SoftBank Air Y!mobile

月3000円節約!スマホ代と固定電話をセットで大幅に安くする方法【ソフトバンク/ワイモバイル】

投稿日:

家に固定電話を引いている家庭はまだまだ多いですが、スマホ全盛の今では月々のスマホ代と固定電話を合わせると「電話代」だけで結構な負担になります。

そんなとき、お使いのスマホと同じ会社の固定電話を契約すれば、スマホ+固定電話のセット割サービスがあるので、これを使わない手はありません。

今回は、ソフトバンク/ワイモバイルの利用者向けの固定電話サービスを紹介します。

ソフトバンクでは、スマホあるいはネット回線と一緒に固定電話を契約することでセット割引になる「おうちのでんわ」というサービスが展開されています。

自宅の電話機に「でんわユニット」を接続するだけでセッティングは完了。あっという間に固定電話代を月額980円(セット割なら月500円から!)からに抑えられるんです。

月額500円からにできるセット割引の条件は、以下のどれかを使っていること。

  • ソフトバンクスマホ
  • ワイモバイルスマホ
  • SoftBank Air(Wi-Fiネット回線)

とくに今ソフトバンクスマホを利用している人は、格安のワイモバイルに乗り換えることで、固定スマホ代+固定電話代で毎月3000円以上は安くすることができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

ソフトバンク「おうちのでんわ」とは?

「おうちのでんわ」サービス概要

「おうちのでんわ」はソフトバンクが展開している固定電話サービスです。契約すると「でんわユニット」という手のひらサイズの小型機器を渡されます。

この「でんわユニット」を手持ちの電話機に接続するだけで準備完了です。工事不要で超カンタンに固定電話が使えるようになります。

電話番号はNTT東日本やNTT西日本で取得した今までの番号をそのまま使えますし、まだ固定電話を契約していない人は新しい電話番号をもらえます。

「でんわユニット」は4G LTE回線を使ったサービスなので、いわば携帯電話を固定電話として使うようなもの。手のひらサイズで小さいので置き場所も自由です。

むしろ手軽に持ち運べてしまえるくらいですが、引越しの際は住所変更の手続きが必要なのでご注意を。

スマホセットで月額料金は500円から!でんわまとめて割の適用条件は?

「おうちのでんわ」は、以下の3つのどれかとセットで使うとセット割引が可能です。

ソフトバンクのスマホ

ワイモバイル のスマホ

SoftBank Air

「おうちのでんわ」の月額料金は以下の通り。

セット割引である「でんわまとめて割」が適用されれば、月額料金500円から。なんとワンコイン!

でんわユニットを分割購入すると月額465円の賦払金がかかりますが、これは月月割で相殺されるので問題なし。

しかも月額料金に加えて、

通話料金も安い!

宛先 通話料金
固定電話 7.99円(3分)
おうちのでんわ、BBフォン、ホワイト光電話 無料
ソフトバンク 無料
ワイモバイル、他社携帯電話 16円(1分)

本来の固定電話は距離や時間帯によって通話料金が変わってややこしいものですが、おうちのでんわなら一律料金なのもわかりやすいですね。

「おうちのでんわ」申し込み方法など

おうちのでんわは店頭での申し込みによるサービスなので、全国のワイモバイルショップかソフトバンクショップで契約することになります。

契約に必要なもの

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 申込み印(サインも可)
  • クレジットカードやキャッシュカード

注意点として、「おうちのでんわ」はでんわユニットのみが提供されるサービスなので、条件として自前で電話機の用意が必要となります。

現在すでに電話機を持っているなら大丈夫ですが、まだ電話機を持っていない場合は家電量販店などで購入しましょう。

スマホ代やSoftBank Air代とのセット割「でんわまとめて割」もソフトバンクショップやワイモバイルショップで申し込めるので、とくに自分での設定は必要ありません。

スポンサーリンク

大幅に節約するならスマホをワイモバイルに乗り換えよう

現在ソフトバンクスマホの人は、スマホを ワイモバイル に乗り換えると固定電話のセット割引をしながら、月々のスマホ代も安くできます。

テレビCMでお馴染みですが、ワイモバイル(Y!mobile)はソフトバンクの格安ブランドです。「第4のキャリア」とも呼ばれますが、使い心地はキャリアスマホとほとんど変わりません。

