

自宅のネット回線を選ぶとき、建物の事情などで回線工事ができない(=光回線が引けない)場合は、工事なしでコンセントに挿すだけで使えるWi-Fiサービスを契約するしかありません。

自宅用の工事なしWi-Fiというと、今までは通信容量無制限の「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」が代表的でしたが、2019年に通信制限なしのポケット型Wi-Fi「 どんなときもWiFi 」が登場したことで選択肢が増えました。

Wi-Fiの基本情報

SoftBank Air(公式HP)
……ソフトバンクが提供している据え置き型Wi-Fiで、工事は不要、コンセントに挿して電源ONすればすぐにネットが使えるようになります。もちろん容量無制限で使い放題。

どんなときもWiFi(公式HP)
……株式会社オールコネクトが提供しているポケット型Wi-Fiです。「通信制限一切なし」がウリで3日10GB制限なし。家の中はもちろんカバンに入れて外へ持ち運ぶこともできます。

しむまる
私は現在ちょうどSoftBank AirとどんなときもWiFiの両方利用しているので、実際のユーザー目線で両サービスの速度や使い心地を比較し、どんな人にどちらがおすすめかをこの記事でまとめたいと思います!

まず最初に、ざっくりとした選ぶ基準を提案しておくと以下の通りです。

ざっくりこんな目的の人におすすめ

自分がどちらのタイプか把握しておくと、選びやすいと思います。

では、下記で2つのWiFiを詳しく比較・紹介していきます。

 

SoftBank AirとどんなときもWiFiの特徴を簡単に比較してみる

どんなときもWiFi申し込み_ルーター前面

(左がSoftBank Air(ソフトバンクエアー)/右が どんなときもWiFi

両サービスについての詳細は後半で詳しく書くので、「手っ取り早く知りたい!」という人のためにまずは重要な特徴となる部分を簡単に比較してチェックしてみます。

比較ポイントを表にしてみたので、まずは眺めてみましょう▼▼

※スマホは横スクロール可

ソフトバンクAir どんなときもWiFi
工事 不要 不要
月額料金 購入3880円
レンタル5370円
2年間3480円
3年目〜3980円
通信量上限 なし なし
速度制限 夜間に低下する場合があり ほぼなし
携帯性 コンセント必要、外出先は不可 バッテリー充電、外出先で可能
最大速度 350Mbps 150Mbps
実際の速度目安 8Mbps〜80Mbps 10Mbps〜40Mbps
有線接続 できる できない
同時接続台数 64台 5台
契約期間 2年間 2年
スマホ割引 ソフトバンク「おうち割」
ワイモバイル「光セット割」
なし
公式サイト SoftBank Air どんなときもWiFi

※内容は時期によって変更される場合があります。詳細は公式サイトでご確認ください。

最初に言っておくと、SoftBank AirもどんなときもWiFiも同じモバイル回線を利用したWiFiサービスなので、通信レベルに顕著な差はありません。

どちらも無線で通信するので工事不要な代わりに、しっかり工事して線を引いてくる固定回線(光回線)に比べると通信速度や安定度は劣るという点も同じです。

それを踏まえた上で比較したい点として、

  • 通信速度(制限の有無など)
  • 使い勝手のよさ
  • 月額料金などのコスト

この3点に焦点を絞ってチェックしてみましょう。

 

【SoftBank Air/どんなときもWiFi】通信速度・速度制限で比較してみる

簡単なまとめ

  • SoftBank Air の実際の速度は下り8〜80Mbpsほど。夜間に速度制限を受け下り10Mbps弱まで下りやすい。
  • どんなときもWiFi の実際の速度は下り20〜40Mbpsほど。速度制限はほぼなく、安定している。
  • どちらも、ネットサーフィン/動画視聴/オンラインゲームは基本的に問題なくできる速度

 

通信速度について、公式に記載のある最大速度を比較してみると、

SoftBank Airの方が最大速度は2倍以上速いです。

しかし、この「最大速度」というのは理論値であって実際に出る速度ではありません。なので、最大速度を比較することにあまり意味はないです。

では、実際に出る通信速度はどちらが速いのか?

