格安SIMの基礎知識

キャリア別の格安SIM移行方法まとめ。auとソフトバンクは要確認!

更新日:

今まではキャリアでスマホを利用してきたけれど、これから格安SIMに移行しようか検討しているという方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

テレビでも格安SIMのCMを見かける頻度が高まってきていますので、格安SIM利用者はここ2年程度で一気に増えてきています。

まだ乗り換えていないという方でも、どうすれば格安SIMに乗り換えてスマホを利用できるのかがわかればすぐにでも乗り換えたいと考えている人は大勢いるはず。

この記事では三大キャリアのMNP方法について説明し、そして特にドコモ以外のau・Softbankキャリアを利用している方が格安SIMに乗り換えるにはどうすれば良いかを詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク




ドコモスマホの格安SIM移行方法

ドコモでスマホを利用している方は、格安SIMにカンタンに乗り換えることができます。

それは何故かというと、格安SIMのほとんどがドコモ回線を利用しているため、現在利用しているスマホをそのままMNP後に利用できるからです。

キャリアメールも低コストで維持可能

さらに、キャリアメールがどうしても必要であるという方も「マルチデバイス」に設定しておき、その後にガラケーの安価な「タイプシンプル」などに契約変更すれば2000円程度で維持し、さらにスマホでのメール受信・送信が可能です。

スマホ用のXiからガラケーのFOMAプランに契約変更する場合はすぐに安価な「バリュープラン」にすることが基本的にはできませんが、技適マークを取得済みとなっているSIMフリーの3G端末を用意すれば1000円程度で維持できるバリュープランにもできます。

本来ならばMNPした段階で消えてしまうキャリアメールを、1000円程度からの月額料金がかかってはしまうもののそのまま確保できるのは大きなメリットと考えられるのではないでしょうか。

ドコモスマホのMNPはオンラインでもOK

そしてもう一つ、MNP予約番号を発行するには基本的にどこもMNP用の電話番号に電話をかけるか店頭に出向いて窓口で手続きをして貰うかの二択になります。

ところが、ドコモの場合はこれらに加えてオンラインで手続きを行うことができるというメリットが存在します。

 

以上、ドコモからの乗り換えにおけるメリットをまとめると、ドコモでスマホを利用している方であれば格安SIMに乗り換えるにあたっての3つの壁である「端末の用意」と「キャリアメール問題」、そして「MNPの手間」を同時に解決できてしまうということです。

auスマホの格安SIM移行方法と注意点

auはMNPを電話か店頭で行うことになる

auから格安SIMに移行するにあたって避けて通れない、MNP予約番号の発行。auの場合は、これを電話か店頭で行うことになります。

どちらも担当の方に引き留められる可能性があり手間がかかりますが、電話ならば顔を合わせなくて良いためややハードルが低いでしょう。

ただし一点気を付けていただきたいのは、受付時間が朝9時から夜の8時までとなっていることです。仕事が夜遅くまでかかってしまう方はなかなか電話での対応をしてもらうことは難しいかもしれません。

そしてMNP予約番号の発行には3000円がかかりますので、こちらも忘れずに。

au回線のMVNOは2つしかない

auから乗り換える場合、同じ端末を格安SIMにしてからも利用したいのであればau回線のMVNOを選ぶ必要があります。

幸いにも、au回線を利用しているMVNOは『UQ mobile』と『mineo』の2つ存在しています。

この二つの中から契約したいMVNOを選び、MNPをすることになるでしょう。

ちなみにUQ mobileには、キャリアメールと同等のメールアドレスを取得できるという大きなメリットがあります。

auにおいても、MNPをするとキャリアメールが使えなくなってしまうという悩みどころが存在します。しかし、UQ mobileであれば月額利用料がかかるもののこの心配はなくなります。

▷▷UQモバイル

[blogcard url="https://smarpho.jp/post-116/"]

▷▷mineo

[blogcard url="https://smarpho.jp/post-81/"]

VoLTEに注意!

auからMNPする際は、VoLTEに対応している端末かどうかをよく確認しましょう。これは通話の音質を上げるものです。

これに対応している端末の場合は、SIMロックを解除したうえで契約時に「VoLTE対応SIM」を選択しなければMNP後の利用ができません。

SIMロックの解除はネットや店頭で行うことができますが、自分で契約した端末ならばネットからの手続きをすることで手数料が無料になります。

また、SIMロックの解除に対応しているのは2015年5月以降に発売された端末であることも覚えておきましょう。これ以前の端末は、SIMロック解除ができません。

ちなみに、SIMロックを解除するとドコモ回線も利用できるようになりますので、mineoとUQ mobile以外のMVNOも選択肢に入れることができます。

ただし、ドコモで使用している周波数が対応していないスマホの場合はSIMフリー化されている(SIMロックが解除されている)端末であっても電波をキャッチできないため、使用できないことに注意しましょう。

