SoftBank Air

SoftBank Airの速度でdTVが視聴できるか検証レビュー!HD画質で1日動画をみた結果

2020年10月12日

工事なしで使えるネットWi-Fi「SoftBank Air」の動画サービス検証シリーズ。今回はドコモの「dTV」がSoftBank Airの速度でちゃんと観れるか検証しました。

dTVは新しく「フィットネスチャンネル」が解説したこともあり、とくに女性に人気が出そうですね。

公式HPdTV

今回はSoftBank Airの速度テストから、dTVの画質などを観ながら1日通してストレスなく視聴できるか検証してみました。

結論だけ先に言ってしまうと、1日通して全く問題なく視聴可能です。先に安心したい人はこの結論だけで大丈夫でしょう。

SoftBank Airのスペック等含めて詳しくレビュー書いたので、もっと詳しく知りたい人は読んでみてください。

>> SoftBank Air公式サイトを見る

 

SoftBank Airの速度テスト結果|実際どのくらいのスピード出るの?

現在の最新Airターミナル3(写真のWi-Fiルーター)は、仕様上の通信速度は下り最大350Mbpsまで進化しました。これはあくまで理論値ですが、SoftBank Airのスペックは年々バージョンアップしています。

とはいえ、SoftBank Airはあくまでモバイル回線を利用したサービスなので、しっかり工事をして線を引いてくる光回線より通信品質は劣ります。

で、実際にSoftBank Airでどの程度の通信速度が出るのか?

Wi-Fi接続で1日速度テストしてみた!

まずはSoftBank AirをWi-Fiで利用した際のスピードを1日かけてテストしてみました。

<朝8時>

<昼12時>

<夕方17時>

<夜20時>

  • 【朝8時】下り62.2Mbps/上り7.73Mbps/Ping27ms
  • 【昼12時】下り62.2Mbps/上り6.62Mbps/Ping37ms
  • 【夕方17時】下り41.9Mbps/上り6.71Mbps/Ping27ms
  • 【夜20時】下り7.72Mbps・上り6.79Mbps/Ping27ms

朝から夕方くらいまでは下り40Mbps〜60Mbps出ており、申し分ない速度です。ただSoftBank Airは夜間に回線混雑しやすく、速度低下しやすい特徴があり、夜20時には下り7Mbpsまで下がりました。

速度テストは日によっても数値が上下するのですが、概ねは、

  • 朝〜夕方:下り30〜60Mbps
  • 夜:下り8〜20Mbps

くらいの間に収まることがほとんどです(今回は夜に7Mbps台になってしまいましたが)。

とはいえ、実際の使用感は後述しますが、下り8Mbps近くも出ていればネットで暇潰すなら基本的に問題ない速度です。ネットサーフィンも動画視聴も問題ありません。

工事不要・コンセントに挿すだけで使えるお手軽回線としては、優秀な速度が出ている印象です。

【レビュー検証】SoftBank Airは速度が遅い?評判が割れる理由

【注意】SoftBank Airの速度はエリアによって大きく変わる!

ただ注意点があります。

SoftBank Airはモバイル回線サービスなので、地域エリアによって通信品質(速度や安定度)が大きく変わる性質があります。

上記の速度結果は、あくまで私のエリアでの速度なので、あなたのエリアで同レベルの速度が出るかはわかりません。

なのでまず、自分の住所がSoftBank Airのエリア圏内かどうかを必ず確認してください。

エリア情報は、SoftBank Airの公式サイト内の「住所別下り最大速度情報」というページで確認できます。

SoftBank AIr エリア情報

右の「対応速度」というのはSoftBank Airがそのエリアで出せる最大速度です。つまり、これらのエリアならSoftBank Airで最大261Mbps(※)の速度が出せるということです。ちなみに私が上記で速度テストしたエリアは「261Mbps」のエリアです。

逆に、ここに掲載されていないエリアでは、最大速度が、下り最大175Mbps/165Mbps/112.5Mbps/110Mbpsにまで落ちることが公式に明記されています。

