ガジェット

【評価レビュー】RAVPower USB-C急速充電器「RP-PC104」|薄くて軽くコンパクト

投稿日:

しむまる
今回は、RAVPowerのUSB-C(TypeC)対応充電器「RP-PC104」を購入したのでレビュー書きたいと思います

USB充電器って大きいとかさばってイヤなのでコンパクトなやつを探してたんですよね。MacBook Pro15インチモデルを購入したので、できるだけ小さく軽い・充電性能が高い充電器が欲しい。

そこで目をつけたのが「RP-PC104」で、携帯性と充電性能の両方に優れた充電器です。

今回は、RP-PC104の1ヶ月間使用レビューを行います。

スポンサーリンク




RAVPowerのUSB-C充電器・RP-PC104の外観・サイズ感をチェック!

RP-PC104の外観写真たち

RAVPower製品は最小限のサイズの、ミントカラーの外箱に入っていることが多いですね。

 

本体は角が丸い形状の直方体となっていて、上部にはRAVPowerのロゴがあります。

Apple製品のようなシンプルなデザインで、なかなかオシャレだと思います。

 

本体背面には、各種規格や仕様が記載されています。

そして背面上部には、コンセントに接続するためのコネクター端子があります。

 

 

充電端子は右側面にあります。

USB-Cなので端子部分はとても小さいですね。

 

RP-PC104のサイズ感は? 他ACアダプターやiPhoneと比較してみた

コンパクトで持ち運びにかさばらない充電器」として購入したRP-PC104。

そのサイズは、

  • 80(コンセント接続時の縦の長さ)×56(コンセント接続時の横の長さ)×16mm(厚み)

です。

数字だけだと分からないと思うので、他のACアダプターやiPhone XSとサイズを比べてみました。

ポイント

  • RP-PC104
  • MacBook(12インチ)の充電器
  • MacBook Pro13インチの充電器
  • MacBook Pro15インチの充電器

厚さ的には(プラグ部分を上にして比べると)、一番小さいMacBookの充電器と比べても4分の1くらいしかありません。

ただ、差したときの「面」で比較するとまぁまぁです。

 

もう一つ参考までに、iPhone XS(サイズは143.6×70.9×7.7mm)と比べてみるとこんな感じ。

見ての通り、コンパクトさ(薄さ・小ささ)では非常に満足しています。

スポンサーリンク




AnkerのPowerPort Atom PD 1ではなく、RP-PC104を選んだ理由

今回RP-PC104を購入するにあたり、Ankerの30WUSB-C充電器「PowerPort Atom PD 1」とどちらにするか迷いました。

見てのとおりRP-PC104よりさらに小型で、iPhoneの付属ACアダプターを一回り大きくした程度の形状となっています。

この2商品を比較してみて、最終的にRP-PC104を選んだ決め手は以下の2つでした。

  • PowerPort Atom PD 1は、充電プラグを折りたためない
  • 45W対応であるRP-PC104の方が、充電スピードが速い

私は普段から、イヤホンやポータブルSSDなどいろいろな機器を持ち歩いています。

PowerPort Atom PD 1だと充電プラグが出っ張っているので、他の機器を傷つけてしまう恐れがあったんです。

さらにプラグが出っ張っていることで、消費するスペースがちょっと長くなってしまっているのも気がかりでした(RP-PC104は畳めるので、スペース消費は最低限)。

せっかく本体がコンパクトなのに、プラグで消費スペースが大きくなってしまっているのはもったいないです。(後継機に期待したいですね)

そしてMacBook Proの15インチモデルも快適に充電できる充電器が欲しかったので、できるだけ充電性能が高いRP-PC104を購入することにしました。

急速充電器RP-PC104を使ってみてわかったメリット

しむまる
RP-PC104は価格7199円と安くないですが、購入してよかったと強く感じています

とにかく薄くて軽い!PCケースやリュックの隙間に入れやすい

16mmで極薄のRP-PC104は、とにかく薄くて携帯性に優れています。

私は普段、MacBook Pro用のPCケース手前にある収納ポケットにRP-PC104を入れて持ち運んでいます。

普通のMacBook Proの充電器だと厚みが2〜3倍になり、ポケットに入れると出っ張ってしまいますが、薄い形状のRP-PC104なら全く違和感がないです。

薄いので、リュックの側面にあるポケットやジャケット・ジーンズのポケットなど、どこに入れても邪魔になりません。

重量も82gの超軽量であるため、重さもまったくありません。

参考までにMacBook Pro15インチモデルの充電器が290gだったので(はかりで確認しました)、1/3以下の軽さになっています。

MacBook Proなどを急速充電できる

私はもっぱら外出先で、MacBook Proの充電にRP-PC104を使っています。

MacBook Pro15インチモデルは87Wの充電器が付属しているので、半分近くの充電性能となるRP-PC104を問題なく使えるか少し不安がありました。が、実際使ってみたら何も問題ありませんでした。

