SoftBank Air

SoftBank Airでフォートナイトは快適プレイできるか?PS4版、Switch版、スマホ版全てで検証!

2020年10月12日

ソフトバンクの置くだけWi-Fi「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」の回線でオンラインゲームがちゃんとプレイできるか検証するシリーズ。

工事なしのWi-Fiとあって速度的に言うと光回線よりは遅くなるので、サクサクプレイできるかどうかが懸念点ではあります。

そこでこの記事では、実際にSoftBank Airを使っている私が、人気ゲーム「フォートナイト」のPS4版、Switch版、スマホ版の全てで快適にプレイできるかどうかを実際に検証してみました!

結論的にははっきりした結果が出たので先に書いておきますが、

 

SoftBank Airの回線でフォートナイトは至って快適にプレイ可能でした。

 

下記ではフォートナイトのPS4版、Switch版、スマホ版で検証した結果をレビューしていくので、フォートナイトで遊びたい人はぜひ参考にしてください。

リンク >> SoftBank Air公式サイトを見る

 

SoftBank Airのスペック|通信速度はどれくらい?

まず、ソフトバンクエアーのスペックからテストしておきます。

オンラインゲームで大事な「Ping値」を知っておこう

速度を見る前に、一つ重要なこと。

ゲームの快適性を計るときには、速度だけでなく「Ping」という数値が重要になります。

Pingは、応答速度を意味する数値です。オンラインゲームで言うとコントローラーで操作をしてからオンライン上のサーバーに内容が反映されて応答が返ってくるまでの時間のことです。

ゲームプレイに関しては、いくら通信速度が速くても、このPing値が悪いとキャラ動作がカクカクしたりするので要注意。

Pingの数値は、小さければ小さいほどサクサク動きます主観ですが、おおよそPing値の目安は以下のようになるので参考にしましょう。

Ping値の目安

  • Ping100〜:ゲームの快適プレイは不可能
  • Ping50〜100:動きがもたつき厳しい
  • Ping20〜40:普通くらい
  • Ping10以下:とても快適

※あくまで目安です。

では、Ping数値も含めて実際の速度はどのくらいなのか、朝〜夜でスピードテストしてみました。

SoftBank Airの速度テスト結果【Wi-Fi接続時】

<朝8時>

<昼12時>

<夕方17時>

<夜20時>

  • 【朝8時】:下り31.1Mbps/上り7.82Mbps/Ping23ms
  • 【昼12時】:下り53.6Mbps/上り7.07Mbps/Ping23ms
  • 【夕方17時】:下り65.1Mbps/上り7.26Mbps/Ping23ms
  • 【夜20時】:下り8.15Mbps・上りは7.82Mbps/Ping23ms

下り速度は概ね30〜70Mbpsほど。SoftBank Airは夜間に速度が下がりやすいと評判ですが、確かにガクッと下がったものの8Mbps出ていればまぁ及第点です。

当サイトの別記事でもSoftBank Airの速度テストは幾度と行なっていますが概ね、

  • 朝〜夕方:下り30〜70Mbps
  • 夜:下り8〜20Mbps

の範囲内に収まることが多いです。

また、Ping数値も23msとかなり安定していますね。Pingも概ね19〜30ms程度の範囲内に収まるので、SoftBank AirのPing値は予想より優秀な印象です。

しむまる
ちなみに、私が以前に痛い目みたモバイルWi-FiはPing数値が100ms近くでした。それに比べると良すぎな数値ですね。ちなみに光回線なら5〜10msくらいなので、さすがに光回線には負けますが

【レビュー検証】SoftBank Airは速度が遅い?評判が割れる理由

【注意】SoftBank Airの速度はエリアによって大きく変わる!

