スマートフォン

デレステも快適!ゲーム専用おすすめSIMフリースマホ|CPU Snapdragon 630以上/Android端末【2019年最新】

更新日:

スマホでゲームをするのが当たり前の時代になってから、スマホ選びでは「ゲームが快適にできるかどうか」を重視する人が増えてきました。

10万円もするキャリアスマホなら高品質なCPUが当たり前に搭載されていますが、SIMフリースマホは機種によって値段にかなり差があり、端末によってゲームの得意不得意は大きく異なっているので注意しなければいけません。

 

あくまで目安ですが

  • 1~3万円のスマホ:
    →ゲームは苦手。SNSやネットサーフィン、ゲーム以外のアプリなら問題無し
  • 4~5万円のスマホ:
    → CG使いまくりのハイスペックゲームは快適プレイできるか怪しい。
  • 6万円~のスマホ
    → CPU性能の相性もあるが、ハイスペックゲームも大体こなせる

 

またAndroidの場合、Snapdragon(スナップドラゴン/通称スナドラ)というCPUが搭載されているものを選ぶのが無難です。”Kirin”や”MediaTek”といったCPUでは、動作が保証されていないゲームも多いためです。

しむまる
ちなみに、みんな大好きSIMフリースマホの人気メーカー「ファーウェイ」のスマホはCPUにKirinを採用していることが多いです。

この記事では、CPU「Snapdragon 630」以上を搭載したゲーム専用におすすめのSIMフリースマホを紹介していきます。

Snapdragon 630」以上を基準にしたのは、ゲーム性能を語るときによくベンチマークにされる「アイドルマスターシンデレラガールズ(通称デレステ)」がしっかりとプレイできるかどうかの目安としたからです。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.bandainamcoent.BNEI0242&hl=ja

デレステはCGのキャラクターが常に背景でダンスしている音ゲーなので、このゲームが快適に動けばどんなゲームでも問題ナシという意味での指標とされているのです。

今回選ぶ基準とした「Snapdragon 630以上」のCPU搭載スマホであれば、3Dゲームでも快適にプレイできるでしょう。

「Snapdragon ○」の○の中に入る数字が大きいほど性能が高くなります。

スポンサーリンク




【Snapdragon 845】CPU性能・メモリ共に最高スペックの「AQUOS zero」

しむまる
AQUOS zeroは(記事執筆時点で)最高性能のCPU「Snapdragon 845」を搭載しているSIMフリースマートフォンです。

価格抜きにゲーム性能だけで比較するなら最強スマホ

楽天モバイル|AQUOS zero SH-M10

価格8万〜9万円クラスの高額スマホですが、ゲーム専用スマホとして少なくとも現時点では最高スペックを誇っている一台になります。

Snapdragon 845」が現在最高のCPUである点もそうですが、CPU性能以外でもゲームに適した部分がいくつもあります。

 

ゲーム向けな理由

  • ストレージ容量128GB。たくさんのゲームを保存できる。
  • メモリ6GB。アプリを同時に展開しても動作サクサク。強制落ちしない。
  • 本体重量が146gと軽い。長時間ゲームで遊んでいても腕が疲れづらい。
  • 6.2インチの大画面。ゲーム画面を大きく表示できる。

 

コスパ抜きにして性能だけで言えば最高スマホです。

AQUOS zeroのデメリットは高いこと

ぶっちゃけ、ほとんどのゲームをプレイするのにここまでの高性能は必要ないかもしれません。

だったら、もう少し性能落としても安いスマホを買った方がコスパいいかも……? そんな人向けの高コスパスマホも後述で紹介していますので参考に。

AQUOS zeroのスペックと販売情報

AQUOS zeroのスペック

OS Android 9
CPU Snapdragon 845
メモリ 6GB
ストレージ容量 128GB
画面 6.2インチ、2992×1440
カメラ アウトカメラ:2260万画素
インカメラ:800万画素
重さ 146g
バッテリー容量 3130mAh

販売しているMVNO

販売MVNO 販売価格
OCNモバイルONE 77800円(4月26日まで67800円)
IIJmio 79800円
楽天モバイル 89980円
mineo 96000円

販売価格は時期によって変動があります。詳細情報は必ず公式サイトで確認してください。

Amazon商品ページ

 

