LINEモバイル

LINEモバイルでSIMフリーiPhone8/iPhoneXを使うメリットデメリット。通信速度は全SIM最速クラス!

更新日:

2017年もAppleより最新型のiPhoneが発売されます。しかも今回は2種類の新型iPhoneが登場することとなりました。

  • iPhone 8
  • iPhone X(テン)

iPhone8はそのまま7の上位版ですね。正直7から目新しい進化はなくデザインもほぼ同じです。

一方、デザインからして目を奪われるのがiPhoneX(テン)です。これは9を飛ばして10なわけではなく、iPhone誕生10周年を記念したプレミアムモデルです。詳しくは記事で解説しますが、機能スペックもかなり上がっています。

これら新型iPhone、もちろん「格安SIMで使いたい」という人多いですよね。

しかしいくら最高スペックの端末でも、通信に使うSIMカードが低スペックであればiPhone8/iPhoneXの持つポテンシャルを存分に発揮できません。とくに格安SIMは通信速度が遅いものも多いので、せっかくの最新iPhoneが宝の持ち腐れになるケースも目立ちます。

そこで今回紹介したいのが、iPhone8/iPhoneXとLINEモバイルの組み合わせです。

LINEモバイルはドコモ回線の格安SIMですが、大手IT企業のLINEが運営しているとあって非常にスペックが高いです。

  • 通信速度は全SIM中で最速クラス。さらに安定もしている
  • SNSが使い放題になるカウントフリー機能搭載
  • 契約期間が短め
  • LINEの年齢認証機能があるので、LINEで人と繋がる機会が多い人に有利

などなど、魅力的なポイントがあります。

しむまる
私も実際に前機種iPhone7、iPhone7PlusをLINEモバイルで使っていますが、ストレスを感じたことは全くありません。通信速度も24時間爆速で最も気に入っている組み合わせです。

ただLINEモバイルは、 ワイモバイル UQモバイル のようなキャリアのサブブランドではないため、いくつかデメリットも抱えています。

というわけでこの記事は、最新iPhone8/iPhoneXの情報に加え、それらをLINEモバイルで使うメリットとデメリットを紹介します。

公式サイト LINEモバイル

スポンサーリンク

iPhone8とiPhoneXの違いを比較

左のホームボタンないヤツがiPhoneX、右の従来デザインがiPhone8(大きいのは8plus)です。

まずはスペック表を。

iPhone8 iPhoneX
ディスプレイ 4.7インチ 5.8インチ
カメラ 1200万画素 広角1200万画素
望遠1200万画素
容量 64GB/256GB 64GB/256GB
機能 ワイヤレス充電
タッチID(指紋認証)
防水防塵
Face ID(顔認証)
ワイヤレス充電
ジェスチャー操作
Super Retina
防水防塵
カラー シルバー
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
価格 64GB:78,800円
265GB:89,800円
64GB:112,800円
265GB:129,800円
予約開始日 9月15日 10月27日
発売日 9月22日 11月3日

最初に言っておくと、iPhone8の方は7とほとんど変わりません。ワイヤレス充電などちょっと機能アップしてるくらい。

今回の注目のまとは、言わずもがなiPhoneXの方です。今までとは大きな違いがあります。

ホームボタン撤廃!前面がまるまるディスプレイに

一目で「おぉ!」と思うのは、何と言っても本体前面がまるまるディスプレイになったことです。ホームボタンがありません。

このおかげで、本体サイズは変わらないのにディスプレイサイズが5.8インチと馬鹿でかくなっています。慣れるまでがアレですが、慣れたら絶対こっちの方が良さそうですね。

しかも、ディスプレイはSuper Retina(有機EL)が採用されているので解像度も上がっています。画面に関しては大きなスペックアップですね。

Face ID(顔認証)搭載

そして早速物議をかもしているのが「Face ID(顔認証)」です。iPhone8は馴染みのある指紋認証ですが、iPhoneXは顔でロック解除など認証します。

スマホ持ってれば自然と顔が画面に向いているので、ロック解除がスムーズになるという狙いでしょう。

ただ、「恋人や妻・夫に寝顔で勝手にロックを開けられたらどうすんだ!」とか「整形したらどうすんだ!」とか「すっぴんが別人な場合は!」という声が飛び交っています(笑)。

