SoftBank Air

SoftBank Airはdocomoスマホ利用者でも契約できる?ドコモ版Wi-Fiとも比較

投稿日:

ソフトバンクが提供するSoftBank Airは、「置くだけインターネット」と呼ばれる通り、超手軽に導入できることがウリのインターネット回線です。

SoftBank Airは面倒なプロバイダ契約や回線工事が一切必要なく、Airターミナルという機器をコンセントに繋げて電源ONするだけで即Wi-Fiが使えるようになるので、

  • 建物の事情で回線工事ができない人
  • 引っ越しが多い人
  • 一時的にネット環境を用意したい人
  • 簡単にネット環境を作りたい人

このような属性の人たちにニーズがあります。

SoftBank Airは名前の通りソフトバンクが提供するサービスですが、別にソフトバンクスマホ利用者だけが使えるWi-Fiサービスというわけではありません。

当然、docomoスマホ/docomo携帯利用者もSoftBank Airは契約可能です。

しかし、SoftBank Airは契約前に必ずチェックしておきたいポイントがあります。また、ドコモでもSoftBank Airのような据え置き型ではないもののポケットWi-Fiサービスはあるので、ドコモ利用者ならしっかり比較してから契約検討した方がいいです。

この記事では、docomoユーザーがSoftBank Airを契約する際に知っておきたい/確認しておきたいことを全てまとめていきます。

>> SoftBank Air公式サイト

【必須!】SoftBank Air契約前の確認事項

しむまる
まずは、docomoユーザーでも契約できるSoftBank Airについて、契約前に知っておきたい基本情報と注意点をまとめておきます

自宅がSoftBank Airの対象エリア内か確認しておくこと!

SoftBank Airは、光回線のように家の中まで回線を通すわけでなく、スマホと同じような無線Wi-Fiサービスです。つまり、基地局からの電波をしっかりキャッチできるエリアでないと満足に利用できません

初めてSoftBank Airを利用する人は、まず自宅が対象エリア内かどうかを必ず確認して下さい。

まずは公式サイト内の、「住所別下り最大速度情報」というページを開きます。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  

全国の都道府県、地区が並んでいるので、自宅など利用予定の場所を選択します。

例えば「関東甲信」→「東京」→「千代田区」を選ぶと、さらに細かい町内エリアにまで分かれます。

右の「対応速度」というのはSoftBank Airがそのエリアで出せる最大速度です。つまり、これらのエリアならSoftBank Airで最大261Mbpsの速度が出せるということです。

SoftBank Airはエリアによって通信速度が違う

SoftBank Airは2017年現在

  • Airターミナル2:最大261Mbps
  • Airターミナル3(最新):最大350Mbps

の速度が出せるまでに進化しています。

ただし現状だとまだ最大261Mbpsのエリアがほとんどで、最新ターミナル3で最大350Mbpsが出せるエリアはそこまで多くありません。

例えば最も都心の新宿区のエリア判定を見てみると、

最大350Mbpsが出せるエリアもちらほらと出てきますね。最大350Mbpsのエリアは現在も順次拡大しているようですが、今の所はまだ基本261MbpsがMAXのエリアが多いです。

ただし、この最大速度というのは”理論上可能な数値”なので、実際にこの速度が出るわけではありません。

とはいえネット回線なんて261Mbpsも出る必要は全くなく、100Mbps出れば一通り快適なので、この「住所別下り最大速度情報」に載っているエリア(=つまり最大261Mbpsはでるエリア)であれば問題ありません。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  

対象エリアに載っていない地域は通信速度がダダ下がる

この「住所別下り最大速度情報」に載っていないエリアは、

  • SoftBank Airが使えない(電波圏外)
  • 使えるが、最大速度が261Mbpsも出せない

のどちらかになります。

公式サイトの「住所別下り最大速度情報」に載っていないと100%使えないわけではありません。さすがに日本全国全ての住所は載せられないので、公式サイトに掲載されているのは最大261Mbps以上が出る主要地域になります。

自分の住所が載っていないけど使えるか知りたい場合は、公式サイトにてチャット相談ができるのでそこで聞いてみましょう。

公式チャット SoftBank Air

(画面右の「チャットで質問する」を押せば、メッセージウィンドウが開きます)

