Wi-Fi Y!mobile

ワイモバイルを海外で使うには? ネット通信や通話、LINE、設定方法の疑問を解決!

更新日:

「格安SIMって海外でも使えるの?」と疑問の人多いと思いますが、ワイモバイルでは「海外パケットし放題」というソフトバンクのサービスを利用することができます。

「海外パケットし放題」を設定しておけば、海外でもネット通信ができますし、 さらにワイモバイルは国際ローミングに対応しているので、国際通話をすることも可能です。

つまり、設定さえすれば海外で通話もネットもできますので安心してください。

この記事では、ワイモバイルの海外パケットし放題を利用してのインターネット、そして通話やLINEの使用方法や設定までまとめて解説します。

公式サイト ワイモバイル

スポンサーリンク




ワイモバイルの国際ローミングサービスや、海外パケットし放題とは?

ワイモバイルでは、国際ローミング(世界対応ケータイ)とその中のサービスである「海外パケットし放題」を利用することで、

  • 海外でのインターネット(海外パケットし放題)
  • 国際通話、国際SMS(国際ローミング)

これらのサービスを利用可能になります。

特に重要なのは海外パケットし放題でしょう。海外でもネットができるサービスを提供している格安SIMは現状ほとんどありません。その意味でワイモバイルは貴重です。

まずはそれぞれのサービスについて、順番に説明していきます。

「海外パケットし放題」の適用で、海外でもネットができる

まずは海外で「ネット」をする手段です。

海外パケットし放題はもともとソフトバンクのサービスですが、ソフトバンクの格安ブランドであるワイモバイルでも利用できるようになっています。

海外パケットし放題を適用すると、海外でも定額でスマホによるネットができます利用料金は1日ごとに生じ、通信量によって2段階に変化します。

以下の表の通りです。

 1日の通信量 1日の利用料金
25MBまで 0円~1980円
25MB以上 2980円

1日25MB以上通信した場合は、それ以降いくら通信しても2980円が上限となります。

1日25MBは正直少ない容量で、ネットを見ているだけでも達してしまう可能性は高いです。SNSに画像などを投稿したら一瞬ですね。

そのため、基本的には毎日2980円かかると考えておいた方が良いでしょう。

 

また一応海外でネットをする方法は他にも、

  • 現地でプリペイド式のSIMカードを買い、SIMフリースマホで運用する
  • レンタル式のポケットWi-Fiを借りる

といった手段もあります。

ただワイモバイルなら、海外パケットし放題を適用するだけでそのままで海外でネットができるので手軽ですし便利ですね。

国際ローミングを利用すれば、海外でも通話ができる

続いては海外で「通話」をする手段です。

ワイモバイルでは国際通話やSMSをするために必要な「国際ローミング」のサービスである「世界対応ケータイ」を利用できます。

難しい言葉を抜きにして、設定さえすれば海外から日本へ電話をかけることができます。もちろん、SMSも可能です(設定方法は後述)。

ただし、通話料金は日本と同じではありません。国際電話となるため、国ごとに通話料金が異なります。

海外からの通話料金は国だけでなく、使用する端末や国際ローミングで利用する国ごとの通信事業者(後述)によっても細かく変化するためここではとても書き切れません。

ワイモバイルの公式サイトにて、各国の通信事業者ごとの料金は確認することができます。

http://www.ymobile.jp/service/global_roaming/

 

ワイモバイルを海外で使うときの契約方法・設定方法

続いて、国際ローミングやパケットし放題の契約方法と設定方法を解説します。

国際ローミングを使っての通話方法。電話番号の入力に注意

まず海外で通話をするための「国際ローミング」ですが、こちらはワイモバイルを契約する際に自動で加入されています

この記事を書くにあたって確認してみましたが、私も既に加入済みでした。つまり申し込みは不要で設定もなし。現地で電話をかけるだけです。

ただし発信する際の電話番号に工夫が必要になります。

通話パターンとして最も多い下記のケース

  • 海外現地から日本へ発信する
  • 海外現地にて、日本の携帯同士で発信する

この場合は、「+81」を電話番号の頭に付け、「090~」など電話番号の先頭の「0」を外して電話番号を入力すればOKです。

また、

  • 海外現地の携帯や一般電話(現地人やホテル・店など)に発信する

この場合は、普通に電話番号そのまま入力すればOKです。

しむまる
詳細は下記のソフトバンクページに詳しく書かれているので、一度見ておきましょう

詳細海外で電話をかける(ソフトバンク)

