どんなときもWi-Fi

【口コミ感想】評判高いどんなときもWiFiのメリット・デメリット・使用感の本音レビュー!

投稿日:

どんなときもWiFiNetflix_D1

通信制限一切なし」という、今までのモバイルWiFiの常識を覆して新たに登場した「 どんなときもWiFi 」。テレビCMやネットCMもバンバン流れて瞬く間に人気のWi-Fiサービスになりました。

このどんなときもWi-Fiが凄いところは、以下のポイント。

  1. 3日10GBの速度制限がない(=高速で使い放題
  2. 3キャリア回線に対応していて、どこでも繋がりやすい
  3. 海外でも”そのまま”使える
  4. 月額3480円と安い(※2年間/クレカ決済の場合)

特にWiMAXやPocketWi-Fiでは避けられない「3日10GB制限(3日で10GB以上使うと速度制限)」がないのは革命的で、高速通信で使い放題という点がかなり評判が高いです。

外でライティング仕事をする機会の多い私にとっても「高速で使い放題」「どこでも繋がりやすい」という点はかなり魅力的だったので、当然ながら秒速でどんなときもWiFiを契約しました。

どんなときもWiFi申し込み_ルーター外箱

しむまる
実際に数ヶ月使ってみて驚きましたが、

  • マジで速度制限なし!
  • マジで使い放題!

こいつはやべぇ……(語彙力)

とはいえ、細かく評価すればメリット・デメリットがそれぞれあります。

なのでこの記事では、速度制限なしで使い放題の「どんなときもWiFi」の実際の使い心地・そのメリットデメリットを詳しく紹介していきたいと思います!

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

 

どんなときもWiFiのメリット・デメリットを分かりやすくまとめると?

どんなときもWiFi交換対応_アイキャッチ

まずは分かりやすく、私が実際に どんなときもWiFi を使ってみて感じたメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

メリット・デメリット比較

どんなときもWiFi
メリット
  • 通信制限・速度制限の心配がない
  • 十分な速度が安定して出せる(夜間も落ちない)
  • 地下鉄や新幹線で安定して繋がりやすい
  • 月額料金が安い
  • クレカ払いだけでなく口座振替もできる
デメリット
  • ルーターが壊れやすい(すぐ熱くなるし、初期不良で交換してもらった)
  • 始まったばかりのサービスなので、今の品質を今後も維持できるかが未知数
  • 運営会社にブランド力・安心感がない(大手じゃない)

正直、Wi-Fiの性能としては使っていてもかなり好印象です。

まだスタートしたばかりのサービスで歴史がない点に不安要素がありますが、このレベルのサービスをキープできるならWiMAX一強だったモバイルWi-Fi界の勢力図が大きく変わりそうな気もしています。

そんな期待のルーキー「 どんなときもWiFi 」のメリット・デメリットの各点を下記で具体的に書いていきます。

しむまる
その前に、どんなときもWiFiの基本情報も載せておきますね↓

サービスの基本情報

どんなときもWiFi
工事 不要
月額料金 2年間3480円
3年目〜3980円
通信量上限 なし
速度制限 ほぼなし
携帯性 バッテリー充電、外出先で可能
最大速度 150Mbps
実際の速度目安 下り10Mbps〜40Mbps
有線接続 できない
同時接続台数 5台
契約期間 2年
スマホ割引 なし
公式サイト どんなときもWiFi

 

実際に使って感じた、どんなときもWiFiのメリット

  • 通信制限・速度制限の心配がない
  • 十分な速度が安定して出せる(夜間も落ちない)
  • 地下鉄や新幹線で安定して繋がりやすい
  • 月額料金が安い
  • クレカ払いだけでなく口座振替もできる

それぞれ具体的に書いていきます。

通信制限・速度制限が(ほぼ)ない

どんなときもWi-Fi_通信制限なし

どんなときもWiFi は「通信制限なしで使い放題」のWi-Fiです。そこが最大のウリ。

なんて言うと、無制限とか言ってどうせ実は「1日3GBまで」とか「3日10GB以上で速度制限」とかあるんだろ? と疑いたくなるところですが、

どんなときもWiFiに関しては、割とマジで制限なしの使い放題です。

WiMAXやPocketWiFiのような3日10GB制限がありません。”高速通信で使い放題”です。

ただし、正確に言うと速度制限が100%存在しないわけではなく、公式サイトには下記の記載があります。

「著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度をおおむね384Kbpsに制限する場合があります」

