OCNモバイルONE

OCNでんわと050Plus評判比較!通話品質や料金でお得なのはどっち?

更新日:

格安SIMの通話かけ放題化が止まりません。

業界大手IIJmioの通話かけ放題プランスタートと同時に、業界シェアトップを走るOCNモバイルONEもすかさず「OCNでんわ 5分かけ放題 オプション」をスタートしました。

今まで、OCNモバイルONEは通話における便利なオプションが存在しなかったのが弱点でした。そのため、通話の多い人にはなかなかOCNは候補に入らなかったでしょう。

しかし、ついにOCNモバイルONEにもかけ放題オプションが登場しましたね。これで細かい電話が多い人もOCNモバイルONEを選ぶメリットが生まれました。

ただ一つ気になるのは、OCNモバイルONEにはもともと「050plus」という無料のIP電話サービスがあることです。どちらも通話をサポートするサービスなので、さてどちらがお得なのか?

今回はOCNでんわ5分かけ放題オプションを紹介しつつ、050plusと特徴比較してどちらがお得なのかを考えてみたいと思います。

公式サイト OCNモバイルONE

スポンサーリンク




「OCNでんわ」と「5分かけ放題オプション」について

国内通話料が半額になるOCNでんわアプリ

「OCNでんわ」は、OCNが提供する無料の音声通話アプリです。

このアプリから電話をかけることで、国内通話料金が10円/30秒と従来の半額になるというメリットがあります。

OCNモバイルONE OCNでんわ

OCNでんわアプリ自体は特別な申込みなどは必要なく、音声通話SIMを契約している人ならアプリをインストールすれば誰でも無料で使うことができます。

無料の通話半額アプリとして使用するだけでも良いのですが、そこへ次で説明する月額850円の5分かけ放題オプションをつけることができます。

OCNでんわ 5分かけ放題オプション

OCNモバイルONE かけ放題

OCNモバイルONEの5分かけ放題オプションは、月額料金850円+税のオプションサービスです。

このオプションを契約している場合は、OCNでんわでの通話が5分以内なら全て0円となります。ただし、国際電話は対象外ですのでご注意を。

5分以内かけ放題は、細かい電話が多い人なら付けた方が良いでしょう。OCNでんわだけでも通話料半額ですが、それでも1秒ごとに料金が増えていくので気軽に電話できませんからね。

ただし5分かけ放題を付けても、5分を過ぎた分の通話料金は30秒ごとに10円かかります。超過分も一応OCNでんわベースで半額にしてくれるのはありがたいですね。

通話品質・音質については、次の050plusとの比較で詳しく解説します。

※OCNでんわは、Android、iPhone共に利用可能です。

【OCNでんわ 5分かけ放題オプション概要】

  • 月額800円
  • 5分以内の電話が無料(国際通話除く)
  • 5分を超えると10円/30秒の通話代
  • アプリを利用して通話する。または音声通話にプレフィックス番号を付ける(後述)

詳細 OCNモバイルONE

OCNでんわ5分かけ放題オプションと050Plusを料金と通話品質で比較してみる

OCN 050plus

OCNモバイルONEの音声通話プランではもともと、050番号を利用するIP電話サービス「050Plus」を無料で利用することができます。

OCNでんわと同じく使用料は無料、同じ050plusなら通話料無料ですし、固定電話や携帯電話へも安くかけられるという特徴があります。今までOCNモバイルONEを使用してきた人は050Plusを使っていた人多いと思います。

そこに今回新登場したのがOCNでんわです。
果たして、通話サービスとしてどちらが便利で優秀なのか?