概ね20分で10%程度を充電回復できるスピード感です。

ケーブルを接続したまま作業を続けていますが、バッテリーが減っていくようなことはもちろんありません。(充電器が低性能だとバッテリー消費>充電になることもあります)

「急速充電器」と銘打たれていますが、充電性能にも満足しています。

短めのケーブルを組み合わせ、荷物をコンパクトにまとめられる

RP-PC104はあくまで充電器のみの製品なので、充電にあたって対応するUSBケーブルが必須です。

MacBook Proを充電するためには、以下の2つの条件を満たしていなければいけません。

  • 左右両端がUSB-C
  • Power Delivery(PD)対応

私は両方の条件を満たすケーブルを既に持っていたので、流用しています。

もちろん、MacBook Pro等に付属するケーブルも条件を満たしていますよ。ただMacBook Pro付属のケーブルは2mで長いため携帯性がイマイチです。

私が持っているエレコムのケーブルは1mなので邪魔にならないのが気に入っています。

 

なおケーブルをまとめるため、以下の製品に付属するケーブル収納ケースも使っています。

(Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル)

https://www.amazon.co.jp/dp/B01LNA0XCU/

 

Ankerの0.9mケーブルだと、全ての条件を満たしている+ケース付属なので、今から買うならこちらの製品を買うのがオススメですね。

 

あとはPCケースに入れたり、バッグの空いているスペースに滑り込ませたりなど、自由に荷物に入れて持ち運べますよ。

 

RP-PC104を使ってみてわかったデメリット

本体価格がとにかく高い!

RP-PC104は7199円。気軽に買えるとは言い難いです。

しかも本体サイズを気にしないなら、同じ45W充電器は2899円でも買えてしまいます。

とはいえ実は、MacBook Pro15インチモデルや13インチモデルの充電器の方が販売価格は高いんですよ。

税込価格
RP-PC104(45W) 7199円(Amazon)
MacBook Pro 13インチモデル用充電器(61W) 7344円(Apple Store)
MacBook Pro 15インチモデル用充電器(87W) 8424円(Apple Store)

充電性能も踏まえるとやはりRP-PC104は割高ですが、「充電器として高杉」とは言い切れません。

「高度な技術を使用し、コンパクトに抑えている」利点を考えれば、実は妥当な価格です。

私としては価格に見合った便利な製品だと感じているので、オススメしています。

横幅を取るので、隣のコンセントを遮ってしまうことがある

RP-PC104はコンセントに接続した時に、横への消費スペースが大きくなります。

画像はスターバックスのテーブルに備え付けられているコンセントですが、2つあるコンセントのもう片方にちょっと被りかけていますよね。

隣に座る人がかなり小さな充電器を使っていれば大丈夫ですが、相手も普通サイズ〜大きめな充電器を使う場合は接続できません。

さらにもう一回り小さくできれば隣のコンセントを邪魔しないので、後継機では横幅をもう少しコンパクトにしてほしいです。

下向きにケーブルが伸びるので、パソコンに届かない可能性あり

RP-PC104はケーブルが下に伸びます。

<充電器_スタバ利用中2>

画像のようになるので、短いケーブルだとパソコンまで端子が届かない可能性があるかもしれません。(私は今のところ、そういった状況になったことはないですが)

またコンセントが下の方にある場合もパソコンまでケーブルが届かない恐れがあります。

まとめ

しむまる
RAVPowerが発売したRP-PC104は、充電性能が高くとにかくコンパクトです。 価格は7000円越えで高いですが、後悔はなく価格に見合った満足度は感じています。

薄くて軽いUSB-C充電器を探している方にはおすすめできます









-ガジェット

Copyright© 【賢者のSIM】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2019 All Rights Reserved.