Y!mobile

家族でワイモバイルに乗り換え、家のネット代を驚くほど安くする方法

投稿日:

家計でバカにならないのが「通信費」。家のネット代に加え、家族みんなのスマホ代を合わせると軽く【人数 × 1万円】以上を払っている家庭は多いのではないでしょうか?

ただ正直、今の時代にそれは払いすぎです。

まず基本的なことですが、家族のスマホと自宅ネット回線は一つの会社に統一することでセット割引や家族割引が適用されるので驚くほど安くできます

キャリアやMVNOでもセット割引や家族割を用意しているところは多いですが、その中でもソフトバンク系列は最強。

家族のスマホは ⇒  ワイモバイル

自宅のネットは⇒  SoftBank Air SoftBank光

このように統一するだけで、3人家族なら毎月1万円はネット代を安くできます。

しむまる
私の家族もワイモバイルで家族割を使っていますが、キャリアとほとんど使い心地は変わらずに安くできているので、非常に家計が助かっています

スポンサーリンク




家族で500円オフ!ワイモバイルの家族割

サービス概要

ワイモバイルの家族割では、2回線以上契約すると「2回線目以降の回線」の月額料金が500円引きになるシステムです。分かりやすく言うと、2人目以降が月額500円引きですね。

最大9回線まで割引なので、ほとんどの家庭はみんな割引できるはず。

一応決まりとして、プランは以下の中から選ぶ必要があります。

1回線目 2回線目
  • スマホプランS、M、L
  • データプランL
  • Pocket WiFi各プラン
  • ケータイプラン(ケータイプランSSは除く)
  • スマホプランS、M、L
  • ケータイプラン(ケータイプランSSは除く)
  • Pocket WiFiプラン2
  • Pocket WiFiプランライト

スマホ乗り換えなら多くの人はスマホプランS/M/Lにすると思うので、この辺りは特別問題ないでしょう。

家族割の適用もワイモバイルの店舗で行うしくみで、家族確認書類と契約者の本人確認書類を持っていけば対応してもらえます。

ワイモバイルに乗り換えで実際にどのくらい安くなる? キャリアと比較してみる

しむまる
で、実際どのくらい安くなるの?

3人家族を想定して、キャリア(ソフトバンク)とワイモバイルで2年間利用したケースを実際に比較してみましょう。

  • 通信量2GB
  • かけ放題は分数制限あり
  • 端末代は考慮せず

1番安い2GBのプランでそれぞれの料金を算出してみます。

ソフトバンクスマホの場合

内訳 月額料金
データ定額ミニ 2GB 3500円
スマ放題ライト(5分かけ放題) 1700円
ウェブ使用料 300円
合計 5500円
家族3人での月々のスマホ代 16500円

この通り、2GBで5分かけ放題つきで月額5500円です。家族3人なら16500円。

ちなみにソフトバンクにも家族割はありますが、50GBの「ウルトラギガモンスター」への加入が必須なので、今回の条件では家族割を適用できません。

ワイモバイルの場合

内訳 月額料金
スマホプランS
(2年間最大2GB、10分かけ放題)
1年目:1980円
2年目〜:2980円
家族割 -1000円(500円×2回線)
家族3人での月々のスマホ代 1年目:4940円
2年目:7940円

ご覧の通りキャリアと比較すると

  • 1年目:3分の1以下
  • 2年目:半分以下

圧倒的に安くなります。

2年間の支払い総額をまとめてみると⬇︎

2年間の支払い総額
ソフトバンク 396000円
ワイモバイル 154560円
差額 241440円

2年間で約24万円の差額。2年に1回家族旅行に行けるくらいの節約になります。

今申し込むとキャンペーン中!

ちなみにワイモバイルでは現在「家族のスマホまとめてキャンペーン」が展開中。2台目以降のスマホと家族割引サービスを同じ月に申し込めば、5000円が還元されます。

キャンペーン終了日は未定。
家族での乗り換えを検討している人は、キャンペーン中の契約がお得です。

詳細 ワイモバイル

ワイモバイルってどんなSIM?

肝心のワイモバイルについても紹介しておきましょう。

ワイモバイルは、ソフトバンクの格安ブランドです。「第4のキャリア」と呼ばれていますが、キャリアと格安SIMの中間にあたる存在ですね。

実際に私もワイモバイルをメインスマホに利用していますが、使っていてほとんどキャリアと変わりません。

ワイモバイルの特徴としてはこんな感じ⬇︎

  • 通信速度はキャリア並みに速い
  • 10分以内の通話は標準でかけ放題
  • キャリアメールも使える
  • 高齢者用ケータイもあり

格安SIMの弱点を完璧に補っており、一般的な格安SIMより上位版になります。

通信速度はキャリア並み!

