LINEモバイル

LINEモバイルが10分かけ放題や半額通話アプリ搭載!ドコモ回線最強の格安SIMに

投稿日:

格安SIMの中で通信速度が抜群に速く安定してるため人気が高いLINEモバイルですが、今まで「かけ放題」などの通話サービスがないことが唯一デメリットでした。通話が多い人にとっては、いくら通信速度が早くてもLINEモバイルは候補に入らなかったでしょう。

しかし2017年6月、LINEモバイルでもついに「いつでも電話」アプリによる半額通話と、10分かけ放題のオプションサービスがスタートします。

これによりLINEモバイルは、

  1. 「通信速度」
  2. 「カウントフリー」
  3. 「通話サービス」

と三拍子揃った最強のドコモ回線系格安SIMになりました。

今回はLINEモバイルの新サービスである「いつでも電話」での半額通話や「10分かけ放題オプション」について詳しく解説しつつ、LINEモバイルが最強である理由を説明します。

公式サイト LINEモバイル

スポンサーリンク

半額電話にかけ放題| -LINEモバイルで通話料を節約しよう

LINEモバイルでの通話は30秒20円かかる通常の音声電話が主流でしたが、今回スタートした「いつでも電話」を用いた半額通話や10分かけ放題も含めて、通話の幅が広がりました。

LINEモバイルで通話料を通常電話より安く抑える方法は3つになります。

「いつでも電話」アプリを利用しての半額通話

まずは、LINEモバイルで新登場した通話アプリ「いつでも電話」です。

音声SIMを契約している人はこの「いつでも電話」アプリから発信することで、通常30秒20円かかる通話料を30秒10円と半額にできます。事前の申し込みは不要で、iOSやAndroidでアプリをダウンロードすればすぐに使えます。これは使わない手はありません。

この「いつでも電話」は、プレフィックス方式と呼ばれる通話方法です。発信時に専用の番号を(相手番号の)頭に付けることで、専用回線の使用が可能になり通話料金を安くできます。

しむまる
「いつでも電話」の場合は、相手の電話番号の前に「0035-45」を付け足すことで、半額通話になります。

ちなみに、Windows 10 mobileなどいつでも電話アプリを使えない端末でも、相手番号の前に0035-45を付け足して発信すれば半額通話はできます。

使用されるのは通常の電話回線と同じなので、音声品質も悪くありません。IP電話とは違い遅延や音声の乱れが発生しにくいのもプレフィックス方式のメリットですね。

半額電話の注意点は、緊急通報やフリーダイヤル、ナビダイヤルなど一部の電話番号にはかけられないことです。これらの非対応な電話番号に発信したいときは、スマホに最初から入っている普通の通話を利用しましょう。

▼半額電話のまとめ▼

  • 専用アプリ「いつでも電話」で発信すれば通話料半額(30秒10円)
  • 相手の電話番号の前に「0035-45」を付け足せばOK
  • アプリからでなくとも、上記番号を付け足して発信すれば半額適用
  • 緊急通報やフリーダイヤルなど、一部番号にはかけられない

詳細 LINEモバイル

10分かけ放題オプション

こちらが本命の10分かけ放題オプションです。

他社のかけ放題は3分か5分が主流なのに対し、10分というのはかなり長いです。

月額880円のオプションに申し込んでおけば、いつでも電話を用いて発信することで10分以内の通話では通話料金が発生しなくなります。10分を越えた分の料金も30秒10円と半額適用なのでお得です。

日本人の1回の通話時間は平均3分程度と言われるので、10分かけ放題はかなりの余裕があります。月10回程度通話している人ならオプションを付けておいて損はありません。

なお10分かけ放題も、いつでも電話を利用するのでプレフィックス方式の通話になります。通話品質は良好で、音声が乱れたり遅延が発生したりしにくいので安心です。

▼かけ放題まとめ▼

  • 月額880円
  • 専用アプリでかけることで10分以内の通話かけ放題
  • プレフィックス方式なので通話品質も良好

7月31日までに申し込んだ人は、初月のオプション料(880円)が無料です!

詳細 LINEモバイル

データSIM・音声SIMを問わず使えるLINEの無料通話機能

かけ放題などのオプションを利用しなくても、LINEモバイルはLINEアプリの無料通話機能を使えば無料で電話ができます。

LINEアプリの無料通話はIP電話(ネット回線を利用する通話)なので、料金は無料なものの通常は通信量が消費されるデメリットがあります。しかしLINEモバイルには、LINEアプリの通信量がカウントされない「カウントフリー」機能があるため、LINEの無料電話が料金・データ容量ともに完全フリーで通話が可能です。

