SoftBank Air

3DSをSoftBank AirのWi-Fiでプレイした結果|スマブラやマリオカートでオンライン対戦

投稿日:

SoftBank Airの回線でゲームが快適にプレイできるか検証シリーズ。今回は3DSのゲーム「マリオカート」と「スマッシュブラザーズ」で検証プレイしてみたいと思います。

3DSのような携帯ゲーム機はWi-Fi接続でインターネット対戦を行いますが、SoftBank Airはスマホなどと同じモバイル回線のWi-Fiなので、光回線に比べると速度など通信品質が劣ります

そんなSoftBank Airでゲームをするとなると、心配なのがラグの発生や操作の遅れ、通信切断など。その辺の影響がでないかどうかチェックしてみます。

「SoftBank Airは気になるけど、3DSのゲームができるか不安……」

という人は参考になります。

>> SoftBank Air公式サイト

SoftBank Airの速度テスト|3DS対戦できるスピードでるの?

しむまる
ゲーム検証の前に、まずSoftBank Airを使う上で知っておくべきことをまとめておきます。

ゲームプレイは「Ping」の数値が重要!

まずSoftBank Airのスペック(速度)をテストするのですが、その前に1つ。オンラインゲームの快適性を計るには、下り速度だけでなく「Ping」という数値が非常に重要になります。

Pingは、応答速度を意味する数値です。オンラインゲームで言うとコントローラーで操作をしてからオンライン上のサーバーに内容が反映されて応答が返ってくるまでの時間のことです。

Pingの数値は、小さければ小さいほどサクサク動きます主観ですが、おおよそPing値の目安は以下のようになるので参考にしましょう。

Ping値の目安

  • Ping100〜:ゲームの快適プレイは不可能
  • Ping50〜100:動きがもたつき厳しい
  • Ping20〜40:普通くらい
  • Ping10以下:とても快適

※あくまで目安です。

ソフバンクエアを朝から晩までスピードテストをした結果

<朝8時>

<昼12時>

<夕方17時>

<夜20時>

  • 【朝8時】下り83.6Mbps/上り6.02Mbps/Ping31ms
  • 【昼12時】下り45.8Mbps/上り6.89Mbps/Ping28ms
  • 【夕方17時】下り98.1Mbps/上り7.38Mbps/Ping29ms
  • 【夜20時】下り9.52Mbps/上り7.43Mbps/Ping33ms

まず朝から夕方までは文句なしの速度が出ていますね。

SoftBank Airは夜間に速度低下しやすいので、夜20時になると下り9Mbpsまで下がっていますが、それでも下り9Mbpsも出れば大抵のことは問題なくこなせるレベルです。

Pingは30ms前後と今回はやや高めな印象。他記事のテスト時は20ms台前半も出るくらいなので今日はやや調子悪いみたいです。とはいえ、30msなら全然普通の範囲内ですね。

しむまる
どうでしょう。意外と速度出てるじゃんと思いませんか?

関連【レビュー検証】SoftBank Airは速度が遅い?評判が割れる理由

【注意】SoftBank Airの速度はエリアによって大きく変わる!

速度に関して1つ大事な注意点があります。

SoftBank Airはモバイル回線サービスなので、地域エリアによって通信品質(速度や安定度)が大きく変わる性質があります。

なのでまず、自分の住所がSoftBank Airのエリア圏内かどうかを必ず確認してください。

エリア情報は、公式サイト内の「住所別下り最大速度情報」というページで確認できます。

右の「対応速度」というのはSoftBank Airがそのエリアで出せる最大速度。つまり、これらのエリアならSoftBank Airで最大261Mbpsの速度が出せるということです。ちなみに私が上記で速度テストしたエリアは「261Mbps」のエリアです。

結論を言うと、このエリアに載っていない市町村に住んでいる場合はSoftBank Airは諦めた方がいいです。ゲームはおろか、ネットサーフィンすらストレスが溜まるレベルの可能性があります。

下記の公式サイトで必ずエリアをチェックしておいてください。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  