速度に関して注意点があります。

SoftBank Airはモバイル回線サービスなので、地域エリアによって通信品質(速度や安定度)が大きく変わる性質があります。

上記の速度結果は、あくまで私のエリアでの速度なので、あなたのエリアで同レベルの速度が出るかはわかりません。

なのでまず、自分の住所がSoftBank Airのエリア圏内かどうかを必ず確認してください。

エリア情報は、SoftBank Airの公式サイト内の「住所別下り最大速度情報」というページで確認できます。

SoftBank AIr エリア情報

右の「対応速度」というのはSoftBank Airがそのエリアで出せる最大速度。つまり、これらのエリアならSoftBank Airで最大261〜962Mbpsの速度が出せるということです。

ちなみに私が上記で速度テストしたエリアは「261Mbps」のエリアです。

逆に、ここに掲載されていないエリアでは、最大速度が、下り最大175Mbps/165Mbps/112.5Mbps/110Mbpsにまで落ちることが公式に明記されています。

「最大速度」は理論上可能な数値という意味で、実際の使用で出ることはないと思ってOKです。潜在スペック的な意味合いで捉えておきましょう。

結論を言うと、このエリアに載っていない市町村に住んでいる場合はSoftBank Airは諦めた方がいいです。ゲームはおろか、ネットサーフィンすらストレスが溜まるレベルの可能性があります。

下記の公式サイトで必ずエリアをチェックしておいてください。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  

参考記事SoftBank Airのエリアを確認する方法。自宅が対象エリア外の対策まで

 

SoftBank AirでPS4のフォートナイトをプレイしてみた結果

しむまる
フォートナイトは100人程度の大人数が同時に遊ぶオンラインゲームですが、PS4版では快適にプレイできました

いつもはSwitchの携帯機モードやiPhoneで遊んでいるフォートナイトですが、テレビの大画面だと画面の綺麗さが際立っていましたね。

プレイ開始までの読み込みまではスムーズ

Fortnite_20191018072819

PS4でフォートナイトを起動するとタイトル画面が表示され、ロードのあとにニュースやメニューの画面へ移動します。

 

Fortnite_20191018072828

最近チャプター2がスタートしてゲーム内容が若干変わったフォートナイト。

最新ニュースがすぐに表示されました。

 

Fortnite_20191018072836

メニュー画面からプレイを開始すると他のプレイヤーとのマッチングが行われますが、十数秒で完了。

 

Fortnite_20191017211641

ロード画面が表示されたあと、いよいよゲーム開始です。

 

移動や隠れる動作などスムーズでサクサク

Fortnite_20191018073005

フォートナイトの対戦が始まると飛行機で対戦会場の島に移動、自由なタイミングで落下することとなりますが、ボタンを押せば希望のタイミングでしっかり飛び降りられました。

 

Fortnite_20191018122451

マップボタンを押せば、今いる場所もすぐに表示されます。

 

Fortnite_20191018122727

プレイを続けていると「ストーム」が現れ、ストーム内にいると一定時間でゲームオーバーになるフォートナイト。

ストームの到達や内部から脱出するための移動など、ラグなくサクサクと行われましたよ。

 

攻撃動作でもラグが発生することはなくスムーズ

Fortnite_20191018200750

フォートナイトはPUBGと比べて難しい印象がありますが、今回のプレイでは相手プレイヤーと遭遇した際に瞬時に反応、相手を撃破できました。

リアルタイムでの自分や相手のプレイ状況が安定した回線でしっかり表示されるので、腕さえあれば敵をどんどん撃破できますよ。

操作にタイムラグが発生したり、画面表示がガタガタになることもなく、至ってスムーズで滑らかに動いてくれました。

しむまる
以上の通り、PS4版のフォートナイトは重さや遅さを感じる場面は一切なく、いたって快適にサクサクプレイできました

リンク >> SoftBank Air公式サイトを見る

 

SoftBank Airでスイッチ版のフォートナイトをプレイしてみた結果

どんなときもWiFiフォートナイト_Switchメニュー画面

しむまる
フォートナイトは様々な機種でプレイ可能なので、スイッチ版でも遊んでみました。

結論から言うと光回線と体感は変わらず、問題がなさすぎてあまり書くことがないレベルでした。

モード選択〜プレイ開始までは、PS4と同様問題なし

どんなときもWiFiフォートナイト_Switchモード選択

色々なモードがありますが、今回は主に1人で他のプレイヤー全員と戦う「ソロ」や大人数で2つのチームに分かれて戦う「チームランブル」といったモードを遊んでいます。

 

どんなときもWiFiフォートナイト_Switchマッチング中

モードを選んでプレイを開始すると、PS4と同様十数秒でマッチングが完了して対戦がスタートします。

 

