どんなときもWi-Fi

どんなときもWiFiでFPSのオンライン対戦は快適にプレイできる?PS4人気ゲームで検証!【バトルフィールド1/コールオブデューティー ブラックオプス3】

投稿日:

どんなときもWiFiFPS_アイキャッチ

「通信制限一切なし!」という今までのモバイルWi-Fiの常識を覆したことで人気の「 どんなときもWiFi 」。3日10GB制限もないので、動画もゲームも通信量を気にせず遊び放題です。

最近は家のネット回線にどんなときもWiFiを選ぶ人も増えているので、どんなときもWiFiでオンラインゲームがちゃんとプレイできるか?は重要な問題。

そこで今回は、オンラインゲームの中でも特にスペックが要求されるFPSのアクションゲームを、どんなときもWiFiでプレイできるかを検証してみました。

検証したFPSゲームは以下の2タイトル。

  • バトルフィールド1
  • コールオブデューティー ブラックオプス3

結論的にははっきりした結果が出たので先に書いておきますが、

 

どんなときもWiFiの回線でFPSゲームに快適にプレイ可能でした。

 

下記で詳しく検証結果をまとめていきます!

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

 

どんなときもWiFiの通信速度ってどれくらい?実際に計測してみた

どんなときもWiFiFPS_ルーター本体

まずは、どんなときもWiFiの通信速度って実際どんなものなの?という点を確認しておきます。

公式などではよく「最大速度」という表記がされますが、最大速度は理論値(理論上は可能とされる数値)なので実際にでる速度ではありません。

なので私の自宅において、実際にどんなときもWiFiのスピードテストをしてみました。

どんなときもWiFiの実際の通信速度

どんなときもWiFiの速度を、朝から晩まで4時間帯で測ってみました。

<朝8時>

<昼12時>

<夕方17時>

<夜20時>

  • 【朝8時】下り46.0Mbps/上り15.8Mbps/Ping38ms
  • 【昼12時】下り50.7Mbps/上り8.63Mbps/Ping44ms
  • 【夕方17時】下り46.1Mbps/上り11.2Mbps/Ping38ms
  • 【夜20時】下り41.0Mbps/上り13.1Mbps/Ping46ms

ご覧の通り下り40〜50Mbpsの速度が出せており、この日はかなり調子がいいです。

速度テストは日によっても数値が変動しますが、どんなときもWiFiは概ね下り20〜40Mbps程度の速度が安定して出せる印象です。

動画視聴やゲームも含め、ネットを快適に使える目安速度が下り20Mbpsほどと言われています。なので数値で見れば、どんなときもWiFiは動画・ゲームに関しても必要十分な速度は出せていると言えます。

オンラインゲームプレイでは「Ping(応答速度)」が大事!50ms以内ならOK

またオンラインゲームの快適性は、下り速度だけでなく「Ping」という数値が非常に重要になります。Pingは応答速度を意味する数値で、要するに操作の「サクサク感」に影響するものです。

Pingの数値は、小さければ小さいほどサクサク動きます主観ですが、おおよそPing値の目安は以下の通り。

Ping値の目安

  • Ping100〜:ラグだらけ、ゲームは困難
  • Ping50〜100:動きがもたついてくる
  • Ping20〜40:普通くらい
  • Ping10以下:とても快適

※あくまで目安です。

モバイル回線サービスの場合、快適にオンラインゲームをするなら50ms以内であることが望ましいところ。どんなときもWiFiは20〜50msなので及第点ですね。

どんなときもWiFiの速度制限はほぼ心配なし!

どんなときもWi-Fi_通信制限なし

どんなときもWiFiは「通信制限一切なし!」が最大のウリなので、基本的にはいくら使っても速度制限がかかる心配はありません。

ただし、速度制限が100%存在しないわけではなく、公式サイトには下記の記載があります。

「著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度をおおむね384Kbpsに制限する場合があります」

詳細 どんなときもWiFi 公式サイト

この「著しくネットワークを占有するレベル」ってどのくらいなのか? どんなときもWiFiの運営会社の人に聞いてみたところ、”人間が普通に使っている分にはあり得ないレベル”だそうです。

要するに、システムを組んでルーター何十台を24時間稼働させているとか、そういう普通じゃない使い方をしている場合のみシステムが検知して速度制限をするそうです。

なので、普通に動画みたりゲームしたりするレベルでは速度制限にかかる心配は今のところないでしょう。実際に私も速度制限を検証するために1日動画見たりゲームしましたが、速度制限にかかったことは今まで1度もないです。

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

より詳しい速度検証記事

速度検証
【検証】どんなときもWi-Fiの通信速度は遅い?速い?|速度制限の重さまで実測公開

「通信制限(3日10GB制限)一切なし!」という圧倒的なメリットを打ち出して今年登場した新たなモバイルWiFiサービス「」。テレビCMの効果もあって知名度が上がってきましたね。 しむまる私も早速どんな ...