参考記事SoftBank Airのエリアを確認する方法。自宅が対象エリア外の対策まで

 

3DSのマリオカート7をSoftBank Air回線でプレイしてみた

マリオカート7は、発売から7年も経過しているのでオンラインに人が集まるか心配でしたが、なんと常時人が大量にいたので未だに人気なんですね。

おかげさまでオンライン対戦の検証にも困りませんでした。

マッチングで待たされることもなくスムーズ

マリオカート7は最大8人で同時にプレイするゲームですが、マッチングはスムーズに行われ、長い間待たされたり、接続エラーが起こったりすることもなし。

ゲーム開始前の段階からストレスが溜まるようでは困ってしまいますが、ラグなどは発生せず、迅速スムーズに対戦を始められました。

観戦画面も遅延などは感じられず

対戦前は、他のプレイヤーたちと合流するために開催中の試合を一旦観戦することが多い(Switch版より頻度が高かったです)ですが、他のプレイヤーたちの戦いの映像もラグなしでなめらかに動いていました。

3DSは上下に画面がありますが、片方の動きががたがたになる、画面がフリーズするなどの不具合も起こっていません。

カウントタイミングのズレ・遅延はなかった

レース開始のカウントも遅れや待ち時間などもなくスムーズですね。Switchのマリオカート検証ではカウントで若干の待ち時間が発生したのですが、3DSはすぐに開始します。

「2」のタイミングでアクセルをかければスタートダッシュができます。ここでラグが発生すると操作反映がズレてロケットスタートに失敗するのですが、今回は全く問題なし。

【結果】SoftBank Air回線でもプレイは快適そのもの

結論を言うと、何も問題ありませんでした。

レース中にラグが発生したり画面がガタガタになることもなく、アイテム使用シーンもスムーズに反映されます。

コインを取り合うバトルモードもプレイしましたが、これといって違和感を感じることもなし。

 

ステージ内を飛行してのレースも思いのままですね。光回線でプレイしている時と変わらないプレイ感です。

しむまる
何も問題なさすぎて書くことがない!!

【ちなみに】海外プレイヤーとの対戦時もストレスなし

マリオカートの対戦時はメンバーとして海外プレイヤーがたくさん参加します。そこで接続が不安定になるんじゃないかなーと心配していたのですが、海外とのプレイも問題なく快適そのものでした。

 

スマッシュブラザーズfor3DSをSoftBank Air回線でプレイしてみた

1タイトルのみだと検証として微妙なので、もう1タイトル「スマッシュブラザーズ」もプレイしてみました。

結論から言うと、マリオカートと比べるとスマブラは少々不安定になる場面もありました

キャラクター選択までは順調

プレイ開始からキャラクター選択までの設定では、とくにラグなどを感じることはなかったです。

そもそも相手と戦う場面ではなく、各プレイヤーが数秒考えて使うキャラクターを選択するので、あまりラグなどがあったとしてもわからないかもしれませんね。

メンバーを探すゲームの読み込み部分も、あまり長く待たされることなく、すぐにメンバーの選定が済まされました。

さすがスマブラ、利用者数自体もかなり多いようでマッチングはいつも速いです。

対戦中の操作遅延など、ストレスを感じる場面は少ない

スマブラは場外に飛ばされるか落下すると負けなので、ラグの発生は命取りになります。

今回の検証では若干動きがもっさりした試合もあったものの、ゲームプレイに支障をきたす=ストレスを感じるほど重大なトラブルはほとんど起こっていません。

操作によるステージの移動、アイテムの使用、相手プレイヤーへの攻撃など、オフライン時や光回線でのオンライン対戦時ととくに違いは感じられなかったですね。

1回だけラグが大きい試合もあった

一切ラグによるストレスを感じられなかったわけではなく、1日遊んでみて1回のみラグが大きい試合がありました

まともに移動するのも困難なレベルで、ストレスが溜まりました。

SoftBank Airの回線がたまたまその瞬間だけ弱ったのかは分かりません。爆速の光回線で遊んでいてもたまに極端にラグが発生することはあるので、1回のみだとSoftBank Airのせいとは言い難いです。