ただし、最大速度情報に載っていないエリアでもSoftBank Airが使えるエリアはありますが、その場合は通信速度がめちゃくちゃ下がります。

SoftBank Air提供エリアで、上記に記載のない地域は、下り最大175Mbps/165Mbps/112.5Mbps/110Mbpsを提供しております。

(公式より)

正直、これほど最大速度が下がると快適に使えるか不安なところなので、公式サイトのエリア情報に載っていなければSoftBank Airは正直おすすめできません。

回線工事が可能な住宅であれば、面倒でも工事をして光回線( SoftBank光 )を利用した方が確実にいいでしょう。

しむまる
ひとまず、契約前のエリア確認は必ずしておきましょう。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  

 

SoftBank Airの通信速度は光回線より遅い。オンラインゲームや高画質動画には不向き

SoftBank Airはスマホなどと同じモバイル回線を利用したサービスなので、家の中までしっかり回線を通す光回線に比べると通信速度は劣ります。これは予め理解の上で契約することが必要です。

ネットサーフィンをしたりYouTube動画を見たりといった基本的なネット利用なら問題ありませんが、オンラインゲームをしたり高画質動画サービスを頻繁に視聴するといった用途には正直不向きです。

ただ、SoftBank Airは機器にLANポートが付いており、Wi-FiではなくLANケーブルで直接繋ぐことで多少は速度を安定・高速化することが可能です。人によっては、ケーブルを使って有線で通信することでオンラインゲームも問題なくできている人もいます。

この辺りは各々の通信環境(エリア)によるところが大きいので一概には言えず、実際に使ってみないことには何とも言えないのが実情です。

後述しますが、SoftBank Airは契約日から8日以内なら無料キャンセル可能なので、ひとまず使ってみてダメそうであれば8日以内に返却する……という方法が最も確実です。

 夜間は通信速度制限がかかる場合がある

SoftBank Airは、「3日で○GBまで」や「月○GBまで」といった明確な基準での通信制限はありませんが、”回線混雑がヒドいときには速度を制限する場合がある”と公式に記載があります。

SoftBank Airは夜間が最も混雑しやすいため、21時以降に速度が低下するケースが頻繁にあります。夜間はオンラインゲームしたり動画をみたりする人が急増するからですね。

  • 通信制限は一応存在すること
  • とくに夜間に速度低下しやすいこと

この2点は予め承知の上で契約するようにしましょう。

 SoftBank Airは「購入」と「レンタル」を選択できる

SoftBank Airは、Airターミナル(機器)を「分割購入」するか「レンタル」するか選択可能であり、購入かレンタルかで月額料金が変わります。

これを知らないままショップ店頭で契約すると、勝手に店舗側の都合がいい方で契約されているケースが多いので、しっかり確認して自分で選びましょう。

Airターミナルを「分割購入」する場合

購入する方がトータル金額は安いのですが、36回分割払いのみという縛りがあります。

ソフトバンクAirは2年契約ですが、分割購入すると3年間ターミナル代を支払い続けることになるので、2年で辞める場合はスッキリ終われないデメリットがあります。

どころか、SoftBank Airは自動更新制なので、3年目で支払い終了したとしても4年目まで解約できません。なので、最低4年間は使う目処がある場合のみ購入を考えましょう。

Airターミナルを「レンタル」する場合

レンタルはやや高くなりますが、スッパリ2年で契約満了にしたい場合は無難にレンタルを選んだ方が良いかと思います。

しむまる
個人的にはレンタルをおすすめします。

※ちなみに現在、新規申込キャンペーン中です。

いま申し込めば24ヶ月間は毎月1000円程度安くなるので、検討中の人はお早めに申し込んでおきましょう(※キャンペーン終了時期は未定)。

プラン詳細 SoftBank Air

SoftBank Airは8日以内なら無料キャンセル可能!お試し利用ができます

SoftBank Airは、クーリングオフにより契約日から8日以内なら無料キャンセル可能です。

ここまで何度も書きましたが、SoftBank Airはエリアや環境によって通信速度や安定度が大きく変動するため、実際に使ってみないと何とも言えないのが実情です。

色々口コミを見たりしてもあまり意味がなく、結局は自宅で実際使ってみるのが話が早い。なのでお試し利用してみることをおすすめします。

もし使ってみて速度がポンコツそうであれば、8日以内に無料キャンセルしましょう。

>> SoftBank Air公式サイト

 

docomoにもモバイルWi-Fiサービスは一応ある

ドコモにも、Softbank Airのような据え置き型ではないものの、持ち運びができるコンパクトなモバイルWi-Fiがあります。

私も実際に上記画像の「N-01J」という機種を使用していたことがありますが、クレードルというスタンド兼充電器も付いているので、一応は立てて置いておくこともできます。

