スマートフォン

LG G8X ThinQ評価レビュー|カメラ性能・2画面の使い心地・スペックをまとめてみました

G8XThinQ_アイキャッチ
しむまる
今回は、5万円という価格でありながらハイスペックかつ2画面仕様で使えるスマホ「LG G8X ThinQ」を購入したので紹介します!

Galaxy Foldのような折りたたみスマホは高すぎて手を出しづらいですが、ソフトバンク発売の「LG G8X ThinQ」ならたった価格5万円! 性能が高いので2画面使いながらの「ながら作業」が快適にできるのは最大の特徴でありメリットでしょう。

細かい難点はありましたが、基本的にはカバーできる事ばかり。総合的には大満足の高コスパスマホでした。

早速、使用感をレビューしていきます!

販売サイトソフトバンクオンラインショップ

スポンサーリンク

ソフトバンク専売スマホ・LG G8X ThinQの外観チェック

G8XThinQ_外箱

LG G8X ThinQはソフトバンクのみで販売されています。

一応家電量販店やソフトバンクショップでは本体単体で買えることもありますが、在庫状況や販売可否はお店によって異なる可能性もあるのでご注意を。

G8XThinQ_内箱

外箱を開封すると、2つの箱が登場。

ケースの装着で2画面を実現するLG G8X ThinQ、梱包状態ではそれぞれ別の箱に入っています。

 

スマートフォン本体は高級感のあるシンプルデザイン

LG G8X ThinQ本体は一般的な1画面スマホで、「これが2画面になるの?」と疑問に感じるレベル。

G8XThinQ_本体背面

ド派手なメタリックカラーではなく、落ち着いた光沢のあるブラックカラーとなっています。(ちょっと青っぽいです)

 

G8XThinQ_本体前面

本体前面は黒一色。

OPPOやHUAWEIのような人を選ぶ派手さではなく、万人向けな印象。

G8XThinQ_ノッチ

ちなみに画面はインカメラ回りまで広がっている「ノッチ」デザインが採用されていますが、えぐれている部分がかなり小さいのであまり気にならないです。

 

G8XThinQ_音量・アシスタントボタン

本体左側面には、音量ボタンと少し下に「Googleアシスタントキー」があります。

「Googleアシスタントキー」を押すとGoogleアシスタントが起動、「今日の天気は?」など音声コントロールで情報を聞けるしくみ。

使い所が少ないので…、アプリ起動など他の機能に割り当てられると嬉しかったですね。

「ボタンを押さないとGoogleアシスタントを起動できない状況」って、声を出せない環境だからそもそもGoogleアシスタントでは調べ物をしないと思うんです…(笑)

G8XThinQ_充電端子

本体の充電端子はUSB Type-Cで、裏表の向きを気にせずケーブルを差し込めます。

イヤホンジャック搭載、付属や別売りのイヤホンを有線接続できますよ。

ちなみにLG G8X ThinQには「Hi-Fi Quad Dac」機能があり、イヤホン接続時はどんなイヤホンでもノイズを低減してクリアーな音にしてくれるのもありがたいポイント。

 

付属品はケースとイヤホン、充電コネクタ

G8XThinQ_付属品

LG G8X ThinQの付属品は内箱それぞれに入っていて、スマートフォン本体に同梱されているのはイヤホンと説明書、そしてケース。

「2画面スマホ」であるLG G8X ThinQですが、なんと1画面で使う時用のケースまでおまけで付けてくれているんですよ。

ウリの機能を使わない人にまで配慮してくれているのは、親切すぎます…!

G8XThinQ_ケース箱付属品

2画面ケースには、説明書と「充電コネクタ」が付属しています。

充電コネクタはマグネット式で、市販のUSB Type-Cケーブルに装着することで、ケースを装着したままでの充電ができますよ。

 

保護フィルムやケースはAmazonで!