顔判定は赤外線での3D解析が用いられるので、例えば顔写真でロックが外れるといった心配はありません。

ワイヤレス充電

ワイヤレス充電はiPhone8も搭載しています。充電コードが不要なので一見便利そうに見えますが、これは使ってみないとどうなのかわかりませんね。

ワイヤレス充電ができる機種は他にもすでにあるのですが、その利用者の声では「ぶっちゃけそこまで必要ない」との声も……。

しむまる
という点が大きな進化ポイントですね。その他、防水防塵などはそのままです。

iPhone8とiPhoneX、正直どっちがおすすめなの?

Appleの公式発表を受けての現時点での率直な感想を述べると、

  • iPhone 8は7と大差なさすぎ(あまり興味なし)
  • iPhoneXは超欲しいけど高すぎ!!

という感じです。

価格を度外視すれば、買うなら150% iPhoneXです。7と比べて目に見える進化を遂げているので純粋にワクワクしています。

ただ、iPhoneXは高い!! 265GBなら税込で14万近く!!

正直この価格は、Appleブランドを愛してやまないファン向けの価格であり商品です。ルイヴィトンの財布と同じレベルの、Appleのスマホであり、ただのスマホとしては高すぎますね。

iPhone10周年記念のメモリアルバージョンというブランド力もあります。Appleファンの人は躊躇なしにiPhoneXを買いましょう。iPhoneにこだわりがなければ高すぎるので他でいいかと。

しむまる
私は当然、iPhoneXを購入する予定です! (買ったらレビュー記事書きますね)。

iPhone8/iPhoneXをLINEモバイルで使う方法

iPhone8またはiPhoneXをLINEモバイルで使うなら、キャリアではなく必ずAppleから「SIMフリーモデル」を直接購入しましょう。

キャリアで購入するiPhoneにはSIMロックがかかっており、解除できるまで半年近くかかります。LINEモバイルはドコモ回線なのでドコモで購入してもいいですが、どうせなら煩わしい縛りのない「SIMフリーモデル」をAppleストアから直接買いましょう。

予約開始日と発売日

<iPhone8/8 Plus>

  • 予約開始:9月15日
  • 発売日:9月22日

<iPhoneX>

  • 予約開始:10月27日
  • 発売日:11月03日

発売日にいち早く入手したい人は、オンラインストアで予約しておきましょう。

公式Appleオンラインストア

しむまる
最新iPhoneを手に入れる準備ができたら、LINEモバイルを契約しましょう。LINEモバイルは格安SIMの中でもトップクラスに速度が速いので、iPhoneとの相性もピッタリです。

下記からはLINEモバイルについて、その魅力を解説します

SIMフリーのiPhone 7をLINEモバイルで使うメリット

LINEモバイルの強みはかなり多いです。ざっと挙げてみても、

  • 通信速度が常時高速で安定している
  • SNS使い放題と豊富なカウントフリー機能
  • キャリアのサブブランド系格安SIMより契約期間が短い
  • 10分かけ放題や半額通話、LINEの無料通話など通話サービスも豊富
  • 年齢認証も可能

これだけのメリットがあります。

それぞれもう少し詳しく解説しましょう。

LINEモバイルは通信速度が非常に速い

LINEモバイルはドコモから回線帯域の一部を借りている「MVNO」です。ワイモバイルやUQモバイルのようにキャリアと密接な繋がりがあるわけではありませんが、通信速度がめちゃくちゃ速いです。

実際に私が計測したスピードテストでは、メジャーなSIMの中でも1番に通信速度が速いという結果がでました。1位がLINEモバイル、2位が ワイモバイル 、3位が UQモバイル という結果です。

⇒遅いの勘弁!通信速度が早い格安SIM(MVNO)なら比較検討すべき3社

 

その時のLINEモバイルのスピードテスト結果がこちらです。

(左:朝8時/右:昼12時)

格安SIMが最も混雑する昼12時〜13時の時間帯でもスーパー速いです。ネットサーフィンはもちろん動画再生やゲームアプリも快適そのものです。

(左:夕方17時/右:夜20時)

