光回線

SoftBank光でApexは快適にできるか?オンライン対戦で検証してみた結果

SoftBankの光回線サービスである「 SoftBank光 」でオンラインゲームが快適にできるか検証していくシリーズ。今回は言わずと知れたPS4の超人気FPSゲーム「Apex Legends」を実際にプレイして検証したいと思います。

Apexはリアルタイムで大勢のプレーヤー同士が戦うハイスペックゲームなので、サクサク快適にプレイするにはそれなりの処理速度が必要です。簡易なポケットWi-Fiなんかではちょっと厳しいレベル。

ではソフトバンク光ならどうかと検証してみましたが、結論から言うと、

 

SoftBank光でApex Legendsは快適にプレイできました。

 

さすがは光回線といったところですね。ラグいと感じたり接続が途切れるといったことは一切ありませんでした。

下記で通信速度やプレイ感について詳しく書いていきます!

公式HP SoftBank光

 

SoftBank光の通信速度ってどれくらい?

私が使っているSoftBank光のモデム。用途によってWi-Fi接続するものと有線ケーブルで繋いでいるものもあります。

速度計測は、Wi-Fi接続と有線接続とそれぞれ計測してみました。

Wi-Fi接続時の通信速度テスト結果

スマホやノートパソコン、PS Vitaをする時はWi-Fi接続をしています。今回はスマホアプリで速度テストしてみましたが、その結果がこちら↓

下り145Mbpsとめちゃくちゃ速いですね。

何度か繰り返し測ってみましたが、若干のブレは出るものの大体同じレベルの速度が出ていました。

有線接続時の通信速度テスト(PC、PS4などオンラインゲーム時)

仕事で使うメインのデスクトップPCやPS4などオンラインゲームで遊ぶ時はケーブルで繋いで有線接続しています。

PCで速度テストしてみました。

さすが有線接続だと210Mbpsと超速いです。Wi-Fi時より断然速いですね。有線で繋いでいるから当たり前ですが。

一応もうひとつ別の速度計測サイトでも計測してみました。

269Mbpsとさらに速くなってしまいました。

SoftBank光は公式では最大速度1Gbpsを売り文句にしていますが、これは理論値(理論上は可能とされる数値)なので実際に出る数値ではありません。

とはいえ、実測で200Mbpsも出れば体感的には何もわからないレベルです。動作がもたついたり遅いと感じることはほぼないと言っていいです。

高速を出すのに光BBユニットは必須

一つ注意点として、ソフトバンク光でここまでの通信をするには「光BBユニット」というソフトバンクが有料でレンタル提供している専用ルーターが必須です。

光BBユニット

上で載せた写真のモデムですね。ソフトバンク光専用のモデムです。

これはソフトバンク光とは別料金でレンタルしないといけません。

この光BBユニットをレンタルせずに、市販のルーターなんかを使っていたりすると、ソフトバンク光のスペックを最大限活かせないので速度が出にくいです。

快適にオンラインゲームをするのであれば、光BBユニットの契約は必須です。

必須!SoftBank光 公式ページで確認する

 

参考記事ソフトバンク光の通信速度を測定テスト!遅いという評判が出るのはなぜ?【光BBユニット/高速化対策】

 

ソフトバンク光でPS4「Apex Legends」を実際にプレイしてみた

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

しむまる
PS4のApex Legendsを、SoftBank光回線で実際にプレイしてみました。

冒頭でも述べたとおり、いたって快適にプレイできました。

イベントムービーの動きはなめらか

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

ゲームの初回プレイ開始直後は長めのチュートリアルが行われるApex Legendsですが、イベントムービーのキャラクターの動きはなめらか。ガタついたり途切れることはありません。

快適なプレイ環境で、しっかりゲームプレイのための準備を整えられます。

ゲームモード選択・マッチング~プレイ開始までの読み込みもスムーズ

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

Apex Legendsには様々なゲームモードがあり、中には期間限定のものもあります。

モード選択ボタンを押せばすぐに切り替わり、マッチングを開始できました。

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

マッチングでは数十人のプレイヤーが集まりますが、プレイヤー人数が多い夜間なら20~30秒程度で完了しました。

(朝は人数が少ないので、マッチングに失敗することも)

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

ゲーム開始までのロードは十数秒で読み込みを完了できています。

 

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

Apex Legendsではゲーム開始前に3人のチームが組まれ、各自好きなキャラクターを選択可能。

各プレイヤーが選択すればすぐに選択が反映、ゲームの準備をサクサク整えていけました。

 

ステージへの降下やマップ表示もサクサク動作

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

Apex LegendsではPUBGフォートナイトのように空からマップ状の好きな部分へ降下でき、3人チームのいずれか1人が降下場所を決める「ジャンプマスター」に自動で選ばれます。

 

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

ジャンプマスターとして降下場所を選択・落下していく操作はスムーズにこなすことができました。

他のプレイヤーがジャンプマスターになっている時も、他の人の操作がしっかり即座に反映・降下を始めました。

 

