光回線

ドコモ光の速度って実際速いの・遅いの? 速度測定や速度制限についての実情

投稿日:

この記事では、私が現在使っているドコモ光の通信速度を測定してみます。

ネット回線を契約するときに一番気になるのが通信速度。ネットで評判なんか検索してみると「ドコモ光は遅い」という口コミも目に入ったりするので、現在ちょうど利用している私が実際の速度をお見せします。

しむまる
最初に言っちゃいますが、私はもう一年以上ドコモ光を使っていて速度に不満を持ったことは一度もないです。

ただ、ドコモ光はプロバイダが数多くあり、プロバイダによっては速度制限の有無もあったりします。なので、その辺のプロバイダ事情も含めて、ドコモ光の通信速度について詳しく記事にまとめてみました。

スポンサーリンク




私の環境でドコモ光の速度テストをしてみる

論より証拠ということで、まずWi-Fi接続で1日かけてドコモ光のスピードテストを行ってみました。

【朝8時】

【昼12時】

【夕方17時】

【夜20時】

  • 【朝8時】下り156 Mbps/上り351Mbps
  • 【昼12時】下り199Mbps/上り302Mbps
  • 【夕方5時】下り184Mbps/上り270Mbps
  • 【夜8時】下り209Mbps/上り289Mbps

見てのとおり、朝から晩までかなり安定した速度が出せています。

特に利用者が増える夜間に、むしろ下り速度が上昇しているのがすごいですよね。

 

ドコモ光はプロバイダによって速度制限がある

ドコモ光自体は速度制限のない光回線サービスですが、選んだプロバイダによっては独自の速度制限が設定されているところがあります。

そうしたプロバイダを使っていると、利用状況に応じて速度が下がります。

OCN for ドコモ光は、通信量が多い人の速度が自動的に制御される

OCN for ドコモ光

【公式サイト】https://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/docomo.html

大手プロバイダのOCN for ドコモ光では、回線混雑が発生した時にのみ、通信量が多い人の通信速度が自動的に他のユーザーと同レベルに制御されるしくみが採用されています。

ただ、「他のユーザーと同レベル」が具体的にどのくらいの速度かは明言されていません。

制限が解除されるタイミングは「混雑が緩和されたら」です。こちらも明確な通信量、時間などの決まりはありません。

つまり、OCNプロバイダを使っていて「今まで快適に使えていたのに、突然速度が遅くなった…」といったケースでは、ドコモ光というよりプロバイダで速度制限がかかっている可能性が高いです。

So-netも2018年1月より速度制限を開始

So-net ドコモ光

【公式サイト】https://www.so-net.ne.jp/access/hikari/docomo/

So-netも2018年1月より、回線混雑時に通信量が多い人の通信が一時的に「他のユーザーと同程度」まで速度制限される仕組みを始めました。

OCNと同様で、回線混雑が緩和されると速度制限は解除されます。

動画再生やゲームのダウンロードなどで膨大な通信量を消費する人などは、注意したほうが良いでしょう。

BIGLOBEも2017年より速度制限が展開中

ビッグローブ ドコモ光

【公式サイト】https://join.biglobe.ne.jp/docomo_hikari/

BIGLOBEでは、「通信設備が混雑した場合のみ、通信量が特に多いお客様の通信速度を制御」すると説明されています。

こちらもOCNやSo-netと同様、混雑が解消されたら制限は解除されます。

 

GMOとくとくBBなど、プロバイダ独自の速度制限がないケースもある

GMOとくとくBB ドコモ光 

【公式サイト】https://gmobb.jp/lp/docomohikari/

OCNやSo-netなどプロバイダで独自の速度制限を設けているところもありますが、一方で人気プロバイダのGMOとくとくBBなど大手でも速度制限がないプロバイダもあります。

曖昧な速度制限があると心配な場合は、制限がないプロバイダを選びましょう。

 

お住いの地域エリア・建物によってもドコモ光の速度が違う?