残念ながら画面保護フィルムは付属していないので、Amazonで購入することをおすすめします。

LG G8X ThinQはソフトバンク専売のちょっと隠れたスマホなので、大きな家電量販店でもあまりアクセサリーを取り扱っていません。

 

こちらの商品は画面保護フィルム2枚セット、本体とケースの画面をしっかりガードできますよ。

 

後ほど解説しますが、ケースの前面にも画面があるLG G8X ThinQ。

ケース前面用保護フィルムがあれば、ケースをそのまま持ち歩くときも傷の心配はなくなりますよ。

 

 

1画面で使うときのケースは元々付属していますが、「売却時に備えて綺麗なままにしておきたい」という方は非純正の1画面用ケースを買うのも良いですね、

ちなみに2画面ケースや充電コネクタは、LGのコールセンターに問い合わせれば購入できますよ。(付属の説明書に窓口が記載されています)

 

販売サイトソフトバンクオンラインショップ

スポンサーリンク

LG G8X ThinQのカメラ性能をチェック!

G8XThinQ_カメラ

LG G8X ThinQは「2画面」がウリなので、カメラ性能はそれほどでもないんじゃないの?と思った方も少なくないでしょう。

LG G8X ThinQはカメラ性能も高めで、標準レンズ(1200万画素)と広角レンズ(1300万画素)を搭載しています。(私も買ってから知りました…)

個人的には、望遠ではなく広角レンズを搭載という点が嬉しいところ。

実際、望遠+標準レンズの組み合わせだと「遠くのもの」を撮るときに役立ちますが、実際遠くのものを写真に撮る機会なんて月に1回くらいなんですよね。なので望遠レンズはぶっちゃけ多用しません。

その点、広角レンズだと横や手前をしっかり撮影できるので、部屋の中や町中で機能を活用できる機会は望遠以上に多いです。

5万円+多機能・高性能に加えて、iPhone 11でも採用された「広角レンズ」までしっかり抑えてきているのは最高としか言いようがありません…!

G8XThinQ_カメラアプリ

しかもLG G8X ThinQのカメラはAI搭載。

被写体が何かを自動で読み取って、きれいに写るように最適設定まで適用してくれるんです。なので、小難しい設定ができない初心者でもシャッター押すだけでそれっぽく綺麗に写真を撮ることができます。

何枚か実際に写真を撮ってみました。

食事写真を撮ってみた

カメラアプリのAIは食べ物や飲み物を自動認識してくれるしくみ。

ちょうどこの記事を書くにあたって喫茶店に足を運んでいたので、撮影してみました。

G8XThinQ_食事

非常に明るく、きれいに撮影できていますよね。

コーヒーの泡や、マグカップの白い色が美しいです。

背景にあるMacBookが良い感じにボケているのも、ポイントが高いです。

 

風景写真を撮ってみた

G8XThinQ_風景AI

アウトレットモールで風景写真を撮影しようとしたところ、AIが建物を読み取って「街」と認識してくれました。

 

G8XThinQ_風景標準

こちらが標準の画角での風景写真。

ちょっと曇っている日に撮影していますが、とくに安っぽい印象はなく、きれいに撮影できています。

G8XThinQ_風景広角

広角モードに切り替えてみると、手前や左右の隠れていた景色が一気に映るようになりました。

変化が大きいので、横長の駅やお城を撮ったり、集合写真を撮ったりする際は大いに役立ちますよ。

G8XThinQ_風景2

買う前はおまけだと思っていたカメラ性能も、大満足の結果となりました。

 

LG G8X ThinQは2画面対応ケースが付属!

G8XThinQ_ケース前面

LG G8X ThinQは、付属のケースを装着することで2画面スマホに早変わりします。

昔の2画面スマホは画面の取り外しができない「2画面強制仕様」だったので、選べるようになったのは大きな進歩に感じます。

G8XThinQ_ケース画面

ケース前面の上部には3つ目の画面が搭載されていて、通知や時間、バッテリーを確認できますよ。

 

G8XThinQ_ケース背面

背面はレザー風の質感で、カメラの周囲のみくり抜かれています。

 

G8XThinQ_ケースボタン

本体右側面の電源ボタンはむき出しですが、ケースの可動機構で覆われる音量ボタン・Googleアシスタントキー部分にはしっかりボタンが重ねられています。

 

マグネット充電は外れやすい

G8XThinQ_ケース端子

本体とケースはUSB Type-Cで接続されるので、ケースを付けると本体のUSB Type-C端子を使えなくなります。

 