移動シーンや攻撃シーンもラグの発生はなく、動きはスムーズ

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

ステージへ降下してからは自由に移動できますが、動きはスムーズで滑らかです。コントローラー操作がズレてストレスを感じる場面はありませんでした。

大勢の人がリアルタイムでプレイするオンラインゲームなので、おそらくどんな回線状況でも快適に遊べるようゲーム自体もしっかり調整されていると思われます。

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

Apex Legendsはチーム戦で、アイテムを見つけたら仲間のプレイヤーにシグナルを送って知らせるシステムがあります。

もちろんシグナルを送った瞬間に、ゲーム内の仲間プレイヤーに通知が送られました。

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

武器を拾って様々な敵と戦う攻撃動作もラグの発生やガタつきはなく、スムーズにこなせます。

ただしリリースから1年経過した人気ゲームなので他プレイヤーが強く、今回の検証中はまともに攻撃を当てることができませんでした…。

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

ゲーム開始時に選んだキャラクターごとに専用のスキルがあるApex Legends。

L1+R1ボタンを押したらすぐに、スキルが発動しました。

リアルタイム対戦ゲームなのでズレがあるとゲームプレイに支障が出ますが、終始滑らかな動きでラグを感じるシーンは一切ありませんでした。

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

グレネード投げの動作もスムーズです。

 

他プレイヤーの動きも遅延なく表示された

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

仲間プレイヤーが倒されたら、画面左下に「バナー回収待ち」の表示が現れました。

Apex Legendsでは一定時間内に仲間のバナーを回収・リスポーン装置を使えば復帰させられます。即座に仲間のプレイ状況を確認できるのは大助かり。

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

自分が倒された際に表示される、倒した相手視点でのプレイ映像もラグ無しでなめらかな映像として表示されていました。

 

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

SoftBankAirでApex Legendをプレイ

敗北画面→プレイ結果表示もスムーズ。

 

しむまる
以上のように、ソフトバンク光でApex Legendsをプレイしてみましたが、

あらゆるシーンにおいてストレスなく快適にプレイすることができました

さすがに光回線でラグかったらアカンだろ…と思っていましたが、やはり光回線ならオンラインゲームも全然問題なさそうですね。

公式HP SoftBank光

 

 

ソフトバンク光の基本情報

ソフトバンク光

しむまる
最後に、SoftBank光の概要や月額料金など基本情報をまとめておきます。割引キャンペーンやキャッシュバックなど色々あるので、契約する人はざっと確認しておきましょう。

ソフトバンク光は基本的に工事が必要

ソフトバンク光を使うには、基本的には開通工事が必要になります。

申し込み後、自宅に業者を呼んで工事を行ったり、機器の接続を行ったりすることによりソフトバンク光を利用できるようになります。つまり、ネットを使い始めるまでに時間がかかるので早めに申し込みしておいた方がいいでしょう。

(工事して開通するまでの間は、 SoftBank Air かポケットWi-Fiをレンタルして代用することができます)

賃貸のアパートやマンションに住んでいる人の場合、大家さんの事情で開通工事禁止(=光回線禁止)としている物件もあります。こうした場合は回線が引けないので、工事不要の SoftBank Air や、ポケットWi-Fiなどを使うしかありません。

 

ただし……

SoftBank AirやモバイルWi-Fi(WiMAXなど)は、光回線ではなくモバイル回線を使ったサービスなので、光回線に比べると速度は遅くなります。

SoftBank Airに関しては下記記事で詳しくまとめていますので参考に↓

参考記事有線必須!SoftBank AirでオンラインゲームやPS4はできる?

 

SoftBank光の開通には、工事費用が別途最大24000円かかってきます。

しむまる
ただし、現在フレッツ光を利用中でソフトバンク光に乗り換える人は工事不要です。

というのも、ソフトバンク光は回線自体はフレッツ光の回線を使っているからです。回線はそのまま契約の移行だけでOKです。

SoftBank 光の契約期間は2~5年

ソフトバンク光の契約期間は住宅タイプによって次の通り。

  • 集合住宅なら2年間
  • 戸建住宅は2年または5年

開通工事を伴うので、基本的には最低2年以上はしっかり腰を据えて暮らす家で使うべきですね。2年以内に引っ越すことが多いと、回線撤去費用や引っ越し先で再び工事費用がかかるので負担がしんどくなります。

また戸建住宅の場合、5年契約なら月額料金が少し安くなります。詳しい料金は次で詳しく説明します。

SoftBank 光の月額料金は公式サイトで確認!

SoftBank光の月額料金は、人によって結構変わってきます。

スマホとのセット割引が使えるか、フレッツ光を利用しているか(フレッツ光からの乗り換え)によって安くなったりするので、自分の場合は月額料金がいくらになるか公式サイトでシミュレーションしてみましょう。

よく分からなければ、公式サイトのチャットでオペレーターに聞いてみればOK。

申し込み時期によってはキャンペーンもやっているので、その辺も要チェックです。

公式HP SoftBank光

-光回線

Copyright© 【賢者のガジェット】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2022 All Rights Reserved.