詳細 どんなときもWiFi 公式サイト

この「著しくネットワークを占有するレベル」ってどのくらいなのか? どんなときもWiFiの運営会社の人に聞いてみたところ、”人間が普通に使っている分にはあり得ないレベル”だそうです。

例えばシステムを組んでルーター何十台を24時間稼働させているとか、そういう普通じゃない使い方をしている場合のみシステムが検知して速度制限をするそうです。

つまり、普通にネットしたり動画みたりゲームしたりするレベルでは速度制限にかかる心配はないです。

しむまる
私も速度制限を検証するために、1日通してオンラインゲームしまくったり10GB超えのダウンロードをしましたが、速度制限にかかったことは今まで一度もありません

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

 

快適にネットを使うのに必要十分な速度(下り20〜40Mbps)が安定して出せる

いくら無制限の使い放題でも、肝心の速度が遅すぎたらゴミ同然です。

しかしご安心を。どんなときもWiFiは通信速度も十分な速さが「安定して」出せます。

実際に私の自宅で、どんなときもWiFiの速度を朝から晩まで4時間帯で測ってみました。

<朝8時>どんなときもWiFiスプラトゥーン_速度朝8時

<昼12時>どんなときもWiFiスプラトゥーン_速度昼12時

<夕方17時>どんなときもWiFiスプラトゥーン_速度夕方5時

<夜20時>どんなときもWiFiスプラトゥーン_速度夜8時

  • 【朝8時】下り52.4Mbps/上り19.9Mbps/Ping21ms
  • 【昼12時】下り28.3Mbps/上り8.29Mbps/Ping29ms
  • 【夕方17時】下り42.1Mbps/上り25.1Mbps/Ping38ms
  • 【夜20時】下り33.0Mbps/上り21.6Mbps/Ping21ms

速度テストの数値は日によって変動しますが、どんなときもWiFiは概ね下り20〜40Mbpsが安定して出せる印象。これは他のモバイルWi-Fi(WiMAXやポケットWiFiは下り10〜20Mbpsくらい)と比較してもかなり優秀な速度ですね。

参考記事どんなときもWiFiとWiMAX比較!実際使って速度や使い心地がおすすめのWi-Fiはどっち?

ネットを快適に利用するための目安速度が下り20Mbps程度と言われていますが(一部では10Mbpsで十分とも)、実際に私がどんなときもWiFiを使っていてもネットサーフィンはもちろん、HD画質で動画を見たり、PS4でオンラインゲームも問題なくできています(後述で詳しく)。

 

しむまる
つまり通信速度について、どんなときもWiFiは文句なしの速度が出せています。

さらに言うと高評価なのは、夜間でも速度が低下しないことです。

どんなときもWiFiのようなモバイル回線のWiFiは、利用ユーザーが増えると回線が混雑するため夜間に速度低下しやすいのが特徴。例えば自宅用モバイルWi-FiのSoftBank Air(ソフトバンクエアー)なんかは夜間にガクンと速度が下がるのが弱点です。

参考記事【家のWi-Fi】SoftBank AirとどんなときもWiFiのおすすめ比較!速度・使用感を比べてみた結果

しかし、どんなときもWiFiは夜間も速度が下がりにくく、1日通して「安定して」十分な速度を出すことができます。

 

地下鉄や新幹線でも安定して繋がりやすい

どんなときもWiFi新幹線_ルーター本体

「通信制限なし」と「安定した速度」に加えてもう一つ、 どんなときもWiFi を使っていてメリットを感じているのが「繋がりやすさ」です。

どんなときもWiFiは、au/ソフトバンク/ドコモの3キャリア回線全てに対応している(その場所その場所で一番繋がりやすい回線が自動で選択される仕組み)ので、他のWi-Fiよりかなり広域で繋がりやすいという強みがあります。

実際にそれを強く実感するのが、地下鉄や新幹線の中でもかなり安定して速度が出ることです。

しむまる
私は新幹線で移動するときもPCを広げて記事を書いたりすることが多いので、こうした場所で安定して使えるのはかなり助かっています。

新幹線の中にもフリーWi-Fiスポットはありますが、どんなときもWiFiに比べると速度が遅い上にトンネルや山間部に差し掛かると接続が切れたりして不安定です。それにみんなで使う公共Wi-Fiはセキュリティリスクもあるので、使い心地は断然どんなときもWiFiの方がいいと下記記事で検証しました。

検証記事どんなときもWi-Fiは新幹線でちゃんと繋がる? 無料Wi-Fiスポットと速度や使い心地を比較!