「最大速度」は理論上可能な数値という意味で、実際の使用で出ることはないと思ってOKです。潜在スペック的な意味合いで捉えておきましょう。

結論を言うと、このエリアに載っていない市町村に住んでいる場合はSoftBank Airは諦めた方がいいです。動画はおろか、ネットサーフィンすらストレスが溜まるレベルの可能性があります。

下記の公式サイトで必ずエリアをチェックしておいてください。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  

参考記事SoftBank Airのエリアを確認する方法。自宅が対象エリア外の対策まで

 

SoftBank AirでdTVの動画再生テストしてみた

dTVはドコモが展開しているサービスということで、ドコモで契約できるiPhone XでSoftBank Airの回線に接続して検証します。

なお、SoftBank Airはドコモユーザーでも問題なく契約できるので安心してください。逆にソフトバンクユーザーでdTVを契約したい場合は、dアカウントを無料発行してからdTVを契約してみてください。

参照dTV公式サイト

dTVの画質に対する推奨速度はとくに明記なし

動画サービスでは、動画視聴に推奨とされる速度が公式に明記されているサービスが多いのですが、dTVはとくに明記がありません。

画質については、以下の4段階に変更できるようになっています。

  • 自動
  • HD
  • すごくきれい
  • きれい

基本的には「自動」の設定しておけばOK。通信速度に合わせて画質が自動的に変化してくれます。

ただ今回はあえて主導で最高レベルの「HD」に合わせてテストしました。一応ほかの動画サービスでは、HD視聴に必要な速度は3〜5Mbpsくらいです。

【検証結果】朝〜晩まで1日通して高画質での視聴が可能!

まず朝にHD画質に設定して動画を再生してみましたが、とくに読み込みに時間がかかったりすることもなく、快適に動画を再生できました。

HD画質で映像も綺麗です。ストレスゼロ。

この時間帯は下り60Mbpsレベルが出るので、当たり前に余裕です。

 

続いて昼12時台。同じモバイル回線サービスの格安SIMだともっとも速度低下する魔の時間帯ですが……SoftBank Airでは何の問題もありませんでした。

HD画質で快適そのものです。

SoftBank Airはあくまで自宅用回線なので、スマホと違って昼時に回線が混雑することないんですよね。みんな外出している時間帯なので。モバイル回線だからといって昼時に速度低下する……なんて噂はウソです。

 

続いて、やや回線が混雑してきて速度が下がり始めた夕方。

HD画質で普通に視聴できます。

他の動画サービスだと夕方くらいから読み込みが遅くなったりするケースもあるのですが、dTVは読み込み遅延も画質低下もなくて素晴らしいですね。

 

最後に、速度テストでは数値が大きく下がった夜の時間帯。

まっったく問題なくHDの綺麗な画質で再生可能です。とくに映像が途切れたり、画質が自動低下することもありませんでした。

しむまる
以上、あまりに問題なさすぎてレビューする意味がないくらいあっけなく終わりました。

他の動画サービスの検証では何かしら、時間帯によって読み込みが遅くなったり画質が一個落ちたりしたものですが、ここまで何一つ問題点がなかったのは始めてかもしれません。

「SoftBank Airの速度でdTVは視聴できるか?」……答えは”余裕”でした。

エリア判定を忘れずに!

この検証は、あくまで私のエリア(最大261Mbpsエリア)で計測した結果です。

SoftBank Airはエリアによって速度が大きく変わるので、契約を検討する際には必ず公式サイトで自宅地域がエリア情報に掲載されているかチェックしてください。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  

【ちなみに】SoftBank Airは有線接続が可能!LANケーブルで直接繋ぐとパフォーマンスは向上するか?