夕方〜夜にかけても爆速です。

端的に言って、24時間通してキャリアと変わらない通信速度が出ています。

iPhone8/iPhoneXというハイスペック端末を使うのであれば、高画質動画やハイスペックゲームでも遊び尽くしたいですよね。そんな時も通信速度さえしっかり出ていれば快適に遊びまくれます。

しむまる
LINEモバイルは2016年のサービス開始直後こそ、「どうせ速いのは今だけだろ」と言われていたのですが、2017年秋現在になっても全くスピードが落ちずに爆速のままですね。

LINEモバイルにはSNSのカウントフリー機能がある

LINEモバイルを語る上で欠かせないのが、「カウントフリー機能」ですね。これは、特定サービスやアプリの通信量が消費されなくなる(=実質使い放題になる)機能です。

カウントフリー対象となるアプリは、契約するプランによって異なります。

LINEフリープラン LINE
コミュニケーションフリープラン LINE、Twitter、Facebook、Instagram
MUSIC+プラン LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC

詳細 LINEモバイル

月額プランについては記事後半で詳しく紹介しますが、主流となるコミュニケーションプランであれば人気の4大SNSは全て通信量フリーになります。

ツイッターやフェイスブックを習慣的に開いている人は、実はSNSだけで月に数百MB〜1GB程度使っているケースは多々あります。

このSNSの1GB分がフリーになるということは、LINEモバイルにするだけで毎月1GB分、今までより多く使えるということになります。

SNS廃人の人ほどLINEモバイルの恩恵は大きいですよ。

LINEモバイルは音声SIMの最低利用期間が最大13ヶ月程度

LINEモバイルは、音声SIMを契約した場合の最低利用期間が「利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで」と短めです。約13ヶ月程度で縛りが解けます。

さらに、LINEモバイルには契約の自動更新システムがありません。最低利用期間さえ過ぎてしまえばいつでも解約可能です。勝手に契約更新される心配がありません。

さらに、データSIMなら最低利用期間そのものがありません。このフットワークの軽さはLINEモバイルの大きな魅力です。

例えば、LINEモバイルと同レベルの通信速度を誇るSIMとして、ソフトバンクのサブブランドである「 ワイモバイル 」と、auのサブブランドである「 UQモバイル 」がありますが、これらは基本的に最低利用期間が2年とLINEモバイルの2倍です。さらにキャリアと同じ自動更新システム付きです。

格安SIMは縛りの短さも大切なウリですから、その点でLINEモバイルはキャリア系SIMより一歩リードしています。

LINEモバイルには無料通話に加えて、半額通話やかけ放題がある

LINEモバイルは通話に関してもサービスが豊富です。

通話方法として、

  • 10分かけ放題オプション(月額880円)
  • 半額通話アプリ(10円/30秒)
  • LINEの無料通話機能(IP電話)

と3種類の使いかたができます。

通話が多い人は10分かけ放題を付けておくといいでしょう。3分や5分のかけ放題が多い中、10分という長さは魅力です。10分もあればほとんどの通話は無料にできるのではないでしょうか。

かけ放題は要らないという人でも、無料の半額通話アプリ「いつでも通話」をダウンロードしておきましょう。このアプリから通話することで、通話料10円/30秒と通常の半額にすることができます。音声回線を利用しているので通話品質も問題ありません。

完全無料で好きなだけ通話したい人は、LINEアプリの無料通話機能を使うという選択肢もありです。ただしLINEの無料通話には、下記のようなデメリットがあります。

  • IP電話なので通話品質が悪い(音が途切れたり遅延したりする)
  • LINEアプリ内の友達同士でしか使えない

家族や友人間での通話なら無料通話でもいいかもしれませんが、仕事相手など重要な電話では控えた方が良さそうです。

詳細 LINEモバイル

LINEモバイルが10分かけ放題や半額通話アプリ搭載!ドコモ回線最強の格安SIMに

格安SIMの中で通信速度が抜群に速く安定してるため人気が高いLINEモバイルですが、今まで「かけ放題」などの通話サービスがないことが唯一デメリットでした。通話が多い人にとっては、いくら通信速度が早くて ...

