格安SIMの比較・選び方

専用メールアドレスがもらえる格安SIMをチェック!キャリアメールが使えるMVNOは?

更新日:

キャリアから格安SIMに乗り換えると、キャリアメールが使えなくなるという弱点があります。

キャリアメールは知人とのやりとりはもちろん、様々なWebサイトやWebサービスへの会員登録に使えるので便利なんですよね。

格安SIMに乗り換えるとほとんどの場合キャリアメールが使えませんが、MVNOによっては契約時に専用のメールアドレスが配布されるのを知っていますか? この専用メールアドレスを使えば、GmailやYahooメールといったフリーメールを登録しなくても、様々な用途に使うことができて重宝します。

この記事では、契約時に専用メールアドレスがもらえる格安SIMを紹介します。もらえるアドレスの注意点も解説していますので、合わせてご確認ください。

スポンサーリンク

メールアドレスがもらえる格安SIM一覧

Mail

メールアドレスがもらえる格安SIMの例を紹介します。まずは、こちらの表をご覧ください。

格安SIM メールアドレス
mineo @mineo.jp
楽天モバイル @gol.com
BIGLOBE SIM BIGLOBEメール
OCNモバイルONE OCNメール
Y!mobile @yahoo.ne.jp
@ymobile.ne.jp

このように、メールアドレスをもらえる格安SIMは実はたくさんあります。これらのメールアドレスは、その格安SIMを契約している間はずっと利用することができます。

ちょっとしたサイトやサービスの会員登録にメールアドレスが必要なとき、捨てアドをわざわざ取らなくてもMVNOのアドレスを使っちゃいましょう。むしろ、そういう会員登録のアドレスに使うのも全然アリですよね。

普段使いのアドレスで色々と会員登録してしまうと、メルマガなどが頻繁に飛んできてグチャグチャになってストレスです。そんなときにMVNOのアドレスが役立ちますよ。

もちろん、普通のメール手段として使うのもアリですが、いちいち知人たちに新しく教えるのが面倒なんですよね……。

格安SIMでもらえるメールアドレスの注意点!

チェック

格安SIMでもらえる多くのメールアドレスの弱点、注意点について解説していきたいと思います。

  • メール受信のために、アプリやパソコンのソフトで設定をする必要がある
  • 解約したら使えなくなる
  • ガラケーなどのキャリアメールに、そのままでは送信できない

大きく分けてこの3点が、格安SIMのメールアドレスを使用するうえでのデメリットです。

GmailやYahoo!メールのようなフリーメールは、専用のアプリから簡単に受信の設定ができます。しかし、格安SIMでもらえるメールアドレスの多くは、メールアプリから設定をしなければスマホでメッセージを受信できません。

この設定自体はそこまで難しいものではないですが、手間がかかることは否めません。

そして解約したら使えなくなりますし、さらにガラケーやスマホのキャリアメール相手には、そのまま送信するとエラーとなってしまう弱点も抱えています。

格安SIMでもらえるメールアドレスは、PCメールと呼ばれているものです。

PCメールは一般的にパソコンで使うためのものであり、有料のメールアドレスでなければ会員登録ができないタイプのサイトに登録ができるメリットがありますが、ガラケーなどには迷惑メール判定されて弾かれてしまうデメリットもあります。

ガラケーなどのキャリアメールで受信してもらうためには、相手に受信許可設定をしてもらわなければいけません。しかし、これは多くの場合インターネット接続が必須になります。相手がパケホーダイに入っていたとしても余計な手間ですし、なかなか「設定しといて!」なんて気軽に頼めませんよね……。

このデメリットがあるために、キャリアメール相手にメッセージを送ることはハードルが高いです。今や簡単なメッセージのやりとりはLINEなどで行う人が多数派だとは思いますが、まだまだキャリアメールを使っている人はこの点に十分承知しておきましょう。

どうしてもキャリアメールが欲しい場合に選ぶべき格安SIMは?

携帯

キャリアメールにメッセージを送るには、こちらもキャリアメールを使用することがベストな方法となります。SMSでやりとりする手もありますが、メッセージの送信にお金がかかるので双方ともにあまり使いたくないですよね。

キャリアメールを使える格安SIM(MVNO)は、以下の2つになります。

格安SIM メールアドレス
Y!mobile @ymobile.ne.jp
UQ mobile @uqmobile.jp

Y!mobileは二つのメールアドレスがもらえる特徴を持っていて、@ymobile.ne.jpはMMSのメールアドレスです。Androidではハングアウトアプリ、iPhoneではメッセージアプリを使用してメールを送受信します。

UQ mobileも同様ですが、iPhoneではUQ mobileで販売されているiPhone 5sを除いてキャリアメールを使うことはできませんし、Androidの場合も対応端末は限られることに注意しましょう。

さて、これらのアドレスは携帯電話向けのキャリアメールと同じであるため、相手がガラケーやスマホのキャリアメールであっても問題なくメールを送信することができます。

ただしY!mobileは独自の回線を使用しているため、SIMフリー端末かY!mobile端末の購入がほぼ必須になります。

UQ mobileもメールに対応している端末は限られていますし、au回線を利用しているので契約時にはスマホをセット購入する場合も多いでしょう。

価格面で見ると、Y!mobileは月額料金が音声通話SIMで最低2980円とそもそもプランが高めですし、UQ mobileはメールアドレスの利用料が毎月200円かかります。

予算面でのやや欠点がありますが、格安SIMに乗り換えてからもキャリアメールを使用したい方は、Y!mobileやUQ mobileを検討してみてましょう。

>>Y!mobileオンライン公式サイト

>>格安スマホならUQ mobile

まとめ

契約時にメールアドレスをもらえる格安SIMはたくさんありますが、多くはPCメールであるためキャリアメール宛にメールを送ることができない点に注意しましょう。

どうしてもキャリアメールが必要な方は、Y!mobileを契約するか、UQ mobileの有料オプションであるメールサービスを契約することで、問題を解決できます。






-格安SIMの比較・選び方

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.