特徴を比較してみる

OCNモバイルONE かけ放題

OCN 050plus

まずはざっくりと各サービスのメリットデメリットをまとめてみました。

※スマホは横スクロール可能

OCNでんわ(5分かけ放題) 050plus
メリット

通常の電話回線を使うため通話品質が良い

基本通話料が半額。5分かけ放題も選べる

通話の遅延がない

音声通話SIM契約なら基本料無料

 050plus同士なら無料通話可能

通話料金は固定電話3分8.64円、携帯電話17.28円

デメリット

5分かけ放題にすると月額850円かかる

 IP電話なので通話品質が悪く、遅延も発生する

IP電話なので通話にデータ通信量が消費される

通話料金の安さを取るなら050plus

IP電話の050plusは、固定電話への発信3分で8.64円という料金設定なので、固定電話への発信ならば間違いなく050Plusのほうが料金は安いです。OCNでんわの基本通話料10円/30秒と比べてもレベルが違います。

また、IP電話は同じIP電話同士なら無料通話ができる面も大きいので、050plus仲間とは電話かけ放題な点で見ても、トータルの通話料金は050plusの方が安くなる可能性が高いですね。

ただし、OCNでんわには5分かけ放題(850円)が付けられるので、いくら050plusの安さでも月850円を超えてしまえば損になります。

例を出してちょっと計算してみましょう。

60分電話したときの通話料金を比較してみる

OCNでんわ5分かけ放題オプションと、050Plusで、携帯電話宛に60分間の長電話をしたときの通話料金を算出してみます。

  • 5分かけ放題オプション:超過55分の通話料金
    1100円
  • 050Plus:17.28×60
    1036円

差額は64円で、5分かけ放題オプションの方が高いということになりますね。

さらに月額料金850円もかかることを考えると、やはり相当に通話時間・回数が増えない限りは5分かけ放題オプションのほうが高くつくようです。

ただ一点注意!
050plusはIP電話(ネット回線を使う通話方法)なので、データ通信量が消費されます

IP電話の使いすぎてパケットが切れてデータ容量チャージにお金を使うなんてことになれば、単純な通話料の安さだけでは比較できないのでご注意を。

通話品質を優先するならOCNでんわ5分かけ放題オプション

通話に関しては、料金だけじゃなく通話品質が非常に大切です。

この点を比べると、いや比べるまでもなく、電話回線を利用するOCNでんわの方が圧倒的に通話音質が良いです。通常の電話と変わらない感覚で通話できるでしょう。

050Plusは電話回線ではなくネット回線を使うIP電話ですので、通話品質が悪く不安定なのがデメリットです。電話が不安定になったり遅延することもあります。低品質の代わりに通話料が安いのですから文句は言えません。

音声品質は大切です。
通話中に相手の声がこもったり聞き取れなかったりするとストレスが尋常じゃないですし、ビジネスシーンなどで相手の話が聞き取れないと大問題になるリスクもあります。

その場合は、間違いなくOCNモバイルONEの5分かけ放題オプションを選択した方が安心です。

OCNでんわは音声通話なのでデータ通信は行われません。110MB/日コースのような日割りのプランを契約している方も、5分かけ放題オプションの方がパケットを圧迫せずに済むというメリットがあります。

※詳細は必ず公式サイトで確認してください。

詳細 OCNモバイルONE

OCNでんわは音声通話にプレフィックス番号をつけても発信できる

最後に一つ。

OCNでんわは、音声通話SIM契約者であれば「OCNでんわアプリ」を無料ダウンロードすれば簡単に使えます。アプリから電話発信すれば自動的に半額の通話料あるいは5分かけ放題が適用されるので楽チンです。

またOCNでんわアプリを使わなくても、いつもの電話(音声通話)発信時に、電話番号の先頭に「003543」(プレフィックス番号)を付けて発信するだけでもOCNでんわとして使えます。

電話をかける度にいちいちアプリを開くのが面倒な人は、こんな使い方も可能です。

まとめ

OCNでんわの5分かけ放題オプションは、月額850円で5分以内の通話が全て0円になるサービスです。

超過分も30秒10円と安くなるものの、料金面ではIP電話の050plusに劣ります。しかし、電話回線を利用した音声通話なので通話品質は圧倒的に優れています。

通話料金の節約を取るなら050plus、通話品質を確保したいならOCNでんわですね。

通話代面で劣るOCNでんわでも、通常の通話料20秒/30円に比べれば半額になるので贅沢な悩みなんですけどね。









-OCNモバイルONE

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.