SoftBank Air 光回線

引けない!光回線が工事できないマンション/アパートのネットはWi-Fiで対策!

更新日:

自宅に光回線が引けなくて困っている人多いと思います。地域によっては光回線のエリア外だったり、マンションやアパートなど集合住宅では大家さんの都合などで開通工事ができないケースもあります。

またマンションやアパートの光回線というのは一括で管理されている場合が多く、自分で好きな回線を契約するのが難しい場合が多いです。大抵はアパート・マンションの共有部分(通路や階段)まで1本の回線がすでに通っていて、そこから各部屋へ枝分かれして繋げる仕組みになっているからです。

しむまる
とにもかくにも光回線の工事ができない場合、ネット回線はどうしたらいいのか?

結論から言うと、工事不要の無線Wi-Fiで代用する方法があります。

家の中まで回線を通すタイプではなく、外を飛んでる電波をキャッチして家の中に広げるタイプのWi-Fiです。工事は不要なので、契約すれば今からすぐに使えるお手軽インターネットですね。

候補としては、「ソフトバンクAir」か「WiMAX(ワイマックス)」です。

ソフトバンクAirはソフトバンクが提供している据え置き型Wi-Fiで、工事は不要、コンセントに挿して電源ONすればすぐにネットが使えるようになります。

WiMAXは、au系列が提供しているモバイルWi-Fi(いわゆるポケットWi-Fi)です。こちらはポケットサイズのWi-Fiで、家の中はもちろんカバンに入れて外へ持ち運ぶこともできます。

今回は、自宅に光回線が引けない時のネット回線の対策として、この両サービスを紹介していきます。

しむまる
先に言っておくと、現在お使いのスマホがソフトバンク/ワイモバイルの人はソフトバンクAir、auスマホの人はWiMAXを選んでおいてOKです。

それ以外の人は、両サービスを比較してお好きな方を選びましょう。

スポンサーリンク

ソフトバンク Airとは?

ソフトバンクAirは、別名「置くだけインターネット」と呼ばれる超お手軽ネット回線です。もちろん通信量に制限はなく「使い放題」です。

ソフトバンクユーザーでなくとも、誰でも契約は可能です。ただ、ソフトバンク/ワイモバイルのスマホ利用者だとスマホセット割引で毎月のスマホ代が1000〜2000円安くなるので超お得になります。

ソフトバンクAirの特徴を並べてみましょう。

  1. 開通工事不要。コンセントに挿すだけでOK。
  2. 通信速度は下り最大261Mbpsと並程度
  3. 通信速度制限が存在する

それぞれ解説します。

工事不要の手軽さ!専用機器をコンセントに挿すだけ!

SoftBank Airは開通工事も、プロバイダの面倒な契約も一切必要ありません。申し込み後に送られてくるWi-Fiルーター(Airターミナルという名称)をコンセントに挿して電源ONする。たったこれだけです。

  1. Airターミナルを置く
  2. コンセントを差す
  3. 電源ON

たったこれだけ!

機械に弱い人でも安心。サルでもできるほど簡単です。

工事で家に穴を開ける必要もないし、大家さんにいちいち相談する必要もありません。気兼ねなく簡単に、そして今すぐにでもインターネットを始めることができます。

通信速度は最大261Mbps

公式サイト SoftBank Air

ソフトバンクAirは年々速くなっているのですが、2017年最新の「Airターミナル3」は最新Airターミナル3は下り最大速度261Mbps。

光回線( SoftBank光 )が最大速度1Gbpsなことを踏まえると特別速い数値ではありませんが、普通にインターネットを使う上では十分な速度です。

(ちなみに、スマホの下り最大速度はおよそ75〜100Mbps)

しむまる
ただし、実際の通信速度は「エリア」や「通信環境」によって大きく左右されます

周囲に高層ビルが並んでいたり屋内に遮蔽物が多いと、それだけで電波がキャッチしにくくなります。少しでも通信速度を安定させるために、Airターミナルはなるべく電波をキャッチしやすい窓際に設置しましょう。

