10GB以上プランSIM

大容量!10GB以上のプランのおすすめ格安SIMベスト3はコレだ!

更新日:

格安SIMでは、10GB以上の大容量プランを設定しているMVNOがあまり存在しません。しかしいくつか存在し、それらは次のような人におすすめです。

  • 家族で格安SIMに乗り換えたい人
  • 5分程度のHD(720p)動画を毎日数本見る人
  • 週に1本、フルHDの映画をレンタルして見る人

10GB以上の特大容量プランは、家族3人以上で格安SIMに乗り換え、容量をシェアしたいという用途に最もおすすめとなります。

格安SIMはもちろん1人1人が契約しても良いのですが、手続きには手間がかかってしまいますし、未成年の子供はどちらにせよ親名義で契約するしかありません。

シェアSIMとして1つの回線を複数名が利用する場合、次のようなメリットを得られます。

  • 契約がまとまるのでシンプル
  • 価格が割安
  • 1つの大きな通信量を分け合うので、使用頻度にそれぞれ差があっても無駄が出にくい

この中でも、通信量を分け合えるのは特に大きなメリットです。

例えば、15GBのプランを選んだ場合、子供は10GB使い、両親はそれぞれ1GB、4GBというような割り当てが可能になります。

注意点としては、誰か一人が使いすぎたせいで通信量オーバーになってしまい、全員が速度制限状態になってしまうことが起こりうるということでしょう。

こういった問題は、低速回線への切り替えなどを上手く活用してやりくりしていくことで防ぐことができます。

10GB以上の回線は、HDMMモバイル以上の画質の動画を見る人にもおすすめとなります。

720pのHD動画は、1時間視聴すると1GB近い通信量がかかってしまいます。そのため仮に20GBのプランを契約したとしても、毎日1時間も見てしまえば容量はやがてパンクしてしまうでしょう。

1日30分だと30日で合計500MBですので、15GB以上のプランであればギリギリ収まります。

つまり15GB未満であれば5分の動画を2~3本、15GB以上ならば5~7本程度毎日見られるということになりますね。

  • 1時間のHD動画視聴:1GB
  • 毎日30分HD動画を見る場合に必要な通信量:15GB以上

2時間で3GB程度の容量となっているフルHD(1080p)の映画を見たいという場合も、10GB以上のプランならば余裕がありますので、1週間に1本程度であれば問題なく見ることができます。

15GB以上のプランであれば、映画を1週間に1本見たとしても、さらに日常において音楽を聴いたりブラウザを閲覧したりといったことを問題なく行えます。

スポンサーリンク

10GB以上のプランを提供しているおすすめMVNO3選

楽天モバイル(20GB/30GB)

楽天モバイル 20GB30GB

キャリアの大容量プランに対抗して、いち早く特大容量プランをスタートしている楽天モバイル。

20GB/30GBプラン共に、キャリアの同量プランよりも30%安い料金設定になっています。

一応、格安SIM同士で他MVNOと料金を比べて見ましょう(音声SIM)▼▼

キャリア名 20GB 30GB
楽天モバイル 4750円 6150円
エキサイトモバイル 5450円 7680円
DMMモバイル 5980円 ×
FREETEL SIM 5570円 7680円

いかがでしょうか。
他社MVNOと比べても、楽天モバイルの20GB、30GBプランは最も安い料金設定ですよね。

下記は楽天モバイルのSIMごとの料金です▼▼

楽天モバイル 20GB30GB

料金表楽天モバイル公式サイトより

そして楽天モバイルには、5分以内の通話がかけ放題になる「5分かけ放題オプション(月額850円)」があります。これが大きな武器に。

エキサイトモバイルやDMMモバイルには現状かけ放題オプションがありませんので、この点も楽天モバイルの方が上をいっていますね。

5分かけ放題オプションを付けても他社MVNOと同じ程度の料金です。この中では通信速度も早い方なので、総合的に見れば楽天モバイルが2,3歩はリードしてますね。

さらに、楽天モバイルの大容量プランはテザリングが無料です。キャリアだと月1000円くらいするテザリングオプション料が楽天モバイルはかかりません。

なので、外出先では無料のモバイルルーターとしても使えます。外でPCを使うことが多い人なんかには非常に嬉しいですよね。

30GBまでの超特大容量を提供しているのは現状楽天モバイルだけ。
大量通信を安心して行いたいヘビーユーザーには今最もおすすめの格安SIMです。

DMMモバイル(15GB・20GBプラン)

