IIJmio スマホ

Blade V8のスペック評価|デュアルレンズ搭載スマホが3万円台で買える!

更新日:

近年のSIMフリースマホはカメラ性能が格段に進化しています。人気メーカーのファーウェイからはデュアルレンズ搭載で高性能なSIMフリースマホが次々に登場していますし、iPhoneも最新の7Plusではデュアルレンズが搭載されています。

デュアルレンズ搭載スマホは背景ボケがある写真を撮影でき、きれいで見栄えの良い写真を撮れるのですが、全体的に価格が高めでした。中でも安いhonor 8でも定価は4万円台とそれなりです。

そんな中、IIJmioより価格3万円台でデュアルレンズ搭載のスマホ「Blade V8が新発売されました。

下記ではBlade V8の特徴やスペックについて徹底解説していきます。安価でデュアルレンズ搭載スマホが欲しい方はぜひ参考にしてみてください。

販売サイト IIJmio

スポンサーリンク




Blade V8の特徴は?

まずはBlade V8の特徴について解説していきます。

デュアルレンズカメラが最大の特徴であるBlade V8ですが、カメラをそこまで重要視していない人にでもおすすめできる点はいくつかあります。

3万円台の安価な端末なのに、デュアルレンズが搭載

Blade V8にはデュアルレンズが搭載されています。

  • 13MP+2MPのデュアルメイン背面カメラ
  • 13MPの高性能フロントカメラ

これにより、背景にボケのある写真を撮影することができます。人物写真や料理の写真など撮るとき背景ボケが使えると見栄えがかなり綺麗になりますよ。

IIJmio

背景ボケによって、その写真における一番映したい被写体を際立たせることができます。一眼レフカメラで撮ったような写真が撮れるので、SNSにアップしても見栄えが良いです。

3万円台という安価でデュアルレンズが搭載されているのは一番大きなメリットですね。

デュアルSIMデュアルスタンバイに対応

Blade V8は、2枚のSIMカードを入れられるデュアルSIMデュアルスタンバイ対応端末です。

2枚のSIMそれぞれにデータ通信と音声通話の機能を分けたり、両方に音声SIMを入れて同時に着信を待ち受けたりすることもできます。

デュアルSIMデュアルスタンバイ機能を活用すれば2枚のSIMを、

  • 仕事用とプライベート用で分けたり
  • データ用と通話用で分けたり
  • 異なるMVNOで分けてサービスを使い分けたり

など、様々な活用方法ができます。

デュアルSIMデュアルスタンバイはやや玄人向けの機能ですが、うまく使えば非常に有効活用できたり節約につなげることが可能です。

指紋認証搭載でセキュリティ面も安心

Blade V8には指紋認証も搭載されています。画面ロック解除などに指紋認証を利用できるので、セキュリティ面で優秀なのがBlade V8のメリットですね。

今や指紋認証対応のスマホの方が多いくらいなので特筆すべきポイントではありませんが、言い換えればしっかり指紋認証を搭載しているのは、現代のスマホとしての条件を満たしていることにつながります。

Blade V8のスペックを分析!

ここからはBlade V8のスペックを分析していきましょう。

まずは一覧表から見てみましょう。

税抜価格 34800円
OS Android 7.0
CPU Snapdragon 435
メモリ 3GB
ストレージ容量 32GB
画面 5.2インチ、フルHD
カメラ 【アウトカメラ】
1300万画素 AF+200万画素 FF+フラッシュ【インカメラ】
1300万画素 FF+フラッシュ
重さ 141.6g
バッテリー容量 2730mAh