オンライン対戦では、相手の通信環境が悪くてもプレイに悪影響が出ます。こっちが良くても向こうがダメ回線使ってるとグダグダになること結構あるんですよね。とくに下記記事で詳しく書きましたが、格闘ゲームは相手によってラグ発生しまくりでクソゲーになります。

SoftBank Airで格闘ゲームするとラグが発生する原因|ストリートファイターシリーズで検証

なので今回のラグも、おそらくこちら(SoftBank Air)ではなく、相手の通信環境が最悪だったのだと予想します。

【番外】本体更新は1分程度で終えられた

スマッシュブラザーズを遊ぼうとした際ちょうど本体更新が必要になったのですが、下り80Mbps出ていたこともあってか、更新作業は1分ほどで終わりました。

遅いインターネット回線だと、データのダウンロードに時間がかかってイライラさせられてしまいますが、SoftBank Airなら心配なしです。

エリア判定を忘れずに!

※今回の検証は、あくまで私のエリア(最大261Mbpsエリア)で計測した結果です。

SoftBank Airはエリアによって速度が大きく変わるので、契約を検討する際には必ず公式サイトで自宅地域がエリア情報に掲載されているかチェックしてください。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  

関連記事
有線必須?SoftBank AirでオンラインゲームやPS4はできるか検証まとめ【ネトゲ/ソフトバンクエアー検証レビュー】

ソフトバンクAirは「置くだけインターネット」と称され、工事不要でコンセントにつなぐだけで即ネットが使える手軽さが最大のメリットです。 しかしその反面、あくまでモバイル回線を利用したWi-Fiサービス ...

続きを見る

SoftBank Airの速度が遅い場合に試したい対処法

繰り返すように、SoftBank Airは通信環境によって大きくパフォーマンスが変わるため、中には私ほどの速度がでない人もいるはずです。そんな速度が遅いときに試すべき対処法を書いておきます。

5G(5GHz帯)で接続する

SoftBank Airは「2G(2.4GHz)」と「5G(5GHz帯)」という2つの周波数帯を使うことができます。これは接続する際に好きな方を選ぶことができます。

両者を比較すると、5Gの方が新しい規格で通信速度が速いです。なので速度有線するなら5Gで接続するようにしましょう。「○○-5G」というSSIDに接続すれば5GHz帯を利用できます。

ただし、5Gは高速な反面、障害物に弱いという弱点があります。Airターミナルと接続機器(今回はiPhone)の間にドアや家具、床や壁などの障害物があると電波が届きにくくなるので注意しましょう。

2Gと5Gの特徴をざっくり比較すると以下の通りです。

2Gと5Gの違い

  • 【2G(2.4GHz帯)】
    →速度は普通だが、障害物に強く電波も遠くまで届く。しかし周りの機器の電波干渉を受けやすい。
  • 【5G(5GHz帯)】
    → 速度は早いが、障害物に弱く通信距離が遠くなったりすると不安定になる。周囲の機器の電波干渉には強い

詳しくは下記記事に書いているので、参考にしてください。

参考記事
SoftBank Airの2Gと5Gの違いを解説!通信速度的にどっちがおすすめなの?

SoftBank Airには、「2G」と「5G」という2種類の通信接続があります。これ、通信機器に詳しくない一般人からしたら意味分かりませんよね。 「2Gと5Gってなに? 何が違うの? 料金とか変わる ...

続きを見る

Airターミナルは電波を拾いやすい窓際に設置する

SoftBank Airは外を飛んでいる電波をキャッチして室内に広げているので、Airターミナルの設置場所(置き場所)で電波の拾い具合に差が出たります。

結論を言うと、なるべく窓際にAirターミナルを置きましょう。その方が外の電波をキャッチしやすいです。逆に部屋の奥の方に置いたり、障害物に囲まれた位置に置くと外の電波をうまくキャッチできずに通信が不安定になったりするので移動させましょう。

ただ、厳密に言うとどの位置がベストかは一概に言えないので、自分で一番安定するポイントを探してみるといいです。

 

