どんなときもWi-Fi

どんなときもWiFiでYouTube動画を快適に視聴できるか?【高画質で再生してみた】

投稿日:

どんなときもWiFiYouTube_再生中

「通信制限一切なし!」という最強のメリットで人気上昇中の どんなときもWiFi 。ただ、いくら制限なしと言っても、標準の速度が遅いんじゃ意味がありません。

そこでこの記事では「どんなときもWiFiでYouTube動画が快適に視聴できるか?」を検証したいと思います。

しむまる
私は現在どんなときもWiFiを持ち歩いて外で仕事することが多いのですが、やはり息抜きでYouTubeが観れることは大事です。

まぁ正直、いまの時代にYouTube動画すら快適に観れないWiFiサービスなんて商品として成り立ちません。なので結論から言ってしまうと、

 

どんなときもWiFiでYouTube動画は快適に視聴できます。

 

とはいえ、ただ観れるだけだとちょっと検証としては物足りない。画質の問題もあります。

なので、「高画質」で「時間帯によらず1日中」快適に視聴できるかまで詳しく検証してみました。

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

 

どんなときもWiFiの通信速度はどれくらい?1日かけてスピードテストしてみた

どんなときもWiFiYouTube_本体

まずは、どんなときもWiFiの通信速度って実際どんなものなの?という点を確認しておきます。

どんなときもWiFiは商品設計上の最大速度が下り最大150Mbps・上り最大50Mbpsと、実はそこまで高速ではありません。下記の通り、同じモバイルWiFiサービスの「WiMAX」と比べると下り最大速度は約10分の1、上り速度も少し遅いです。

どんなときもWiFi WiMAX(W06の場合)
下り最大速度 150Mbps 1.2Gbps
上り最大速度 50Mbps 75Mbps

この点がどんなときもWiFiのデメリットとして語られることがありますが、この「最大速度」というのは理論値であって実際には出ない数字なので比較してもさほど意味がありません。

大事なのは、実際に出る速度です。

どんなときもWiFiの実際の速度

どんなときもWiFiの速度を、朝から晩まで4時間帯で測ってみました。

<朝8時>どんなときもWiFiYouTube_朝8時

<昼12時>どんなときもWiFiYouTube_昼12時

<夕方17時>どんなときもWiFiYouTube_夕方5時

<夜20時>どんなときもWiFiYouTube_夜8時

  • 【朝8時】下り19.6Mbps/上り25.5Mbps/Ping31ms
  • 【昼12時】下り30.8Mbps/上り12.7Mbps/Ping33ms
  • 【夕方17時】下り27.2Mbps/上り20.0Mbps/Ping30ms
  • 【夜20時】下り18.4Mbps/上り15.5Mbps/Ping30ms

ご覧の通り、1日通して極端な速度の上下はなく、約20~30Mbpsで安定した速度が出せていました。

下り20Mbps程度も出れば、数値的には動画も含めてネットが快適に使える速度と言えます。

どんなときもWiFiのようなモバイル回線サービスだと、ユーザーが混雑しはじめる夜の時間帯は速度がガクンと下がることも多いのですが、どんなときもWiFiは夜間も安定して速度が出せているのは素晴らしいですね。

どんなときもWiFiの速度制限はほぼ心配なし!

どんなときもWi-Fi_通信制限なし

どんなときもWiFiは「通信制限一切なし!」が最大のウリなので、基本的にはいくら使っても速度制限がかかる心配はありません。

ただし、速度制限が100%存在しないわけではなく、公式サイトには下記の記載があります。

「著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度をおおむね384Kbpsに制限する場合があります」

詳細 どんなときもWiFi 公式サイト

この「著しくネットワークを占有するレベル」ってどのくらいなのか? どんなときもWiFiの運営会社の人に聞いてみたところ、”人間が普通に使っている分にはあり得ないレベル”だそうです。

要するに、システムを組んでルーター何十台を24時間稼働させているとか、そういう普通じゃない使い方をしている場合のみシステムが検知して速度制限をするそうです。

なので、普通に動画みたりゲームしたりするレベルでは速度制限にかかる心配は今のところないでしょう。実際に私も速度制限を検証するために1日動画見たりゲームしましたが、速度制限にかかったことは今まで1度もないです。

しむまる
「”今のところ”心配ない」と言いかたは、どんなときもWiFiはまだ誕生したばかりのサービスなので、今後変更や改悪が行われる可能性もゼロではないからです

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

より詳しい速度検証記事

速度検証
【検証】どんなときもWi-Fiの通信速度は遅い?速い?|速度制限の重さまで実測公開

「通信制限(3日10GB制限)一切なし!」という圧倒的なメリットを打ち出して今年登場した新たなモバイルWiFiサービス「」。テレビCMの効果もあって知名度が上がってきましたね。 しむまる私も早速どんな ...