格安スマホと聞くと「通信速度が遅い」と言われがちですが、ワイモバイルは全く別物です。ソフトバンク社の回線を使っているので、通信速度はキャリアとほとんど変わりません。

下は実際に私が行ったワイモバイルのスピードテストです。

(左:朝8時/右:昼12時)

混雑時間帯もキャリア並みのスピードですね。
LINEモバイルすら上回っていますが、その辺は10Mbpsも超えると体感的には変わりません。

(左:夕方17時/右:夜20時)

1日通してキャリア並みかそれ以上の通信速度をマークしています。

しむまる
ネットサーフィンはもちろん、動画を見たりゲームをしたりと問題なくできています。

通話も10分かけ放題

ワイモバイルは、10分以内なら通話がかけ放題です。これは他の格安SIMのような有料オプションではなく、標準で10分かけ放題になっています。

さらに、1000円プラス(有料オプション)すれば完全かけ放題の「スーパーだれとでも定額」も用意されています。ここまですれば、本当にキャリアと何も変わらないでしょう。

速度だけでなく、通話面も圧倒的に優れているのがワイモバイルの強みです。

キャリアメールも無料で使える

ガラケーを使っている人とのメールや、サイト登録のSMS認証などで地味にまだ必要なシーンがあるキャリアメール。

格安SIMは基本的にキャリアメールが使えないのがデメリットですが、ワイモバイルは唯一、キャリアメールを無料で使えます。

この点も、さすがソフトバンク直系ブランドの強みですね。

高齢者用にはケータイもある

ワイモバイルには一般的なスマホだけでなく、昔ながらのガラケータイプの機種も販売されています。

例えば家族に、スマホに馴染めずにいる高齢な方がいるときは、シンプルなガラケーを契約するといいでしょう。ケータイプランSSでなくケータイプランで契約するなら家族割も適用可能です。

ワイモバイルの料金プラン


※スマホは横スクロール

通信量 音声SIM
スマホプランS 1〜2年目:2GB
3年目〜:1GB
1年目:1980円
2年目〜:2980円
スマホプランM 1〜2年目:6GB
3年目〜:3GB
1年目:2980円
2年目〜:3980円
スマホプランL 1〜2年目:14GB
3年目〜:7GB
1年目:4980円
2年目〜:5980円

公式HP ワイモバイル

ワイモバイルの月額料金は、他の格安SIMと比べるとやや高いものの、キャリアに比べれば断然安いです。

私もワイモバイルユーザーですが、サービス品質はキャリア同等なので、使い心地はほとんど変わらずに料金だけ安くできている感じです。

家族割と合わせれば、キャリアを使っているのがアホらしくなるほど節約できるので、スマホ代が高くてツラい人はワイモバイル推奨です。

 

まだまだ安くなる!自宅回線はSoftBank光/Airでセット割引あり!

まだ節約できます。

家族みんなでワイモバイルに乗り換えてスマホ代を安くしたら、そこから自宅回線も SoftBank光 SoftBank Air にすることで、さらに割引で安くできます。

ネット回線とのセット割引「おうち割 光セット(A)」の概要

自宅回線をSoftBank光かSoftBank Airで契約し、ワイモバイルでスマホプランS、M、LやデータプランL、Pocket WiFiプラン2を契約すれば、「おうち割 光セット(A)」が適用できます。

ただし、こちらは永久割引ではなく、申し込みから5ヶ月間の割引になります。

スマホ代と合わせて、家のネット代が格段に安くなる

ワイモバイルの家族割の安さについては先述しましたが、ここにさらにSoftBank光/SoftBank Airを契約して「おうち割」を使うとどこまで安くなるのか?

先ほどと同じく、家族3人でスマホプランSを契約する設定で考えた結果⬇︎

内訳 月額料金
スマホプランS
(2年間最大2GB、10分かけ放題)
1年目:1980円
家族割 -1000円(500円×2回線)
おうち割 光セット(A) -1500円
家族3人での月々のスマホ代(5ヶ月間) 3440円

なんと、最大で一人当たりのスマホ代1147円にまで下がります。

このように、スマホとネット回線は世帯で一社にまとめて最大限の割引を受けることで、数千円単位で安くすることができます。

ワイモバイルユーザーであれば、ネット回線もソフトバンク系にするのが賢い選択でしょう。

SoftBank光とSoftBank Airについてカンタンに紹介

SoftBank 光とは

ソフトバンク光

ソフトバンク光はソフトバンクの光回線サービスです。自宅用ネット回線としては最も通信速度が出せるのが光回線(固定回線)であり、最も安定していると言えます。

  • 通信量上限なし
  • 速度制限なし

と制限はないので、ネット利用において不安な点がありません。

ソフトバンク光は基本的に工事が必要

ソフトバンク光を使うには、基本的には開通工事が必要になります。これが面倒です。

電話やインターネットで申し込み後、自宅に業者を呼んで工事を行ったり、機器の接続を行ったりすることによりソフトバンク光を利用できるようになります。つまり、ネットを使い始めるまでに手間と時間がかかります。

また賃貸のアパートやマンションに住んでいる人の場合、大家さんの事情で開通工事禁止(=光回線禁止)としている物件もあります。こうした場合は回線が引けないので、後述する工事不要のSoftBank Airや、モバイルWi-Fiなどを使うしかありません。

