UQ-mobile スマホ

防水防塵に抜群の耐久性!DIGNO Vをスペック評価【UQモバイル専売】

更新日:

SIMフリースマホは海外メーカー製のものが多く、耐久性に心配がある機種も多いです。なるべく壊れにくいスマホが欲しい……という人は耐久性にも着目しましょう。

2017年夏、UQモバイルで新登場した「DIGNO V」なら、耐久性の心配は必要ありません。安心の国内生産でありつつ、防水・防塵や耐衝撃など頑丈さに重点を置いて作られているからです。

今回は、京セラが販売しているDIGNO Vの機能やスペックを評価します。UQモバイルでは実質0円で買うことも可能なので、格安でスマホを欲しい人も必見ですよ。

販売サイト UQモバイル

スポンサーリンク




耐久性や通話面で充実DIGNO Vの機能を解説

DIGNO Vは、耐久性と通話品質に重点を置いて作られたSIMフリースマートフォンです。

さらにおサイフケータイも利用できるので、キャリアスマホからの乗り換えにも最適な端末ですね。まずは機能について詳しくチェックしていきましょう。

DIGNO Vは国内生産

私はあまりどこの国製でも気にならないんですが、人によっては「国内生産」を重要視しますよね。日本メーカーが日本人ユーザーのために手がけていることに対する安心感は確かにあります。

DIGNO Vは、企画、設計、開発、試験、さらに製造も日本で行われています。ただ国内のメーカーが考えただけでなく、そこから製造までの過程も全て日本人の手で行われているわけです。

このように日本メーカーが作っているSIMフリースマホというのは、種類がそれほど多くありません。DIGNO Vは、国内メーカーが作っている貴重なSIMフリースマホといえます。

DIGNO Vは耐衝撃性能など、耐久性が高い

海外メーカーのスマホは耐衝撃性能が重要視されていないことも多く、落としたときに備えてカバーを着けたり液晶保護ガラスを貼ったりして身を守らなければいけません。

しかし、京セラのDIGNO Vなら耐衝撃性能が高いので安心です。よほど打ち所が悪くない限りは、画面割れは起こりませんよ。

さらにDIGNO Vは防水です。
突然雨が降ってきても安心ですし、台所などでスマホを使う時も大丈夫なんです。

他にも耐振動だったり、暑さや寒さに強い音頭耐久だったりもします。アウトドア派にもDIGNO Vはオススメできますね。

通話をクリアーな音声で楽しめる

DIGNO Vはau VoLTEに対応しているので、auのVoLTE対応スマホ同士ならクリアな音質での通話が楽しめます。

そしてDIGNO Vには「スマートソニックレシーバー」が搭載されているので、騒がしい場所であっても相手の声が聞き取りやすいという特徴があります。

仕事柄、外で通話をする機会が多い、あるいは騒がしい場所で通話する機会がある人などは、こうした通話品質の高さもポイントになります。

おサイフケータイにも対応している

http://www.felicanetworks.co.jp/osaifu/

DIGNO Vにはおサイフケータイが搭載されています。

海外メーカー製のスマホだとおサイフケータイに対応していないものがほとんどですが、日本の京セラ製だけあってDIGNO Vはバッチリおサイフケータイに対応しています。

モバイルSuicaやiDなど、電子マネーを活用したい方にはDIGNO Vがオススメですね。

⇒おサイフケータイ対応SIMフリースマホのおすすめ比較!【2017年版】

DIGNO Vのスペック

続いて、DIGNO Vのスペックをチェックしていきましょう。

DIGNO Vのスペックを以下の表にまとめたので、ご覧ください。

税抜価格 31300円
プランM以上の分割購入で実質0円
OS Android 7.1
CPU Snapdragon 430
メモリ 2GB
ストレージ容量 16GB
画面 5.0インチ、HD
カメラ アウトカメラ:1300万画素
インカメラ:500万画素
重さ 139g
バッテリー容量 2600mAh

参照 UQモバイル

全体的にスペックは抑えめですね。それでは細かく見ていきましょう。

OSは最新の、Android 7.1

DIGNO VのOSはAndroid 7.1です。最新のAndroid 7.1が搭載されているのは嬉しいですね。

現在2017年7月とあってそろそろAndroid 8.0も登場してきそうですし、今からAndroid 6.0や5.0などが搭載されているスマホを買うのはオススメできません。