ドコモ光に限らず、インターネット回線というのは地域や建物によって速度が変動します。それは、地域ごとに契約者数や回線設備の状況が違っているからです。

同じネット回線でも、利用者が少ない場所より利用者が多い場所の方が混雑しやすいので遅くなるし、古い設備を使っている建物ほどドコモ光本来のスペックを発揮できないからです。

なので正直なところ、ドコモ光で同じプロバイダを契約しても、人によって(住所や建物によって)速度の印象は変わってきたりするものです。

そして、ドコモ光で使われているNTTのフレッツ光回線には、速度が異なる3つのバリエーションがあり、建物によっては速度が最大1Gbpsに対応しません。

GMOとくとくBBでは、地域ごとの速度情報が公開されている

ドコモ光でとくに利用者の多いGMOとくとくBBでは、地域ごとの速度が公開されています。

2018年8月~2019年4月1日における、全国合計1636件(有線LAN)での速度の平均数値は下記の通り。

下り速度 上り速度
全国平均 177.44Mbps 142.13Mbps
北海道 340.71Mbps 177.08Mbps
東北 116.36Mbps 101.29Mbps
埼玉 203.95Mbps 100.21Mbps
東京 163.40Mbps 198,69Mbps
神奈川 338.17Mbps 300.51Mbps
その他関東 110.10Mbps 122.15Mbps
中部 186.71Mbps 134.75Mbps
近畿 186.09Mbps 184.85Mbps
中国 140.29Mbps 103.87Mbps
四国 257.16Mbps 153.39Mbps
九州 157.37Mbps 109.12Mbps

【公式サイト参照】https://gmobb.jp/lp/docomohikari/

見ての通り、各エリアで速度の平均はバラバラです。

ただ、GMOとくとくBBは100Mbpsを切るような遅いエリアはないです。基本的にどこで使っても速度にイライラさせられることはないでしょう。

一応、GMOとくとくBBの公式サイトでは、全国平均で下り176Mbpsと言われています。

しむまる
私の速度テスト結果から見ても下り150〜200Mbps出ているので、これは信憑性がある数値ですね

 

マンションタイプ・ファミリータイプのどちらも、通信方式により上下100Mbps制限があることも

ドコモ光に原因があるのではなく、住んでいる建物に原因があるケースもあります。

ドコモ光では戸建住宅・集合住宅ともに、建物で採用されている回線プラン(建物にひかれている回線の種類)によっては下り1Gbpsに非対応であるからです。

回線タイプ 最大速度
戸建住宅 ファミリー・ギガスピード(西日本はファミリー・スーパーハイスピード) 上下最大1Gbps
ファミリー・ハイスピード 下り最大200Mbps・上り最大100Mbps
ファミリー 上下最大100Mbps
集合住宅 マンション・ギガスピード(西日本はマンション・スーパーハイスピード) 上下最大1Gbps
マンション・ハイスピード(集合住宅) 下り最大200Mbps・上り最大100Mbps
マンション 上下最大100Mbps

とくに古い建物などで利用している場合は回線設備も同様に古く、現在利用中の回線タイプにおける最大速度自体が低速なため、ドコモ光の最大1Gbpsというスペックを引き出せない可能性があります。

もし下り100Mbpsも出ないレベルで速度が遅い場合は、ドコモ光の契約内容を確認してみてください。

建物の都合で速度が遅かった場合は、今後必要に応じて1Gbps対応物件への引っ越しも検討した方がいいかもしれません。

スポンサーリンク




ドコモ光の速度をはやくするためにできる対策

しむまる
ドコモ光の通信速度を上げる方法は、機器の買い替えプロバイダの変更などがあります

LANケーブルや無線LANルーターなどを1Gbps対応のものに買い換える

ケーブルやルーターなど、ドコモ光で使っている各種機器が古いと仕様が1Gbps非対応なこともあります。その場合はLANケーブルや無線LANルーターなどを買い替えれば、速度の向上に期待できます。

LANケーブル CAT5e、CAT6(最大1Gbps)
CAT7(最大10Gbps)
無線LANルーター IEEE802.11ac(最大6.9Gbps)
PCの有線LANポート 1000BASE-T(最大1Gbps)

とくに、フレッツ光を長年使っていてドコモ光に転用した場合は、機器が古くなってしまっている可能性が高いです。

ドコモ光のプロバイダの中には、GMOとくとくBBなど最新無線LANルーターを無料でレンタルできるものもあります。そうしたプロバイダを契約して最新ルーターをレンタルするのが一番手っ取り早いですね。