どんなときもWiFiフォートナイト_Switchロード中

マッチングが終わると読み込み画面が表示されますが、重さや読み込みの長さは感じません。いたってスムーズです。

プレイ中のタイムラグ発生もなく、サクサク動く

どんなときもWiFiフォートナイト_Switchスカイダイビング

ゲームが開始されて地上に降り立つまでの操作や画面の動きに違和感はなし。光回線を使っているときとの体感上の違いは一切ありませんでした。

 

どんなときもWiFiフォートナイト_Switchストーム内移動中

ステージ内を移動するときの動きもなめらかです。

今更ですが、「こんなきれいなグラフィックで豪華な内容のゲームを無料で遊べるとはすごい時代になったな…」と思ってしまいました。

 

どんなときもWiFiフォートナイト_Switch素材確保中

どんなときもWiFiフォートナイト_Switch建設中

フォートナイトはステージ上にある建物やモノを破壊して資材をゲットし、自分の基地を建築できる大きな特徴を持っています。

ボタン一つでツルハシを操作、ステージ内の器具などを破壊して資材をどんどんゲットできました。

 

どんなときもWiFiフォートナイト_Switch狙撃中

敵との戦闘シーンでも動きが重くなったりガタつくことはなく滑らかです。

ステージ内にある武器を拾ったら構えて銃撃できました。

 

どんなときもWiFiフォートナイト_Switch特殊区画アクション

フォートナイトのステージ内には色々な特色のある区画があり、スペース内ではダンスをしたりなど変わった動作が可能。

今回立ち寄った区画では、突然自分のキャラクターがダンスをはじめました。

 

しむまる
以上の通り、スイッチ版のフォートナイトでも動作や重さが気になる場面は全くなく、光回線でプレイしている時と何ら変わらないレベルでサクサクプレイできました

リンク >> SoftBank Air公式サイトを見る

 

ソフトバンクエアーでiPhone版のフォートナイトをプレイしてみた

最後にiPhone版でプレイしてみました。

iPhone版ということで無線接続を想定してゲームが作られているので、「ある程度は速度やPingの数値が悪くても大丈夫なはず」と思っていたましたが、予想どおり実際オンラインプレイ中にストレスを感じることは一切なかったです。

ただし「んん……!」と思った点もありました。

ゲームのダウンロードに25分かかった

まず初っ端に一番気になったのが、ゲーム自体のダウンロードにかなり長い時間がかかったことでした。

フォートナイトを初起動した時は、自動的に約850Mbpsのデータをダウンロードするのですが、SoftBank Airでの読み込みには時間がかかり、完了まで25分もかかりました。

光回線なら5分もかからないので、この点はモバイル回線サービスの力の差がはっきり見えた部分ですね。

そしてデータのダウンロード中は、何度かエラーが発生してリトライになってしまうこともありました。

リトライしてもエラーになったタイミングまでのダウンロード状態は継続されます(リセットされてゼロからではない)。とはいえ、不安定さにちょっとストレスが溜まりました。

また初回プレイ時だけでなく、2回目のゲームプレイ以降もまた700MB程度の追加データ読み込みがあります。その都度時間を取られるのはデメリットですね。

このダウンロードに時間かかる問題は、今回一番ストレスを感じた点です。

SoftBank Airは使い放題なのでダウンロードの通信量自体は気にしなくて大丈夫です。ただ時間がかかることは覚悟が必要ですね。

 

オンラインプレイは快適、マッチングからゲーム開始までスムーズ

フォートナイトを起動すると、最新内容の読み込みの後にまずロビー画面が表示されます。

ロビーに移動するまでの時間は、光回線ととくに変わらずスムーズでした。

 

オンライン対戦開始時のロードも、光回線の速度とほとんど変わらないサクサク感です。

 

フォートナイトのプレイ開始直前に表示される待機画面では、他のユーザーと共に狭い空間に集められ、周りにある建物などを破壊したり動き回ったりできます。

タイムラグが出るかと少々心配でしたが、とくに遅れもなく快適操作ができました。

プレイ開始時の着陸も問題なし

オンライン対戦が開始されると、まず飛行機で降りたい場所付近まで移動してから降下を開始し、その後パラシュートを開いて地上に着陸するのがお決まりの流れ。

降下開始やパラシュート展開のタイミングは自分でボタンを押して決めます。タイムラグも発生せずスムーズに狙った場所で降下を開始できます。

 