LINEの年齢認証ができる

LINEモバイルは、当たり前ですがLINEの年齢認証ができます。この年齢認証を行うことにより、LINEで「ID検索」が利用可能になります。

IDを入力して簡単に友だちを探し、登録できます。LINEで友だちを追加する機会が多い人には、ID検索ができると嬉しいですね。

年齢認証ができる格安SIMは、LINEモバイル以外にはワイモバイルしかありません。ID検索ができる格安SIMは実はとても貴重なのです。

 

LINEモバイルのデメリット

キャリアメールは使えない

私自身はLINEモバイルを使っていてデメリットに感じる部分はそうないのですが、人によっては「キャリアメールが使えない」という点がデメリットになりえます。

スマホの登場でキャリアメールは使用機会がグッと減りましたが、今でも銀行など一部のサイトのメールアドレス登録やガラケーの知人との連絡などで持ってないと不便な場面があります。

特にガラケーユーザーの親戚や友だちなどにメールを送る際は、相手がGmailなどLINEモバイルで使うフリーメールアドレス等をブロックしているとメールが相手に届かないので要注意です。

この場合は、相手に伝えて受信許可設定をしてもらえば無事にメールを届けられますが、そういった変更手続きが苦手な人だと受信許可設定をできず、メールがずっと送れなくなる可能性があります。

通信速度が今後遅くなる可能性はある?

もう一つ懸念されるデメリットとしては、「通信速度が今後下がっていくんじゃないか?」ということです。

格安SIMはキャリアから回線の一部分を借りて、その狭い回線にユーザーを流しているので、基本的にユーザー数が増えるほど回線は混雑し、速度は遅くなります。

LINEモバイルは2016年秋にサービス開始したばかりなので、まだ現時点では他の人気SIMに比べてユーザー数が少なく、おかげで回線が比較的空いていることが通信速度の速さに繋がっている面は確かにあります。

ただ、サービス開始直後から「どうせ1ヶ月したら……」「どうせ3ヶ月したら……」「どうせ半年もしたら……」と言われ続けて、もうすぐ1年になる現在でも全く速度低下する様子が見えません(ユーザー数は確実に増えているにも関わらず)。

MVNOはユーザー数が増えて回線がパンクしそうになると、回線帯域を借りるボリュームを増やすなどして回線設備の増強を行います。おそらくLINEモバイルはこの辺りの設備投資を抜かりなく行なっているのでしょう。

もちろんLINEモバイルは、ワイモバイルやUQモバイルのようにキャリア直系のMVNOではないため、これらに比較すればユーザー増加による速度低下のリスクはあります。ただ個人的には、現在までの実績からLINEモバイルの速度は盤石なものになるんじゃないかと思っています。

LINEモバイルの料金プラン

最後に料金プランについて。

LINEモバイルの料金プランは3タイプあります。

LINEフリープラン

データSIM 音声SIM
1GB 500円 1200円
  • LINEのみカウントフリー
  • 1GBしかないので、本当にタダの連絡用くらいにしか使えない
  • スマホ初心者や子供向け

コミュニケーションフリープラン

SMS対応SIM 音声SIM
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2880円
10GB 2640円 3220円
  • LINEモバイルの主力プラン
  • LINE、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムの4大SNSがカウントフリー
  • 通信量も3GB〜10GBまでと幅広い

MUSIC+プラン

SMS対応SIM 音声SIM
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円
  •  SNSに加え、音楽アプリ「LINE MUSIC」もカウントフリー(ただし通信量がかからないだけでアプリの月額料金はかかる)
  • LINE MUSICのヘビーユーザーでなければコミュニケーションフリープランでOK。

ちなみに、LINEモバイルは初月の月額料金が無料です。なので初月だけ10GBで契約して翌月から本命プランに戻す、という裏技もあります。

ただし初月無料な代わりに、解約月の月額料金は満額で請求されるのでご注意を。

まとめ

ハイスペックなiPhone 7を快適に使うにあたり、LINEモバイルの通信速度の速さは魅力的ですね。キャリアから乗り換える人でも、今までと同じ使い心地のままスマホ代を節約できます。

iPhone8/iPhoneXはゲームや動画を楽しむのにも最高レベルの性能を持ったスマホなので、通信速度さえ快適であれば万歳です。その点で、LINEモバイルは確かな速さを保証してくれますよ。

公式サイト LINEモバイル






-LINEモバイル

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.