光回線

ソフトバンク光でニンテンドースイッチのポケモン(ソード)は快適にできる?【オンライン対戦まで検証】

どんなときもWiFiポケモン_ダブルバトル中

SoftBankの光回線サービスである「 SoftBank光 」でオンラインゲームが快適にできるか検証していくシリーズ。

そこで今回は、ニンテンドースイッチの人気ゲーム「ポケットモンスターソード」を快適にプレイできるかどうかを実際に検証してみました!

結論的にははっきりした結果が出たので先に書いておきますが、

 

ソフトバンク光でSwitchのポケモンは至って快適にプレイ可能でした。

 

下記で通信速度やプレイ感について詳しく書いていきます!

公式HP SoftBank光

 

SoftBank光の通信速度ってどれくらい?

私が使っているSoftBank光のモデム。用途によってWi-Fi接続するものと有線ケーブルで繋いでいるものもあります。

速度計測は、Wi-Fi接続と有線接続とそれぞれ計測してみました。

Wi-Fi接続時の通信速度テスト結果

スマホやノートパソコン、PS Vitaをする時はWi-Fi接続をしています。今回はスマホアプリで速度テストしてみましたが、その結果がこちら↓

下り145Mbpsとめちゃくちゃ速いですね。

何度か繰り返し測ってみましたが、若干のブレは出るものの大体同じレベルの速度が出ていました。

有線接続時の通信速度テスト(PC、PS4などオンラインゲーム時)

仕事で使うメインのデスクトップPCやPS4などオンラインゲームで遊ぶ時はケーブルで繋いで有線接続しています。

PCで速度テストしてみました。

さすが有線接続だと210Mbpsと超速いです。Wi-Fi時より断然速いですね。有線で繋いでいるから当たり前ですが。

一応もうひとつ別の速度計測サイトでも計測してみました。

269Mbpsとさらに速くなってしまいました。

SoftBank光は公式では最大速度1Gbpsを売り文句にしていますが、これは理論値(理論上は可能とされる数値)なので実際に出る数値ではありません。

とはいえ、実測で200Mbpsも出れば体感的には何もわからないレベルです。動作がもたついたり遅いと感じることはほぼないと言っていいです。

高速を出すのに光BBユニットは必須

一つ注意点として、ソフトバンク光でここまでの通信をするには「光BBユニット」というソフトバンクが有料でレンタル提供している専用ルーターが必須です。

光BBユニット

上で載せた写真のモデムですね。ソフトバンク光専用のモデムです。

これはソフトバンク光とは別料金でレンタルしないといけません。

この光BBユニットをレンタルせずに、市販のルーターなんかを使っていたりすると、ソフトバンク光のスペックを最大限活かせないので速度が出にくいです。

快適にオンラインゲームをするのであれば、光BBユニットの契約は必須です。

必須!SoftBank光 公式ページで確認する

 

参考記事ソフトバンク光の通信速度を測定テスト!遅いという評判が出るのはなぜ?【光BBユニット/高速化対策】

 

ソフトバンク光でスイッチ「ポケットモンスターソード」をオンラインプレイしてみた

どんなときもWiFiポケモン_タイトル

ポケットモンスターは、幼い頃に初代を遊んでからずっとシリーズを追い続けている大好きなゲームです。

RPGというと一人で遊ぶ印象が強いですが、ポケモンはインターネットを使って他のプレイヤーと対戦したり、ポケモンを交換できます。

そもそもポケモンはゲームとして、処理数の多いFPSゲームや、スマブラのようなアクションゲームでもないため、そこまでハイスペ要求されるゲームではありません。

なので冒頭でも結論書きましたが、ソフトバンク光でも動作はサクサクでした。

どんなときもWiFiポケモン_ローカル通信

なおオンラインプレイをするにはYボタンを押して通信メニューを開き、「+」ボタンを押せばOKですよ。

 