続きを見る

 

しむまる
以上のように回線スペック的には、どんなときもWiFiはオンラインゲームもこなせる速度・数値は持っていることがわかります。

では、実際にプレイしてみた感じを見ていきましょう

 

FPSゲーム「バトルフィールド1」をどんなときもWiFiでプレイしてみた結果

バトルフィールド1は第一次世界大戦を題材としている、オンライン対戦対応のFPSゲーム。最大64人の大人数が同時接続して対戦を行います。

どんなときもWiFiでプレイしてみましたが、光回線でプレイしている時と体感的な違いは感じないレベルストレスの無さに驚かされました。

 

メニューからゲーム開始までの読み込みはスムーズ

ゲーム開始までの読み込みはいたってスムーズです。

今回はプレイ人数が多い「コンクエスト」を選択。FPSは人気のモード以外だと過疎状態で検証が難しいため、コンクエストでのみ検証します。

 

ゲーム開始までのロード時間は1分30秒程度。

かなり長いですが、これは光回線でも同じくらいです。

 

移動シーン・攻撃シーンもスムーズでラグの発生はなし

バトルフィールド1は、後ほど紹介するコールオブデューティー ブラックオプス3とくらべると、全体的に移動動作がもっさりな印象です。

しかし、これはどんなときもWiFiだから普段より遅いわけではなく、光回線でもあまり大きな違いはありません。

そして今回のプレイではお昼こそもっさり感が高めでしたが、夕方以降は比較的滑らかに移動動作ができていました。

狙撃の動作はスムーズそのもの。

ステージが広いのでとにかく敵を探すのが難しいですが、照準移動や射撃動作はボタンを押すとすぐ反応してくれるので、あとは腕があれば敵を的確に倒していけますよ。

心配していたラグの発生や、動作のガタガタ感も全くありません。

今回の検証ではまったく敵を倒せませんでしたが、かろうじて他のプレイヤーのアシストは行えました。

 

バトルフィールド1では、戦車の中に入って敵に攻撃することも可能。

座席の移動や砲撃の操作での遅延はなし、どんどん敵を狙い撃てます。

 

攻撃が苦手なプレイヤーでも行える、フラッグに近づいて拠点を確保する「コンクエスト奪取」。

カウントは正常に行われ、チームに貢献できました。

バトルフィールド1はチーム戦ですが、他プレイヤーが瞬間移動したり、動きががたがたになったりすることはありませんでした。

 

以上のように、プレイ中にラグが発生したり動作の重さを感じる場面は一切なく快適そのものでした。

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

 

FPSゲーム「コールオブデューティー ブラックオプス3」をどんなときもWiFiでプレイしてみた結果

続いて、コールオブデューティー ブラックオプス3もプレイしてみました。

「マルチプレイヤー」を選んで、早速プレイ開始です。

 

ロード・マッチング画面の待ち時間は短めでサクサク進む

ブラックオプス3はロードが短く、対戦開始までの流れがかなりスムーズです。

オンラインサービスへは3秒程度で接続されました。

 

プレイするモードは「TDM」を選択。(他のモードは過疎っているので、今回はTDMのみで検証します)

モードを選択すると、即座にマッチングが開始されました。

 

マッチング画面表示から1秒も経たないうちに、12人のプレイヤーがマッチングされ、あっという間にロード開始。

このサクサク感は、光回線を使っている時となんら変わりません。

ロードは10秒程度で終わり、対戦が開始されました。

 

移動や攻撃の動作はサクサク、ラグや動作の重さは一切感じない

移動動作は滑らかでサクサク。がたついたりカクカクすることは一切なし。

画面左上の地図には、他のプレイヤーの行動や敵の位置がリアルタイムで表示されていました。

左下に表示される相手チームと自分のチームの戦況も、どんどん更新されています。

待ち構えて狙いをつけ、相手プレイヤーを攻撃するといった操作も瞬時に行えました。

 

落ちている武器を拾って交換することもできますが、切り替え表示が出るまで迅速でサクサク。

以上のとおり、コールオブデューティー ブラックオプス3もどんなときもWiFiで快適に遊べました。

しむまる
通信速度やPing(応答速度)の数値で予想できましたが、どんなときもWiFiでFPSゲームは全く問題なくこなせました。

FPSが快適にプレイできれば、ほとんどのゲームは問題ないはずです

リンク どんなときもWiFi 公式サイト

 

他ゲームの検証まとめ記事はこちら

どんなときもWiFiモンハン_大砲発射
どんなときもWiFiでPS4やオンラインゲームは快適プレイできる?オンライン対戦で検証してみた

「通信制限一切なし!」という最強の強みを持って新登場したモバイルWi-Fi「」。容量無制限かつ速度制限もほぼないので、もはや外出先でのモバイルWiFiとしてだけではなく、自宅のネット回線としてどんなと ...