ゲーム開始までの過程は、以上のとおりロビーから着陸まで全く問題なしでした。

移動や相手との戦闘、建築にタイムラグなどは感じず

地上に着陸してから周りを移動して武器を集め、相手プレイヤーをどんどん倒していくことになります。移動においても遅延やもっさりした動作などを通信速度の重さを感じることはありません。

斧で周りの建物などを破壊する際も、ボタンを押したらすぐに反応します。

 

射撃する際もタイムラグなどズレはなし。

速度低下でタイムラグや遅延があると、操作が画面に反映されるまでずれが生じてストレスが生じます。以前にポケットWi-Fi使った時はラグがひどかったのですが、SoftBank Air回線では今のところ光回線と変わらないくらいの体感で遊べています。

(私は弱いので毎回すぐ負けます……回線のせいにはできません)

 

フォートナイトは資材を使って建物などを建築できるのがウリですが、建築時も操作も動きは滑らかで問題なし。

最大100人が集まって同時に対戦するフォートナイトですが、同時に遊ぶプレイヤーが多いのにSoftBank Air回線でしっかり他ユーザーとプレイ状況を同期できているのはなかなかすごいですね。

 

しむまる
SoftBank Airは夜に速度低下しやすい」という評判は確かに真実で、この日も速度テストでは夜間に下り8Mbpsまで大きく下がりました。

が、実際にiPhone版フォートナイトをSoftBank Airの回線でプレイしてみたところ、朝から晩までまったくプレイ状況が変化することなく、安定したオンライン対戦を楽しめました。

リンク >> SoftBank Air公式サイトを見る

エリア判定を忘れずに!

※今回の検証は、あくまで私のエリア(最大261Mbpsエリア)で計測した結果です。

SoftBank Airはエリアによって速度が大きく変わるので、契約を検討する際には必ず公式サイトで自宅地域がエリア情報に掲載されているかチェックしてください。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  

関連記事
有線必須?SoftBank AirでオンラインゲームやPS4はできるか検証まとめ【ネトゲ/ソフトバンクエアー検証レビュー】

ソフトバンクの「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」は”置くだけWi-Fi”と称され、工事不要でコンセントにつなぐだけで即ネットが使える手軽さが最大のメリットです。 しかしその反面、あくま ...

続きを見る

 

オンラインゲームをする上で、SoftBank Airの速度が遅い場合に試したい対処法

しむまる
繰り返すように、SoftBank Airは通信環境によって大きくパフォーマンスが変わるため、中には私ほどの速度がでない人もいるはずです。そんな速度が遅いときに試すべき対処法を書いておきます。

SoftBank AirはLANケーブルで有線接続も可能

SoftBankAirを有線接続する

PS4とSoftBank AirはLANケーブルを使った有線接続に対応しています。

一般的には、無線で接続するよりも有線接続した方が速度が(多少は)向上したり安定しやすくなったりします。

ただし、無線Wi-Fiの接続で最初からほとんど問題なく繋がっている場合は、有線にしてもさほど効果は変わりません。

しむまる
私の環境下ではLANケーブルを繋がなくても無線接続で十分性能を引き出せているので、ゲームプレイの体感でも変わりませんし、速度テストしてみてもさほど違いはありませんでした

有線接続が推奨されるのは、Airターミナルと接続機器(PS4やPCなど)の間にドアや家具などの障害物がある場合です。

とくに通信速度の速い5G電波は障害物に弱く、回り込みが苦手なので、間に物や壁や床があると電波が届きにくくなります。

そんな時は、有線ケーブルで直接繋げばダイレクトに通信できるのでパフォーマンスはアップするでしょう。

ちなみに、私のように障害物とかなく、Wi-Fi接続ですでに下り50Mbpsとか出る人は、すでに最大限のパフォーマンスが出てるので有線接続してもほとんど変わりません。

多分ですが、どう頑張ってもソフトバンクエアーで下り100Mbpsとかは出ないので、下り70MbpsくらいがソフトバンクエアーのMAXパワーだと感じています。

 

5G(5GHz帯)で接続する

SoftBankAirの5Gと2Gの接続切り替え

SoftBank Airは「2G(2.4GHz)」と「5G(5GHz帯)」という2つの周波数帯を使うことができます。これは接続する際に好きな方を選ぶことができます。