DMMモバイル

SIMタイプ 15GBプラン 20GBプラン
データSIM 3600円 4980円
音声通話SIM 4300円 5980円

DMMモバイルは、以下のような特徴を持っています。

  • 使用できる通信量がBIGLOBE SIMよりも多い
  • シェアコースを選べば3枚までSIMカードを利用できる

DMMモバイルでは15GB、20GBという大容量のプランが選択できます。

そのため、フルHDの映画を見るなど、通信量をとにかくたくさん使う場合は、個人であってもこれらのプランを契約することがおすすめです。

月額料金はデータ・音声通話を問わず高めとなってしまいますが、20GBの音声通話SIMでさえもキャリアの2GBプランより数百円安いため、十分検討の余地はあるでしょう。

シェアコースでは3枚までSIMカードを利用できます。データSIMを2枚追加するのであれば月額料金は1枚の場合と変わらないので、これらの大容量プランを契約するのであればシェアコースがおすすめです。

DMMモバイルの場合はMNPでシェアコースを選ぶ場合、家族2人がシェアSIMにMNPし、電話番号をそのまま使うということはできません。その点は注意が必要ですね。

  • シェアコースを選んでデータSIMを2枚追加しても料金は1枚と変わらない
  • シェアSIMにMNPすることはできない

楽天モバイルの大容量プラン登場によりやや強みが薄れましたが、DMMモバイルも大容量プランを提供する代表的な格安SIMです。

BIGLOBE SIM(12GBプラン)

BIGLOBE

12GBプラン 月額料金
データSIM 2700円
音声通話SIM 3400円

BIGLOBE SIMは、以下のような特徴を持っている格安SIMです。

  • シェアSIMを最大4枚まで追加できる
  • BIGLOBE会員ならば月額料金が200円安くなる

シェアSIMを最大4枚まで追加できるので、5人家族までなら一つの回線にまとめることができるのが、BIGLOBE SIMの強みです。家族で乗り換えたいという場合は、BIGLOBE SIMがおすすめとなります。

音声通話プランのシェアSIMならば、シェア用の追加SIMにもMNPをすることができますので、キャリアからの乗り換えをした際にも、全員が元々使っていた番号をそのまま利用できることもメリットです。

注意点は、シェアSIMを1枚追加するごとに3000円の手数料がかかるということです。複数人でMNPをする場合は、キャリアのMNP手数料に加えて1人3000円追加出費がかかってしまいますので、注意しましょう。

さらに、シェアSIMには1枚ごとに月額料金もかかります。もちろんキャリアよりは安上がりですが、人数が多くなるにつれて支払い額は大きくなりますので、こちらもご注意ください。

なお、自宅のネット回線をBIGLOBEにしている場合は、200円月額料金が安くなります

キャンペーンを見逃すな!

1

LINEモバイルが新規契約者に超お得なキャンペーンを実施しています。 2017年4月30日までにLINEモバイルの”音声SIM”に新規申し込みすると、月額基本料金が最大3ヶ月間無料になるキャンペーンが ...

2

格安SIMに対して漠然とした不安を持っている人も多いかもしれませんが、MVNOによっては「無料トライアル」と称して、無料でお試し利用できる期間を設けているところもあります。 今回紹介するU-mobil ...

3

人気の格安SIMである「mineo(マイネオ)」が、またとない特大キャンペーンを実施中です。 その名も「新生活応援キャンペーン」! タイムリミットは2017年5月9日まで!!   その気にな ...

-10GB以上プランSIM

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者たちのSIM選び , 2017 AllRights Reserved.