通常のゲームプレイはサクサク・快適動作

どんなときもWiFiポケモン_移動中

ひとまず普通のゲームプレイで一通り遊んでみましたが、ラグやフリーズは発生しませんでした。

移動もサクサクで、これといって回線の遅さを感じるシーンはありません。

どんなときもWiFiポケモン_ロード中

マップを移動する際はロードが発生しますが、読み込み時間もスムーズ。

 

どんなときもWiFiポケモン_戦闘中

野生のポケモンとの戦闘も、コマンドを選択したりポケモンが画面内で攻撃したりといった動作はサクサクです。

しむまる
余談ですが、前作は戦闘画面が普段からけっこうもっさりしていました。

3DSからニンテンドースイッチに機種が変更されたことで、ゲーム自体の動作はかなり快適になった印象。

どんなときもWiFiポケモン_ジムバトル

ポケモンといえば全国各地にいる「ジムリーダー」を倒して、バッジを集めていくのがゲーム内の目標の一つ。

ちょうどジムリーダー戦をするところだったので、そのまま進めてみました。

どんなときもWiFiポケモン_ジムギミック

ジム内のギミックを操作しつつ、敵を倒していきます。

どんなときもWiFiポケモン_ジムリーダー戦

ジムリーダー戦ではポケモン同士が巨大化して戦う「ダイマックス」が発動、白熱した対戦ができました。

オンライン対戦でももたつきは感じられず・海外プレイヤーともサクサク戦える

どんなときもWiFiポケモン_シングルバトル

続いて、オンラインプレイの検証をしてみました。

まずは1対1で戦う「シングルバトル」。

どんなときもWiFiポケモン_シングルバトル開始

バトル開始ボタンを押すと対戦相手が検索され、見つかると即座に対戦がスタートします。

 

どんなときもWiFiポケモン_シングルバトル対戦

どんなときもWiFiポケモン_シングルバトルルール

対戦相手とルール確認ののち、対戦がスタート。

 

どんなときもWiFiポケモン_シングルバトル中

ポケモンは元々アクションゲームのようにリアルタイム操作で戦うゲームでなく、行動を選択して順番に攻撃するRPG。

よほど接続自体が不安定でない限りは、快適に対戦できます。

実際に対戦してみても、ラグが発生したり接続が切断されたりすることはありませんでした。

 

ダブルバトルでもスムーズに遊べた

どんなときもWiFiポケモン_ダブルバトル中

シングルバトルでなく、2対2で対戦するダブルバトルでも遊んでみました。

ダブルバトルでもとくにシングルバトルとの変化なし、快適に対戦を進められましたよ。

ちなみにまだあまりゲームを進められていないので、今回の対戦は全敗北でした…。

 

他のプレイヤーの情報がリアルタイムでどんどん表示される

どんなときもWiFiポケモン_オンライン状況

オンライン対戦では、通信画面やフィールドに常時他のプレイヤーの動向が表示されます。

全体的に表示はスムーズで、途中で途切れたり遅れたりすることはありません。快適そのものです。

どんなときもWiFiポケモン_カード交換完了

通信画面の「カード交換」を選ぶと、他のプレイヤーのリーグカード(自分でカスタマイズできるプロフィール画像)を手に入れられます。

カードが届くと、画面に表示が。

どんなときもWiFiポケモン_カード情報

他のプレイヤーのリーグカード受信も、動作のもたつきはなくサクサクでした。

 

マジカル交換も問題なし・次々にポケモン交換を進められた

どんなときもWiFiポケモン_マジカル交換

ポケモンソード・シールドは「マジカル交換」に対応していて、いつでも自動的にポケモンを交換できるのが特徴。

お互い何を送ったかはわからず、交換完了時に確認できるしくみです。

どんなときもWiFiポケモン_交換ポケモン選択

とりあえずいらないポケモンを選んで、マジカル交換を試してみました。

(何がもらえるかわからない関係上、必然的にお気に入りではないポケモンを送ることになります)

