光回線

SoftBank光でFPSのオンライン対戦は快適プレイできる?PS4で検証【バトルフィールド1/コールオブデューティー ブラックオプス3】

SoftBankの光回線サービスである「 SoftBank光 」でオンラインゲームが快適にできるか検証していくシリーズ。

今回は、オンラインゲームの中でも特にスペックが要求されるFPSのアクションゲームを、どんなときもWiFiでプレイできるかを検証してみました。

検証したFPSゲームは以下の2タイトル。

  • バトルフィールド1
  • コールオブデューティー ブラックオプス3

結論的にははっきりした結果が出たので先に書いておきますが、

 

SoftBank光でFPSゲームに快適にプレイ可能でした。

 

下記で詳しく検証結果をまとめていきます!

公式HP SoftBank光

 

SoftBank光の通信速度ってどれくらい?

私が使っているSoftBank光のモデム。用途によってWi-Fi接続するものと有線ケーブルで繋いでいるものもあります。

速度計測は、Wi-Fi接続と有線接続とそれぞれ計測してみました。

Wi-Fi接続時の通信速度テスト結果

スマホやノートパソコン、PS Vitaをする時はWi-Fi接続をしています。今回はスマホアプリで速度テストしてみましたが、その結果がこちら↓

下り145Mbpsとめちゃくちゃ速いですね。

何度か繰り返し測ってみましたが、若干のブレは出るものの大体同じレベルの速度が出ていました。

有線接続時の通信速度テスト(PC、PS4などオンラインゲーム時)

仕事で使うメインのデスクトップPCやPS4などオンラインゲームで遊ぶ時はケーブルで繋いで有線接続しています。

PCで速度テストしてみました。

さすが有線接続だと210Mbpsと超速いです。Wi-Fi時より断然速いですね。有線で繋いでいるから当たり前ですが。

一応もうひとつ別の速度計測サイトでも計測してみました。

269Mbpsとさらに速くなってしまいました。

SoftBank光は公式では最大速度1Gbpsを売り文句にしていますが、これは理論値(理論上は可能とされる数値)なので実際に出る数値ではありません。

とはいえ、実測で200Mbpsも出れば体感的には何もわからないレベルです。動作がもたついたり遅いと感じることはほぼないと言っていいです。

高速を出すのに光BBユニットは必須

一つ注意点として、ソフトバンク光でここまでの通信をするには「光BBユニット」というソフトバンクが有料でレンタル提供している専用ルーターが必須です。

光BBユニット

上で載せた写真のモデムですね。ソフトバンク光専用のモデムです。

これはソフトバンク光とは別料金でレンタルしないといけません。

この光BBユニットをレンタルせずに、市販のルーターなんかを使っていたりすると、ソフトバンク光のスペックを最大限活かせないので速度が出にくいです。

快適にオンラインゲームをするのであれば、光BBユニットの契約は必須です。

必須!SoftBank光 公式ページで確認する

 

参考記事ソフトバンク光の通信速度を測定テスト!遅いという評判が出るのはなぜ?【光BBユニット/高速化対策】

 

ソフトバンク光でFPSゲーム「バトルフィールド1」をプレイしてみた結果

バトルフィールド1は第一次世界大戦を題材としている、オンライン対戦対応のFPSゲーム。最大64人の大人数が同時接続して対戦を行います。

ソフトバンク光でプレイしてみましたが、ストレスの無さに驚かされました。

 

メニューからゲーム開始までの読み込みはスムーズ

ゲーム開始までの読み込みはいたってスムーズです。

今回はプレイ人数が多い「コンクエスト」を選択。FPSは人気のモード以外だと過疎状態で検証が難しいため、コンクエストでのみ検証します。

 

ゲーム開始までのロード時間は1分30秒程度。

 

移動シーン・攻撃シーンもスムーズでラグの発生はなし

バトルフィールド1は、後ほど紹介するコールオブデューティー ブラックオプス3とくらべると、全体的に移動動作がもっさりな印象です。

しかし、これはどの光回線でもあまり大きな違いはありません。

そして今回のプレイではお昼こそもっさり感が高めでしたが、夕方以降は比較的滑らかに移動動作ができていました。

狙撃の動作はスムーズそのもの。

ステージが広いのでとにかく敵を探すのが難しいですが、照準移動や射撃動作はボタンを押すとすぐ反応してくれるので、あとは腕があれば敵を的確に倒していけますよ。

心配していたラグの発生や、動作のガタガタ感も全くありません。

今回の検証ではまったく敵を倒せませんでしたが、かろうじて他のプレイヤーのアシストは行えました。

 

バトルフィールド1では、戦車の中に入って敵に攻撃することも可能。

座席の移動や砲撃の操作での遅延はなし、どんどん敵を狙い撃てます。

 

攻撃が苦手なプレイヤーでも行える、フラッグに近づいて拠点を確保する「コンクエスト奪取」。

カウントは正常に行われ、チームに貢献できました。

バトルフィールド1はチーム戦ですが、他プレイヤーが瞬間移動したり、動きががたがたになったりすることはありませんでした。

 