どんなときもWiFi地下鉄_アイキャッチ

また、地下鉄についてもフリーWi-Fiは駅構内のみで電車内にはないので、通勤通学など電車移動中に動画やゲームをするならフリーWi-Fiは使えません。やはり地下鉄でも、どんなときもWiFiを持っていると何かと助かります。スマホの通信量を使わないでネットできますからね。

参考記事どんなときもWiFiは地下鉄でもちゃんと繋がる?駅の無料Wi-Fiと速度や使い心地を比較してみた

 

どんなときもWiFiでYouTubeや動画配信は観れる?

どんなときもWiFiYouTube_再生中

家でのネットの使い方として「YouTubeなど動画を見てる」という人が圧倒的に多いです。なので、動画が快適に視聴できるというのはマストの条件。

どんなときもWiFi でYouTube動画が快適に観れるかは、以前に下記記事でしっかり検証しました。

動画検証
どんなときもWiFiYouTube_再生中
どんなときもWiFiでYouTube動画を快適に視聴できるか?【高画質で再生してみた】

「通信制限一切なし!」という最強のメリットで人気上昇中の。ただ、いくら制限なしと言っても、標準の速度が遅いんじゃ意味がありません。 そこでこの記事では「どんなときもWiFiでYouTube動画が快適に ...

続きを見る

その結果、

 

どんなときもWiFiでYouTube動画は快適に視聴できます。

 

YouTubeは基本的に画質が自動適用されるのですが、どんなときもWiFiでは高画質の1080pでの視聴が可能でした。

どんなときもWiFiYouTube_朝8時1080p

時間によっては最初の自動適用でもう少し低い画質が設定されることがありますが、手動で画質設定を上げることができます。

1080pの高画質でもとくに動画が止まることもなく、実にスムーズに動画を再生し続けられました。

動画の読み込んだ部分はシークバー(再生位置を確認・調整できるバー)で白く塗られますが、見てのとおり再生中の箇所からかなり先まで読み込まれてます。

どんなときもWiFiYouTube_朝8時再生中

もちろん、どんなときもWiFiは通信制限なしの使い放題なので、いくら動画を見てもOK。

家ではずーーっとYouTube見てるという人でも、どんなときもWiFiがあれば十分です。

 

また、人気の動画配信サービスである「Netflix」と「Amazonプライムビデオ」での検証も行いました。

結果はどちらも同じで、

HD高画質で快適に視聴することが可能でした。

どんなときもWiFiNetflix_夕方再生中

高画質での再生だとそれなりに通信量を消費するものですが、どんなときもWiFiは制限なしなので高画質でも見放題です。

動画再生については、どんなときもWiFiの回線でも全く心配は要りませんよ。

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

 

動画検証まとめ
どんなときもWiFiNetflix_昼間
どんなときもWiFiで動画は快適に視聴できるか検証まとめ【HD高画質で再生してみた結果】

ポケット型Wi-Fiながら3日10GB制限がなく、”高速で使い放題”がウリの「」。とはいえ、いくら無制限で使い放題でも、速度が遅くてネットが快適に使えないのでは意味がありません。 そこで当ブログでは今 ...

続きを見る

 

どんなときもWiFiでPS4などオンラインゲームはちゃんとできる?

どんなときもWiFi PS4

動画だけはなく、家でゲームする人にとって「オンラインゲームが快適にできるか?」もかなり重要なポイント。

とくにPS4のようなハイクオリティゲームの場合、それなりの通信速度がないと動きがガタガタになったりラグが発生したりするのでストレス溜まりまくりです。

どんなときもWiFi でオンラインゲームができるか問題については、下記の別記事にて実際に検証してみました。

検証結果だけ言うと、

 

どんなときもWiFiで問題なくオンラインゲームできています。

 

