SoftBank Air

【レビュー】SoftBank AirでYouTubeは快適に視聴できる?速度・画質まで検証してみた!

更新日:

工事が必要なく、コンセントに挿して電源ONするだけで即インターネットが使えるという圧倒的な手軽さで人気のSoftBank Air。

手軽さというメリットの反面、モバイル回線を利用したWi-Fiサービスとあって通信速度は光回線に劣ることにはまず覚悟が必要です。

で、実際どのていど通信速度の妥協が必要なのでしょう?

YouTubeくらいは問題なく観れるの?

というのは、誰もが気になるところですよね。

しむまる
ということで、現在SoftBank Airを使っている私が、実際に朝から晩まで検証してみました

先に結論から言えば、

SoftBank Airは、”基本的に”はYouTubeなら朝から晩まで問題なく視聴できます。

ただし、画質によっては厳しい面があったりと注意点もあるので、この記事で詳しく検証レビュー結果をまとめていきたいと思います!

>> SoftBank Air公式サイト

SoftBank Airの実際の通信速度はどれくらい?スピードテストしてみた

Youtubeの視聴検証に入る前に、実際にSoftBank Airってどの程度の通信速度なの? という点を確認しておきましょう。

SoftBank Airは光回線とは違い、スマホなどと同じモバイル回線を利用したWi-Fiサービスとあって速度面に不安がある人が圧倒的に多いでしょう。

ただ実際に私のSoftBank Airで計測してみると、意外なほど好調な結果がでました。

無線Wi-Fiでの通信速度テスト結果

まずはSoftBank AirをWi-Fiで利用した際のスピードを1日かけてテストしてみました。

<朝8時>

<昼12時>

<夕方17時>

<夜20時>

  • 【朝8時】:下り55.4Mbps/上り7.59Mbp
  • 【昼12時】:下り60.8Mbps/上り7.98Mbps
  • 【夕方17時】:下り71.3Mbps/上り7.05Mbps
  • 【夜20時】:下り35.7Mbps/上り7.56Mbps

ご覧の通り、1日を通して30〜70Mbps程度の速度が出ており、正直に言って予想を上回る数値でした。

SoftBank Airは夜間に速度が落ちやすい(=回線混雑しやすい)と言われていますが、確かに20時前にガクッと下がってはいるものの、それでも下り35.7Mbpsとキャリアスマホ並みの速度が出ているのは及第点ではないでしょうか。

【注意】SoftBank Airの速度はエリアによって大きく変わる!

ただ注意点があります。

SoftBank Airはモバイル回線サービスなので、地域エリアによって通信品質(速度や安定度)が大きく変わる性質があります。

上記の速度結果は、あくまで私のエリアでの速度なので、あなたのエリアで同レベルの速度が出るかはわかりません。

なのでまず、自分の住所がSoftBank Airのエリア圏内かどうかを必ず確認してください。

エリア情報は、公式サイト内の「住所別下り最大速度情報」というページで確認できます。

右の「対応速度」というのはSoftBank Airがそのエリアで出せる最大速度です。つまり、これらのエリアならSoftBank Airで最大261Mbps(※)の速度が出せるということです。ちなみに私が上記で速度テストしたエリアは「261Mbps」のエリアです。

逆に、ここに掲載されていないエリアでは、最大速度が、下り最大175Mbps/165Mbps/112.5Mbps/110Mbps(※)にまで落ちることが公式に明記されています。

結論を言うと、このエリアに載っていない市町村に住んでいる場合はSoftBank Airは諦めた方がいいです。Youtubeはおろか、ネットサーフィンすらストレスが溜まるレベルの可能性があります。

下記の公式サイトで必ずエリアをチェックしておいてください。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  

参考記事SoftBank Airのエリアを確認する方法。自宅が対象エリア外の対策まで

しむまる
(※)最大速度はあくまで「理論値」なので、実際に出る速度ではありません。単なる潜在スペック的なイメージです。

掲載エリア外でも実際に100Mbps以上が出るわけではなく、単純にエリア内に比べて速度が劇的に下がるという意味で捉えておけばOKです

 

SoftBank AirでYouTubeを視聴してみた

しむまる
さて、ここからが本題。

SoftBank Airで、実際にスマホを使って1日YouTubeで動画を見て検証してみました。

YouTube視聴に必要な通信速度はどのくらい?

