パソコン 格安SIMの比較・選び方

ノートパソコンにも格安SIMが使えるの?おすすめSIMと使い方

更新日:

一般的に格安SIMというと、スマートフォンやタブレットでの通信に使うイメージがほとんどですよね。

しかし実際は、SIMカードが挿入でき、(SIMカードで利用する)回線に対応している機器であれば、なんでも通信が可能です。

モバイルルーターやゲーム機など、格安SIMの利用によって通信ができる機器はたくさんあるのです。

その中でも、以外とイメージがないのがノートパソコンですよね。

もちろんノートパソコンでも格安SIMは使えるので、その運用法についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

ノートパソコンでも格安SIMを使って通信する方法がある

通信環境のない外出先などでノートパソコンで通信をしたい、つまりインターネットに接続したい場合は、方法がたくさんあります。

  • スマホでテザリングをする
  • モバイルルーターにSIMカードを入れる
  • データ通信カードをUSB端子に接続する
  • ノートパソコンに直接、SIMカードを入れる(対応している端末のみ)

docomoのiPhoneなど格安SIMでのテザリングに対応しているスマホなら、テザリングを行ってノートパソコンをインターネットに接続することができます。

docomoやSIMフリーのモバイルルーターでも、格安SIMを入れてAPN設定をすれば、ノートパソコンでインターネットに接続可能です。

データ通信カードは、パソコンでの通信に特化したデータ通信用端末ですね。これならWi-Fiに対応していない機器でも、ソフトを入れて設定をすることで通信が可能となります。

そして、ノートパソコンに直接SIMカードを入れられる場合もあります。

例えば、パナソニックの「Let’s note(レッツノート)」は、格安SIM(docomo回線)での通信に対応しているモデルがありますので、これを購入すればパソコン単体での通信が可能になります。

テザリングやモバイルルーターなども十分便利ですが、SIMを利用して単体で通信可能になったノートパソコンの方が余計な機材も必要なく、各機器の充電も不要なのでおすすめです。

ただし対応しているノートパソコンはまだ少なく、またSIMカード非対応の機種に比べて価格も高めなことに注意が必要ですね。

どんな格安SIMがノートパソコン向け?

ノートパソコン向け(今回はテザリング以外での通信すべてを対象とします)の格安SIMにおいて、重要なポイントは次のようになります。

  • 高速通信がどこでも行える
  • 音声通話は必要ないので、データSIMを選ぶこと
  • できるだけ大容量の方がベター

高速通信の安定度

まず、高速通信がどこでも行えることは非常に重要です。

ノートパソコンでのネット接続が必要ということは、だいたい外出先でネットに接続したいケース。いざという時に電波が圏外だと困ってしまいますよね。

この条件に対応できるのはdocomoの格安SIMでしょう。カバーできるエリアの範囲が違います。

ソフトバンク(Y!mobile)だとどうしても対応しきれない場所がありますし、auの格安SIMは3Gが使えないため、地方の山村などで圏外になってしまう可能性があるためです。

ドコモなら、エリア外で困ることはかなり少ないでしょう。というより、ドコモがダメなら全部ダメなので他に選択肢がありません。

また、そもそもパソコンがdocomo回線のSIMカードにしか対応していない場合もあります。

データSIMで OK

ノートパソコンでは音声通話やSMSは使えないので、SIMの種類は安いデータSIMでOKです。

大容量プランを選ぼう

必要なデータ容量は各々の使い方で異なってきますが、パソコンではデータのダウンロードなどで通信量が多くなるケースが多いので大容量の方が良いでしょう。

格安SIMでは2016年から20GBや30GBの大容量プランが広く展開されています。ノートパソコンでたくさん通信するなら大容量プランがおすすめですね。

参考までに、2017年5月時点での人気MVNOの大容量プランをまとめておきます。

20GBプラン

データSIM
DMMモバイル 3980円
楽天モバイル 4050円
OCNモバイルONE 4150円
BIGLOBE SIM 4500円
FREETEL 4870円
U-mobile (MAX25GB) 2380円