回線混雑時には通信速度が制限あり

ソフトバンクAirは明確な速度制限基準こそないものの、「混雑時には速度を制限する場合がある」と公式に明記されています。

とくに夜間に速度が低下する場合が多く、この時間帯にゲームや高画質動画を楽しむのは難しくなるケースがあることは覚悟が必要です。

ただスマホのように基準に達したら必ず速度低下が起きるわけではなく、あくまでケースバイケースのようです。

しむまる
速度制限は場合によってありますが、通信量は無制限です。使い放題なので安心してください。

月額料金

ソフトバンクAirは2年契約です。
月額料金は、Airターミナルを「分割購入」するか「レンタル」するかで変わってきます。

Airターミナルを「分割購入」する場合

しむまる
Airターミナルを「購入」する場合は注意が必要で、「36回分割払いのみ」という縛りがあります。

Airターミナルを「レンタル」する場合

ちなみに現在、新規申込キャンペーン中です。

表の通り、いま申し込めば24ヶ月間は毎月1000円程度安くなるので、検討中の人はお早めに申し込んでおきましょう(※キャンペーン終了時期は未定)。

※万が一、速度が遅くて使い物にならなかった場合は、契約日から8日以内であればクーリングオフ制度により無料で解約できます。

※料金詳細は公式サイトで必ずご確認ください。

プラン詳細 SoftBank Air

ソフトバンクとワイモバイルのスマホ利用者は割引あり!

ソフトバンクスマホ利用者は「おうち割」

ソフトバンクスマホを使っている人であれば、SoftBank Airを契約することで2年間毎月のスマホ代が割引になります。

  • 5GB、20GBプランの人は毎月1522円割引
  • 30GBプランの人は毎月2000円割引

ソフトバンクユーザーならスマホ代も安くなってかなりお得です。

>> SoftBank Air公式サイト

ワイモバイル利用者は「光セット割」

ワイモバイルとソフトバンク光またソフトバンクAirを契約し、光セット割に申し込むことで、ワイモバイル側の月額料金が割引適用となります。

1回線契約の割引額は下記の通り。

契約プラン 割引額
スマホプランS 500円
スマホプランM 700円
スマホプランL 1000円
データプランL 500円
PocketWi-Fiプラン2 500円

もちろん家族みんながワイモバイルを利用していれば全員が光セット割を受けられるので4人家族ならみんなで最大4000円引きです。

詳細 ワイモバイル

 

WiMAX(ワイマックス)とは?

WiMAX(ワイマックス)は、au系列が提供しているモバイルWi-Fi(≒ポケットWi-Fi)です。こちらもソフトバンクAirと同じくモバイル回線を利用したWi-Fiになります。

ポケットサイズの小型ルーターなので、家の中だけでなく外出先にも手軽に持ち運べる点が大きな特徴ですね。

他の特徴としては下記の通り。

  • ギガ放題プランあり(通信量無制限)
  • 最大速度440Mbps(機種による)
  • 3日10GB制限あり
  • プロバイダが複数ある
  • auスマホにセット割引あり

それぞれ簡単に説明します。

使い放題のギガ放題プランあり

WiMAXには、通信量無制限で使い放題の「ギガ放題プラン」と月7GBまでの「7GBプラン」があります。現在の主流はやはりギガ放題ですね。7GBを選ぶ人はあまりいません。

ただ後述しますが、WiMAXには3日10GB制限があるので、実質的には月100GB程度が上限になります。

通信速度は最大440Mbps

WiMAXの最大速度は機種にもよっても変わるのですが、現在最新の機種では最大440Mbpsまで進化しています。

UQ WiMAX :今人気の機種「W04」)