Youtube動画は、画質によって必要な速度が変わります

再生開始時は、通信速度に応じた画質が自動で適用されるシステムです。速度が遅いほど低画質再生になり、速度が早ければ高画質再生が可能になります(手動で画質を切り替え可能)。

画質ごとの必要速度は、おおよその目安ですが下記の通り。

画質レベルと必要速度

  • 144p:0.2Mbps ←最低画質
  • 240p:0.3Mbps
  • 360p:0.5Mbps
  • 480p:1Mbps ←標準画質
  • 720p:2Mbps
  • 1080p:3〜5Mbps ←高画質

※一応、YouTube公式のシステム要件では、「500kbps以上のネット接続」と記載あり。

上記の目安速度が必要最低限だとすると、回線混雑時のことなどを考えると余裕を持って2倍はみたいところ。なのでざっくり言えば、YouTubeは2〜4Mbpsが出せれば(標準画質480pで)問題なく視聴できるとしてOKです。

480p画質の動画は、画面解像度が高いスマホだと若干画面がぼやけて見える程度。とくにストレスは感じないレベルの綺麗な表示です。

ちなみに、YouTube以外の人気動画サービスの目安速度は以下の通りです。

  • Hulu:スマホ3Mbps/PC6Mbps
  • Netflix:5Mbps(HD画質)
  • Amazonプライムビデオ:3.5Mbps(HD画質)
  • dTV:4Mbps(HD画質)
  • U-NEXT:3Mbps(高画質)

※最低限必要な速度と思っておけばOK

朝は高画質動画も問題なく再生できた

まず朝8時。HD(720p)やフルHD(1080p)の高画質なものも含めて、問題なく再生できました。

読み込みが遅かったり、動画が途中で止まることもなく、再生中は光回線と変わらない快適さでした。大満足です。

ちなみにYouTubeでは再生時に一旦自動で最適な画質が選択されます(その後に手動で切り替え可能)。朝の検証時は480pが自動選択されていました。

手動で切り替えて検証した結果、720pや1080pでも再生できた次第です。

昼もとくに問題なし、きれいな動画を楽しめた

回線が混雑しやすい昼の時間帯ですが、こちらも朝と同じくフルHD画質(1080p)でも問題なく動画再生できました。

動画再生中のシークバー(動画タイムラインの読み込みを終えている白い部分)ですが、再生中の部分よりだいぶ先に進んでいますよね。

途中で追いつかれる(=動画が止まる)こともなく、いたって快適です。

ただ一点、「サムネイル画像」の読み込みに若干の時間がかかった印象です。

画像のように、画面を開いた段階では動画の紹介画像が読み込めていません。しかし1~3秒もすれば全部読み込まれたので、とくに支障はなかったです。

ちなみに、再生開始時はYouTube側で自動的に「480p」の画質が選択されていました。手動で高画質に切り替えても普通に観れます。

 

夕方は720p画質まで視聴可能。フルHDは困難

夕方17時台はお昼までと傾向が変わり、ストレスフリーに再生ができるのは720p画質まででした。

自動再生ではやはりお昼までと同様画質が480p、手動で切り替えて対応できたのが720pまでです。1080pだと再生がすぐ読み込みを終えている部分に追いついてしまうので、快適ではありませんでした。