しむまる
実際に私もワイモバイルをメインスマホに利用していますが、不自由することはほとんどありません。

格安スマホとして紹介されることもあるワイモバイルですが、実はワイモバイルだけはソフトバンク社の自社回線を使っているので、通信速度はキャリア並みに速いです。

さらに、

  • 10分以内の通話は標準でかけ放題
  • 月額1000円で完全かけ放題も可能
  • キャリアメールも使える
  • 実店舗を構え、サポートも充実

と格安SIMの弱点を完璧に補っており、一般的な格安SIMより上位版になります。

ワイモバイルの通信速度をスピードテスト

おそらく乗り換えに際して最も気になるのが通信速度だと思いますが、下は実際に私が行ったワイモバイルのスピードテストです。

(左:朝8時/右:昼12時)

混雑時間帯もキャリア並みのスピードですね。
LINEモバイルすら上回っていますが、その辺は10Mbpsも超えると体感的には変わりません。

(左:夕方17時/右:夜20時)

1日通してキャリア並みかそれ以上の通信速度をマークしています。

しむまる
ネットサーフィンはもちろん、動画を見たりゲームをしたりと問題なくできています。

ワイモバイルの料金プラン


※スマホは横スクロール

通信量 音声SIM
スマホプランS 1〜2年目:2GB
3年目〜:1GB
1年目:1980円
2年目〜:2980円
スマホプランM 1〜2年目:6GB
3年目〜:3GB
1年目:2980円
2年目〜:3980円
スマホプランL 1〜2年目:14GB
3年目〜:7GB
1年目:4980円
2年目〜:5980円

公式HP ワイモバイル

月額料金も月額1980円からと、キャリアに比べて圧倒的に安いです。しかも家族での乗り換えなら家族割が適用できるので、2回線目以降は月額1480円からとさらに安くできます。

さらにワイモバイルは10分以内の通話なら全てかけ放題です。スマホで済む電話はワイモバイルでかけることで、固定電話の通話料も限界まで節約できます。

ちなみに私はスマホプランSを契約していますが、例えばスマホプランSにおうちのでんわをセットにすると、以下の感じになりますね。

ワイモバイル(プランS)+おうちのでんわの場合

  • スマホ代:1980円〜2980円
  • 固定電話:500円(セット割)

⇒家計の通話代が月2480円〜3480円!

これが例えば、NTT東日本+ソフトバンクスマホだった場合、

ソフトバンクスマホ+NTT東日本の場合

  • スマホ代(2GB+5分かけ放題):5500円
  • NTT東日本固定電話:1600円

⇒合計7100円

ご覧の通り、毎月3000円以上の差になってくるわけです。

正直、固定電話なんてどこのサービスでもそこまで差なんてありませんし、スマホもワイモバイルならキャリアとほとんど変わりません。

スマホや電話代程度に無駄にお金を払いたくない人は、乗り換え推奨です。

キャリアからワイモバイルへの乗り換え方法

キャリアからワイモバイルに乗り換える場合は、

  1. MNP予約番号の発行
  2. SIMの契約
  3. 商品の到着

という3ステップです。

MNP予約番号の発行

乗り換えに際して、まずMNP予約番号を発行します。

ドコモならMy docomoのオンライン手続きからすぐに発行可能、auやソフトバンクはショップに行くか、電話でも発行できます。

ワイモバイルだとMNP予約番号は取得から2日以内に利用しなければならないので、乗り換え予定日の2日前以内に発行しておくように。

ワイモバイルSIMの契約

MNP予約番号を取得したら、ワイモバイルのSIMを契約します。

実店舗でもネット(オンラインストア)でも契約可能ですが、私としては可能であればネット契約推奨です。一度、実店舗で契約したことがありますが、不要な有料オプションなども紹介してくるのでネット契約に変えました。

ネットから契約する場合、下記の公式オンラインストアからになります。

公式サイト ワイモバイル

オンラインストアで欲しい端末やSIMカード、契約するプランを選んだら「購入手続きへ」から手続きを始めましょう。

申し込みに必要なのは、

  • クレジットカード
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号(他社から電話番号をそのままで乗り換える場合)