というと、正直にいえば「あなたの家で速い方です」としか言えません。

というのも、両サービスともスマホと同じモバイル回線を利用しているので、通信速度や繋がりやすさは「エリア」と「通信環境」によって変動します。「A地区ではソフトバンクエアーの方が速いけど、B地区ではどんなときもWiFiの方が速い」といったことが普通に起きます。

なので、一概にどちらの方が速いとは言えない……ということをまず理解しておいてください。

しむまる
その上で、私の自宅にて計測したSoftBank AirとどんなときもWiFiの通信速度を比較してみます

SoftBank Airの実際の通信速度(朝/昼/夕方/夜)と速度制限

SoftBankAir速度_本体隣の部屋設置

<朝8時>

<昼12時>

<夕方17時>

<夜20時>

  • 【朝8時】下り83.6Mbps/上り6.02Mbps/Ping31ms
  • 【昼12時】下り45.8Mbps/上り6.89Mbps/Ping28ms
  • 【夕方17時】下り98.1Mbps/上り7.38Mbps/Ping29ms
  • 【夜20時】下り9.52Mbps/上り7.43Mbps/Ping33ms

この日はかなり良い数値が出ていますが、朝〜夕方は下り30〜80Mbpsほどと変動幅が大きいです。とはいえ、下り30Mbps以上は体感的にそれほど分からないレベルです。

そしてSoftBank Airの特徴は、夜間に通信速度がガクッと下がりやすいこと。夜間は下り10Mbps弱に落ちることもあります。これがいわゆる速度制限にあたります。

SoftBank Airの速度制限は「3日10GB以上使ったら制限」といった一律ルールはないですが、「回線が混雑した場合に制限する場合があり」というやや曖昧なルールになっています。

体感的には夜9時ごろになると高確率で速度制限されるのですが、制限されても下り10Mbps前後は出るので動画やオンラインゲームも基本的にはできています(制限はゆるめ)

しむまる
SoftBank Airに関して下り30〜80Mbpsも出せていれば、

  • ネットサーフィン
  • HD画質以上での動画視聴
  • PS4などオンラインゲーム

も基本的には問題なく快適にできています。

より詳しい記事

速度検証
【検証】SoftBank Airは速度が遅いって本当?実際の速さや速度制限をテストした結果【ソフトバンクエアー】

「置くだけインターネット」と呼ばれるSoftBank Air(ソフトバンクエアー)。 開通工事が不要で、コンセントに挿して電源ONするだけで即ネットが使えるというお手軽インターネット回線です。 工事が ...

続きを見る

 

どんなときもWiFiの実際の通信速度(朝/昼/夕方/夜)と速度制限

どんなときもWiFi申し込み_ルーターバッテリー残量

<朝8時>どんなときもWiFiモンハン_速度朝8時

<昼12時>どんなときもWiFiモンハン_速度昼12時

<夕方17時>どんなときもWiFiモンハン_速度夕方5時

<夜20時>どんなときもWiFiモンハン_速度夜8時

  • 【朝8時】下り43.6Mbps/上り23.2Mbps/Ping31ms
  • 【昼12時】下り29.6Mbps/上り14.7Mbps/Ping26ms
  • 【夕方17時】下り40.9Mbps/上り20.7Mbps/Ping38ms
  • 【夜20時】下り36.9Mbps/上り22.1Mbps/Ping36ms

ご覧の通り、下り30Mbps〜40Mbpsほどで推移しています。

数値こそSoftBank Airより低いですが、どんなときもWiFiは夜間も速度が急激に下がることはなく、安定して下り20〜40Mbpsが出せるのが強みの印象です。

というのも、どんなときもWiFiは速度制限の心配がほぼありません。

速度制限が100%存在しないわけではなく、公式サイトには下記の記載があります。

「著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度をおおむね384Kbpsに制限する場合があります」

