光回線

auひかりの評判は?料金・速度・エリアなどメリットデメリットを解説

更新日:

自宅で契約する固定回線は光回線を選ぶ人が多いと思いますが、最近はスマホ(キャリア)に合わせて光回線とスマホ代をセット契約するのがお得になってきています。

セット契約すれば支払い管理も楽になりますし、何よりセット割で月額料金も安くできます。

そこで今回紹介したいのが「auひかり」です。
auひかりは、auユーザーなら特にお得に、さらに高速な回線を利用できます。

ただしauひかりには、いくつかデメリットもあります。

今回は世間的な評判も踏まえつつ、auひかりについて解説します。auユーザーの人は新規契約あるいは乗り換えを検討してみた方がいいでしょう。

公式サイト auひかり

スポンサーリンク

auひかりはauユーザー向けの光回線

auが提供する光回線サービスである「auひかり」。
誰でも契約できますが、基本的にはauユーザー向けです。

下記で詳しく紹介していきますが、林先生が簡単に解説している動画がありましたので貼っておきます。時間がある人はサクッと動画を見ておいた方がわかりやすいでしょう。

というわけで、下記でまずはauひかりの特徴をチェックしてみましょう。

最大1Gbpsで通信できるが、マンションタイプだと速度が最大100Mbpsなことも

auひかりでは最大1Gbpsで通信できますが、これには注意点もあります。

auひかりの「ホームタイプ」では確かに最大1Gbpsで通信できますが、「マンションタイプ」の場合は、そのマンションごとに速度が異なっています。

auひかりのマンションタイプには、

タイプV/都市機構デラックス/タイプE/タイプF(下り最大100Mbps)

マンションギガ/マンションミニ ギガ(下り最大1Gbps)

これらのバリエーションがあります。

自分の住んでいるマンションがどれに対応しているのかを、あらかじめチェックしておくことが大事ですね。

できればより高速で通信可能な、マンションギガやマンションミニギガを契約したいところです。

ただし速度を気にしないなら、タイプVなどの下り最大100Mbps仕様でも問題ないでしょう。

ゲーマーで大容量データを落とす、動画を毎日高画質で見るなどの理由がないなら、おそらく下り最大100Mbpsでもそれほど支障はありません。

auスマートバリューでスマホ代がお得になるのが特徴

auユーザーは、au光を契約することでauスマートバリューを適用し、スマホや携帯電話の月額料金をお得にできます。

au以外のスマホを契約している場合は対象外なので、注意しましょう。

支払いがまとまるのも嬉しい

auとauひかりの支払いは、一つにまとまります。

いくつもの請求が来るとゴチャゴチャして大変ですが、au+auひかりなら、スマホ代と光回線代が一つの請求になるのでわかりやすいですね。

プロバイダが選べる

auひかりは、基本的にはau one netという独自のプロバイダとのセット契約になります。

プロバイダと光回線の利用料は通常個別に請求されるのが固定回線の契約ですが、auひかりならこれらもまとまるのでわかりやすいですね。

そして実は、au one net以外のプロバイダを選ぶこともできます。対象なのは、

  • @nifty
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net
  • Asahi Net
  • @Tcom

以上になります。これらのプロバイダに魅力を感じている人には嬉しい仕様ですね。

au one net以外のプロバイダを選んでも、請求はまとまりますよ。

auひかりの世間的な評判を総まとめ

ここからはauひかりの世間的な評判を、良い面も悪い面も含めて紹介します。

本当に契約して良いのか、これらの評判をチェックしながら検討してみてくださいね。

速度は速いという評判が多いが、様々な条件で変わってくる

auひかりの速度に関する評判は悪くありません。速いという意見も見受けられます。

しかし反対に、速度が遅いと呟いている人もそれなりにいます。

その原因として考えられるのは、自宅の位置やWi-Fiでの利用です。

光回線は、自宅の位置によって回線速度がけっこう変わります。そしてWi-Fiルーターを間に通すと、ルーターの性能や使う場所によって、速度が低下することがありますね。

またauひかりにすれば必ずしもフレッツ光などより速くなるとも限りません。

様々な条件によって光回線の通信速度は大きく変わるので、速度について不安がある方は要注意です。

月額料金は好評、ルーターのレンタルもある

auひかりの月額料金は、どちらかといえば好評ですね。

ホームタイプ(戸建住宅)なら「ずっとギガ得プラン」で月額4900〜5100円、マンションタイプはマンションギガだと4050円です。

プロバイダ料金も込みなので、十分安価と考えられます。

そしてauひかりにはルーターのレンタルもあり、Wi-Fiの利用が可能なルーターが月額500円で借りられます。

ちなみにauスマートバリューを適用すれば、ルーターレンタルの月額料金は0円です。

auスマートバリュー自体は好評だが、高いプランを契約しないと安くならない

auスマートバリューの利用で、auスマホの月額料金は大幅に下がります。

auユーザーにとっては、月額料金を抑えられるためこの制度はなかなか好評ですね。

しかしスマホで高いプランを契約しなければ、当然ながら割引額は上がらないので注意しましょう。

例えばスマホで30GBプランを契約していれば2年間、毎月2000円ほどスマホ代が安くなります。

しかし1GBプランだと、934円しか割引になりません。

そしてスマホを格安SIMに乗り換えた方が、auひかり+auスマートバリューよりもおそらく安くなるでしょう。

auにこだわりがないのであれば、スマホ代と光回線をもっと安く利用できる手段は他にもあることも重要なポイントですね。

開通までに日数がかかることもあるのはデメリット

auひかりの不評なポイントとしてよく挙げられるのが、開通まで長いことです。

公式サイトにも、マンションでも2週間以上、戸建住宅なら1ヶ月〜2ヶ月との記載があります。

引っ越しに伴い光回線を契約するなら、引っ越した直後に光回線が使えないと困る場合もありますよね。

auひかりだとマンションであっても2週間以上かかるので、その間はネットが使えないことになります。これは要注意でしょう。

選べるプロバイダの種類が少ないのはやや不評

auひかりで選べるプロバイダの種類の少なさも、よく残念なポイントとして挙げられていますね。

例えば有名なプロバイダであるOCNは、auひかりでは選べません。

人によっては、こういったところもイマイチに感じられるでしょう。

一部のプランにおいて契約が自動更新なのは不評

auひかりには自動更新のプランとそうでないプランがあります。

例えば、ずっとギガ得プランを契約すると3年契約で、さらに自動更新があるため放っておくとまた3年契約を結ぶことになります。

引っ越しの多い方は、自動更新のプランに注意した方がよいでしょう。

エリアは狭くはないが、フレッツ光に比べると制限があるのが不評

auひかりのエリアは日本全国広い範囲に及んでいるため狭いわけではないのですが、それでも対応しきれていない場所があります。

フレッツ光に比べてエリアに制限があるため、引っ越し先でauひかりが契約できない場合もあるでしょう。

エリアの広さも若干イマイチな点として挙げられがちですね。

まとめ

auひかりは料金・速度ともにそこそこ好評で、特にスマホ代も安く抑えられるauユーザーにはオススメできますね。

しかし開通まで長い、自動更新など、デメリットもいくつか存在します。

それでもauユーザーにはおすすめしたいau光ですが、必ずしもauスマホにこだわりがないようなら格安SIM+光回線のセット割りにした方がさらに安くなる可能性は高いです。

なんにせよ、今後の自宅回線(光回線)は、スマホとセットで考えた方が何かとお得なのは間違いありません。

※格安SIMと光回線のセット割は下記記事を参考に。






-光回線

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.