続きを見る

 

どんなときもWiFiで実際にYouTubeを視聴してみた

どんなときもWiFiYouTube_再生中

しむまる
どんなときもWiFiを使って、朝から晩まで4時間帯でYouTubeを見てみました。

一応デバイスはGalaxy S10を使って、YouTubeの公式アプリで動画を見ています。

YouTube視聴に必要な通信速度は画質によって変わる

Youtube動画は、画質によって必要な速度が変わります

再生開始時は、通信速度に応じた画質が自動で適用されるシステムです。速度が遅いほど低画質再生になり、速度が早ければ高画質再生が可能になります(手動で画質を切り替え可能)。

画質ごとの必要速度は、おおよその目安ですが下記の通り。

画質レベルと必要速度

  • 144p:0.2Mbps ←最低画質
  • 240p:0.3Mbps
  • 360p:0.5Mbps
  • 480p:1Mbps ←標準画質
  • 720p:2Mbps
  • 1080p:3〜5Mbps ←高画質

※一応、YouTube公式のシステム要件では、「500kbps以上のネット接続」と記載あり。

上記の目安速度が必要最低限だとすると、回線混雑時のことなどを考えると余裕を持って2倍はみたいところ。なのでざっくり言えば、YouTubeは2〜4Mbpsが出せれば(標準画質480pで)問題なく視聴できるとしてOKです。

標準画質とされる480pは、画面解像度が高いスマホだと若干画面がぼやけて見える程度。とくにストレスは感じないレベルの綺麗な表示です。

参考

ちなみに、YouTube以外の人気動画サービスの目安速度は以下の通りです。

  • Hulu:スマホ3Mbps/PC6Mbps
  • Netflix:5Mbps(HD画質)
  • Amazonプライムビデオ:3.5Mbps(HD画質)
  • dTV:4Mbps(HD画質)
  • U-NEXT:3Mbps(高画質)

※最低限必要な速度と思っておけばOK

【検証結果】朝から晩まで1080pでYouTube動画を再生できた

上記の目安速度を見れば一目瞭然ですが、下り20Mbps前後は安定して出せるどんなときもWiFiなら、YouTube動画は問題なく快適に見れます。

 

1日通して常時、高画質の「1080p60」で再生できました。

 

しむまる
1080p60」は、通常の1080p動画よりさらに画面の動きがなめらか=高画質な状態です。

YouTubeは基本的に画質が自動適用されるのですが、朝8時は自動だと低画質な360pで再生されました。

どんなときもWiFiYouTube_朝8時自動

しかし、手動で画質を変更することができます。

検証のため、高画質の1080pまで画質を上げてみたところ、

どんなときもWiFiYouTube_朝8時1080p

1080pでもとくに動画が止まることもなく、実にスムーズに動画を再生し続けられました。

動画の読み込んだ部分はシークバー(再生位置を確認・調整できるバー)で白く塗られますが、見てのとおり再生中の箇所からかなり先まで読み込まれてます。

どんなときもWiFiYouTube_朝8時再生中

最初に360pが自動適用されたのは、おそらく回線速度を読み取って画質を調整し終える過程で適用されただけであって、能力的には1080pを再生できる速度があるのでしょう。

 

その証拠に、お昼の12時台は自動で1080p60の画質が選択されました。

どんなときもWiFiYouTube_昼12時自動1080p

どんなときもWiFiYouTube_昼12時再生中

格安SIMなんかだとお昼時は一番回線が混む時間なので動画なんて見れたもんじゃないですが、どんなときもWiFiなら昼12時でも高画質でサクサク動画を見ることができます。

動画が止まったり読み込みが遅れることもなく、実にスムーズで快適です。

 

夕方17時半も同じく、自動で1080p60画質が適用されスムーズに動画再生できます。

どんなときもWiFiYouTube_夕方5時自動1080p

 

最後に、もっともユーザーが増えやすく回線が混みがちな夜間も、問題なく1080p60画質で動画再生できました。

どんなときもWiFiYouTube_夜8時自動1080p

 

どんなときもWiFiYouTube_夜8時再生中

しむまる
結果的にわざわざ検証するまでもなく、YouTube動画程度なら余裕でフルHD再生が可能でした。

もし画質が粗く感じたら、自動適用で低画質が選択されているだけかもしれません。その場合は手動で高画質に切り替えられるので設定すればOKです

動画一覧の読み込みや、動画のオフライン保存(ダウンロード)もサクサク

動画再生だけでなく、動画一覧の表示速度なんかもとくに遅さを感じることはありません。

どんなときもWiFiYouTube_動画一覧

例えば速度が遅い回線だと、サムネイル画像(動画の紹介画像)が白いまま表示に時間がかかってイライラすることがあります。でも、どんなときもWiFiの速度ならスムーズに表示されます。