G8XThinQ_ケース充電端子

充電の為代わりに使うことになるのが、マグネット式の独自端子

付属の変換コネクタをケーブルに装着・端子にくっつければ充電できます。

G8XThinQ_充電

しかしながら端子とコネクタが外れやすくて、充電が中断されてしまいやすいのが難点。

LG G8X ThinQはワイヤレス充電にも対応しているので、別途充電器を用意してワイヤレス充電をするのがオススメ。

 

ネットサーフィンと動画再生を同時に2画面でできる

G8XThinQ_動画再生&ブラウジング

LG G8X ThinQは2画面で別のアプリを同時に使える仕様

私は左側に動画アプリ、右側にChromeなどのブラウザ・SNSアプリを起動して併用することが多いですね。

横持ちにしてDSのような使い方もできますが、縦が狭いとブラウザやSNSを見づらくなるので縦持ちのほうが使いやすいです。(動画の表示は小さくなってしまいますが…)

スマホ自体のスペックが高いこともあってか、2画面でアプリを使っていても挙動はサクサク。マルチタスクを快適に楽しめますよ。

 

2画面で1つのアプリの表示もできるが…使いづらい!

G8XThinQ_ブラウザワイドモード

Chromeなど、一部のアプリは1つのアプリを2画面で使えます。

しかし画面真ん中に境目ができてしまう関係で、とても見づらいのが難点。

「電子書籍アプリなら、1画面1ページで漫画を単行本みたいに表示できて良いんじゃない?」と思ったかもしれません。

実はブラウザワイドモードに対応するアプリ・サービスがほとんどなく、Kindleなどの電子書籍は基本的に1画面でしか表示できないんです…。(2020年1月時点)

形状的に漫画を2画面表示できたら最高だっただけに、大きなマイナスポイントですね。

アプリ側のアップデートによる改善に期待したいところ。

 

コントローラーを表示し、DSのようにゲームで遊べる

G8XThinQ_ストリートファイタープレイ中

ストリートファイターなど、一部のゲームアプリは2画面目にコントローラーを表示して、操作に使えます。

面白い機能なんですが、あくまで「画面内のコントローラー」なので、普通のゲーム機と比べると操作しづらいと感じました。

またPUBGはおそらく対応していないなど、機能を活用できるゲームが限られるのも要注意ポイント。

スポンサーリンク

LG G8X ThinQは画面内指紋認証センサー搭載!

G8XThinQ_指紋認証センサー

LG G8X ThinQは指紋認証センサーを画面内に搭載、画面のセンサーに指で触れればロックを解除できます。

Galaxy S10シリーズやOPPOのReno Aなどと同じ、最先端仕様なのが嬉しいですね。

ただしセンサーはやや反応が悪く、エラーが起こりやすいです。

無理に最先端技術を取り入れずに、通常のセンサーを搭載してくれていても良かったように思いました。(5万円の低価格なので、十分妥協できるため)

 

おサイフケータイや防水にも対応!

G8XThinQ_おサイフケータイ

LG G8X ThinQはおサイフケータイ機能を搭載していて、Suicaや楽天Edyなどの電子マネー決済もできます。

ただしソフトバンクスマホなので、ドコモ提供の「iDアプリ」は使えませんでした。(iDアプリはドコモスマホかSIMフリースマホでしか使えません)

iDアプリでなくGooglePayアプリ経由で、「三井住友カード」や「メルペイ」のiD機能をインストールして使うことは可能です。

そしてLG G8X ThinQは本体が防水対応なので、水濡れも心配なし。

しかしケースは非防水なので、水場で使うときはケースを外すのをお忘れなく。

 

LG G8X ThinQのスペック評価|ハイスペックの超高コスパ!

LG G8X ThinQは2画面やおサイフケータイ・防水などの多機能が印象的ですが、スペック自体も高水準でまとまっています。

税抜価格 50400円
OS Android 9
CPU Snapdragon 855
メモリ 6GB
ストレージ容量 64GB
画面 6.4インチ、2340×1080
カメラ アウトカメラ:1200万画素+1300万画素
インカメラ:3200万画素
重さ 193g、ケース込みで331g
バッテリー容量 4000mAh

現時点で最高級のCPU性能

まず凄いのがCPU性能。Snapdragon 855という通常7〜10万円台の高価格スマホに搭載されているものが採用されています。

このCPU性能は2019年時点での最上位クラスであり、ハイスペックゲームを始め、快適に動かないアプリはほぼありません。(動かないアプリ側に問題があるレベル)

バッテリー容量も4000mAhと大きく、私が使った限りではハードに使っても1日は大丈夫、たまに使う程度なら3日は持っています。

画面は大きめ&解像度が高く、動画や写真もきれいな見やすい表示で楽しめますよ。

 

ハイスペゲームPUBGは「HDR・極限」でのプレイに対応!