参照 IIJmio

Blade V8のスペックは、価格からすれば並程度です。高くはないですが低いわけでもなく、必要十分に感じられますね。

もう少し詳しく見ていきましょう。

CPU性能はそこまで高くないが、カメラ性能に特化していると考えるとここは妥協点

Blade V8のCPUは「Snapdragon 435」です。これはミドルスペックのCPUですね。

CPU性能はそこまで高いものではないのですが、そもそもの価格が3万円台であることを踏まえるとデメリットとは言えません。

もっと性能が高いデュアルレンズ搭載スマホが欲しいとなると、価格も上がります。

安くデュアルレンズ搭載スマホを手に入れたいならBlade V8を買うのがベスト。CPU性能も重視するなら、価格は上がりますがP10honor 8を買えばいいんです。

メモリやストレージ容量は価格相応の十分な性能

メモリ3GB/ストレージ容量32GBというスペックは、2017年のスマホでは定番スペックですね。突出した物はありませんが、これだけのスペックを備えていれば特に使用中不満を覚えることはないでしょう。

3万円台であれば、もっとスペックを上げて欲しいという意見は贅沢すぎです。仮に価格が4~5万円ならスペックを上げて欲しくなりますが、3万円台ならこれで満足です。

インカメラの画素数がアウトカメラと同じなのは珍しい、自撮りに最適

カメラのスペックについて気になったのは、インカメラもアウトカメラも1300万画素なことですね。

普通はメインカメラとなるアウトの画素数が高くなるのですが、Blade V8ではアウトもインもスペックが同じです。

インカメラの性能にも力が入れられているBlade V8は、自撮りに最適です。どこかに出かけた様子を写真に収めてSNSにアップロードすることが多いなら、Blade V8を購入すればきれいな自撮り写真が撮れるので嬉しいですね。

OSが新しいのもさりげない高評価ポイント

Blade V8は、OSがAndroid 7.0です。新しいOSが搭載されているのはメリットですね。

同時期にIIJmioで発売となったデュアルレンズ搭載の「Zenfone Zoom S」は、OSがAndroid 6.0.1でした。カメラ機能を高めつつOSなど細かい部分で手を抜いていないのは、Blade V8の素晴らしいポイントです。

Blade V8の販売MVNOはIIJmioのみ

Blade V8は、記事執筆時点(2017年6月)では IIJmio のみでの販売です。IIJmioは老舗のMVNOで堅実なイメージがありますね。

IIJmioのメリットとデメリット

メリット

プランが3つでシンプル。オプションとして20GBや30GBの大容量パケットも追加できる

ドコモ回線とau回線を選んで契約できる(Blade V8は、ドコモ/au回線の両方に対応)

3分かけ放題と10分かけ放題が契約可能

デメリット

お昼時などの回線混雑時は、通信速度が下がってしまいがち

手続きがウェブ中心なので、ネットが苦手な人には使いづらいところがある

IIJmioの月額料金

タイプD(ドコモ回線)

データSIM 音声SIM
ミニマムスタートプラン(3GB) 900円 1600円
ライトスタートプラン(6GB) 1520円 2220円
ファミリーシェアプラン(10GB) 2560円 3260円

タイプA(au回線)

SMS対応SIM 音声SIM
ミニマムスタートプラン(3GB) 900円 1600円
ライトスタートプラン(6GB) 1520円 2220円
ファミリーシェアプラン(10GB) 2560円 3260円
しむまる
Blade V8と格安SIMとセット契約したい人は、IIJmio一択になります。速度がそこまで速くないのが難点ですが、大手とあって堅実で安心感のあるMVNOですよ。

まとめ

今回はBlade V8について解説しました。デジカメ代わりにサブスマホとして持ち歩くのも良いですし、スペックは十分なのでメインスマホとして使うのも良いでしょう。

カメラの実際の映りが気になった場合は、ヨドバシカメラの店頭などで実機を確認してみるのがおすすめです。

3万円でデュアルレンズ搭載のスマホが買える時代が来るとは、なかなか驚きでした。ファーウェイやASUSが人気のSIMフリースマホ界隈ですが、ZTEも見逃せませんね。

販売サイト IIJmio









-IIJmio, スマホ

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.