SIMコラム 格安SIMの比較・選び方

セキュリティ平気?格安SIM・スマホ用ウイルス対策オプションまとめ

更新日:

geralt / Pixabay

格安SIMを運用中の皆さん、ウィルス対策のセキュリティはちゃんとしていますか?

Androidスマホには、ウイルス対策をしっかり行っておくとなにかと安心です。

iPhoneの場合はとくにそういったアプリは必要ありませんが、Androidは自由度がiPhoneよりも高い弊害として、ネットから落としたアプリのデータなどが原因でスマホがウイルスに感染してしまうということがあります。

しかし、わざわざそういったウイルス対策を個別に行っていくのは大変ですよね。

この記事では、ウイルス対策に対応しているMVNOのオプションを紹介していきたいと思います。

ウイルスが不安であるという方は、今回紹介するMVNOの中から契約先を選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク

ウイルス対策サービスは月額料金がかかる

TBIT / Pixabay

MVNOにおけるAndroidのウイルス対策サービスは、そのほとんどが月額料金を必要とする有料オプションとなっています。

まずは、一覧を見てみましょう。

mineo ウイルスバスターモバイル 270円
mineo メールウイルスチェックサービス 200円
OCNモバイルONE マイセキュア for スマートフォン 250円
OCNモバイルONE マルウェア不正通信ブロックサービス 無料
DMM mobile セキュリティオプション 250円
楽天モバイル スマートフォンセキュリティ 300円
UQ mobile ウイルスバスターモバイル 290円
U-mobile セキュリティサービス 350円
BIGLOBE SIM セキュリティセット・プレミアム 380円

月額料金はバラバラですが、いずれも500円以内という安価な金額に収まっています。
ウイルス対策をしっかりと行いたいという場合はオプションを契約しておいたほうが良いでしょう。

mineoやUQ mobileではウイルスバスターが利用できる

mineoでは、ウイルスバスターモバイルの月額版とメールウイルスチェックサービスという、二つのウイルスチェックサービスを利用することができます。

ウイルスバスターモバイルでは、

  • 銀行アプリスキャン(偽アプリのブロック)
  • ダウンロードブロックによる不正アプリ対策
  • バッテリー消費量の見直しやメモリの最適化、履歴の消去
  • 紛失時のスマホ捜索、ロック
  • 有害サイトの閲覧制限
  • 迷惑電話やSMSの対策

こういった様々な機能を利用することができます。

メールウイルスチェックサービスは、mineo契約時に発行される「@mineo.jo」のメールアドレスに送られてくるメールの中から、ウイルス入りのものを届く前の段階でブロックしてしまうというものです。

Gmail等を利用する場合、メールウイルスチェックサービスは利用できませんので、この二つの中ではウイルスバスターモバイルの契約がおすすめとなりますね。

▷▷mineo(公式サイト)

また、UQ mobileでもウイルスバスターモバイルが利用できます。
ウイルスバスターモバイルは、MVNOを通さずに単品で契約することもできるサービスですが、MVNOとセットでの契約ならば請求もまとまりますし、なにかと便利です。

▷▷UQモバイル(公式サイト)

楽天モバイルのスマートフォンセキュリティ

楽天モバイルのスマートフォンセキュリティには、次のような機能が存在します。

  • インストールするアプリや端末、SDカードのウイルススキャン
  • スマホの現在地特定、端末ロック
  • アプリ管理

端末内をくまなくチェックすることができますので、スマートフォンセキュリティを契約していれば、安全にスマホを利用することができますね。

もしも盗まれたり落としたりしてしまったとしても、スマホの位置を特定してロックをかけておくことができますので安心であるという点も、スマートフォンセキュリティを契約するにあたっての大きなメリットです。

▷▷楽天モバイル(公式サイト)

OCNモバイルONEのマイセキュアはiOSやPCにも対応している

OCNモバイル

OCNモバイルONEが提供している、月額250円のマイセキュア。

こちらは、次のような機能に対応しています。

  • 有害サイトの閲覧制限
  • マルウェアやウイルスのスキャン
  • 不正アプリの自動隔離
  • 情報をもとにファイルをスキャン
  • 紛失・盗難時の端末の位置確認やロック
  • ウイルスによるファイルの改変の修復(Windowsのみ)

このような機能がありますが、iOSの場合はこのうち有害サイトの閲覧制限のみが利用できます。

Androidならば、ウイルスによるファイルの改変を修復する機能以外全てが利用できます。

マイセキュアには1ライセンスのマイセキュア for スマートフォンと、マイセキュア for マルチデバイスが存在しますので、パソコンでも利用したいという場合はマルチデバイスを契約しましょう。

OCNモバイルONEでは、マルウェア対策のマルウェア不正通信ブロックサービスが無料で契約できます。この点もまた、他社に対するアドバンテージとなっていますね。

▷▷OCN モバイル ONE(公式サイト)

DMM mobileのセキュリティオプションはAndroid向け

DMMモバイル

DMM mobileが提供しているセキュリティオプションは、ウェブルートのモバイルプレミアというサービスです。

  • ブラウザのチェック、有害コンテンツのブロック
  • 不正アプリを常時ブロック
  • 迷惑電話やSMSのブロック
  • 紛失した端末の位置特定やロック

一般的なウイルス対策機能はすべて揃っていますので、Androidユーザーであれば契約しておいて損はありません。

DMM mobileは月額料金が安いことが特徴のMVNOですが、こちらのオプションも月額250円と安価ですので、セットで契約してもあまり割高にはなりません。

BIGLOBE SIMのセキュリティセット・プレミアムはマカフィー

BIGLOBE

マカフィーのウイルス対策機能が利用できるBIGLOBE SIM。月額料金は380円と、やや高額です。

しかし、3台まで利用することができるというメリットも存在します。

自動更新なので期限切れがなく、自動更新により新しいウイルスにもすぐに対応できることが特徴となっています。

主な機能は以下の通りです。

  • 紛失・盗難した端末の位置の特定、ロック
  • アプリやメールのウイルスをスキャンし消去
  • 有害サイトのブロック
  • 迷惑な着信やSMSのブロック
  • 迷惑メールのブロック
  • オンラインへの写真や動画、個人情報のバックアップ

バックアップ機能があるという点は、見逃せませんね。

▷▷BIGLOBE 格安SIM(公式サイト)

まとめ

ウイルス対策の月額料金をできるだけ抑えたいという方には、DMM mobileがおすすめです。

元から月額料金が安いですし、さらにそれに加えてセキュリティオプションも安価ということで、合わせても他社の通常の月額料金程度に金額を抑えることができます。

様々なウイルス対策機能があったほうが良いという方は、ウイルスバスターモバイルを提供しているmineoやUQ mobile、あるいはBIGLOBE SIMがおすすめです。

Androidの快適な利用のためには、今回紹介したようなサービスを利用して、ウイルス対策をしておくことをおすすめします。






-SIMコラム, 格安SIMの比較・選び方

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.