そして当然ながら、工事費用も別途最大24000円かかってきます(※後述)。

しむまる
ただし、現在フレッツ光を利用中でソフトバンク光に乗り換える人は工事不要です。

というのも、ソフトバンク光は回線自体はフレッツ光の回線を使っているからです。回線はそのまま契約の移行だけでOKです。

SoftBank 光の契約期間は2~5年

ソフトバンク光の契約期間は住宅タイプによって次の通り。

  • 集合住宅なら2年間
  • 戸建住宅は2年または5年

開通工事を伴うので、基本的には最低2年以上はしっかり腰を据えて暮らす家で使うべきですね。2年以内に引っ越すことが多いと、回線撤去費用や引っ越し先で再び工事費用がかかるので負担がしんどくなります。

また戸建住宅の場合、5年契約なら月額料金が少し安くなります。詳しい料金は次で詳しく説明します。

SoftBank 光の月額料金

ソフトバンク光 料金

ソフトバンク光の初期費用は3000円です。開通の際の工事費は、フレッツ光ネクストから転用する場合なら工事費がかかりません。

立ち会い工事を行わないマンション(フレッツ光導入済みなど)の場合は2000円、立ち会い工事が必要な場合は最大24000円の工事費がかかります。

立ち会い工事が必要な場合は、1時間くらいの時間が必要になるので予定などを調整しつつ申し込みましょう。

その他詳細 SoftBank光

 

SoftBank Airとは

SoftBank Airは、別名「置くだけインターネット」と呼ばれる超お手軽ネット回線。光回線のような工事が必要ないので、誰でもすぐにネットが使えるようになります。

もちろん通信量に制限はなく「使い放題」です。

ソフトバンクAirの特徴は以下のとおり。

  1. 開通工事不要。コンセントに挿すだけでOK。
  2. 通信速度は下り最大261Mbpsと並程度
  3. 通信速度制限が存在する

工事不要の手軽さ!専用機器をコンセントに挿すだけ!

SoftBank Airは開通工事も、プロバイダの面倒な契約も一切必要ありません。申し込み後に送られてくるWi-Fiルーター(Airターミナルという名称)をコンセントに挿して電源ONする。たったこれだけです。

  1. Airターミナルを置く
  2. コンセントを差す
  3. 電源ON

たったこれだけ!

機械に弱い人でも安心。サルでもできるほど簡単です。

通信速度は最大261Mbps

公式サイト SoftBank Air

ソフトバンクAirは年々速くなっているのですが、2017年最新の「Airターミナル3」は最新Airターミナル3は下り最大速度261Mbps。

光回線( SoftBank光 )が最大速度1Gbpsなことを踏まえると特別速い数値ではありませんが、普通にインターネットを使う上では十分な速度です。

しむまる
ただし、実際の通信速度は「エリア」や「通信環境」によって大きく左右されます

周囲に高層ビルが並んでいたり屋内に遮蔽物が多いと、それだけで電波がキャッチしにくくなります。少しでも通信速度を安定させるために、Airターミナルはなるべく電波をキャッチしやすい窓際に設置しましょう。

回線混雑時には通信速度が制限あり

ソフトバンクAirは明確な速度制限基準こそないものの、「混雑時には速度を制限する場合がある」と公式に明記されています。

とくに夜間に速度が低下する場合が多く、この時間帯にゲームや高画質動画を楽しむのは難しくなるケースがあることは覚悟が必要です。

ただスマホのように基準に達したら必ず速度低下が起きるわけではなく、あくまでケースバイケースのようです。

しむまる
速度制限は場合によってありますが、通信量は無制限です。使い放題なので安心してください。

月額料金

ソフトバンクAirは2年契約です。

月額料金は、Airターミナルを「分割購入」するか「レンタル」するかで変わってきます。

▼Airターミナルを「分割購入」する場合▼

しむまる
Airターミナルを「購入」する場合は注意が必要で、「36回分割払いのみ」という縛りがあります。
▼Airターミナルを「レンタル」する場合▼

ちなみに現在、新規申込キャンペーン中です。

表の通り、いま申し込めば24ヶ月間は毎月1000円程度安くなるので、検討中の人はお早めに申し込んでおきましょう(※キャンペーン終了時期は未定)。

※万が一、速度が遅くて使い物にならなかった場合は、契約日から8日以内であればクーリングオフ制度により無料で解約できます。

>> SoftBank Air公式サイト

しむまる
SoftBank光とSoftBank Airについてもっと詳しくは下記記事にまとめています

まとめ

今回は、

家族のスマホを ⇒  ワイモバイル

自宅のネットを ⇒  SoftBank Air SoftBank光

に統一することで、家計のスマホ代を月1万円以上節約する方法を紹介しました。

さらに言うと、

固定電話を利用する家庭は、ソフトバンクの固定電話サービスでもセット割引があります。そちらは下記記事にまとめていますので参考に。

CHECK!
月3000円節約!スマホ代と固定電話をセットで大幅に安くする方法【ソフトバンク/ワイモバイル】

家に固定電話を引いている家庭はまだまだ多いですが、スマホ全盛の今では月々のスマホ代と固定電話を合わせると「電話代」だけで結構な負担になります。 そんなとき、お使いのスマホと同じ会社の固定電話を契約すれ ...









-Y!mobile

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.