【申し込み前に】SoftBank Airの基本情報をおさらい

しむまる
最後に、申し込み前に確認しておきたいSoftBank Airの基本事項をまとめておきます

ソフトバンク Airの月額料金

現在新規申込キャンペーン中です。いま申し込めば24ヶ月間は毎月1000円程度安くなるので、検討中の人はお早めに申し込んでおきましょう(※キャンペーン終了時期は未定)。

ソフトバンクAirの月額料金は、Airターミナルを「分割購入」するか「レンタル」するかで変わってきます。

Airターミナルを「分割購入」する場合の月額料金

購入してしまう方が安いは安いです。ただデメリットがあります。

Airターミナルを「購入」する場合は注意が必要で、「36回分割払いのみ」という縛りがあります。

ソフトバンクAirは2年契約ですが、分割購入すると3年間ターミナル代を支払い続けることになるので、2年で辞める場合はスッキリ終われないデメリットがあります。

しむまる
また、Airターミナルは解約後にはWi-Fiルーターとしても使えなくなります。

Airターミナルを「レンタル」する場合の月額料金

レンタルはやや高くなりますが、スッパリ2年で契約満了にしたい場合は、無難にレンタルを選んだ方が良いかと思います。

※料金詳細は公式サイトで必ずご確認ください。

料金プラン詳細 SoftBank Air

他社からの乗り換えなら、違約金や撤去工事費用に応じたキャッシュバックあり!

引越し時などに、今まで使っていたインターネット回線からソフトバンクAirに乗り換えたい場合、ネックになるのが違約金(解約金)や撤去工事費などです。

そこでソフトバンクAirは、乗り換えユーザーに対して違約金や撤去工事費などに応じて最大10万円のキャッシュバックを提供しています。他社の違約金や撤去工事費はソフトバンクが負担してくれるということです。

キャッシュバック額の変動は下記表の通り。

違約金と撤去費用合計 キャッシュバック
1~5000円 5000円
5001~10000円 10000円
10001~15000円 15000円
15001~20000円 20000円
20001~25000円 25000円
25001~30000円 30000円
30001~35000円 35000円
35001~40000円 40000円
40001~45000円 45000円
45001~50000円 50000円
50001~55000円 55000円
55001~60000円 60000円
60001~65000円 65000円
65001~70000円 70000円
70001~75000円 75000円
75001~80000円 80000円
80001~85000円 85000円
85001~90000円 90000円
90001~95000円 95000円
95001~100000円 100000円

キャッシュバックを受け取るには、違約金や撤去費用の額を証明できる書類のコピーが必要になります。請求書あるいはネット(マイページ)から請求金額画面のスクリーンショットなどを印刷しておくのでもOKです。

ソフトバンク光/Air契約後に、書類コピーの返送用の用紙が郵送されてくるので、契約から6ヶ月以内に書類コピーを貼り付けて返送する流れになります。

詳細 >> SoftBank Air公式サイト

【最後に】ソフトバンクAirは8日以内なら無料で返却可能。お試し利用してみるのが最も確実

ここまで色々説明して最後は身も蓋もないですが、1番確実なのは実際に使ってみることです。

SoftBank Airは本当にエリアや環境で天と地ほど変わるので、使ってみて判断するのが一番話が早いし確実です。

先にちょろっと言いましたが、ソフトバンクAirはクーリングオフにより契約日から8日以内なら無料で解約・返却が可能です。

必ず公式サイトでエリア確認した上で、エリア内であれば一度実際に使ってみて判断するのがベスト。ダメなら8日以内にキャンセルするようにしましょう。

>> SoftBank Air公式サイト

 

キャンペーン
【2018年最新】SoftBank Airキャンペーン割引情報まとめ|キャッシュバック/月額割引/セット割など多数【ソフトバンクエアー】

開通工事が必要なく、コンセントに繋ぐだけでネットが使える手軽さがウリのSoftBank Air。そんなSoftBank Airが現在開催しているお得なキャンペーン情報を、この記事でまとめて紹介します。 ...

続きを見る









-SoftBank Air

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.