以上3点。

住所や氏名などの情報を入力した後に本人確認書類のデータをアップロードすれば、数日後に出荷されて自宅に届きます。

商品が自宅に届くと、その翌日に自動で回線が切り替わり、新しいSIMカードが使えるようになります。届いた当日にはまだ使えないので注意してください。翌日からです。

 

または、自宅のネット回線をSoftBank Airにすること

スマホをワイモバイルにできない場合は、自宅で使うネット回線を SoftBank Air にすることでも、おうちでんわのセット割引を適用できます。

SoftBank Airは、別名「置くだけインターネット」と呼ばれる超お手軽ネット回線。もちろん通信量に制限はなく「使い放題」です。

ソフトバンクAirの特徴は以下のとおり。

  1. 開通工事不要。コンセントに挿すだけでOK。
  2. 通信速度は下り最大261Mbpsと並程度
  3. 通信速度制限が存在する

それぞれカンタンに解説します。

工事不要の手軽さ!専用機器をコンセントに挿すだけ!

SoftBank Airは開通工事も、プロバイダの面倒な契約も一切必要ありません。申し込み後に送られてくるWi-Fiルーター(Airターミナルという名称)をコンセントに挿して電源ONする。たったこれだけです。

  1. Airターミナルを置く
  2. コンセントを差す
  3. 電源ON

たったこれだけ!

機械に弱い人でも安心。サルでもできるほど簡単です。

通信速度は最大261Mbps

公式サイト SoftBank Air

ソフトバンクAirは年々速くなっているのですが、2017年最新の「Airターミナル3」は最新Airターミナル3は下り最大速度261Mbps。

光回線( SoftBank光 )が最大速度1Gbpsなことを踏まえると特別速い数値ではありませんが、普通にインターネットを使う上では十分な速度です。

(ちなみに、スマホの下り最大速度はおよそ75〜100Mbps)

しむまる
ただし、実際の通信速度は「エリア」や「通信環境」によって大きく左右されます

周囲に高層ビルが並んでいたり屋内に遮蔽物が多いと、それだけで電波がキャッチしにくくなります。少しでも通信速度を安定させるために、Airターミナルはなるべく電波をキャッチしやすい窓際に設置しましょう。

回線混雑時には通信速度が制限あり

ソフトバンクAirは明確な速度制限基準こそないものの、「混雑時には速度を制限する場合がある」と公式に明記されています。

とくに夜間に速度が低下する場合が多く、この時間帯にゲームや高画質動画を楽しむのは難しくなるケースがあることは覚悟が必要です。

ただスマホのように基準に達したら必ず速度低下が起きるわけではなく、あくまでケースバイケースのようです。

しむまる
速度制限は場合によってありますが、通信量は無制限です。使い放題なので安心してください。

月額料金

ソフトバンクAirは2年契約です。

月額料金は、Airターミナルを「分割購入」するか「レンタル」するかで変わってきます。

Airターミナルを「分割購入」する場合

しむまる
Airターミナルを「購入」する場合は注意が必要で、「36回分割払いのみ」という縛りがあります。

Airターミナルを「レンタル」する場合

ちなみに現在、新規申込キャンペーン中です。

表の通り、いま申し込めば24ヶ月間は毎月1000円程度安くなるので、検討中の人はお早めに申し込んでおきましょう(※キャンペーン終了時期は未定)。

※万が一、速度が遅くて使い物にならなかった場合は、契約日から8日以内であればクーリングオフ制度により無料で解約できます。

電話代や通信費は、基本的に同じ会社で統一するほどお得になります。

なので、

  • 固定電話はソフトバンク「おうちのでんわ」
  • スマホはワイモバイル
  • ネットはSoftBank Air

これが最強です。

>> SoftBank Air公式サイト

【まとめ】スマホと固定電話のセット割で通話代を節約しよう

電話もネットも、時代の流れによってどんどん安くなっています。今でも一昔前の頃の料金を払っていると実はめちゃくちゃもったいないかもしれません。

とくに家族みんなで固定電話+スマホ数台をやりくりしている家庭は、人数分だけ大きく節約できるのでたった1人数千円でも大きいはず。

節約できるところは、なるべく上手く節約してみてはいかがでしょうか。

公式 ワイモバイル

公式 SoftBank Air






-SoftBank Air, Y!mobile

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.