1080p画質だと「読み込み中」が頻繁に。

ただしスマホで動画を見るときは画面自体が小さいので、わざわざ最高画質の1080pにまで解像度を上げる必要性は薄いとも思います。

一つ画質を落とした720pでもスマホでは十分綺麗なので、個人的にはスマホでの視聴ならさほど問題ないレベルですね。

夜も720p画質までは問題無し。ただ1080p画質は厳しい

夜20時台のテストでも、最高画質の1080pでの動画再生は無理でした。

画像のとおり読み込み中のまま止まってしまい、なかなか安定して再生できません。

再生時の自動設定だと画質は480pです。手動で上げる場合は720pまではOKでした。

夕方から夜にかけてはSoftBank Airを使う人が増えて一気に回線が混雑するので、YouTubeの速度も不安定になるのはある程度避けられません。

とはいえ、標準画質より1個上の720p(HD画質)が問題なく再生できたので、モバイル回線としては十分好調と言える結果です。正直、検証前はHD画質でも再生は厳しいのではないかと思っていたくらいなので。

エリア判定を忘れずに!

この検証は、あくまで私のエリア(最大261Mbpsエリア)で計測した結果です。

SoftBank Airはエリアによって速度が大きく変わるので、契約を検討する際には必ず公式サイトで自宅地域がエリア情報に掲載されているかチェックしてください。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  

有線接続するとパフォーマンスアップする?

SoftBank AirはLANケーブルで有線接続ができる

SoftBank Airは、LANケーブルを直接繋ぐことで「有線接続」することもできます。

一般的には、無線Wi-Fiで電波をキャッチするよりも、有線で直接繋いで通信する速度向上・安定が見込めます。

LANポートは1Gbpsまでに対応。

パソコンでYouTube視聴する人も多いと思うので、有線接続で通信速度(視聴の快適さ)が変化するかも検証したところ、やはり有線接続の方がパフォーマンスが良さげです。

自動設定が720p画質に向上!昼〜夜はフルHDでの視聴が可能に

まず、再生時に自動で適用される画質が720pに向上しました(無線Wi-Fiでの接続だと自動で480p)。

実際に720p画質で再生しても快適です。途中で動画が止まることもありません。

さらにお昼の時間帯では、フルHD1080pの動画も再生できました。

昼間の時間帯はWi-Fi接続でもフルHD再生できたので、SoftBank Airはお昼に強いのかも。

実際に、夕方ごろになると有線でもフルHDの再生は厳しくなります。ただ、自動設定で720pが適用されているので、やはりWi-Fi接続よりは気持ち安定している印象です。

回線が混みやすい夜間は、Wi-Fiでは720p画質が限界でしたが、有線接続なら夜間でもフルHD再生が可能でした。

とはいえ、再生が読み込み部分に追いつきそうで結構ギリギリではあった印象です。

一応、自動設定では720pで再生されます。フルHD(1080p)で再生したい場合は手動で切り替えましょう。

エリア判定を忘れずに!

再度繰り返しますが、SoftBank Airはエリアによって速度が大きく変わるので、あくまで参考程度に。

契約を検討する際には必ず公式サイトで自宅地域がエリア情報に掲載されているかチェックしてください。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  

YouTube動画のアップロードは厳しい

YouTubeの動画視聴においては概ね問題ない結果が出ましたが、動画を投稿する場合は話がちょっと別です。

通信速度には「下り速度(=ダウンロード)」と「上り速度(=アップロード)」があります。

ここまで検証してきた「通信速度」は下り速度のことで、これが動画の視聴(ダウンロード)などの指標となる速度です。下り速度に関してはSoftBank Airの性能で問題ないと言いました。

逆に「上り速度」というのはアップロードのことで、例えばYouTubeに動画を投稿したり、ニコニコ動画で生配信をするときなどの指標となります。ネット上にこちら側から発信するときの速度ですね。

正直、SoftBank Airの上り速度は遅いです。スマホでアップロードするより遅いかもしれません。

YouTuberとして動画投稿や配信をしたいのであれば、光回線である「 SoftBank光 」にした方が100%確実です。

違いを解説!
ソフトバンク光とSoftBank Airの違いとは?メリットデメリット比較

自宅で使うインターネット回線はどうしていますか? つい最近までは固定回線ほぼ一択でしたが、最近はポケットWi-Fiで代用したり、スマホの大容量プランでテザリングを使うなど色々な方法が選択肢として増えま ...