どんなときもWiFiYouTube_関連動画

動画再生画面の下にいくつか出てくる関連動画も、即座に表示されます。

 

さらに、YouTube Premiumの会員が使える動画のオフライン保存も、300MB程度あるフルHDの動画(24分)を2分ほどで保存できるスムーズさでした。

どんなときもWiFiYouTube_オフライン保存

そこそこ大きな容量ですが、もちろん速度制限にはかかっていません。

以上のように、YouTubeを楽しむ上で再生からダウンロードまで、どんなときもWiFiの速度で困ることはなさそうです。

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

 

【補足情報】どんなときもWiFiは有線接続には非対応

モバイルルーターやホームルーターはLANケーブルをつないで優先接続できるものもありますが、どんなときもWiFiは有線LANでのインターネット接続に対応していません。

無線接続しかできないので、ルーターから離れた場所(例えば違う部屋や1階/2階など)で通信すると壁や天井が障害物となって電波が弱まる可能性があります。

そのため、基本的にどんなときもWiFiは一人で使うネット回線(一人暮らし含む)としておすすめです。戸建で家族みんなで使う目的としては正直おすすめしません。

 

【申し込み前に】どんなときもWiFiの基本情報をおさらい

しむまる
最後に、申し込み前に確認しておきたい「どんなときもWiFi」の基本事項をまとめておきます

どんなときもWiFiの月額料金プランは1つのみ

どんなときもWiFiは制限なしの使い放題なので、月額プランが1つだけです。シンプルで選ぶのに悩まないのが良いですね。

ただし、支払い方法を「クレジットカード払い」にするか「口座振替」にするかで月500円ほど料金が変わってきます。

クレジットカード払いは月額3480円

 

口座振替は月額3980円

ご覧の通り、クレジットカード払いの方が月々500円ほど安くなります。なので、とくに理由がなければクレジットカード払いの方がおすすめです。

クレジットカードを持っていないなどの事情がある人は、口座振替を選びましょう。クレジットカードがなくても契約できる点も、どんなときもWiFiの一つのメリットです。

リンク →どんなときもWiFi 公式サイトを見る

※契約期間は2年

※初期手数料3000円が別途かかります

端末は一種類のみ。カラーはグレーとゴールドの二色

公式HP どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの端末は、現時点では「D1」の1種類のみ。カラーは「ゴールド」と「グレー」の二色です。

WiMAXなんかは端末の種類が色々ありますが、逆に1種類のみというのも悩む必要がなくシンプルで良いのではないでしょうか(今後に増えていく可能性はあります)。

しむまる
私はゴールドを選んでみました。

どんなときもWiFi申し込み_ルーターバッテリー残量

 

【契約は2年間】解約時はルーターの返却が必要。更新月以外の解約は契約解除料がかかる

どんなときもWiFiはルーターをレンタルするので、解約時にルーターの返却が必要になります。付属品一式はしっかり保管しておきましょう。

どんなときもWiFi申し込み_ルーター一式

ルーター/ストラップ/ケーブル

また、どんなときもWiFiは2年契約/自動更新のサービスです。

25ヶ月目の契約更新月以外は以下の通りの契約解除料がかかることにご注意ください。

契約期間 契約解除料
~12ヶ月目 19000円
13~24ヶ月目 14000円
25ヶ月目(更新月) 0円
26ヶ月目~(更新月を除く) 9500円

【最後に】申し込みはネットの公式サイトから。申し込み手順はこちらを参照

どんなときもWiFiの申し込みは基本的にネットの公式サイトから行います。

申し込み どんなときもWiFi 公式サイト

申し込みは10分もあれば終わる程度で簡単ですが、手順を見ながら申し込みたい方は、下記記事に申し込み手順から配送・初期設定まで基本的なことを全てまとめましたので参照してください。

申し込み手順
【5分で簡単】どんなときもWiFiの申し込み手順から配送時間・初期設定・接続方法や使い方など基本情報まとめ

モバイルWi-Fiとしては始めて「通信制限なし」という画期的なサービスを打ち出したのが、今年新登場した「」です。 今までのWiMAXやポケットWi-Fiのように3日10GB制限に怯える必要はもうない! ...

続きを見る

-どんなときもWi-Fi

Copyright© 【賢者のSIM】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2019 All Rights Reserved.