写真右側がdocomoのモバイルWi-Fi「N-01J」です。

クレードルにはLANポートも付いているので、有線ケーブルで繋いで有線接続することも可能。

→商品詳細はコチラ(docomoオンラインショップ公式)

しむまる
ただ、ドコモのモバイルWi-Fiは、SoftBank Airとはちょっと使い勝手が違うので注意が必要です。

docomoのモバイルWi-Fiに単独プランなし。スマホプラン内で使えるのみ

docomoのモバイルWi-Fiは、SoftBank Airのように単独サービスではありません。docomoのスマホプランの中で、補助的デバイスとして使うものです。

なので、ドコモスマホで月20GBプランを契約していれば、月20GBをスマホだけでなくモバイルWi-Fiでも使えるということになります。

参考までに、ドコモで月20GBを契約すると料金は次の通り↓

ドコモ
データプラン 1200円
インターネット接続サービス 200円
ウルトラデータLパック 6000円
合計 7400円

モバイルWi-Fiルーターの機種代がかかりますが、同額分が毎月のスマホ代から割引されるので、機種代は実質0円です。一括払いでも分割払いでも実質0円。

料金プラン詳細はコチラ(docomoオンラインショップ公式)

 

ただ、スマホのプラン(GB数)内でしか使えないので、自宅のネット回線として使うのはかなり厳しいかと思います。仮に30GBプランでドコモスマホを契約するとして、1ヶ月にスマホ+自宅ネット(モバイルWi-Fi)で合わせて30GBに収まるような人でないと無理です。

必然的に、家で動画を見たりオンラインゲームをしたい人は論外になります。仮にちょこちょこネットサーフィンしたいくらいの人であれば30GBに収まるかもしれませんが、今の時代かんたんなネットサーフィンならスマホで済ませる人が多いので、そうなるとモバイルWi-Fiを契約する意味が薄れますね。

実際、ドコモのモバイルWi-Fiを利用している人は少ないです。「有線で接続したいデバイスがある」とか「外出先で仕事する用のモバイルWi-Fiとして使いたい」とか用途がある人は検討してみましょう。

通信速度はそこそこ速い

私が使っていた「N-01J」という機種は、通信速度はそこそこ速いです。公式サイトには下り最大788Mbpsの高速が出せるとウリにしていますが、これはあくまで理論値なので実際に出るわけがありません。

1日を通した速度

  • 朝8時:13.6Mbps
  • 昼12時:9.98Mbps
  • 夕方18時:19.8Mbps
  • 夜20時:12.9Mbps

スマホ回線が最も混みやすい昼12時〜13時のみ10Mbpsを切ってしまいましたが、それ以外の時間帯は1日通して10Mbps以上が出せています。モバイル回線ではそこそこ優秀な数字でしょう。

オンラインゲームならもっと速度が欲しいところですが、ネットサーフィンや動画鑑賞くらいなら10Mbpsが出せればストレスなく楽しめるはずです。

まとめ

docomoスマホ/docomo携帯の利用者でもSoftBank Airを契約して使うことは可能です。

docomoにもモバイルWi-Fiはありますが、単独サービスではなくスマホプラン内でしか使えないので、自宅ネット回線としては正直おすすめできません。家で動画やゲームをしたいなら、どちらかで選ぶとすればSoftBank Air一択でしょう。

そして繰り返しになりますが、SoftBank Airはエリアと環境次第で通信品質が大きく変動する都合上、実際の使い心地は自分の家で試してみないことには判断できないのが実情です。

なので、実際お試しで使ってみてから判断するのが最も確実です。SoftBank Airは契約日から8日以内であれば(繋がらない・遅すぎて使えないなどの理由により)無料キャンセル可能なので、ダメだった時はキャンセルすればOKです。

以上のことを踏まえた上で、契約を検討してみましょう。






-SoftBank Air

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.