詳細 どんなときもWiFi 公式サイト

この「著しくネットワークを占有するレベル」というのは、例えばシステムを組んでルーター何十台を24時間稼働させているとか、そういう普通じゃない使い方をしている場合のみシステムが検知して速度制限をするそうです。

なので、普通に動画みたりゲームしたりするレベルでは速度制限にかかる心配はないでしょう。実際に私も速度制限を検証するために1日動画見たりゲームしましたが、速度制限にかかったことは今まで1度もないです。

しむまる
どんなときもWiFiに関しても、下り20〜40Mbpsも出せていれば、

  • ネットサーフィン
  • HD画質以上での動画視聴
  • PS4などオンラインゲーム

は基本的には問題なく快適にできています。

より詳しい記事

速度検証
【検証】どんなときもWi-Fiの通信速度は遅い?速い?|速度制限の重さまで実測公開

「通信制限(3日10GB制限)一切なし!」という圧倒的なメリットを打ち出して今年登場した新たなモバイルWiFiサービス「」。テレビCMの効果もあって知名度が上がってきましたね。 しむまる私も早速どんな ...

続きを見る

 

【SoftBank Air/どんなときもWiFi】使い勝手のよさで比較してみる

簡単なまとめ

  • SoftBank Air は外へ持ち運べないのがデメリットだが、有線接続ができたり同時接続に強いといったメリットがある
  • どんなときもWiFi は持ち運び可能なことがメリットだが、有線接続はできない。

 

SoftBank Airは持ち運び不可だが、有線接続や同時接続数の多さに強み

SoftBank Air

SoftBank Air は据え置き型Wi-Fiなので、外へ持っていくことができません。引越しや出張などで別の場所で使いたいときも、住所変更の手続きが必要になります。

そのため、自宅以外では使えないという点で使い勝手はポケット型Wi-Fiに劣りますね。

しむまる
とはいえ、引越しや転勤の際も、新居でまた面倒な工事をする必要がなくコンセントに挿すだけでいいので、光回線に比べたら圧倒的にラクですけどね。

一方で、SoftBank AirはLANケーブルを直接つないで有線接続ができる強みがあります。

SoftBank Airの有線接続

無線電波だと、ルーターと接続機器の間に障害物があると電波が弱まります。例えば家具やドアや壁・天井など全て障害物になり得るので、そうした場合に有線接続することで速度を多少安定させることができます(劇的に変わるわけではありませんが)。

とくにオンラインゲームをするとき、速度が安定しにくい時は有線接続にしてみることが一つの改善対策になります。

また、SoftBank Airは同時接続台数も最大64台というスペックがあるので、PCとスマホとタブレットなど複数機器を同時につかっても速度を保ちやすい強みもあります。

 

どんなときもWiFiはどこへでも持ち運べるが、有線接続はできない

どんなときもWiFiスマブラ_本体

どんなときもWiFi はポケット型のWiFiなので、どこへでも持ち運べる利便性が大きなメリットです。私もカフェで仕事することが多いので、外出する際は必ずどんなときもWiFiを携帯しています。

しかし、どんなときもWiFiは有線接続はできません。無線でつなぐしかないので基本的にルーターと近いところで通信するほかなく、電波を遮る障害物が間に入りやすい場所(自宅など)では弱まる可能性もあります。

 

【SoftBank Air/どんなときもWiFi】月額料金の安さで比較してみる

簡単なまとめ

  • SoftBank Air は月額3880円〜5370円とやや高めだが、ソフトバンクスマホはセット割で月1000円安くなる。
  • どんなときもWiFi はクレカ払いで月3480円(2年目以降は3980円)、口座振替で月3980円(2年目以降は4410円)と安めだが、スマホとセット割などはない。

 

SoftBank Airの月額料金

SoftBank Air は現在、新規申込キャンペーン中です。いま申し込めば12ヶ月間は毎月1000円程度安くなるので、検討中の人はお早めに申し込んでおきましょう(※キャンペーン終了時期は未定)。

