格安SIMの基礎知識

ガラケー・ガラホで格安SIMは使える?2台持ちでテザリングできるか?

更新日:

格安SIMといえば、スマホの月額料金を安くするためのもの。そういったイメージがありますよね。

しかし、格安SIMはあくまでもSIMカード。
実際は、スマホだけでなく様々な機器で利用することができます。

そこで気になるのは、次のようなこと。

  • 元々月額料金が安いガラケーで格安SIMを利用した際にメリットがあるの?
  • ガラホは、キャリアと格安SIMどちらでの利用がお得になるの? 
  • ガラホはテザリングにも使えるの?

この記事ではこの二つの疑問を解消し、ガラケーとガラホ、それぞれキャリアと格安SIMのどちらがお得か解説していきたいと思います。

さらに、ガラケー風スマホである「ガラホ」では、格安スマホのようにテザリングなどできるのかどうか? その辺もチェックします。二台持ちに需要ありそうですからね、ガラホは。

まずはガラケーから見ていきましょう。

※ガラホについて知りたい人はココをクリックしてジャンプ。

スポンサーリンク

格安SIMはガラケーでも通信可能

ガラケーは意外と今でも需要が残っているんですよね。スマホの進化についていけない高齢者世代はもちろんですが、ビジネスマンの会社用ケータイもガラケーが多く使われています。

なぜか?
ガラケーの一番の魅力は、電池(バッテリー)の持ちが非常に良いということ。下手すれば半日も持たないスマホとは雲泥の差です。

なので、電話やメールなど簡単な連絡用にしか使わないなら、バッテリーが長く持つガラケーの方が重宝するんですよね。余計な機能がないからつい遊んだり課金したりすることもないですし。

さて、そんなガラケーで格安SIMを利用したい場合は、いくつか注意点があります。

まずはその注意点の一覧をご覧ください。

  • ガラケーで格安SIMを利用する場合は、音声通話プランを契約する
  • 使用できるガラケーはdocomoかSIMフリーのもの
  • LTE回線は利用できない

音声通話プランを契約すること

音声通話プランを契約する必要があるのはなぜかというと、ガラケーでのインターネットは格安SIMでは行えないため、データSIMやSMS付きSIMをガラケーで利用するメリットは全くないからです。

つまり、ガラケーで格安SIMを利用する場合は、音声通話とSMSのみであるということは十分理解しておきましょう。

端末はdocomoかSIMフリー

そして使用できるガラケーは、docomoかSIMフリー端末になります。
格安SIMはほとんどがdocomo回線を利用しているため、それを受信できる携帯電話でなければいけません。

au回線の格安SIMをauのガラケーで利用できるかどうか、気になるかたもいらっしゃるかもしれません。こちらについては、例えばmineoの動作確認済み端末リストにはガラケーが一切ありませんので、無理と考えた方が良いでしょう。

LTE回線は使えない

さて、ガラケーではLTE通信が使えません。
そのため、3GBプランや10GBプランといった通信量のプランを利用する意味は全くなくなります。

低速回線専用プランなど、料金が極限まで抑えられるものがある場合は、それを選ぶことをおすすめします。

ガラケーで格安SIMを選ぶメリットは「最低利用期間」のみ

IWMedien / Pixabay

まずは、docomoのガラケー用最安プラン「タイプシンプル」と、格安SIM(mineo)の最も安い500MBプランの月額料金を較べてみましょう。

docomo(タイプシンプル) 1543円
mineo(500MB) 1400円

この表を見ると、mineoの方が安上がりですね。

しかし、問題はここからです。
docomoには端末購入や3G対応SIMフリー端末の持ち込みで契約できる「バリュープラン」というものがあり、こちらの「タイプシンプルバリュー」を契約すると状況は一転します。

docomo(タイプシンプルバリュー) 743円

なんと、mineoの半額でガラケーを持つことができてしまうのです。

もちろん、docomoでの契約ならばiモードが利用できます。さらに、300円の月額料金を利用すれば、キャリアメールが利用可能となります。

そしてタイプシンプルバリューやタイプシンプルの場合、「メール使いホーダイ」が適用されるため、メールのパケット通信料は一切発生しません。

タイプシンプルバリューを選ぶのであれば、格安SIMよりもキャリアと直接契約した方がお得ということになることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