【Snapdragon 845】コンパクトなのに最高性能を誇る「AQUOS R2 compact」

しむまる
AQUOS R2 Compactも、(記事執筆時点で)最高性能のCPU「Snapdragon 845」を搭載しているSIMフリースマートフォンです

小型スマホなのに完璧なスペック

AQUOS R2 Compactは5.2インチの大画面を搭載していますが、サイズ的にはiPhone SEを一回り大きくした程度のコンパクトさが魅力です。

私も実際に所有していました。

AQUOSR2Compact_本体前面

ゲーム専用なら大画面の方が好みの人も多いと思いますが、中にはコンパクトなスマホが好きな人もいますよね。そう、私です。

CPUは最高レベルの「Snapdragon 845」を搭載、メモリ6GBでサクサク、ストレージ容量も128GBで保存量の心配はなし。ゲーム専用スマホとしては完璧なスペックです。しかも防水なので風呂場でもゲームができる。

デメリットはデザインが微妙なこと

ただ、元持ち主としてデメリットを強いて挙げると、端末デザインにあまり高級感がないです。背面の樹脂パネルは手触りが安っぽくて、傷が付きやすいように感じました。カバーは必須です。

詳しくは下記レビュー記事に書いているので参考にしてください。

レビュー
AQUOSR2Compact_本体前面
【スペックUP】AQUOS R2 Compact評価レビュー|使って感じたメリットデメリット使用感まとめ

しむまる今回は、コンパクトサイズのSIMフリースマホ「AQUOS R2 Compact」を新しく購入してみたのでレビュー記事を書いていきます。 AQUOS R2 Compactは、2017年に登場して ...

続きを見る

AQUOS R2 Compactのスペック・販売情報

スペック

OS Android 9
CPU Snapdragon 845
メモリ 4GB
ストレージ容量 64GB
画面 5.2インチ、2280×1080
カメラ アウトカメラ:2260万画素
インカメラ:800万画素
重さ 135g
バッテリー容量 2500mAh

販売しているMVNO

販売MVNO 販売価格
OCNモバイルONE 55800円
IIJmio 64800円
楽天モバイル 69800円
DMMモバイル 69800円
mineo 75000円

販売価格は時期によって変動があります。詳細情報は必ず公式サイトで確認してください。

Amazon商品ページ

 

【Snapdragon 835】最高峰のCPU性能を搭載した「Android One X5」

Y!mobile|Android One X5

しむまる
Android One X5はY!mobile(ワイモバイル)専売のスマホです。最高クラスのCPU・Snapdragon 835を搭載しています。

ハイスペックゲームも最高設定でプレイ可能

デレステは当然のこと、PUBGやフォートナイトなど最新ゲームも含めて、滑らかかつ高画質でのプレイが可能です。ゲーム面での心配はいりません。

しかも、ワイモバイルではスマホの購入時に月額割引を受けられるので、Android One X5は実質4万円台で購入が可能。コスパも高いです。

Android One X5のデメリットはストレージ容量

Android One X5はストレージ容量が32GBしかありません。

ゲームのヘビーユーザーであればパンパンになるので、新しいゲームをインストールするためにどれかを消すといった面倒さが生じるでしょう。

Android One X5のスペック・販売情報

Android One X5のスペック

OS Android 9
CPU Snapdragon 835
メモリ 4GB
ストレージ容量 32GB
画面 6.1インチ、3120×1440
カメラ アウトカメラ:1600万画素
インカメラ:800万画素
重さ 158g
バッテリー容量 3000mAh

販売しているMVNO

ワイモバイル専売 77300円(月額割引で実質43700円)

 

【Snapdragon 710】専用の”ゲーム高速化モード”が使える「R17 Pro」

しむまる
R17 ProはSnapdragon 710のCPUを搭載しています。

6GBメモリとゲーム高速化モード

Snapdragon 710に加えて、メモリ6GBと処理性能は高いです。さらに、ゲームプレイ時にシステムを最適化して快適プレイを可能にする「ゲーム高速化モード」があるのもR17 Proの特徴ですね。

ストレージ容量も128GBと大容量が用意されていて、ゲーム向けスマホとしてはパワフルで素晴らしいです。

R17 Proは、ゲーム専用の「ゲーム高速化モード」や、夜景を美しく撮るための「ウルトラナイトモード」という機能があったりと、他スマホにはあまりない独自の機能を持っているのが面白いところですね。