今はモンハンワールドにハマっていますが、どんなときもWiFiの回線はPS4ゲームでもかなり快適にプレイすることができています。

どんなときもWiFiモンハン_集会エリア合流

朝から晩まで一通りの時間帯でプレイしていますが、ラグが発生したり動きの重さが気になることもなく、光回線でプレイしている時と何も変わらないプレイ感です。

グラフィックの崩れもなく、移動もサクサク。攻撃シーンでもガタつくことなくスムーズです。

どんなときもWiFiモンハン_戦闘中

どんなときもWiFiモンハン_攻撃中

回線が遅すぎると戦闘シーンで操作と画面にズレが出ることがあるのですが、どんなときもWiFiの速度なら至って滑らかでした。

しむまる
下り20Mbpsも出ていればオンラインゲームは基本的に問題なくプレイできる印象です。

応答速度を示す「Ping」の数値も、どんなときもWiFiは20〜40msほどとモバイルWiFiにしては優秀な数値なので、想像していたよりもサクサク動いてくれます。

さらに、 どんなときもWiFi は持ち運びも可能。カバンに入れて外へ持っていけば、どこでもスイッチで遊ぶこともできます。

どんなときもWiFiスプラトゥーン_本体

家の中だけでなく、外でネットを使いたいときや出張・転勤の際にも持ち運んでネットが簡単に使えるのは、固定回線にはない、どんなときもWiFiならではのメリットですね。

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

しむまる
ただし、大容量のダウンロードやアップロードにかかる時間は、やはり速度が早い固定回線(光回線)よりも時間がかかります

 

どんなときもWiFiのデメリット

  • ルーターが壊れやすい(すぐ熱くなるし、初期不良で交換してもらった)
  • 始まったばかりのサービスなので、今の品質を今後も維持できるかが未知数
  • 運営会社にブランド力・安心感がない(大手じゃない)

【どんなときもWiFiのデメリット1】ルーターちょっと壊れやすくない?

どんなときもWiFiYouTube_本体

どんなときもWiFi のルーターは現在「D1」という1機種のみなのですが、このルーターが異様に脆くて壊れやすい気がしています……。

まず、ルーターがすぐ熱くなります。あまりに熱くなるの早いし熱すぎるので、第一印象で「壊れやすそう…」と感じるレベル。

そして実際に、1ヶ月しないくらいで初期不良が出てルーター交換対応してもらうハメにはりました。

参考記事
どんなときもWiFi交換対応_交換後機器一式
突然動かない!どんなときもWiFiルーターが初期不良の際の無料交換の対応まとめ

どんなときもWiFiのルーターはどうも熱くなりやすいので、最初から壊れやすそうな印象を持っていた私…。   案の定、契約して1週間程度で早々にルーターは壊れてしまいました。   水 ...

続きを見る

そんなわけで、ルーターに関しては結構ポン○ツな印象です。

あと個人的にWiMAXのような液晶画面がルーターにないのも残念ですね(バッテリー残量などはランプで確認できる)。総じて商品デザインが正直微妙です。

これから新しいルーター機種も出てくるそうなので、今後に期待です。

【どんなときもWiFiのデメリット2】将来性が未知数

すでに何度か書いていますが、 どんなときもWiFi は始まったばかりのサービスなので、今のイケイケゴーゴーな品質を今後も長く維持していけるのかが懸念点です。

こうしたサービスってスタートダッシュだけ勢い良くみせて、十分なユーザーを囲ったらスペック改悪したり制限を設けたりするのがザラなので、その点が一番心配ですね。

とくに心配なのが「速度制限」です。

今でこそ速度制限がほぼかからないのが最高のメリットですが、今後ユーザーが激増したときに「通信制限・制限なし!」を維持できるのかが勝負の分かれ目です

しむまる
運営会社の人に聞いたところ、(現状では)ユーザーが増えても速度制限がキツくなることはないと言っていましたが……

【どんなときもWiFiのデメリット3】WiMAXのような「大手の安心感」がない

どんなときもWiFi は、モバイルWiFi界では新人ルーキーであって大手でもないので、au系列のUQコミュニケーションズが提供するWiMAXのような「大手の安心感」がありません。

どんなときもWiFiもテレビCMを打って認知度を広めていますが、それでもまだ「よく分からないどんなときもWiFiより、誰でも聞いたことのあるWiMAXの方が安心」という人種も多いでしょう。

また個人的な体験でいうと、初期不良ルーターの交換対応をしてもらったときに、交換品の発送について一切の連絡がなかったこともあり、対応の丁寧さで大手と差を感じたことも事実です(対応自体は迅速にしてもらえましたけどね)。

 