ソフトバンクAirの月額料金は、Airターミナルを「購入」するか「レンタル」するかで変わってきます。

月額1000円割引/12ヶ月間のキャンペーンが購入限定なので、基本的には購入してしまった方が金額的にはお得です。

購入した場合の利用料金

レンタルした場合の購入料金

レンタルした場合はキャンペーン割引が適用されない上、元の月額料金も購入プランより高いです。

購入プランは分割払いにすると36ヶ月分割になるのがネックですが、トータル料金でいうとお得になります。

月額料金で比較すると、どんなときもWiFiより多少高くなりますが、その代わりSoftBank Airはソフトバンクスマホ利用者ならセット割引「おうち割」が使えます。

ソフトバンクスマホを使っている人であれば、SoftBank Airを契約することで毎月のスマホ代が”永年”1000円割引になります。

ちなみにスマホ以外にも、

  • iPhone
  • スマートフォン
  • ケータイ
  • iPad
  • タブレット
  • Wi-Fiルーター

このセット割1000円引きが適用されれば、トータルで見るとどんなときもWiFiよりお得になりますね。

※キャンペーンは予告なく終了する場合があります。現在の料金プラン詳細は公式サイトで必ずご確認ください

リンク→ SoftBank Air公式サイトを見る

申し込み手順はこちらの通りに

契約手順
ソフトバンクエアー
【簡単10分】SoftBank Airの申し込み手順〜設置方法を画像付きで解説します【ソフトバンクエアー】

しむまるこの記事では、SoftBank AirのWeb申し込みの手順から、実際に届いたAirターミナルを設置するまでの手順を画像付きで分かりやすく解説していきます。 SoftBank Airは家電量販 ...

続きを見る

 

どんなときもWiFiの月額料金プラン

どんなときもWiFiは制限なしの使い放題なので、月額プランが1つだけです。シンプルで選ぶのに悩まないのが良いですね。

ただし、支払い方法を「クレジットカード払い」にするか「口座振替」にするかで月500円ほど料金が変わってきます。

クレジットカード払いは月額3480円

 

口座振替は月額3980円

ご覧の通り、クレジットカード払いの方が月々500円ほど安くなります。なので、とくに理由がなければクレジットカード払いの方がおすすめです。

クレジットカードを持っていないなどの事情がある人は、口座振替を選びましょう。クレジットカードがなくても契約できる点も、どんなときもWiFiの一つのメリットです。

リンク →どんなときもWiFi 公式サイトを見る

申し込み手順はこちらの通りに

契約手順
【5分で簡単】どんなときもWiFiの申し込み手順から配送時間・初期設定・接続方法や使い方など基本情報まとめ

モバイルWi-Fiとしては始めて「通信制限なし」という画期的なサービスを打ち出したのが、今年新登場した「」です。 今までのWiMAXやポケットWi-Fiのように3日10GB制限に怯える必要はもうない! ...

続きを見る

本音レビュー
どんなときもWiFiNetflix_D1
【口コミ感想】評判高いどんなときもWiFiのメリット・デメリット・使用感の本音レビュー!

「通信制限一切なし」という、今までのモバイルWiFiの常識を覆して新たに登場した「」。テレビCMやネットCMもバンバン流れて瞬く間に人気のWi-Fiサービスになりました。 このどんなときもWi-Fiが ...

続きを見る

 

SoftBank AirかどんなときもWiFiか、迷ったらシンプルにこの基準で選ぼう!

自宅でしか使わない、あるいはオンラインゲームをするならSoftBank Airがおすすめ

実際にSoftBank AirとどんなときもWiFiの両方を使っている私の体感として、自宅のネット回線として使うなら SoftBank Air の方がおすすめです。

夜間を除けば速度も平均的にSoftBank Airの方が速い点もありますが、接続が悪いときに有線接続ができたり、高速の周波数帯である5Gを使える点も強みとしてあります。