R17 Proのデメリットは価格

R17 Proは税込で約6〜7万円とやや高いです。その価格を踏まえると、CPU(Snapdragon 710)が最高レベルでないのが気になってしまうところですね。

それなら同価格帯か、もうちょっと予算を足してSnapdragon800台のスマホを買ってもいいんじゃないか……? というのは検討したいところ。

R17 Proのスペック・販売情報

R17 Proのスペック

税抜価格(IIJmio) 57800円
OS Android 8.1をベースとしたColorOS5.2
CPU Snapdragon 710
メモリ 6GB
ストレージ容量 128GB
画面 6.4インチ、2340×1080
カメラ アウトカメラ:1200万画素+2000万画素
インカメラ:2500万画素
重さ 183g
バッテリー容量 1850mAh×2

販売しているMVNO

販売MVNO 販売価格
IIJmio 57800円
LINEモバイル 59980円(~5月14日)、通常69880円
楽天モバイル 通話SIM64880円(~5月9日)、データSIM69880円
DMMモバイル 69880円

販売価格は時期によって変動があります。詳細情報は必ず公式サイトで確認してください。

Amazon商品ページ

 

 

【Snapdragon 660】128GB大容量ストレージでゲームを大量保存できる「R17 Neo」

しむまる
R17 Neoは先に紹介したR17 Proの下位モデル。UQモバイル専売なので他では手に入りません。条件付きで1万円台できる安さに対して、もはや異常と言いたくなるレベルの高性能です

コスパ最強のCPU性能とストレージ容量

R17 NeoはUQモバイルにて通常価格36,100円ですが、SIMとセット契約(おしゃべりプラン/ぴったりプラン)すると12,000円程度で購入できる安価スマホです。

それでいて、CPUは「Snapdragon 660」という「中の上クラス」を搭載。デレステはもちろん、PUBGやフォートナイトなどのCGゲームもサクサク動作してくれます。

しかもストレージ容量も128GBという大容量。ゲームアプリの保存で容量不足に困ることはそうないでしょう。

画面サイズも6.4インチと大きいのでゲームが捗ります。重さに関しては、5.8インチ画面のiPhone XSより20g近く軽いので長時間ゲームで遊んでも腕は疲れづらいです。

UQモバイルでSIMとセット契約して1万円強で手にはいればコスパは最強。今回紹介するスマホの中でもイチオシですね。予算が5万円未満でこだわりがないなら、とりあえずR17 Neoを選んでおけば大丈夫です。

R17 NeoのデメリットはOPPOの独自OS

デメリットは強いて言えば、OSが販売メーカーOPPO独自のカスタマイズ済みであることです。

たとえば設定画面や通知画面などが他のスマホと大きく異なります。慣れるまでちょっと時間がかかるかもしれません。

R17 Neoのスペック・販売情報

R17 Neoのスペック

税抜価格(UQモバイル) 通常36100円
おしゃべりプラン・ぴったりプラン契約で実質12100円
OS Android 8.1をベースとしたColorOS 5.2
CPU Snapdragon 660
メモリ 4GB
ストレージ容量 128GB
画面 6.4インチ、2340×1080
カメラ アウトカメラ:1600万画素+200万画素
インカメラ:2500万画素
重さ 156g
バッテリー容量 3600mAh

販売しているMVNO

UQモバイル(専売) 通常価格:36100円
SIM契約(おしゃべりプラン・ぴったりプラン):実質12100円

 

【Snapdragon 636】スペックと価格のバランスが良い「Zenfone 5」

しむまる
みんな大好きZenfoneシリーズの「Zenfone 5」は突出したメリットはないものの、価格に全体的にスペックがよくまとまっているのが特徴。オールラウンダー的なスマホですね

メモリ6GBでアプリ同時に使っても動作はサクサク

搭載CPUは「Snapdragon 636」とゲームスマホとしては及第点。画質など最高設定でプレイするとゲームによっては支障が出る可能性はなきにしも……ですが、ほとんどの場合で心配不要でしょう。