続きを見る

動画検証まとめ
SoftBank Airの速度でネット動画が視聴できるか検証まとめ|VODサービスごとの総評

当サイトでは、SoftBank Airで動画がちゃんと観れるか検証シリーズと勝手に称して、様々なネット動画サービス(VOD)の視聴テストをしてきました。この記事はそのまとめです。 SoftBank A ...

続きを見る

【申し込み前に】SoftBank Airの基本情報をおさらい

しむまる
YouTubeは視聴であれば概ね問題ないという結果が分かったところで、最後に、申し込み前に確認しておきたいSoftBank Airの基本事項をまとめておきます

ソフトバンク Airの月額料金

現在新規申込キャンペーン中です。いま申し込めば24ヶ月間は毎月1000円程度安くなるので、検討中の人はお早めに申し込んでおきましょう(※キャンペーン終了時期は未定)。

ソフトバンクAirの月額料金は、Airターミナルを「分割購入」するか「レンタル」するかで変わってきます。

Airターミナルを「分割購入」する場合の月額料金

購入してしまう方が安いは安いです。ただデメリットがあります。

Airターミナルを「購入」する場合は注意が必要で、「36回分割払いのみ」という縛りがあります。

ソフトバンクAirは2年契約ですが、分割購入すると3年間ターミナル代を支払い続けることになるので、2年で辞める場合はスッキリ終われないデメリットがあります。

しむまる
また、Airターミナルは解約後にはWi-Fiルーターとしても使えなくなります。

Airターミナルを「レンタル」する場合の月額料金

レンタルはやや高くなりますが、スッパリ2年で契約満了にしたい場合は、無難にレンタルを選んだ方が良いかと思います。

※料金詳細は公式サイトで必ずご確認ください。

料金プラン詳細 SoftBank Air

他社からの乗り換えなら、違約金や撤去工事費用に応じたキャッシュバックあり!

引越し時などに、今まで使っていたインターネット回線からソフトバンクAirに乗り換えたい場合、ネックになるのが違約金(解約金)や撤去工事費などです。

そこでソフトバンクAirは、乗り換えユーザーに対して違約金や撤去工事費などに応じて最大10万円のキャッシュバックを提供しています。他社の違約金や撤去工事費はソフトバンクが負担してくれるということです。

キャッシュバック額の変動は下記表の通り。

違約金と撤去費用合計 キャッシュバック
1~5000円 5000円
5001~10000円 10000円
10001~15000円 15000円
15001~20000円 20000円
20001~25000円 25000円
25001~30000円 30000円
30001~35000円 35000円
35001~40000円 40000円
40001~45000円 45000円
45001~50000円 50000円
50001~55000円 55000円
55001~60000円 60000円
60001~65000円 65000円
65001~70000円 70000円
70001~75000円 75000円
75001~80000円 80000円
80001~85000円 85000円
85001~90000円 90000円
90001~95000円 95000円
95001~100000円 100000円

キャッシュバックを受け取るには、違約金や撤去費用の額を証明できる書類のコピーが必要になります。請求書あるいはネット(マイページ)から請求金額画面のスクリーンショットなどを印刷しておくのでもOKです。

ソフトバンク光/Air契約後に、書類コピーの返送用の用紙が郵送されてくるので、契約から6ヶ月以内に書類コピーを貼り付けて返送する流れになります。

詳細 >> SoftBank Air公式サイト

【最後に】ソフトバンクAirは8日以内なら無料で返却可能。お試し利用してみるのが最も確実

ここまで色々説明して最後は身も蓋もないですが、1番確実なのは実際に使ってみることです。

SoftBank Airは本当にエリアや環境で天と地ほど変わるので、使ってみて判断するのが一番話が早いし確実です。

先にちょろっと言いましたが、ソフトバンクAirはクーリングオフにより契約日から8日以内なら無料で解約・返却が可能です。

必ず公式サイトでエリア確認した上で、エリア内であれば一度実際に使ってみて判断するのがベスト。ダメなら8日以内にキャンセルするようにしましょう。

>> SoftBank Air公式サイト









-SoftBank Air

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.