しむまる
SoftBank Airは、WiFiを繋げるときに2種類の周波数帯「2G」と「5G」を選ぶことができます。

5Gの方が最新規格で高速なのですが、どんなときもWiFiは5G接続はできません。

有線接続や5G接続は、とくにオンラインゲームをするときには力を発揮します。PS4のようなハイスペゲームを腰を据えてプレイしたいなら、やはりこれらを備えたSoftBank Airの方が安心感がありますね。

もう一つオンラインゲームについてもう少し細かいことを言うと、ゲームをサクサク快適にプレイするには下り速度だけでなく、応答速度を示す数値である「Ping」が重要になります。

このPingは数値が低いほど良い(応答が早くサクサク動く)のですが、先に載せた速度テストの結果を見ると、

Ping値の目安

  • SoftBank Air:平均20ms〜30ms
  • どんなときもWiFi:平均30ms〜40ms

という感じで、やはりSoftbank Airの方がPing値もやや優秀な結果が出ています。

オンラインゲームに関しては当サイトで色々なゲームで検証してきましたが、一部FPSのゲームや格ゲーのオンライン対戦でラグの発生が数回出たくらいで、ほとんどのゲームは1日通してとくに問題なくプレイできました。

(詳しくは下記記事にまとめています)

ゲームまとめ
有線必須?SoftBank AirでオンラインゲームやPS4はできるか検証まとめ【ネトゲ/ソフトバンクエアー検証レビュー】

ソフトバンクAirは「置くだけインターネット」と称され、工事不要でコンセントにつなぐだけで即ネットが使える手軽さが最大のメリットです。 しかしその反面、あくまでモバイル回線を利用したWi-Fiサービス ...

続きを見る

動画視聴に関しても、HD画質くらいまでなら速度で困ったことはありません。夜間で速度が10Mbpsくらいまで下がっても、HD画質なら大抵余裕で再生できますよ。

動画テストについても詳しくは下記記事にまとめているので、より詳細に知りたい人は読んでみてください。

動画検証
SoftBank Airの速度でネット動画が視聴できるか検証まとめ|VODサービスごとの総評

当サイトでは、SoftBank Airで動画がちゃんと観れるか検証シリーズと勝手に称して、様々なネット動画サービス(VOD)の視聴テストをしてきました。この記事はそのまとめです。 SoftBank A ...

続きを見る

また、自宅だとパソコンに加えてスマホやタブレットなんかも同時にWiFiに繋げますよね。そうした時に、最大同時接続数64台というスペックを持ったSoftBank Airの方がやはり安定します。

(どんなときもWiFiは最大5台なので同時接続に耐えるスペックはやや弱い)

そうした点を総合的に評価すると、やはり自宅で使うなら(とくにオンラインゲームをするなら) SoftBank Air の方がおすすめです。

ココが安心!

SoftBank Airは契約日から8日以内であれば無料で解約可能です(繋がらない・遅すぎて使えないなどの場合)

リンク→ SoftBank Air 公式サイトを見る

 

エリア確認が必須!

SoftBank Airについては、契約前に1つ大事な注意点があります。

SoftBank Airはモバイル回線サービスなので、地域エリアによって通信品質(速度や安定度)が大きく変わる性質があることは前述しました。

なのでまず、自分の住所がSoftBank Airのエリア圏内かどうかを必ず確認してください。

エリア情報は、SoftBank Air公式サイト内の「住所別下り最大速度情報」というページで確認できます。

右の「対応速度」というのはSoftBank Airがそのエリアで出せる最大速度。つまり、これらのエリアならSoftBank Airで最大261Mbpsの速度が出せるということです。

結論を言うと、このエリアに載っていない市町村に住んでいる場合はSoftBank Airは諦めた方がいいです。ゲームはおろか、ネットサーフィンすらストレスが溜まるレベルの可能性があります。

下記の公式サイトで必ずエリアをチェックしておいてください。

必須! >> 公式サイトでエリア情報を確認する  

参考記事SoftBank Airのエリアを確認する方法。自宅が対象エリア外の対策まで

 