ただし、一つだけ格安SIMを選ぶメリットがあります。

それは、「最低利用期間が短い」ということ。

docomoの場合は、2年間の「縛り」が発生します。そのため、一度契約したら2年以内の解約だと1万円近い違約金が発生してしまいます。

格安SIMなら縛りの期間はMVNOによって大きく違いますが、主に1年間です。そして、mineoには最低利用期間がありません

すぐに解約するかもしれないという場合は、mineoを選んだ方がキャリアよりもお得となる場合があるということになりますね。

公式サイト月額756円(税込)からの格安スマホmineo

以上をまとめると、

  • バリュープランを選んだ場合、月額料金はキャリアの方が安くなる
  • 格安SIMを選ぶ利点は最低利用期間の短さのみ

ガラホではデータ通信可能!二台持ちでテザリング要員にも使える

続いてガラホです。

一応説明を添えておくと、ガラホは「見た目ガラケーみたいで中身はスマホ」というものであり、タッチパネルが使いにくいという人や、今までの2つ折りガラケーが馴染んでいるのでスマホはイヤ、という人に向けて開発された商品です。

SIMフリーガラホ

SIMフリーのガラホにはFREETELの「MUSASHI」という機種があります。

https://www.freetel.jp/product/smartphone/musashi/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=yss_pom_device

https://www.freetel.jp/product/smartphone/musashi/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=yss_pom_device

二つ折りにテンキー付きと見た目はガラケーですよね。

でも中身はスマホです。テンキーが付いたAndroidスマホといった感じですね。なのでGoogle Playから好きなアプリもダウンロードできますし、映画や音楽もスマホと同じように楽しめます。

SIMフリー機なので、もちろんWi-Fi・Bluetooth・USBの各種テザリングに対応しています。テザリングによってガラホをモバイルWi-Fi代わりにして、タブレットやノートパソコンでネット通信できるようになります。

テザリングができれば二台持ちにも良いですよね。外出先で仕事をする機会の多いフリーランスやノマドワーカーにはSIMフリーガラホ+格安SIMでテザリングという使い方ができます。

キャリアガラホ

キャリアガラホについてですが、docomoやauでガラホが販売されています。

まずは、対応状況です。

  • docomoのガラホではdocomo回線の格安SIMが利用できる
  • au(VoLTE非対応)のガラホではau回線の格安SIM(VoLTE非対応)が利用できる
  • キャリア専用のサービスは、格安SIMでは利用できない
  • ガラホの場合はデータSIM、SMSSIMでも通信が可能

auでは新しく、VoLTE対応のガラホ「SHF33」が登場していますが、こちらでは今のところ格安SIMは利用できません。

docomo・au共に、たとえばキャリアメールなど、キャリアの回線でなければ利用できないサービスがあります。そのため、付いているけれど使えないボタンがいくつかあるので注意しましょう。

LINEがインストールされているスマホの場合、このLINEは格安SIMでも利用できます。この点は嬉しいポイントですね。

ガラホをキャリアと格安SIMで利用した際の料金の違いですが、こちらはガラケーと違い、格安SIMの方が安上がりになる場合があります。

例えばdocomoの場合、パケット通信を行う関係上、2GBなどのパケットパックを契約する必要があったり、FOMA回線のパケホーダイプランを契約して従量課金制の通信量を支払ったりする必要があります。

docomoで2GBのパケットパックを契約すると、それだけで月額料金は3000円を超えます。
格安SIMならば、3GBで1600円程度。キャリアメールを利用しないのであれば、こちらを利用した方がお得ということになりますよね。

ただし、キャリアにはカケホーダイプランが存在します。長電話をする方には、こちらは大きな魅力となるでしょう。

通話がメインでネットをそれほど見ない場合は、無料通話がある携帯電話用プランをガラホで契約してはいかがでしょうか。

  • ガラホではインターネットなどの通信を行えるが、キャリアのサービスは利用できない
  • 格安SIMの方が月額料金を安く抑えられる
  • 通話をよく利用するのであれば、カケホーダイプランがあるキャリアの方がおすすめ

まとめ

ガラケーでは、最低利用期間が短いということ以外に、格安SIMを選ぶこれといったメリットがありません。
しかし、ガラホの場合はインターネットが利用できるため、使い方によっては格安SIMの方がお得になります。二台持ち用にSIMフリーガラホを持ち、外出先でのテザリングなどに使いたい人もいるでしょう。

格安SIMの使い方は、ガラケー、ガラホに限らず様々です。
ガラホのようにデータ通信を行える端末であれば、格安SIMは有効に利用できる場合があります。

ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。






-格安SIMの基礎知識

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.