SoftBank Air

SoftBank Airの2Gと5Gの違いを解説!通信速度的にどっちがおすすめなの?【ソフトバンクエアー】

更新日:

SoftBank Airには、「2G」と「5G」という2種類の通信接続があります。これ、通信機器に詳しくない一般人からしたら意味分かりませんよね。

「2Gと5Gってなに? 何が違うの? 料金とか変わるの?どっち選べばいいの?」

みたいな人多いと思うので、この記事で解説していきます。

(5Gと2GはWi-Fi接続画面で選べるようになっています)

まず簡単に言うと、2G(2.4GHz帯)と5G(5GHz帯)というのは、Wi-Fiに接続するときの周波数帯のことです。

接続につかう電波の種類だと思っていいです。回線契約の種類とかではないので安心してください。

ざっくりと特徴の違いを上げると以下の通り。

2Gと5Gの違い

  • 【2G(2.4GHz帯)】
    →速度は普通だが、障害物に強く電波も遠くまで届く。しかし周りの機器の電波干渉を受けやすい。
  • 【5G(5GHz帯)】
    → 速度は早いが、障害物に弱く通信距離が遠くなったりすると不安定になる。周囲の機器の電波干渉には強い

結論を言ってしまうと、

基本的に5Gで接続しておけばOK

です。

一応5Gの方が新しい規格であり、高速が出るからです。

ただ厳密に言うとどちらにも強みと弱みがあり、また接続するデバイス(PCなど)によっては5Gに非対応なものもあったりします。

そうした事情もあるので、下記でもう少し詳しく説明していきます。

>> SoftBank Air公式サイト

 

ソフトバンクエアーの「2G」と「5G」の特徴と違い。どっちを選ぶべき?

もう一度、2Gと5Gの簡単な違いを載せておきます。

  • 【2G(2.4GHz帯)】
    →速度は普通だが、障害物に強く電波も遠くまで届く。しかし周りの機器の電波干渉を受けやすい。
  • 【5G(5GHz帯)】
    → 速度は早いが、障害物に弱く通信距離が遠くなったりすると不安定になる。周囲の機器の電波干渉には強い

下記では、もう少し深掘りして2Gと5Gの特徴・違いを解説します。

2G(2.4GHz)の特徴|どんな人に2G接続がおすすめか?

  • 昔からある通信規格(古い機械でも対応している)
  • 通信速度は普通
  • 障害物に強く、遠くまで届く
  • 電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けやすい

2Gは、昔から使われていて広く一般に普及している周波数帯です。

特徴として知っておきたいのは「障害物に強いが、他電子機器の電波干渉を受けやすい」という点ですね。

SoftBank Airの場合、まずAirターミナルと接続機器(PCやタブレットなど)の距離を考えましょう。Airターミナルと接続機器の間にドアや家具などの障害物がある場合は、障害物に強く遠くまで電波を飛ばしやすい2G接続の方がおすすめです。

一方で、2Gは他の電子機器(テレビや冷蔵庫や電子レンジなど)から電波干渉を受けやすいデメリットがあります。とくに同じ周波数帯を使用している電子レンジに干渉されやすいとされており、電子レンジを使うとSoftBank Airの通信がプツンと途切れるケースも稀にあります。

電子レンジの電磁波は壁も突き抜けて周囲10m以上に届くとも言われるので、電子レンジについては正直置き場所の問題ではないですが、レンジ使用中に通信が不安定になるという知識は知っておきましょう。

しむまる
自宅に電子レンジを持っていなくても、隣の家の電子レンジの電磁波が届いてくることもあるので、この場合はどうしようもありません

このような障害が出ても、5Gの方で接続すれば大丈夫です。

5G(5GHz)の特徴|どんな人に2G接続がおすすめか?

  • 比較的新しい規格(古い機種だと非対応も多い)
  • 通信速度が速い
  • 障害物に弱い
  • 他の電子機器の電波干渉には強い

5Gは最近の新しい周波数帯です。2Gより通信速度が高速なのがウリです。また、2Gの弱点である電子機器からの電波干渉にも強く、他機器の電波に邪魔されることがありません。

先にも言いましたが、基本的には新しく高速な5Gで接続しておいて問題ありません。

ただ5Gの弱点として、障害物に弱くて電波が回り込みにくいことが挙げられます。なので2Gと逆で、Airターミナルと接続機器(PCやタブレットなど)の間にドアや家具など障害物があれば、5Gは電波がうまく回ってくれないかもしれません。

例えば1階にAirターミナルを置いて2階で通信したい時は、5Gだと床に阻まれて電波が弱くなるので、2G接続の方がいいです。

2Gと5Gでソフトバンクエアーの通信速度はどれくらい違う?

実際に、私のSoftBank Airで2Gと5Gで速度テストをしてみると、

【2G】

【5G】

  • 5G:下り51.2Mbps
  • 2G:下り31.6Mbps

確かに5Gの方が速いですね。障害物などの心配がなければ、単純に通信速度が速い5Gの方がおすすめです。

ただ、下り30Mbps〜も出ていれば、ネットをしていて体感的にはほとんど差を感じないレベルです。

関連記事【検証】SoftBank Airは速度が遅いって本当?実際のスピードや速度制限をテスト

5Gで接続できない? 古い機種だと5G非対応が結構多い

5Gが接続候補に表示されない? 5Gに接続できないんだけど?」と首をかしげている人もいると思います。それはSoftBank Airが悪いわけではなくて、使おうとしているPCなりタブレットなり接続機器が5Gに対応していないだけです。

5Gは比較的新しい規格なので、古い機種だと非対応のものが多いです。ここ最近のPCやスマホはほとんど5G対応していますが、古いPCやプリンターなんかは5Gに対応していなかったりしますね。

なので、お使いの機種が5Gに対応していなければ、5G接続はできません。

 

2Gと5GでSoftBank Airの料金とか変わったりしないの?

2Gと5Gは、ただ接続するときに使う電波を選ぶだけなので、SoftBank Airの料金とは関係ありません。回線契約の話ではないので。

 

まとめ

しむまる
個人的な体感ですが、2Gと5Gでそこまで決定的な差は感じません。ただ私の環境下で十分な速度が出やすいかもしれませんが。

通信速度に不安がある人は、2Gと5Gでどちらも試してみて良さげな方を使ってみるといいですよ。

本音レビュー
SoftBank Airの外箱
SoftBank Air 本音の評価レビュー!実際使ってわかったメリットデメリット全て【ソフトバンクエアー】

SoftBank Airを使い始めて1年弱くらいになりました。 ここ数年は仕事の関係で引越しが多くなったので、開通工事が不要でコンセントに挿すだけでネットが使えるSoftBank Airを契約してみた ...

続きを見る









-SoftBank Air

Copyright© 【賢者のSIM】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2019 All Rights Reserved.