そして、Zenfone 5はメモリ6GBあるのが強み。

メモリはアプリを同時起動している時の処理性能に大きく関わってくるもので、メモリ性能が高いと動作がサクサク動きます。

しむまる
逆にメモリ性能が低いと、複数アプリを開いているときに動作が重くなったり、裏で勝手にアプリが強制終了したりします。

ゲーム(というかアプリ全般)を快適に使うには、CPUの他にメモリの性能も大事なんですね

ストレージ容量も64GBもあるのでゲームアプリの保存には余裕があります。

Zenfone 5のデメリットは特になし

オールラウンドに優れたスマホなので、突出したメリットもなければ、目をつけるようなデメリットもありません。通知表オール4みたいなスマホです。

強いて言えば、CPU性能だけで比較すれば同価格帯(もしくはもっと安価)でも性能が上のスマホがあることぐらいですね。

とはいえ、Zenfone 5は人気シリーズですし、メモリやカメラ性能も高くて総合的にはとてもおすすめできるスマホですよ

参考【2019年最新】カメラ性能が高いSIMフリースマホおすすめランキング

Zenfone 5のスペック・販売情報

Zenfone 5のスペック

OS Android 8.0
CPU Snapdragon 636
メモリ 6GB
ストレージ容量 64GB
画面 6.2インチ、2246×1080
カメラ アウトカメラ:1200万画素+800万画素
インカメラ:800万画素
重さ 165g
バッテリー容量 3300mAh

販売しているMVNO

販売MVNO 販売価格
楽天モバイル 通話SIM39680円(~5月9日)、データSIM52800円
OCNモバイルONE 39800円
IIJmio 48800円
mineo 52800円
DMMモバイル 52800円
LINEモバイル 52800円

販売価格は時期によって変動があります。詳細情報は必ず公式サイトで確認してください。

Amazon商品ページ

 

【Snapdragon 630】防水・おサイフケータイ対応の「AQUOS sense plus」

しむまる
AQUOS sense plusは、今回紹介するスマホの中では一番CPU性能が低いです。が、おサイフケータイ対応・防水仕様というメリットを持っています

お風呂や通勤で便利な機能

AQUOS sense plusは防水仕様なのでお風呂でも使えます。スマホを浴槽にがっつり入れるのはNGですが、湯船に浸かりながらゲームするのは極楽でしょう。

搭載CPUは「Snapdragon 630」。性能的には「中の下」くらいですが、大方のゲームは快適にプレイできるレベルです。

また、おサイフケータイ対応なのも嬉しいですね。モバイルSuicaを使って電車やバスに乗ったり、楽天Edyなどで買い物をしたりできますよ。通勤通学で役立ちます。

AQUOS sense plusのデメリットは、ゲームの高画質プレイは難しいかもしれないこと

CPU「Snapdragon 630」だと、例えばPUBGやデレステを高画質でプレイしようとすると性能が足りない可能性があります。

あくまでスマホとしての総合評価で言えば、3万円程度の価格で「Snapdragon 630」「防水」「おサイフケータイ」を揃えているし十分におすすめできるクオリティだとは思います。

ただ、ゲーム性能を最優先にしたい場合は、もう少しCPU性能が上のスマホを検討した方がいいですね。

AQUOS sense plusのスペック・販売情報

AQUOS sense plusのスペック

OS Android 8.0
CPU Snapdragon 630
メモリ 3GB
ストレージ容量 32GB
画面 5.5インチ、2160×1080
カメラ アウトカメラ:1640万画素
インカメラ:800万画素
重さ 157g
バッテリー容量 3100mAh

販売しているMVNO

販売MVNO 販売価格
OCNモバイルONE 29800円
楽天モバイル 32800円
mineo 33000円
DMMモバイル 40800円

販売価格は時期によって変動があります。詳細情報は必ず公式サイトで確認してください。

Amazon商品ページ

まとめ

Androidスマホの場合は、SIMフリースマホならSnapdragon 630以上のCPUが搭載されていてメモリが3GB以上のものを選んでおけばおそらくほとんどのゲームは快適に動きます。とはいえそれでも、全てのゲームを完璧に動作させられる端末はあまり多くありません。

どんなにハイスペックでも、特定のゲームとは相性が悪い場合もあるので注意しましょう

なおiPhoneなら基本的に3〜4世代くらい前でもゲームは快適に遊べます。OSにこだわらないならUQモバイルのiPhone 7でも購入するのおすすめです。









-スマートフォン

Copyright© 【賢者のSIM】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2019 All Rights Reserved.