ドコモ光プロバイダを変更する

機器の買い替え程度では速度の改善には至らない場合、プロバイダの変更を視野に入れて方がいいでしょう。

ドコモ光では、電話かドコモショップでプロバイダをいつでも変更できます。

電話窓口

ドコモインフォメーションセンター

  • ドコモの携帯電話:151
  • 一般電話:0120-800-000
  • 受付時間:9時~20時、年中無休

ドコモショップに行って変更する場合は、店舗の営業時間内にお店へ足を運びましょう。

なおプロバイダを変更する際は、3000円の手数料がかかります。

しむまる
おすすめのプロバイダについては次を参考にしてください

v6プラス対応で高速通信ができるドコモ光のおすすめプロバイダ

v6プラス(IPv6 IPv4 over IPv6通信)というのは、従来よりも高速で通信を可能にする次世代技術の接続方式です。シンプルに今までより速度が早くなる新技術と思っておけばOK。

この新しい接続方式に対応しているプロバイダを選べば、回線混雑を避けられるため高速化ができます。

v6プラス対応しているGMOとくとくBBの解説動画があるので、もう少し詳しく知りたい人はご覧ください。

v6プラス対応プロバイダは、以下のとおりです。

回線速度を上げたい場合は、v6プラス対応のプロバイダを申し込み、v6プラス対応の無線LANルーターで利用しましょう。

一番おすすめのプロバイダはGMOとくとくBB

GMOとくとくBB ドコモ光 

GMOとくとくBBの特徴

  • WiMAXなども手がけるIT大手GMOのプロバイダサービス
  • 無線LANルーター無料レンタル
  • V6プラス対応で高速通信可能
  • 100Mbpsを切っていたら100ポイントプレゼント
  • セキュリティソフト(マカフィー)12ヶ月間無料
  • タイプAで月額料金が200円安い
  • 速度制限なし

【公式サイト】https://gmobb.jp/lp/docomohikari/

IT大手のGMOのプロバイダである「GMOとくとくBB」は、v6プラス対応で高速通信が可能な上、無線LANルーターを無料でレンタルできるのが特徴です。

37ヶ月間のレンタル期間満了前にレンタルをやめると10000円の契約解除料がかかりますが、代わりに37ヶ月間レンタルを続ければ、ルーターが返却不要になるというメリットも。(自分のものとして、ずっと使い続けられます)

レンタルの無線LANルーターは以下の3種類から選択可能です。自宅状況に合わせて好きなものを選べるのも魅力的ですね。

GMOとくとくBB ドコモ光 ルーター

  • 【WXR-1750DHP2】
    →可動式アンテナ3本搭載・回線混雑にも強い(戸建住宅など、広い家におすすめ)
  • 【Aterm WG1900HP2】
    →アンテナが内蔵式でコンパクトな(マンション・アパートにおすすめ)
  • 【WRC-2533GST2】
    →複数機器の接続でも安定のWRC-2533GST2(家族での利用におすすめ)

ルーターの無料レンタルについて詳しく見る(公式サイト詳細)

もちろん、レンタルルーターはv6プラス対応で高速通信可能です。

前述した通り、GMOとくとくBB公式サイトでは実測も公開されていて、2018年8月~2019年4月1日時点では「全国平均下り157.3Mbps・上り109.12Mbps」でした。

GMOとくとくBB ドコモ光 全国平均速度

タイプAなので月額料金も安く、

「速い」「安い」「ルーター無料」

と大手プロバイダでは一番手堅くおすすめポイントが揃っているプロバイダです。

 

しむまる
ドコモ光プロバイダの種類や比較について、下記記事に詳しくまとめました。もう少し詳しく検討したい人は参考にしてください
プロバイダ比較
ドコモ光のおすすめプロバイダ比較!料金や速度・特徴での選び方を利用者が解説します

ドコモ光は自由にプロバイダを決めて契約できますが、いかんせんプロバイダが多すぎて、ネット回線に知識のない初心者なら100%どれを選んでいいか悩んでしまうはずです。 そこで、ガジェットブログを運営するく ...

続きを見る

 









-光回線

Copyright© 【賢者のSIM】おすすめの格安SIMとWi-Fiで賢いネット節約術 , 2019 All Rights Reserved.