SoftBank Air

8日間はお試し期間あり!SoftBank Air3契約前に確認すべき注意事項

更新日:

ソフトバンクAirは「置くだけインターネット」「据え置きWi-Fi」と呼ばれる通り、設置・導入のしやすさが最大のウリのインターネット回線です。

面倒なプロバイダ契約や回線工事が一切必要なく、Airターミナルという機器をコンセントに繋げて電源ONするだけでWi-Fiが使えるようになります。

そのため自宅アパートやマンションで光回線の工事ができない人、引越しや転勤が多い人、一人暮らしで手軽にネット環境を用意したい人にとっては画期的なサービスなのは間違いありません。

しかし、ソフトバンクAirは決して光回線サービスではありません。この点を勘違いしたまま、「光回線が工事なしで導入できる」と思って契約するのは要注意です。

しむまる
「工事なし」「置くだけでOK」という手軽さのメリットの裏には、しっかりとデメリットもあるのです。その点をきちんと理解していますか?

ソフトバンクAirはやや特殊なネット回線ゆえ間違った認識で契約してしまう人が多く、「期待していたのと違う」という悪評が立つこともあります。しかし実際は、その”期待”自体がお門違いなケースが多いのです。

また、ソフトバンクAirは「無料利用期間」のようなものは設けていませんが、電波が弱くて使えない時などは契約日より8日以内ならクーリング・オフにより無料で返却することが可能です。こうした実質的な「お試し期間」がちゃんとあることも知らない人が多いです。

この記事では、そうしたソフトバンクAirを契約する前に絶対確認しておきたい注意事項をまとめておきます。

>> SoftBank Air公式サイト

 

回線はモバイル回線(4G LTE)を使用

まず第一に、ソフトバンクAirは光回線ではありません。使用されている回線はソフトバンクスマホと同じ4G LTE回線です。つまりモバイル回線ですね。イメージ的には”据え置き型のポケットWi-Fi”と思っておけばOKです。

光回線とモバイル回線だと何が違うのかというと下記の通り。

モバイル回線は光回線に比べて▼

  • 通信速度が遅い
  • エリアや環境によって速度品質に差がでる

通信速度については次で解説しますが、当然ながら光回線のスピードには敵いません。数値で言えば、ソフトバンクAirの速度はWiMAXやポケットWi-Fiよりちょっと速い程度です。

また、回線はスマホと同じ4G LTEなので、エリアや環境によって電波が悪くなったり速度が不安定になったりします。「エリア」とはお住まいの地域、「環境」とは地下や遮蔽物の有無などですね。

つまり、ソフトバンクAirは使う場所によって使い心地が全く変わってくるということです。エリアについては後述するのでしっかり確認しましょう。

通信速度はAirターミナルによって違う

SoftBank Airは「Airターミナル」というWi-Fiルーターをコンセントに挿して使うサービスですが、このAirターミナルにはいくつか種類があります。

Airターミナルは年々最新バージョンに進化していて、当然新しいAirターミナルほど通信速度は速くなっています。

2017年現在だと「Airターミナル3」が最新です。初期ターミナルに比べて、直方体で加湿器みたいなデザインに大幅リニューアルされています。

(左:初代Airターミナル/右:最新Airターミナル3)

ちなみに、一世代前のAirターミナル2と3は見た目は同じです。デザインそのまま、速度や内部スペックが進化したのが現在のAirターミナル3です。

各Airターミナルのスペックの違いは下記の通り

>> SoftBank Air公式サイト

初期のAirターミナルは下り最大速度110Mbpsと正直遅かったのですが、「遅い」との評判を受けてAirターミナル2では倍以上の下り最大261Mbps、最新のAirターミナル3ではエリアによっては最大350Mbpsと大幅にスピードアップを遂げています

最大速度261Mbpsというと、高速通信モバイルWi-Fiの「WiMAX」の220Mbpsをさらに上回る速度です。ちなみにスマートフォンの4G LTE回線速度が下り最大75Mbps〜100Mbpsです。

ここ2年ほどでAirターミナルは大幅に進化しており、数年前の評判や口コミはアテにならないことを注意しておきましょう。

エリアチェック必須!エリアによって通信速度は変わる

SoftBank Airは4G LTE回線を使っているので、お住まいのエリアによって通信の速度・安定度が変わってきます

エリアによっては最大速度261Mbpsどころか、最大350速度Mbpsが出せるエリアもあります。一方で、最大速度261Mbpsが出ないエリアもあります

契約前に、自分のエリア情報を必ずチェックしておきましょう。

下り最大350Mbpsまたは最大261Mbpsが出せるエリアは、公式サイトの「住所別下り最大速度情報」で調べることができます。

ここのエリア情報に載っていない地域に関しては、下り最大速度が175Mbps/165Mbps/112.5Mbps/110Mbpsとなっており、大幅に通信速度が落ちることが公式サイトに明記されています。

端的に言って、ここのエリア情報に載っていないようであればソフトバンクAirの契約は控えた方がいいでしょう。

速度制限あり

SoftBank Airは4G LTE回線を利用しているため、回線の混雑状況によって通信速度が制限される(低下する)場合があります。とくに、回線が混雑しがちな夜20時〜22時前後の時間帯は速度が遅くなりやすいと言えます。

公式サイトでは下記の注意書きがあります。

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。

公式 SoftBank Air

夜間にオンラインゲームや高画質動画サービスを楽しみたい人には、正直あまりソフトバンクAirは向いていないと言えます。回線混雑によって動画が遅れがちになればストレスが溜まるでしょう。

しむまる
通信速度に制限がかかるケースはありますが、「通信量」の制限はありません。いくらでも使い放題なのでその点はご安心を。

エリアにもよりますが、基本的にはWiMAXやポケットWi-Fiと同程度のパワーです。通常のネットサーフィンなら問題ないですが、オンラインゲームや高画質動画を楽しむにはややパワー不足感は否めません。

Airターミナルと受信機器(PCやPS4)をWi-FiではなくLANケーブルで直接繋ぐことで速度は比較的安定できますが、これも100%保証はできません(AirターミナルはLANケーブルも使えます)。

⇒ソフトバンクAirでオンラインゲームやPS4は快適にできるのか?