以上のように、プレイ中にラグが発生したり動作の重さを感じる場面は一切なく快適そのものでした。

公式HP SoftBank光

 

ソフトバンク光でFPSゲーム「コールオブデューティー ブラックオプス3」をプレイしてみた結果

続いて、コールオブデューティー ブラックオプス3もプレイしてみました。

「マルチプレイヤー」を選んで、早速プレイ開始です。

 

ロード・マッチング画面の待ち時間は短めでサクサク進む

ブラックオプス3はロードが短く、対戦開始までの流れがかなりスムーズです。

オンラインサービスへは3秒程度で接続されました。

 

プレイするモードは「TDM」を選択。(他のモードは過疎っているので、今回はTDMのみで検証します)

モードを選択すると、即座にマッチングが開始されました。

 

マッチング画面表示から1秒も経たないうちに、12人のプレイヤーがマッチングされ、あっという間にロード開始。

このサクサク感は、光回線を使っている時となんら変わりません。

ロードは10秒程度で終わり、対戦が開始されました。

 

移動や攻撃の動作はサクサク、ラグや動作の重さは一切感じない

移動動作は滑らかでサクサク。がたついたりカクカクすることは一切なし。

画面左上の地図には、他のプレイヤーの行動や敵の位置がリアルタイムで表示されていました。

左下に表示される相手チームと自分のチームの戦況も、どんどん更新されています。

待ち構えて狙いをつけ、相手プレイヤーを攻撃するといった操作も瞬時に行えました。

 

落ちている武器を拾って交換することもできますが、切り替え表示が出るまで迅速でサクサク。

以上のとおり、コールオブデューティー ブラックオプス3も快適に遊べました。

しむまる
通信速度やPing(応答速度)の数値で予想できましたが、FPSゲームは全く問題なくこなせました。

FPSが快適にプレイできれば、ほとんどのゲームは問題ないはずです

公式HP SoftBank光

 

ソフトバンク光の基本情報

ソフトバンク光

しむまる
最後に、SoftBank光の概要や月額料金など基本情報をまとめておきます。割引キャンペーンやキャッシュバックなど色々あるので、契約する人はざっと確認しておきましょう。

ソフトバンク光は基本的に工事が必要

ソフトバンク光を使うには、基本的には開通工事が必要になります。

申し込み後、自宅に業者を呼んで工事を行ったり、機器の接続を行ったりすることによりソフトバンク光を利用できるようになります。つまり、ネットを使い始めるまでに時間がかかるので早めに申し込みしておいた方がいいでしょう。

(工事して開通するまでの間は、 SoftBank Air かポケットWi-Fiをレンタルして代用することができます)

賃貸のアパートやマンションに住んでいる人の場合、大家さんの事情で開通工事禁止(=光回線禁止)としている物件もあります。こうした場合は回線が引けないので、工事不要の SoftBank Air や、ポケットWi-Fiなどを使うしかありません。

 

ただし……

SoftBank AirやモバイルWi-Fi(WiMAXなど)は、光回線ではなくモバイル回線を使ったサービスなので、光回線に比べると速度は遅くなります。

SoftBank Airに関しては下記記事で詳しくまとめていますので参考に↓

参考記事有線必須!SoftBank AirでオンラインゲームやPS4はできる?

 

SoftBank光の開通には、工事費用が別途最大24000円かかってきます。

しむまる
ただし、現在フレッツ光を利用中でソフトバンク光に乗り換える人は工事不要です。

というのも、ソフトバンク光は回線自体はフレッツ光の回線を使っているからです。回線はそのまま契約の移行だけでOKです。

高速通信には光BBユニットが必須

光BBユニット

ソフトバンク光で高速通信をするには「光BBユニット」というソフトバンクが有料でレンタル提供している専用ルーターが必須です。

これはソフトバンク光とは別料金でレンタルしないといけません。

この光BBユニットをレンタルせずに、市販のルーターなんかを使っていたりすると、ソフトバンク光のスペックを最大限活かせないので速度が出にくいのです。

光BBユニットは月額467円でレンタルできます。

ソフトバンク光は光BBユニットを使って高速通信する仕様なので、速度を心配するならレンタル契約しておいた方が絶対にいいです。

SoftBank光 公式ページ

SoftBank 光の月額料金は公式サイトで確認!

SoftBank光の月額料金は、人によって結構変わってきます。

スマホとのセット割引が使えるか、フレッツ光を利用しているか(フレッツ光からの乗り換え)によって安くなったりするので、自分の場合は月額料金がいくらになるか公式サイトでシミュレーションしてみましょう。

よく分からなければ、公式サイトのチャットでオペレーターに聞いてみればOK。

申し込み時期によってはキャンペーンもやっているので、その辺も要チェックです。

公式HP SoftBank光

-光回線

Copyright© 【賢者のガジェット】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2022 All Rights Reserved.