ただ、「最大速度」というのは理論値(理論上可能な最大数値)なので実際にこのスピードが出るわけではありません。実際の速度はエリアや通信環境によって大きく変わります

しむまる
ただWiMAXは、ソフトバンクAirに比べると回線混雑時も速度低下しにくいという評判があります。

※厳密に言うとWiMAXは、機種によって利用するモバイル回線が3種類あります。

  1. WiMAX回線(旧時代)
  2. WiMAX2+(今の最新)
  3. LTE(auスマホの回線)

今の最新機種はWiMAX2+(ツープラス)が主流ですが、この記事では「WiMAX」で統一して記載します。

3日で10GBまでの制限あり

WiMAXには3日10GB制限があります。ここがWiMAXを選ぶ際の最大のデメリットですね。

直近3日間の通信量が10GBを超えると、超えた日の翌日18時から翌々日2時頃まで最大1Mbps程度に速度制限されます。はっきり言って、速度制限を食らうと使い物にならないと思っていいでしょう。

3日で10GBというと普通の人ではそうそう超えないレベルだとは思いますが、一応契約前に自分がどの程度使うのかシミュレーションしておいた方がいいかと思います。

3日で10GB超える可能性があるのなら、WiMAXは選択肢から消しましょう。制限のないソフトバンクAirにしておいた方が無難です。

プロバイダが複数ある

WiMAXは、回線事業者であるUQ WiMAXの他にも代理販売しているプロバイダが複数あります。同じauスマホを、auショップだけでなくヨドバシカメラやビッグカメラでも売っているようなイメージですね。

商品(WiMAX)自体は同じものですが、どこのプロバイダで契約するかによってほんの少し月額料金が変わったり、キャッシュバックが受けられたりします。

各プロバイダの月額料金とキャッシュバックを表にしてみました。

プロバイダ 月額・キャッシュバック特典


UQ WiMAX
  • 月額4380円(最初3ヶ月は3696円)
  • 初期費用3000円
  • 10000円キャッシュバック
Broad wimax

Broad WiMAX

  • 月額3411円(最初3ヶ月は2726円)
  • キャッシュバックなし
  • Web申込で初期費用18857円が無料


GMOとくとくBB

  • 月額4263円(最初3ヶ月は3609円)
  • 初期費用3000円
  • 33000円キャッシュバック


BIGLOBE WiMAX
  • 月額4380円(最初2ヶ月は3695円)
  • 初期費用3000円
  • 20000円キャッシュバック

※全てギガ放題プラン(通信量無制限)の料金です

繰り返しますが、商品(WiMAX)自体は同じもので「どこで契約するか」だけの話です。それでもどのプロバイダにするか決められない人は、下記の基準で選びましょう。

信頼とサポート力を優先するならUQ WiMAX

UQ WiMAXは、WiMAXサービスの運営元であり「本家」に当たります。auスマホをauショップで契約するようなものなので、契約するにしても1番安心と言えるでしょう。

キャッシュバック額などは少なくても1番信頼できるところで契約したいならUQ WiMAXを選びましょう。

>> UQ WiMAX公式サイト

月額料金の安さを優先するならBroad WiMAX

シンプルに月額料金が一際安いのがBroad WiMAXです。キャッシュバックは高額な初期費用と相殺されるので戻ってくるお金はないのがネックですが、初期費用無料で月額最安なので最もお得感を味わいやすいプロバイダです。

一番お得にWiMAXを契約したいならBroad WiMAXにしましょう。

>> Broad WiMAX公式サイト

 auスマホユーザーはセット割引あり!「auスマートバリューmine」

WiMAXを契約すると、お使いのauスマホ/auケータイの契約プランに応じて毎月スマホ代が割引されます。

契約プラン 割引額
934円
734円
  • データ定額1
500円

公式サイトよりWiMAXの申し込み後、KDDIのお客様センターに連絡してauスマートバリューmineに加入しましょう。

>> UQ WiMAX公式サイト

 

ソフトバンクAirとWiMAX -モバイル回線のデメリットと注意点

光回線が引けない自宅でも工事不要でカンタン導入できるソフトバンクAirとWiMAXについて簡単に紹介しました。

一応、両サービスの比較表をまとめて載せておきます。

※スマホは横スクロール可

ソフトバンクAir WiMAX 2+
工事 不要 不要
月額料金 購入4880円/レンタル5370円 4380円
通信量上限 なし なし(実質100時間)
速度制限 夜間に低下する場合があり 3日間10GB制限
携帯性 コンセント必要、外出先は不可 バッテリー充電、外出先で可能
下り最大速度 350Mbps 440Mbps
契約期間 2年間 プロバイダによる(2年か3年)
スマホ割引 ソフトバンク「おうち割」
ワイモバイル「光セット割」
au「スマートバリュー」
公式サイト SoftBank Air UQ WiMAX

