光回線

NURO光が遅い? 最大速度が速い別売りWi-Fiルーターで対策しよう

投稿日:

「最大速度2GbpsのNURO光を契約したのに、なんか遅い……」という評判をよく見かけます。契約を検討している人は、超高速を謳っているのに遅いなんて詐欺ではないかと不安ですよね。

これには原因があります。

NURO光の契約時に貸し出される機器(ONU)に搭載されたWi-Fiが最大速度450Mbpsと遅いため、スマホやタブレット、ゲーム機などをWi-Fi接続した際にNURO光本来のスペックを存分に発揮できていないのです。

そこで今回は解決策を紹介します。といっても単純で、もっと速い速度に対応するルーターを別途購入することです。Amazonで購入できますので、それを利用するだけで速度改善が見込めますよ。

下記で詳しく説明しますが、これから契約する人は合わせて購入しておくことをおすすめします。

申し込みHP NURO光

スポンサーリンク

NURO光はそのまま使うと通信速度が遅い

NURO光は通信速度No1を謳う光回線ですが、利用者の口コミでは意外と遅いという声があります。

それは、NURO光を利用するために貸し出されるONUという機器に搭載されたWi-Fiに原因があります。

「ONU」とは光回線終端装置という意味で、要するに光回線の信号を変換してネットができるようにする装置のこと。NURO光のONUには、Wi-Fiルーター機能が搭載されています。

しかしこのONUがややポンコツで、NURO光は最大2Gbpsの通信速度を誇る光回線なのに、NURO光のONUは最大速度が450Mbpsしかないんです。

つまりONUのWi-Fiを使うと本来のNURO光の4分の1程度の実力しか出せないため、スマホやパソコンをWi-Fiで接続していると速度が遅くなってしまうわけですね。

NURO光を契約するだけですぐにWi-Fiが使えること自体はとても便利ですが、NURO光を最大限に使いこなすならONUのWi-Fiはあまりに力不足です。

速度低下の解決策は、「器」となるWi-Fiルーターを別途購入すること

NURO光のONUに搭載されたWi-Fi機能は最大450Mbpsです。もっと高速で使いたいなら、Wi-Fi対応のルーターを別途購入しましょう。

今時のルーターは、安価なものでも866Mbpsなど高速で通信できる機種がたくさんあります。

しかし、NURO光の最大2Gbpsという速度を活かすなら若干のスペックアップ程度では足りません。NURO光のスペックを最大限発揮するなら、これくらいの条件を満たしたルーターが欲しいですね。

  • 最大速度1500Mbps以上
  • 11ac対応
  • ビームフォーミング対応

最大速度は、少なくとも1500Mbpsを超えていて欲しい。できればNURO光の最大速度である、2Gbpsを超える速度で通信できる機器が欲しいところです。

そしてWi-Fiの規格は「11ac」への対応が必須です。11acは最大6.93Gbpsでの通信に対応しているため、NURO光の高速通信もバッチリ利用可能となります。

さらにビームフォーミングへの対応も重要ですね。ビームフォーミングとは、通信している端末に的確に電波を届けられる機能です。機器を持ち歩いたり、少し離れた部屋で壁を挟んで通信したりする際に、ビームフォーミングに対応していると便利です。

 

下記で、これら条件を全て満たすルーターを3つ紹介します。いずれもAmazonで購入できるので、NURO光を契約するなら一緒に揃えておくことをおすすめします。

Archer C3150


TP-LinkのArcher C3150は、最大2167Mbpsでの通信に対応したWi-Fiルーターです。Amazonでは19303円で販売されています。

Archer C3150は最大48台の同時通信に対応しているので、家族や個人でたくさんのWi-Fi対応端末を持っていたとしても安心です。流石に48台以上もWi-Fi対応機器を持っている家庭はそう多くはないでしょう。

電波の送信用には4つのアンテナを搭載していて、アンテナの角度を変更することも可能です。ルーターを設置している部屋から離れた場所にいる人にも電波を届けられますね。

Archer C3150は「スマートコネクト」という機能を搭載していて、高速通信ができる代わりに障害物に弱い「5GHz帯」と、幅広い場所で通信できる代わりに電子レンジなどの電波干渉に弱い「2.4GHz帯」を、状況に応じた自動切り替えによりいつでもスムーズな通信を行えます。

価格も2万円を切る安さで、価格と機能を天秤にすると最もコスパが良いと思います。

個人的に最もオススメしたいWi-Fiルーターですね。

 

Archer C5400

Archer C5400は、Amazon価格20262円で販売されているルーターです。

アンテナを8本も搭載した見た目からして高性能が伺えますが、実際確かに高性能です。最大速度は2167MbpsでNURO光の速度にもバッチリ対応できます。

Archer C5400は4台の機器で、完全に同時に通信することができます。

通常のWi-Fiルーターは同時に通信しているように見えても実は若干タイミングをずらしているのですが、Archer C5400はタイミングをずらさず完全に同時に通信できるのが特徴です。これにより速度の低下が起こらずより速く通信できます。NURO光の速度を活かせますね。

家族みんなでNURO光を使うならArcher C5400がオススメです。

 

R8500-100JPS

NETGEARの「R8500-100JPS」はAmazon価格で18780円と一番安価なルーターです。

最大2166Mbpsの通信速度が利用できます。また4台まででの同時通信ができたり、HDDを接続して外出先からもデータを読み込めたりと機能も充実しています。

このルーターはゲームと動画に特化していて、オンラインゲームをプレイしたり高画質な動画を見たりする際に安定した通信ができることがウリです。

オンラインゲームや4K動画を楽しみたい人におすすめです。

 

安心してNURO光を契約しよう

NURO光はNTT東日本の光ファイバー回線を使用したサービスで、下り最大速度が2Gbpsと圧倒的に速いことがウリです。

なおNURO光は日本全国で契約できるわけではなく、2017年8月時点では関東の一部エリアに限定されていることに注意しましょう。

月額料金は下記の通り。

2年契約の通常プランだと、月額料金はWi-Fi搭載ONUの貸し出しやセキュリティサービスも込みで4743円。光回線だと妥当な金額です。

その他費用は、契約事務手数料3000円が初月に、工事費40000円が30回分割で請求されるしくみです。

ちなみにNURO光は月額500円で光電話のサービスもセットで契約できます。セット契約の場合ソフトバンクのスマートフォンや携帯電話を契約していると2年間スマホ代が最大2000円安くなるので、ソフトバンク利用者は検討してみましょう。

NURO光は最大2Gbpsとポテンシャルこそ高いですが、その「器」となるルーターが低スペックだと力を存分に発揮できません。最大限に速度を出したいなら今回紹介したルーターを購入しておきましょう。

申し込みHP NURO光

速度2Gbps!?速さが評判のNURO光のメリットデメリットを評価してみる

光回線の最高下り通信速度は、1Gbpsが一般的です。1Gbpsでも非常に高速で、使っていて不満を感じることはあまりないでしょう。 しかし、これよりさらに速い光回線もあります。 「世界最速」 がキャッチ ...

続きを見る

お得なキャンペーン情報をチェック!

SoftBank Air/光が安くなる
いま申し込むと月額1000円×24ヶ月引き!締切は5月7日まで!
>> 詳細をSoftBank公式でチェック!

 

mineoが6ヶ月間×月額900円引き!
音声SIM新規契約で月410円〜!お得な乗り換えチャンスの締切は5月8日まで!
>> 詳細をmineo公式サイトでチェック!






-光回線

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.