最新OSが使えるのは、DIGNO Vのメリットですね。

CPU、メモリ、ストレージ容量はスペックが抑えめ

DIGNO VのCPUはSnapdragon 430です。これはシャープ製のAQUOS L2や、前機種のDIGNO Wと変わらないCPUですね。

私もSnapdragon 430を搭載しているSH-M04X1といった端末を使っていたことがあります。とりあえず普通に使っている分には、困る場面は無かったですね。

なお、DIGNO Vと同時期に発売されたarrows M04にも搭載されているSnapdragon 410については、arrows M03を使った限りでは動作にもたつきを感じられる場面などがありました。

とりあえずDIGNO VのCPUについては、よほどスペックを要求するゲームなどをしない限りは問題ないと私は考えています。

メモリ2GBは、2017年の今ではちょっと物足りないですね。たくさんアプリを起動したときなど、スペック不足を体感する場面があります。

後継機が今後出るときは、3GBに増量して欲しいところです。

そしてDIGNO Vのストレージ容量は16GBで、あまりたくさんのアプリはインストールできません。

ゲームなど大容量のストレージが必要なアプリを使うことが多い場合は、ストレージ容量32GB以上の他の端末を選んだ方が安心でしょう。

なおDIGNO Vでは最大256GBのmicroSDカードを使えます。microSDにデータを移せる写真や動画などをたくさん保存するなら、microSDを用意しておけば大丈夫ですね。

画面解像度はHDと高くないものの、画面サイズ的に気にならないかも

DIGNO Vの画面解像度はHDです。フルHDの端末も増えてきている昨今なので、見劣りしないとは言い切れません。

しかし画面サイズ自体が5.0インチと小さいので、実際に画面を見てみるとそれほど解像度は気にならない人も多いでしょう。

私も家電量販店の店頭でDIGNO Vの画面を確認しましたが、気にならなかったです。購入したい場合は念のため、購入前に実物を見て画面を確かめてみた方が良いですね。

DIGNO VはUQモバイルで、実質0円で買うこともできる

DIGNO Vは、UQモバイルでのみ販売されています。なのでDIGNO Vが欲しい場合はUQモバイルの契約が必須となります。

UQモバイルはau回線の格安SIMで、通信速度の速さに定評がある格安SIMです。au(KDDI)のグループ会社が運営しているので、実質的にはauのサブブランドにあたります。

かけ放題がセットの「おしゃべりプラン」か、無料通話がセットの「ぴったりプラン」が主力のプランになります。

ぴったりおしゃべり 通信量 音声SIM
プランS 1〜2年目2GB
3年目〜1GB
1年目1980円
2年目〜2980円
プランM 1〜2年目6GB
3年目〜3GB
1年目2980円
2年目〜3980円
プランL 1〜2年目14GB
3年目〜7GB
1年目4980円
2年目〜5980円

DIGNO Vは定価33804円ですが、このおしゃべりプランかぴったりプランを契約すると「マンスリー割」という月額割引が発生して端末代が劇的に安くなります。

割引額については、一括購入か分割購入か、どのプラン(S/M/L)を契約するかで変わってきます。

例えば分割購入を選んでプランM以上を選べば、端末代は割引によって0円になります。

プランM以上を選ぶと、毎月の端末分割代金と同額の割引がされるので相殺されて実質0円になります。プランM以上を契約したい人は分割購入を選んでおきましょう。

一括購入の場合などは割引額がまた変わってくるので、詳細は必ず公式サイトで確認してから購入しましょう。

まとめ

今回は、耐久性が高く国内生産のSIMフリースマホ・DIGNO Vを紹介しました。スマホを選ぶ際に壊れにくさや国内メーカー製であることを重視している人には最適な端末です。

スペックが抑えめという難点はありますが、ぴったりプランやおしゃべりプランでの購入なら実質0円にもなるので十分コスパの高い端末ですね。

販売サイト UQモバイル









-UQ-mobile, スマホ

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.