海外パケットし放題は、利用時に事業者の設定を忘れずに

続いて海外でネットをするための「海外パケットし放題」ですが、こちらも事前申し込みは不要です。ただし渡航前に設定が必要になります。

この設定をしていない、または設定ミスしていると高額な通信料を請求される可能性もあるので注意しましょう。

海外パケットし放題の設定方法については、説明動画も用意されているので動画に沿って設定した方がいいでしょう。

こちらの動画はiPhone用の設定方法ですね。

iPhone、Android、タブレットなど端末ごとの設定方法も詳しくはソフトバンクページに手順が載っているので参考に。

>>海外パケットし放題(スクロールすると中ほどに「設定方法」があります)

 

一応、ここに文章でも設定方法を残しておきますね(iPhoneのケースです)。

渡航前にしておく設定

まず事前に、渡航先の「対応の通信事業者一覧」を確認してメモしておきましょう。これは渡航先で定額サービスを世話してくれる事業者のことで、国ごとに多数の事業者が存在します。下記ページより渡航先の事業者を確認することができます。

>>定額対象事業者

この事業者は、渡航後の設定で選択することになります。

で、渡航前の実際のスマホの設定は以下のとおり。単純です。

iPhoneの渡航前設定

「設定」のアプリを開き、下記項目↓

  • 「4Gをオンにする」
  • 「データローミング」
  • 「モバイルデータ通信」

の全てをオフにする。

これがオンになっていると失敗することがあるので注意しましょう。

渡航後の設定

iPhoneの渡航後の設定

設定アプリの「キャリア」をタップ

「自動」をオフ

下の通信事業者リストの中にある「海外パケットし放題」対応の通信事業者(事前に確認しておいた事業者名)をタップ

設定アプリの「モバイルデータ通信」で「モバイルデータ通信」をオンにし、「通信のオプション」より「データローミング」をオン。

最後に「通信のオプション」から「音声通話とデータ」、もし通話しないなら「データ通信のみ」を選択

これで、海外パケットし放題を利用して通信ができるようになります。

スポンサーリンク




ここが不安!海外で使用する際のQ&A

通話のみできればいい場合は?

通話だけできればOKという場合は、データローミングをオフにすれば、通話のみを使えるようになります。

例えばiPhoneの場合、「設定」、「モバイルデータ通信」、「通信のオプション」と進み、データローミングを「オフ」にすればOKです。

LINEやSNSは使える?

LINEやSNSはWebサービスなので、海外パケットし放題を設定すれば海外でも問題なく使えます。

とくに設定などは必要ありません。インターネットに繋がっていれば、LINEもSNSも使えます。

LINEの音声通話なら通話料金がかからないので、普通に国際電話をするよりもお得ですね。

TwitterやInstagramといったSNSももちろん、海外パケットし放題を利用すれば問題なく楽しめます。現地で投稿する際は、忘れずに海外パケットし放題を設定しておきましょう。

高額請求されたりしない?

海外パケットし放題を忘れずに設定しておけば、基本的にインターネットをした際の高額請求はありません。

 ただし、うっかり海外パケットし放題を設定し忘れていると、高額な請求が来る恐れが。そのため海外旅行に行く際は、忘れずに海外パケットし放題を設定しておきましょう。

どうしても不安がある場合は、通話のみできる設定にしておき、ネット通信は別途でWi-Fiをレンタルしておくのもアリですね。

【まとめ】海外に行くならワイモバイルがお得

格安SIM愛用者で海外に行く機会が多い人なら、断然ワイモバイルがおすすめですね。格安SIMは国際通話には対応していても、海外でのネットには対応していないものが多いですね。

ワイモバイルはSoftBankが自分で手がけていることもあり、国際通話はもちろん、ソフトバンクのサービス「海外パケットし放題」を利用して海外でのネットも安心してできます。

ただし事前の設定が必要になるので、渡航される方はしっかり確認しておきましょう。









-Wi-Fi, Y!mobile

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.