自宅以外でも使いたいなら、どんなときもWiFiがおすすめ

どんなときもWiFi申し込み_スマホ・パソコン同時接続

自宅以外でも使いたいなら文句なしに どんなときもWiFi がおすすめですね。

例えば、外出先のカフェに持って行って仕事したいとか、実家や会社なんかに持って行ってWiFiを使いたいなど。

ポケット型のWiFiなので、文字通り「どこへでも持って行ってネットに繋げる」という利便性が最大のメリットです。

日中の通信速度については平均すればSoftBank Airに劣る印象ですが、それでも下り20〜40Mbpsほどは出せているので、高画質動画をみたりオンラインゲームをプレイするのも一通り問題なくできています(詳しくは下記記事でも検証しています)

参照記事
どんなときもWiFiモンハン_大砲発射
どんなときもWiFiでPS4やオンラインゲームは快適プレイできる?オンライン対戦で検証してみた

「通信制限一切なし!」という最強の強みを持って新登場したモバイルWi-Fi「」。容量無制限かつ速度制限もほぼないので、もはや外出先でのモバイルWiFiとしてだけではなく、自宅のネット回線としてどんなと ...

続きを見る

外出先でも動画が見れたり、ニンテンドーSwitchでゲームしたりも可能です。通信制限もないので、ゲームのしすぎを気にする心配もありません。

どんなときもWiFiスプラトゥーン_本体

もちろん自宅のネット回線としても使えるレベルなのですが、SoftBank Airと比較したときに私自身が感じている懸念点を一つ挙げるとすると、

"まだ誕生したばかりのサービスなので、今後どうなるか分からない"

という点ですね。

今はイケイケでも、今後人気がますます伸びてユーザー数が急増しはじめたら、突然速度が遅くなったり、速度制限システムが設けられるなど「改悪」がされる可能性もなくはありません。

現状はかなり満足度高いのは間違いないのですが、サービスとしては良くも悪くもイケイケのルーキー。マラソンで言えばまだ最初の1kmを走ったところなので、この後もこのイケイケペースをキープしていけるのかが私はちょっと心配です……(笑)。

(最初だけ奮発して、客が集まってから改悪する格安SIMなんかもありますからね……)

しむまる
とはいえ、ポケット型WiFiにおいて、

  • 容量無制限
  • 速度も下り20〜40Mbpsを安定して出せる
  • 昼も夜も速度がさほど下がらない
  • 速度制限もほぼないと言っていい

これだけの条件を揃えたWiFiは今までなかったので、その意味で現状のどんなときもWiFiは本当に満足度が高いWiFiだと感じていますよ。

リンク →どんなときもWiFi 公式サイトを見る

 

まとめ

重要なので最後にもう一度書いておきますが、

SoftBank AirやどんなときもWiFiのようなモバイル回線を使ったWiFiは、エリアと通信環境によって速度や繋がりやすさが大きく変動するので、本当の速度や使い心地はその場所で使ってみないことにはわかりません。

この記事で書いたことも、あくまで私のエリアで私が使った感想なので、あくまで参考程度にしてください。

最後にもう一度、比較表を載せておきます。

※スマホは横スクロール可

ソフトバンクAir どんなときもWiFi
工事 不要 不要
月額料金 購入3880円
レンタル5370円
2年間3480円
3年目〜3980円
通信量上限 なし なし
速度制限 夜間に低下する場合があり ほぼなし
携帯性 コンセント必要、外出先は不可 バッテリー充電、外出先で可能
最大速度 350Mbps 150Mbps
実際の速度目安 8Mbps〜80Mbps 10Mbps〜40Mbps
有線接続 できる できない
同時接続台数 64台 5台
契約期間 2年間 2年
スマホ割引 ソフトバンク「おうち割」
ワイモバイル「光セット割」
なし
公式サイト SoftBank Air どんなときもWiFi

リンク→ SoftBank Air 公式サイトを見る

リンク →どんなときもWiFi 公式サイトを見る

-SoftBank Air, どんなときもWi-Fi

Copyright© 【賢者のSIM】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2019 All Rights Reserved.