しむまる
どんなときもWiFiはまだ生まれたばかりの「若い」サービスなので、それゆえの不安要素が多少ある程度です。現状の使い心地は大変満足していますよ。

リンク →どんなときもWiFi 公式サイトを見る

 

私なりの「どんなときもWiFi」の総合評価|

どんなときもWiFiNetflix_D1

  • 繋がりやすさ 
  • 使い放題(制限のなさ) 
  • 通信速度
  • 月額料金の安さ
  • サポートや運営の信頼感

総合的な印象では、今まで使ってきたモバイルWi-Fiの中で一番使い心地が良いのは間違いないです。

速度制限がかかることがほぼないですし、速度も下り20〜40Mbpsで安定した速さ。しかも夜間でも下がることがほとんどありません。それでいて、3キャリア回線に対応でエリアも抜群に広いし、走行中の新幹線や地下鉄内でも安定して繋がります。

モバイルWi-Fiとしてのスペックなら、間違いなく最強でしょう。

ルーターの作りが若干脆かったり、まだ始まったばかりのサービスなので将来的に今の品質を維持できるかという不安要素はありますが、それらのデメリットを差し引いても現状では一番良いモバイルWiFiだと率直に感じますね。

リンク →どんなときもWiFi 公式サイトを見る

 

【申し込み前に】どんなときもWiFiの基本情報をおさらい

しむまる
申し込み前に確認しておきたい「どんなときもWiFi」の基本事項をまとめておきます

どんなときもWiFiの月額料金プランは1つのみ

どんなときもWiFiは制限なしの使い放題なので、月額プランが1つだけです。シンプルで選ぶのに悩まないのが良いですね。

ただし、支払い方法を「クレジットカード払い」にするか「口座振替」にするかで月500円ほど料金が変わってきます。

クレジットカード払いは月額3480円

 

口座振替は月額3980円

ご覧の通り、クレジットカード払いの方が月々500円ほど安くなります。なので、とくに理由がなければクレジットカード払いの方がおすすめです。

クレジットカードを持っていないなどの事情がある人は、口座振替を選びましょう。クレジットカードがなくても契約できる点も、どんなときもWiFiの一つのメリットです。

リンク →どんなときもWiFi 公式サイトを見る

※契約期間は2年

※初期手数料3000円が別途かかります

端末は一種類のみ。カラーはグレーとゴールドの二色

公式HP どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの端末は、現時点では「D1」の1種類のみ。カラーは「ゴールド」と「グレー」の二色です。

WiMAXなんかは端末の種類が色々ありますが、逆に1種類のみというのも悩む必要がなくシンプルで良いのではないでしょうか(今後に増えていく可能性はあります)。

しむまる
私はゴールドを選んでみました。

どんなときもWiFi申し込み_ルーターバッテリー残量

 

【契約は2年間】解約時はルーターの返却が必要。更新月以外の解約は契約解除料がかかる

どんなときもWiFiはルーターをレンタルするので、解約時にルーターの返却が必要になります。付属品一式はしっかり保管しておきましょう。

どんなときもWiFi申し込み_ルーター一式

ルーター/ストラップ/ケーブル

また、どんなときもWiFiは2年契約/自動更新のサービスです。

25ヶ月目の契約更新月以外は以下の通りの契約解除料がかかることにご注意ください。

契約期間 契約解除料
~12ヶ月目 19000円
13~24ヶ月目 14000円
25ヶ月目(更新月) 0円
26ヶ月目~(更新月を除く) 9500円

【最後に】申し込みはネットの公式サイトから。申し込み手順はこちらを参照

どんなときもWiFiの申し込みは基本的にネットの公式サイトから行います。

申し込み どんなときもWiFi 公式サイト

申し込みは10分もあれば終わる程度で簡単ですが、手順を見ながら申し込みたい方は、下記記事に申し込み手順から配送・初期設定まで基本的なことを全てまとめましたので参照してください。

申し込み手順
【5分で簡単】どんなときもWiFiの申し込み手順から配送時間・初期設定・接続方法や使い方など基本情報まとめ

モバイルWi-Fiとしては始めて「通信制限なし」という画期的なサービスを打ち出したのが、今年新登場した「」です。 今までのWiMAXやポケットWi-Fiのように3日10GB制限に怯える必要はもうない! ...

続きを見る

-どんなときもWi-Fi

Copyright© 【賢者のSIM】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2019 All Rights Reserved.