さらにLINEアプリの無料通話なら、音声SIMはもちろん、データSIMやSMS対応SIMでも使うことができます。

「LINEの無料通話で十分じゃん!」と思いますが、致命的なデメリットがあります。

それは、LINEアプリの無料通話はIP電話ゆえに通話品質が悪いという点です。音声が乱れたり遅延したりといったことが頻繁に起こります。

しむまる
私もLINEの無料通話は家族間でよく使っていますが、たまに相手の声が聞こえなくなったり音声が乱れたりすることはありますね。家族や友人との電話ならまだいいですが、仕事関係の電話では使いたくありません

 

LINEモバイルの10分かけ放題を、他社の10分かけ放題と比較してみた

参考までに他社のかけ放題と比較してみましょう。

10分かけ放題を提供している格安SIMも増えてきたので、表にまとめました。

月額料金
LINEモバイル 880円
IIJmio 830円
NifMo 830円
OCNモバイルONE 850円
ワイモバイル スマホプランに含まれる
FREETEL 1499円

比較してみると、LINEモバイルの10分かけ放題は月額料金がちょっと高めです。FREETEL SIMと比べれば安いですが、安価なIIJmioやNifMoとは50円差が付いています。

50円”も”ととるか、50円”程度ね”と取るかは人それぞれですが、かけ放題オプションの50円差が決め手になることはそうないでしょう。

ただ、LINEモバイルはプラン料金もやや高めの設定なので、かけ放題込みで比較しても決して”安いSIM”ではありません。その分、通信速度は抜群に速く、豊富なカウントフリー機能を備えているので、格安SIMの中では高品質・高価格に入りますね。

最強の格安SIM!LINEモバイルのメリットまとめ&料金プラン

しむまる
LINEモバイルは、私が今まで使ってきた15社以上の格安SIMの中でもNo1の使い心地です。

加えて今回かけ放題サービスなどが始まったことにより、ドコモ回線の格安SIMでは間違いなく最強だと思っています。

その理由を、最後にまとめて紹介します。

通信速度が圧倒的に速い

LINEモバイルの最大の強みは、何と言っても通信速度の早さ。1日中使ってもキャリアと使い心地はほとんど変わらず、とにかくストレスがないんです。

速度において「ストレスがない」ということがどれほど大きなことか、格安SIMを一度でも使ったことがある人なら分かると思います。

実際にLINEモバイルの通信速度をスピードテストで計測してみた結果がこちら。

(左:朝8時/右:昼12時)

格安SIMが最も混雑する昼12時〜13時の時間帯でも爆速です。テザリングも余裕、ネットサーフィンはもちろん動画再生も余裕で快適です。

(左:夕方17時/右:夜20時)

夕方から夜にかけても文句なしの速度です。

主流のドコモ回線なので安定感もありますし、これ以上ストレスのない格安SIMはありません。

カウントフリーでSNSが使い放題

LINEモバイルには豊富なカウントフリー機能があります。「カウントフリー」とは特定アプリの通信量がカウントされなくなる機能のことです。早い話が使い放題になるということ。

LINEモバイルではプランにもよりますが、

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

この4大SNSが全てカウントフリーになります。

なので普段からSNSやLINEを使う機会が多い人は、LINEモバイルに乗り換えるだけで通信量を大幅に削減できますよ。毎月1GBをSNSに消費している人であれば、LINEモバイルに乗り換えるだけで1GB多くほかに使えることになります。

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プランは下記の3タイプあります。

LINEフリープラン

データSIM 音声SIM
1GB 500円 1200円
  • LINEのみカウントフリー
  • 1GBしかないので、本当にタダの連絡用くらいにしか使えない

コミュニケーションフリープラン

SMS対応SIM 音声SIM
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2880円
10GB 2640円 3220円
  • LINEモバイルの主力プラン
  • LINE、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムの4大SNSがカウントフリー
  • 通信量も3GB〜10GBまでと幅広い

MUSIC+プラン

SMS対応SIM 音声SIM
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円
  •  SNSに加え、音楽アプリ「LINE MUSIC」もカウントフリー(ただし通信量がかからないだけでアプリの月額料金はかかる)
  • LINE MUSICのヘビーユーザーでなければコミュニケーションフリープランでOK。
しむまる
繰り返しますが、ドコモ回線であればLINEモバイル一択ですね。

まとめ

これまで唯一、通話サービスを持っていないデメリットを抱えていたLINEモバイルですが、いつでも電話アプリを用いた半額通話や10分かけ放題の登場でこのデメリットは見事に解消されました。

キャリアから乗り換え検討中の人でも、今の格安SIMから乗り換えたい人にも、LINEモバイルは一押しです。とくに格安SIMの速度にストレスを感じている人は、LINEモバイルに乗り換えれば天国ですよ。

10分かけ放題オプションは7月31日までに申し込めば初月無料になるので、検討中の人はお早めに。

公式サイト LINEモバイル






-LINEモバイル

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.