20GBプランは、主に4000〜5000円程度で利用できます。毎日大量にデータをダウンロードするなどしないなら、20GBプランでも十分一ヶ月持たせることができるでしょう。

30GBプラン

データSIM
楽天モバイル 5450円
OCNモバイルONE 6050円
BIGLOBE SIM 6750円
FREETEL 6980円

30GBプランなら、毎週HDやフルHDの映画をパソコンで見るなどする場合でも大丈夫ですね。かなり余裕があります。

ただしそのぶん、月額料金も5000〜7000円と高額なので、まずは20GBで契約してみて足りない場合に切り替えてみてはどうでしょうか。

ノートパソコンにおすすめの格安SIM3選

しむまる
というわけで、個人的にノートパソコンにおすすめの格安SIM3社を厳選してみました。

U-mobile PREMIUM

  • 通信量使い放題/月額2480円

データ使い放題であるU-mobile PREMIUMは、ドコモ回線で通信速度も速いと評判であり、月額料金もリーズナブルなのが強みです。

なんといっても使い放題なので、ノートパソコンでの利用にもおすすめできます。

ただし、U-mobile PREMIUMは短期間に大容量の通信をすると速度制限がかかる可能性があります。

大容量のゲームや動画、ソフトを頻繁にダウンロードする人は注意が必要です。

 

楽天モバイル

  • 30GBプラン/月額5450円

楽天モバイルでは20GBと30GBプランが展開されています。楽天モバイルの30GBプランは、他社に比べて非常に安く、キャリアと比較すると30%オフの料金です。

もちろん回線もドコモ回線で、日本全国どこでも使いやすいです。

ただし、楽天モバイルはユーザー数がトップクラスに多いので回線が混雑しやすく、通信速度の頻繁に遅くなるのがややネック。短時間で大容量データをダウンロードするなどしたい人は注意が必要ですね。

楽天モバイルは口座振替やデビットカードで契約できるのも便利です。クレジットカードがない人でも選べるのが良いですね。

さらに、 楽天カード を持っている人ならスマホ代でポイントが貯まる&使えるうえに、楽天市場での買い物が最大7%ポイント還元になります。

つまり、楽天で買い物したポイント分でスマホ代をほぼ全額払うこともできてしまうので、楽天ユーザー( 楽天カード 所有者)なら楽天モバイル一択です。

LINEモバイル

  • 10GBプラン/月額2640円

LINEモバイルは最大10GBプランまでしかないのがネックですが、その代わり通信速度が非常に速いという特大のメリットがあります。

私も今まで15社の格安SIMを使ってきましたが、LINEモバイルの通信速度の早さは間違いなくトップレベルです。体感的にストレスを感じたことがありません。

ノートPCで月10GBも使わないという人であれば、速度の面からLINEモバイルが一番おすすめです。

まとめ

ノートパソコンで格安SIMを利用する場合は、docomo回線である程度大容量のプランがおすすめです。

ノートパソコンに格安SIMを組み合わせることで、どこでもネット通信ができるという便利な環境を構築することができます。外で仕事したいフリーランサーやノマドワーカーには朗報でしょう。

これから新しくノートパソコンを購入する場合は、ぜひSIMカードに対応したモバイル向けモデルを検討してみてはどうでしょうか。

また、今使っているノートパソコンがSIMカードに対応していなくても、モバイルルーターやデータ通信カードを購入したり、テザリングを使ったりすれば外出先での通信ができますよ。

今回紹介した中であえて一つ選ぶなら、私が使った感じ LINEモバイル が一番オススメですね。

やはり通信速度は大事です。
LINEモバイルなら、通信速度への不満が生じることはまずありません。

ノマドワーカーの方や、ノートパソコン用のSIMを探している人はぜひ参考にしてみてください。






-パソコン, 格安SIMの比較・選び方

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.