3Dアクションゲーム・PUBGは、スマホの性能によって選べる画質が変わります。

G8XThinQ_PUBG設定

LG G8X ThinQでは、Androidスマホの最高画質である「HDR・極限」に対応していました。

 

G8XThinQ_PUBG移動中

G8XThinQ_PUBG攻撃中

動作は当然ながらサクサク、同じCPUを搭載しているGalaxy S10等と同様に快適にゲームを楽しめました。

攻撃シーンでも動きがもっさりしたりラグが生じることは一切なく、スムーズに快適に動いてくれます。

ゲーマーの方が、ゲーム用スマホとして買うのにも最適ですね。

ケースを取り外せば1画面で使えるので、「2画面スマホは興味ない」人でも選ぶ価値があります。

スポンサーリンク

LG G8X ThinQを買って感じたメリット・デメリット

LG G8X ThinQの魅力的な点・メリット

  • 5万円なのにCPUが最高クラス、サクサク動作でゲームも快適
  • 1画面用のケースも付属している親切さ
  • 2画面スマホは希少・使い方が豊富で楽しい
  • カメラ性能も十分高く、きれいな写真を撮れる

普通に考えて10万円くらいの機能・性能があるスマホを、5万円で売っていることに驚きました。

2画面に興味がないとしても、「おサイフ・防水対応でハイスペックなスマホ」が5万円で手に入るのは大きなメリットです。

「スマホ選びに迷ったら、2020年1月時点ではLG G8X ThinQを買うのがベスト」だと思いました。

 

LG G8X ThinQのイマイチだったデメリット

  • 重量が1画面時・2画面時共に重め
  • ストレージ容量のみ64GBでミドルスペック並み
  • マグネットの充電アダプターが外れやすい
  • 電子書籍との相性が悪い
  • 画面内指紋認証センサーの挙動がイマイチ、エラーになりやすい

残念だった部分もいくつかありましたが、価格を考えると妥協できるものがほとんどですね。

ストレージ容量は少ないといっても、Xperia 1も同じ64GBです。

LG G8X ThinQはmicroSDカードに対応しているので、写真や動画などのデータは移すようにすれば大丈夫。

改善してほしいのは電子書籍向けな機器なのに見開き表示できるアプリが少ないこと。

大手電子書籍アプリが今後、アプリのアップデートで見開き表示に対応してくれると嬉しいです。

 

まとめ

しむまる
ここまで多機能・ハイスペックで面白いスマホが、5万円で売られていることに衝撃を受けますね。 一昔前まで主流だった、例えば「本体価格が10万円、月額割引による実質5万円」でなく、「本体価格自体が5万円」なんですよ。

2画面に興味があってもなくても、安くてハイスペックなスマホが欲しいなら要検討です。

販売サイトソフトバンクオンラインショップ

 

【お得情報】Amazonでの買い物はAmazonギフト券を利用してポイントを貯めよう!

Amazonギフト券でお得に買い物!

Amazonで買い物をするときは、クレジットカードでそのまま購入するよりも、「Amazonギフト券」を活用した方がお得になります。

現金でギフト券チャージするたびに、チャージ金額の最大2.5%ポイントが還元されるからです。

初回1000Pもらえるキャンペーン中!
Amazonプライム会員なら最大2.5%還元!

最大2.5%ポイントが付くのはバカにならないです。大きい買い物ほど尋常じゃないスピードでポイントが貯まっていきます。

お得に買い物するならぜひAmazonギフト券をチャージしてザクザクポイントを貯めましょう!(現在、チャージ+初回購入で1000Pもらえるキャンペーン中!キャンペーンエントリーはこちら

Amazonギフト券チャージする

-スマートフォン

Copyright© 【賢者のガジェット】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2020 All Rights Reserved.