Y!mobile

ワイモバイルスターターキットでデータSIMのみ購入可!Yahoo!プレミアムで月額500円だと!?

更新日:

格安SIMの中でも最もキャリアに近い存在である、Y!mobile(ワイモバイル)。
Y!mobileのサービスはキャリアと同じくらいの充実度であり、さらに回線速度も高速で安定しています。

そんなY!mobileは、今まで音声通話SIMプランしかないのが弱点でした。そのため、2年契約をする必要があったのです。

しかし2016年8月、ついに「ワイモバイル スターターキット」と称してデータSIMの提供を開始しました

データSIMのみを購入できるので、手持ちのSIMフリースマホがあれば端末ごと購入せずとも、SIMのみ購入でY!mobileを利用できるようになります。

回線やサービスの質は格安SIMの上位版でありつつ、料金はさらに格安SIMの水準に近づきつつあります。。

▷▷Y!mobile公式サイトはこちら

スポンサーリンク

Y!mobileで、データSIMプランがスタート

ワイモバイル

Y!mobileの「データSIMプラン」は、SIMスターターキットを購入した人向けのデータ通信専用プランです。

主な特徴は以下のとおり。

  • 月額料金は980円
  • 利用できるのは月1GBまで
  • SMSは利用できない

使用される回線はもちろん通常のY!mobile回線と共通で、つまりソフトバンクとほぼ同じものとなっています。

回線はソフトバンクとほぼ同じであるものの、音声通話SIMと同様にY!mobileの端末を利用することは基本的にできませんので、注意してくださいね。

Y!mobileのSIMカードは、Y!mobileのスマホやSIMフリー端末で利用できます。

SIMフリーのタブレットを入手したけれどSIMカードがないという場合などに、データSIMプランのSIMカードは大いに役立ちます。費用が高くつく端末代が不要になるので、より手軽にY!mobileのSIMを利用できるようになります。

Yahoo!プレミアム会員なら、月額料金なんと500円!

Yahoo!プレミアム

月額980円で1GBまでの通信が使用できるデータSIMプラン。回線速度が速いとはいえ割高に感じられるかもしれませんが、実はここからさらに480円ほど価格を安く抑える方法があります。

それは、月額462円のYahoo!プレミアムに入ることです。
これにより割引が適用され、月額500円でデータSIMプランを利用することができるようになります。

>>【Yahoo!プレミアム 会員登録】

データSIM、1GBプランという条件で、およそ500円という安価な価格で利用できる格安SIMはあまり多くありません。

DMM mobileは1GB480円で利用することができますが、Y!mobileはただ1GB利用できるだけではありません。

  • 回線速度が1日中安定して高速である
  • Y!mobileのメールアドレスを利用することができる

この2点が、DMM mobileなどの多くのMVNOよりY!mobileが優れているポイントとなります。

とくにメールアドレスが利用できるという点は魅力的です。

キャリアから格安SIMに乗り換えるとキャリアメールが利用できなくなりますが、2回線目としてY!mobileのデータSIMプランを契約すれば、毎月最低500円からキャリアメールを利用できますよね。

ただし、月額500円で利用する場合であってもYahoo!プレミアム会員の月額料金462円が毎月請求されますので、支払い額が1000円程度になるということは変わりません。この点についてはご注意ください。

▷▷Y!mobile公式サイトはこちら

デメリットは、データ容量1GBしかないので用途が限られてくること

natureaddict / Pixabay

natureaddict / Pixabay

データSIMプランには、1GBプランしか用意されていません。そのため、メイン回線として利用するにはやや力不足です。

スマホをあまり利用しないのであれば、ガラケーとの2台持ちやIP電話の利用によって、音声通話とセットでのメイン回線にすることも可能です。しかし外でスマホを毎日のように利用するのであれば、1GBという通信量ではすぐに使い切ってしまいます。

多くの格安SIMと違い、低速回線に切り替えて通信料を節約するということもできませんので、1GBが本当の限度ということになります。

もしも使い切ってしまうと、128kbpsという低速回線に切り替わってしまいます。月末までこのままですので、速度制限に引っかからないよう注意が必要です。

もし速度制限に引っかかった場合は、500MBごとに500円の追加料金で復活することができます。100MBあたり100円という水準は大手3キャリアと同じですね。格安SIMは100MBあたり200〜300円のチャージ料を取るのが普通なので、MVNOに比べると良心的な安さだと言えます。

スターターキットで利用できるオプションサービスまとめ

快適モード

ワイモバイル 快適モード

快適モードは、1GBを使い切ったときに自動で追加チャージしますよというオプションです。もちろん、追加500MBにつき500円のチャージ料はかかりますが、自分で追加申請する手間が省けます。

一応1回〜10回、あるいは無制限と、チャージの上限回数を任意で設定できるので、自動でチャージされまくる心配はありません。

  • 1GB以上は絶対使わない
  • 使ったとしても、以降は低速(128kbps)で良い

というタイプの人はとくに必要ないでしょう。

SMS、MMS、Y!mobileメール

SMSとMMSも、申し込み不要、月額無料で利用することができます。細かいメッセージのやりとりに使う人もいるでしょう。

  • SMS……電話番号に送る70文字以下のショートメッセージサービス
  • MMS……絵文字や写真も添付可能なスマホ用メール

また、Y!mobileメール(@yahoo.ne.jp)はアプリ、ブラウザ、タブレット、パソコンなどデバイスを問わずに使える容量無制限のキャリアメールです。Yahoo!JAPANのIDが必要ですが、使い勝手は良いので取得しておいた方が便利でしょう。

Y!mobileメールも申込や料金などは一切不要です。

ワイドサポート(月額500円)

月額500円で手厚いサポートを受けることも可能です。電話サポートと遠隔サポートが受けられるので、IT機器に弱い人はサポートを付けておくと安心ですよ。スマホだけでなく、タブレットやポケットWi-Fi、パソコンや周辺機器まであらゆる範囲をカバーしてサポートしてくれます。

何か分からないことがあれば電話で一発解決ですね。

一定額ストップサービス

ワイモバイル 一定額ストップ

一定額ストップサービスは、自分が設定した金額以上にスマホ代が達したら、自動的にストップ(発信停止)がかかるサービスです。

スマホやタブレットをうまく使いこなせない子供や高齢者には、一定額ストップをかけておくと安心かもしれません。知らぬ間に使いまくってしまう心配がなくなります。

設定額は5000円〜10万円の間で1000円単位で自由に設定できます。設定額に達すると、データ通信や電話・メールなどあらゆる発信がストップされるようになります。ストップ解除は翌月1日となります。

もし翌月1日の解除日を待たずにストップ解除したい場合は、一定額ストップサービスを解約すれば元に戻せます。

その他にもたくさん

  • ENJOYパック
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • 請求書発行サービス
  • 利用明細サービス
  • 国際ローミング

などなど、まだまだオプションは数多く揃えています。

各オプションの詳しい内容は公式サイトで確認できますので、気になる人はチェックしてみてください。

▷▷Y!mobile公式サイトはこちら

まとめ

Y!mobileにおいて、ついにデータSIMの提供が始まりました。

タブレットに入れて利用したり、2台目のスマホに補助として入れたりなどの用途に最も適しているデータSIMプラン。メイン回線としての運用も不可能ではありませんが、通信量は1GBなので使い方には気をつけましょう。

▷▷Y!mobile公式サイト

月額料金を最大限に抑えるなら、Yahoo!プレミアム会員に登録しておきましょう。Y!mobileの品質で月額500円は奇跡です。

>>【Yahoo!プレミアム 会員登録】






-Y!mobile

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.