続きを見る

 

【補足情報】どんなときもWiFiは有線接続には非対応

モバイルルーターやホームルーターはLANケーブルをつないで優先接続できるものもありますが、どんなときもWiFiは有線LANでのインターネット接続に対応していません。

無線接続しかできないので、ルーターから離れた場所(例えば違う部屋や1階/2階など)で通信すると壁や天井が障害物となって電波が弱まる可能性があります。

そのため、基本的にどんなときもWiFiは一人で使うネット回線(一人暮らし含む)としておすすめです。戸建で家族みんなで使う目的としては正直おすすめしません。

しむまる
また、どんなときもWiFiでは最大5台まで同時接続ができますが、複数台を同時に繋げるとそれぞれの速度は下がります。

なので、なるべく快適にゲームを遊びたい場合は、他の機器と同時接続はしないでおく方がいいでしょう。

参考記事【工事不要】一人暮らしのマンション・アパートは工事なしWi-Fiもおすすめ!

 

【申し込み前に】どんなときもWiFiの基本情報をおさらい

しむまる
最後に、申し込み前に確認しておきたい「どんなときもWiFi」の基本事項をまとめておきます

どんなときもWiFiの月額料金プランは1つのみ

どんなときもWiFiは制限なしの使い放題なので、月額プランが1つだけです。シンプルで選ぶのに悩まないのが良いですね。

ただし、支払い方法を「クレジットカード払い」にするか「口座振替」にするかで月500円ほど料金が変わってきます。

クレジットカード払いは月額3480円

 

口座振替は月額3980円

ご覧の通り、クレジットカード払いの方が月々500円ほど安くなります。なので、とくに理由がなければクレジットカード払いの方がおすすめです。

クレジットカードを持っていないなどの事情がある人は、口座振替を選びましょう。クレジットカードがなくても契約できる点も、どんなときもWiFiの一つのメリットです。

リンク →どんなときもWiFi 公式サイトを見る

※契約期間は2年

※初期手数料3000円が別途かかります

端末は一種類のみ。カラーはグレーとゴールドの二色

公式HP どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの端末は、現時点では「D1」の1種類のみ。カラーは「ゴールド」と「グレー」の二色です。

WiMAXなんかは端末の種類が色々ありますが、逆に1種類のみというのも悩む必要がなくシンプルで良いのではないでしょうか(今後に増えていく可能性はあります)。

しむまる
私はゴールドを選んでみました。

どんなときもWiFi申し込み_ルーターバッテリー残量

 

【契約は2年間】解約時はルーターの返却が必要。更新月以外の解約は契約解除料がかかる

どんなときもWiFiはルーターをレンタルするので、解約時にルーターの返却が必要になります。付属品一式はしっかり保管しておきましょう。

どんなときもWiFi申し込み_ルーター一式

ルーター/ストラップ/ケーブル

また、どんなときもWiFiは2年契約/自動更新のサービスです。

25ヶ月目の契約更新月以外は以下の通りの契約解除料がかかることにご注意ください。

契約期間 契約解除料
~12ヶ月目 19000円
13~24ヶ月目 14000円
25ヶ月目(更新月) 0円
26ヶ月目~(更新月を除く) 9500円

【最後に】申し込みはネットの公式サイトから。申し込み手順はこちらを参照

どんなときもWiFiの申し込みは基本的にネットの公式サイトから行います。

申し込み どんなときもWiFi 公式サイト

申し込みは10分もあれば終わる程度で簡単ですが、手順を見ながら申し込みたい方は、下記記事に申し込み手順から配送・初期設定まで基本的なことを全てまとめましたので参照してください。

申し込み手順
【5分で簡単】どんなときもWiFiの申し込み手順から配送時間・初期設定・接続方法や使い方など基本情報まとめ

モバイルWi-Fiとしては始めて「通信制限なし」という画期的なサービスを打ち出したのが、今年新登場した「」です。 今までのWiMAXやポケットWi-Fiのように3日10GB制限に怯える必要はもうない! ...

続きを見る

本音レビュー
どんなときもWiFiNetflix_D1
【口コミ感想】評判高いどんなときもWiFiのメリット・デメリット・使用感の本音レビュー!

「通信制限一切なし」という、今までのモバイルWiFiの常識を覆して新たに登場した「」。テレビCMやネットCMもバンバン流れて瞬く間に人気のWi-Fiサービスになりました。 このどんなときもWi-Fiが ...

続きを見る

-どんなときもWi-Fi

Copyright© 【賢者のSIM】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2019 All Rights Reserved.