SoftBank AirはLANケーブルで有線接続ができる

SoftBank Airは、LANケーブルを直接繋ぐことで「有線接続」することもできます。

一般的には、SoftBank Air ⇔ 接続デバイス間を無線Wi-Fiでやりとりするより、LANケーブルで直接繋いで通信する速度向上・安定が見込めます。

SoftBank AirのAirターミナル背面に、LANポートが2つあります。

AirターミナルにはLANケーブルが1本付属するので、パソコンとAirターミナルをケーブルで繋げば有線接続環境はあっという間に整いますよ(LANポートは1Gbpsまで対応)

SoftBank Airと接続デバイスの間に何も障害物がなければアレですが、ドアや家具など間に障害物がある場合は有線接続した方がパフォーマンス向上するかもしれません。

有線接続による画質の向上などは特に感じられず

私の場合、Wi-Fi接続の時点で最大限のパフォーマンスが出ていたので、有線にしたところでスペックが大きく向上するわけではありませんでした。

Wi-Fiの時点で朝〜晩までHD画質で視聴できたし、読み込みもスムーズだったので、そもそもこれ以上の上がありませんし。

一応、スペック向上が分かりやすい速度テストも行ってみましたが、有線接続でもそこまで変わりません。

朝や昼だと下り70Mbpsとやや向上しましたが、体感ではわからないレベルです。おそらくこの数値あたりが、私の通信環境化で出せるSoftBank Airの最高パフォーマンスなのでしょう。

ただ、これが例えば、SoftBank Airを壁やドアを隔てた別の部屋に置いている人だったりすると、Wi-FiよりLANケーブルで有線接続した方が大きくパフォーマンスアップするかもしれません。

繰り返しますが、SoftBank Airは各々のエリアと通信環境によって通信レベルが大きく変わるので、誰もが私と同じ結果になることは100%ないです。もしWi-Fi接続が弱ければ、有線でぜひ試してみてください。

動画検証まとめ
SoftBank Airの速度でネット動画が視聴できるか検証まとめ|VODサービスごとの総評

当サイトでは、SoftBank Airで動画がちゃんと観れるか検証シリーズと勝手に称して、様々なネット動画サービス(VOD)の視聴テストをしてきました。この記事はそのまとめです。 SoftBank A ...

続きを見る

【申し込み前に】SoftBank Airの基本情報をおさらい

しむまる
最後に、申し込み前に確認しておきたいSoftBank Airの基本事項をまとめておきます

ソフトバンク Airの月額料金

ソフトバンクAirの月額料金は、Airターミナルを「購入」するか「レンタル」するかで変わってきます。

現在行われている月額1000円割引/12ヶ月間のキャンペーンが”購入プラン限定”なので、基本的には購入してしまった方が金額的にはお得です。

SoftBankAirの月額割引キャンペーン

→ SoftBank Air公式サイトでキャンペーンをチェック!

(※キャンペーン終了時期は未定。早めに申し込みましょう)

購入した場合の利用料金

SoftBank Air購入の月額料金

レンタルした場合の購入料金

SOftBank Air レンタルでの月額料金

レンタルした場合はキャンペーン割引が適用されない上、元の月額料金も購入プランより高いです。

購入プランは分割払いにすると36ヶ月分割になるのがネックですが、トータル料金でいうとお得になります。

→ SoftBank Air公式サイトで料金プランを見る

SoftBank Air の契約期間は2年間(SoftBank Air の課金開始日の属する月を1ヵ月目として、24ヵ月目の末日まで)です。解約の申し出がない場合は、更に2年間を契約期間として更新します。契約期間満了の月以外で解約した場合、9,500円の解除料が必要です。

【最後に】ソフトバンクAirは8日以内なら無料で返却可能。お試し利用してみるのが最も確実

SoftBankAir

ここまで色々説明して最後は身も蓋もないですが、1番確実なのは実際に使ってみることです。

SoftBank Airは本当にエリアや環境で天と地ほど変わるので、使ってみて判断するのが一番話が早いし確実です。

先にちょろっと言いましたが、ソフトバンクAirは契約日から8日以内なら無料で契約解除・返却が可能です。

必ずSoftBank Airの公式サイトでエリア確認した上で、エリア内であれば一度実際に使ってみて判断するのがベスト。ダメなら8日以内にキャンセルするようにしましょう。

>> SoftBank Air公式サイトを見る

-SoftBank Air

Copyright© 【賢者のガジェット】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2020 All Rights Reserved.