両者を比較すると、5Gの方が新しい規格で通信速度が速いです。なので速度有線するなら5Gで接続するようにしましょう。「○○-5G」というSSIDに接続すれば5GHz帯を利用できます。

ただし、5Gは高速な反面、障害物に弱いという弱点があります。Airターミナルと接続機器(今回はiPhone)の間にドアや家具、床や壁などの障害物があると電波が届きにくくなるので注意しましょう。

2Gと5Gの特徴をざっくり比較すると以下の通りです。

2Gと5Gの違い

  • 【2G(2.4GHz帯)】
    →速度は普通だが、障害物に強く電波も遠くまで届く。しかし周りの機器の電波干渉を受けやすい。
  • 【5G(5GHz帯)】
    → 速度は早いが、障害物に弱く通信距離が遠くなったりすると不安定になる。周囲の機器の電波干渉には強い

詳しくは下記記事に書いているので、参考にしてください。

参考記事
SoftBank Airの2Gと5Gの違いを解説!通信速度的にどっちがおすすめなの?【ソフトバンクエアー】

ソフトバンクの”置くだけWi-Fi”「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」には、「2G」と「5G」という2種類の通信接続があります。これ、通信機器に詳しくない一般人からしたら意味分かりませ ...

続きを見る

Airターミナルは電波を拾いやすい窓際に設置する

SoftBankAirを窓際に設置

SoftBank Airは外を飛んでいる電波をキャッチして室内に広げているので、Airターミナルの設置場所(置き場所)で電波の拾い具合に差が出たります。

結論を言うと、なるべく窓際にAirターミナルを置きましょう。その方が外の電波をキャッチしやすいです。逆に部屋の奥の方に置いたり、障害物に囲まれた位置に置くと外の電波をうまくキャッチできずに通信が不安定になったりするので移動させましょう。

ただ、厳密に言うとどの位置がベストかは一概に言えないので、自分で一番安定するポイントを探してみるといいです。

>> SoftBank Air公式サイトを見る

 

【申し込み前に】SoftBank Airの基本情報をおさらい

しむまる
最後に、申し込み前に確認しておきたいSoftBank Airの基本事項をまとめておきます

ソフトバンク Airの月額料金

ソフトバンクAirの月額料金は、Airターミナルを「購入」するか「レンタル」するかで変わってきます。

現在行われている月額1000円割引/12ヶ月間のキャンペーンが”購入プラン限定”なので、基本的には購入してしまった方が金額的にはお得です。

SoftBankAirの月額割引キャンペーン

→ SoftBank Air公式サイトでキャンペーンをチェック!

(※キャンペーン終了時期は未定。早めに申し込みましょう)

購入した場合の利用料金

SoftBank Air購入の月額料金

レンタルした場合の購入料金

SOftBank Air レンタルでの月額料金

レンタルした場合はキャンペーン割引が適用されない上、元の月額料金も購入プランより高いです。

購入プランは分割払いにすると36ヶ月分割になるのがネックですが、トータル料金でいうとお得になります。

→ SoftBank Air公式サイトで料金プランを見る

SoftBank Air の契約期間は2年間(SoftBank Air の課金開始日の属する月を1ヵ月目として、24ヵ月目の末日まで)です。解約の申し出がない場合は、更に2年間を契約期間として更新します。契約期間満了の月以外で解約した場合、9,500円の解除料が必要です。

【最後に】ソフトバンクAirは8日以内なら無料で返却可能。お試し利用してみるのが最も確実

SoftBankAir

ここまで色々説明して最後は身も蓋もないですが、1番確実なのは実際に使ってみることです。

SoftBank Airは本当にエリアや環境で天と地ほど変わるので、使ってみて判断するのが一番話が早いし確実です。

先にちょろっと言いましたが、ソフトバンクAirは契約日から8日以内なら無料で契約解除・返却が可能です。

必ずSoftBank Airの公式サイトでエリア確認した上で、エリア内であれば一度実際に使ってみて判断するのがベスト。ダメなら8日以内にキャンセルするようにしましょう。

>> SoftBank Air公式サイトを見る

-SoftBank Air

Copyright© 【賢者のガジェット】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2021 All Rights Reserved.