どんなときもWiFiポケモン_マジカル交換中

マジカル交換を開始すると、画面左下に「探しています」の表示が。

どんなときもWiFiポケモン_マジカル交換完了

交換は30秒程度で完了し、画面に「交換完了!」の文字が表示されました。

どんなときもWiFiポケモン_マジカル交換元

自分のポケモンが送られていきます。

どんなときもWiFiポケモン_マジカル交換先

相手からも、ポケモンが送られてきました。

どんなときもWiFiポケモン_ポケモン図鑑登録

持っていないポケモンだったので、図鑑に登録されました!(ポケモン図鑑を完成させるのも、ゲームの目標です)

 

しむまる
以上のように、ソフトバンク光でもポケモンは全く問題なく快適に遊べることがわかりました。

通常プレイでもオンライン対戦でも重さを感じるシーンは一つもなく、常にサクサク快適にプレイできました

公式HP SoftBank光

 

ソフトバンク光の基本情報

ソフトバンク光

しむまる
最後に、SoftBank光の概要や月額料金など基本情報をまとめておきます。割引キャンペーンやキャッシュバックなど色々あるので、契約する人はざっと確認しておきましょう。

ソフトバンク光は基本的に工事が必要

ソフトバンク光を使うには、基本的には開通工事が必要になります。

申し込み後、自宅に業者を呼んで工事を行ったり、機器の接続を行ったりすることによりソフトバンク光を利用できるようになります。つまり、ネットを使い始めるまでに時間がかかるので早めに申し込みしておいた方がいいでしょう。

(工事して開通するまでの間は、 SoftBank Air かポケットWi-Fiをレンタルして代用することができます)

賃貸のアパートやマンションに住んでいる人の場合、大家さんの事情で開通工事禁止(=光回線禁止)としている物件もあります。こうした場合は回線が引けないので、工事不要の SoftBank Air や、ポケットWi-Fiなどを使うしかありません。

 

ただし……

SoftBank AirやモバイルWi-Fi(WiMAXなど)は、光回線ではなくモバイル回線を使ったサービスなので、光回線に比べると速度は遅くなります。

SoftBank Airに関しては下記記事で詳しくまとめていますので参考に↓

参考記事有線必須!SoftBank AirでオンラインゲームやPS4はできる?

 

SoftBank光の開通には、工事費用が別途最大24000円かかってきます。

しむまる
ただし、現在フレッツ光を利用中でソフトバンク光に乗り換える人は工事不要です。

というのも、ソフトバンク光は回線自体はフレッツ光の回線を使っているからです。回線はそのまま契約の移行だけでOKです。

高速通信には光BBユニットが必須

光BBユニット

ソフトバンク光で高速通信をするには「光BBユニット」というソフトバンクが有料でレンタル提供している専用ルーターが必須です。

これはソフトバンク光とは別料金でレンタルしないといけません。

この光BBユニットをレンタルせずに、市販のルーターなんかを使っていたりすると、ソフトバンク光のスペックを最大限活かせないので速度が出にくいのです。

光BBユニットは月額467円でレンタルできます。

ソフトバンク光は光BBユニットを使って高速通信する仕様なので、速度を心配するならレンタル契約しておいた方が絶対にいいです。

SoftBank光 公式ページ

SoftBank 光の月額料金は公式サイトで確認!

SoftBank光の月額料金は、人によって結構変わってきます。

スマホとのセット割引が使えるか、フレッツ光を利用しているか(フレッツ光からの乗り換え)によって安くなったりするので、自分の場合は月額料金がいくらになるか公式サイトでシミュレーションしてみましょう。

よく分からなければ、公式サイトのチャットでオペレーターに聞いてみればOK。

申し込み時期によってはキャンペーンもやっているので、その辺も要チェックです。

公式HP SoftBank光

-光回線

Copyright© 【賢者のガジェット】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2022 All Rights Reserved.