VoLTEに対応していない端末をお持ちの場合は、とくに気にしなくて大丈夫です。au回線のMVNOでVoLTE非対応のSIMを選び、MNPを行いましょう。

auから格安SIMへの最もスムーズな移行方法

auから格安スマホにスムーズに乗り換える流れは、まずMNP予約番号を電話で発行しましょう。

そして、キャリアメールが必要な方はUQ mobile、必要ない方はmineoかUQ mobileのどちらかを選択します。

UQ mobileには定額プランが3GBのものしか存在しませんので、これ以外の容量が良いという方はmineoをおすすめします。

▷▷UQモバイル

▷▷mineo

乗り換え時には、自分の持っている端末がVoLTE対応であり2015年5月以降のものならばSIMロックを解除してVoLTE対応SIMを契約しましょう。

こうして乗り換えを済ませれば、あとは届いたSIMカードに入れ替えてAPN設定を済ませれば利用が開始できます。

ソフトバンクの格安SIM移行方法と注意点

【ソフトバンクも電話か店頭でMNP予約番号を発行する】

ソフトバンクの場合も、ネットでのMNP手続きは行うことができません。

午前9時から午後8時までに電話をするか、店頭で手続きを行うかの二択であることはauと同様です。

一点注意することがあり、新規契約などの場合は、始めのおよそ3ヶ月以内にMNPすると5000円の手数料がかかるということです。

それ以外ならば3000円ですので、多くの方は3000円の手数料を支払うこととなるでしょう。

ソフトバンク端末の多くは格安SIMに移行した後に使えない

ソフトバンクから格安SIMにMNPをする際の最も困った点がこちらです。

ソフトバンク回線を使用している格安SIMは、現時点(2016.7時点)では1つもありません。そのため、ドコモかauの回線を使っている格安SIMに移行することとなります。

ソフトバンクの端末は、2015年5月以降に発売されたものであればSIMロックを解除することで、周波数が対応していればMNP後も利用できます。

しかし、SIMロックを解除できない端末(つまり2015年5月以前の発売端末)は残念ながら使用できません。

そのため、SIMフリー端末や中古のドコモ・au端末を購入しなければいけないという大きな出費が追加されます。

ちなみに、Y!mobileはソフトバンクの子会社であり、回線も同じものを使用しています。しかし、端末は使い回すことができません。

▷▷Y!mobile公式サイト

[blogcard url="https://smarpho.jp/post-206/"]

ソフトバンクからの乗り換えは、他社に較べて条件が悪いのが特徴です。しかし、始めの出費はかさむものの一度設備を整えてしまえば後は格安でスマホを利用できますので、ご安心ください。

ソフトバンクのキャリアメール維持方法はガラケーへの契約変更しかない

By: yisris

By: yisris

ソフトバンクのキャリアメールではマルチデバイスでの利用ができないため、契約変更をして安価で維持したとしてもガラケーからしか送受信ができません。これでは不便ですよね。

そのため、ソフトバンクのメールアドレスを残すよりは、UQ mobileにMNPして対応スマホを購入することでUQ mobileのメールアドレスを利用するか、ドコモのガラケーを新規契約してからドコモメールのマルチデバイス設定をするかといった方法の方が良いでしょう。

ソフトバンクから格安SIMへのスムーズな移行方法

ソフトバンクからスムーズに移行するにあたっては、2015年夏以降に購入した端末を利用していることが前提となります。

この条件に当てはまっているのであれば、SIMロックを解除したらMNP予約番号を取得、そのまま自分の利用したいMVNOで契約手続きをして移行完了です。

詳しくは以下の記事も参考にして下さい。

[blogcard url="https://smarpho.jp/post-90/"]

端末の購入を伴う場合は、端末とSIMカードをセットで購入できるMVNOに乗り換えることをおすすめします。

楽天モバイルやDMM mobileなどで、自分の好みの端末を購入しましょう。

移行の際は「2年縛り」に注意!

Greyerbaby / Pixabay

スマホは2年契約ですので、利用を開始してから2年経つ前にMNPをするとMNP予約番号発行手数料に加えて9500円の違約金がかかってしまうという「縛り」があることを覚えておきましょう。

およそ1万円ですので大きな出費ですが、乗り換え先が格安SIMならば数か月でプラスマイナスゼロにできる金額です。

1~2ヶ月で縛りが解ける場合を除いては、違約金を支払ってすぐにMNPしてしまった方が基本的にはお得です。

まとめ

ドコモ以外のキャリアを利用していて格安SIMに乗り換える場合に重要となるのは、端末の購入が必要かどうかです。

auの場合はmineoやUQ mobileにMNPすることで端末をそのまま使うという選択肢がありますが、ソフトバンクの場合はほとんどの方がSIMフリー端末などを購入しなければいけません。

(例外は、2015年5月以降に発売された端末を利用中のケースのみ)

また、キャリアメールの維持についてもドコモ・auに較べてソフトバンクは不利です。

しかし、どのキャリアであっても格安SIMへのMNPは問題なく行えますので、移行を検討している方はぜひそれを夢で終わらせず、実行に移すことをおすすめします。









-格安SIMの基礎知識

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.