両サービスとも細かい違いはありますが、モバイル回線を利用したWi-Fiという意味ではほとんど同じ仕組みのサービスです。

モバイル回線利用のWi-Fiには、固定回線にはないデメリットと注意点があります。その点を確認しておきましょう。

実際の通信速度はエリアと環境で大きく変わる

モバイル回線の特徴としては、

  • エリアによって通信品質が変わる
  • 環境(遮蔽物の有無など)によって通信品質が変わる
  • 回線の混雑状況によって速度が変わる

といった要素があり、これらが実際の速度を大きく左右します。スマホでも繋がりにくい地域や圏外になりやすい場所がありますよね。それと同じです。

契約前のエリアチェック必須!

電波が届くエリアについては、都道府県別・住所別のエリア情報が各公式サイトで確認できます。契約前に必ず自分のエリアが電波の範囲内か確認しておきましょう。

特にソフトバンクAirは、住所によって最大速度が変わってきます。公式サイトの「住所別下り最大速度情報」に載っていない地域に関しては、下り最大速度が175Mbps/165Mbps/112.5Mbps/110Mbpsとなっており、大幅に通信速度が落ちること明記されています。

自分の住まいエリアがきちんと電波が届くかは必ず事前チェックしておきましょう。

>> SoftBank Air公式サイト

>> UQ WiMAX公式サイト

 通信環境でも速度は変動する

遮蔽物が多いほど電波は届きにくくなります。前述しましたが、ルーター(AirターミナルやWiMAX機器)を遮るものが少ない窓際に設置するだけでも違いがでます。

また2階建以上の戸建において1階にルーターを置いた場合、真上の部屋は電波が届きやすくても、斜め上の部屋だと電波が安定しない……といったことも起きます。

ルーターの置き場所によっても通信品質が変わることは多々あります。それを覚悟することと、最適な設置場所を模索することも必要です。

しむまる
とくに、WiMAXは室内にやや弱いという性質があります。

モバイル回線では快適に行えない用途

モバイル回線のWi-Fiは固定回線と比べると明確に速度が遅いです。普通にネットサーフィンをする分には支障でなくとも、用途によっては固定回線のような快適な使い方は難しい面もあります。

  • 夜間にオンラインゲームやPS4を楽しみたい
  • 夜間に高画質動画サービスを鑑賞したい

という人には、モバイル回線(ソフトバンクAirやWiMAX)は向いていません。とくに回線混雑しやすい夜間だと、ソフトをダウンロードするだけでも大量の時間がかかるのでストレスが溜まるでしょう。

3DSやVITAのゲームくらいであれば、1〜3GB程度で済むゲームも多いため問題ないかもしれませんが、PS3やPS4のゲームは10GB以上の大容量も多いのでおすすめできません。

もちろん実際の使い心地はエリアによっても変わりますが、そもそもゲームや高画質動画など大きなファイルの処理にはモバイル回線はちょっと力不足です。

まとめ

ソフトバンクAirやWiMAXのようなモバイル回線のWi-Fiは、ゲームや高画質動画サービスをガンガン使いたい人には正直向いていません。もう少しライトな使い方に適したものです。

かと言って、自宅に光回線が引けないようであればコレらを使うほかありません。光回線ほどの通信速度がでない点には妥協が必要になります。

一方、ゲームや動画などはそこまで見ない、ネットサーフィンなどに使えれば良いというライトユーザーにとっては非常に便利なネット回線になります。工事不要ですし、契約すればすぐに使えるようになります。

事情により光回線を引けない人は、ぜひソフトバンクAirかWiMAXで代用してみてください。

>> SoftBank Air公式サイト

>> UQ WiMAX公式サイト






-SoftBank Air, 光回線

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.