ヘビーにネットを利用したいのであれば、しっかり回線工事して光回線( SoftBank光 )を敷いた方が確実に安定します。光回線はエリアや距離に関係なく速度が出るので、速度低下や制限の心配もありません。

>> SoftBank光公式サイト
ソフトバンク光とSoftBank Airの違いとは?メリットデメリット比較

自宅で使うインターネット回線はどうしていますか? つい最近までは固定回線ほぼ一択でしたが、最近はポケットWi-Fiで代用したり、スマホの大容量プランでテザリングを使うなど色々な方法が選択肢として増えま ...

Airターミナルを購入する場合は3年間の支払い

SoftBank Airの月額プランは、Airターミナルを「レンタル」するか「分割購入」するかで選べます。

それぞれの月額プランは下記の通り。

(左がレンタルの場合/右が分割購入の場合)

ご覧の通り、月額料金自体はAirターミナルを分割購入した方が安くなります。ただ、「安い」ということはその裏にデメリットがあるということです。

まず第一に、Airターミナルを購入する場合は36ヶ月分割払いのみしか選べません。ソフトバンクAirは2年契約にも関わらず、支払いは3年間することになります。2年間ですっきり終われない時点で、私は「購入」より「レンタル」をおすすめします。

そしてもう一つ、購入したAirターミナルはソフトバンクAirを解約したら何の役にも立たなくなります。Wi-Fiルーターとしても使えません。結局はソフトバンクAir契約中でないと使えない機器なので、解約後は物置行きです。

月額の安さだけで「購入」を選ぶとデメリットも付いてくるので注意しましょう。

※料金プランの詳細は必ず公式サイトでご確認ください

>> SoftBank Air公式サイト
SoftBank Airはレンタルか購入のどっちがお得か?比較して解説!

据え置き型の自宅向けWi-Fiとして人気を誇るソフトバンクAirですが、契約時にルーター(Airターミナル)を「レンタル」するか「購入」するかを選ぶ必要があります。 レンタルの場合は解約時に返却する手 ...

クーリングオフあり。契約日から8日以内は無料で解約可能

SoftBank Airの契約には、クーリングオフ制度が使えます。

契約してみたものの、もし万が一、

  • 自分の住まいがエリア外で使えなかった
  • 使ってみたら速度が遅すぎて使い物にならなかった

という場合には、契約日から8日以内に限り解約金なしの無料で解約することが可能です。

期限内であれば無料解約ができることはビックリするほど知られていません。もしもの時のために、クーリングオフできることは把握しておきましょう。

他社からの乗り換えなら、違約金や撤去工事費用に応じたキャッシュバックあり!

今お使いのインターネット回線からソフトバンク光やAirに乗り換えたい場合、ネックになるのが違約金(解約金)や撤去工事費などです。

でも安心。ソフトバンク光またはソフトバンクAirへの乗り換えなら、違約金や撤去工事費などに応じて最大10万円のキャッシュバックを受け取ることができます。

キャッシュバック額の変動は下記表の通り。

違約金と撤去費用合計 キャッシュバック
1~5000円 5000円
5001~10000円 10000円
10001~15000円 15000円
15001~20000円 20000円
20001~25000円 25000円
25001~30000円 30000円
30001~35000円 35000円
35001~40000円 40000円
40001~45000円 45000円
45001~50000円 50000円
50001~55000円 55000円
55001~60000円 60000円
60001~65000円 65000円
65001~70000円 70000円
70001~75000円 75000円
75001~80000円 80000円
80001~85000円 85000円
85001~90000円 90000円
90001~95000円 95000円
95001~100000円 100000円

キャッシュバックを受け取るには、違約金や撤去費用の額を証明できる書類のコピーが必要になります。請求書あるいはネット(マイページ)から請求金額画面のスクリーンショットなどを印刷しておくのでもOKです。

ソフトバンク光/Air契約後に、書類コピーの返送用の用紙が郵送されてくるので、契約から6ヶ月以内に書類コピーを貼り付けて返送する流れになります。

キャッシュバックの流れについて詳しくは下記記事にまとめているので、不安な人はチェックしておきましょう。

⇒ソフトバンクAir乗り換えのキャッシュバック金額と受け取り手順【要チェック】

 

今お使いのネット回線の違約金(解約金)を心配して乗り換えを先延ばしにする必要はありません。ほぼ同額のキャッシュバックがもらえるので、安心して乗り換えましょう。

むしろ、キャッシュバックキャンペーンはいつ終了するか分からないので、検討中なら早めに乗り換えておくことをおすすめします。

>> SoftBank Air公式サイト

まとめ

置くだけでネット環境を構築できるSoftBank Airは、アパート事情などで工事できない人や、転勤や引っ越しが多い人には非常に助かる回線サービスです。しかしその「手軽」なメリットばかりが印象強く、その裏にあるデメリットをしっかり理解していない人が多いのも事実です。

繰り返しますが、SoftBank Airは光回線サービスではありません。モバイル回線を利用した、ポケットWi-Fiに近いもっとライトなネット回線です。ライトゆえに設置も手軽なのです。

オンラインゲーマーなどヘビーユーザーには向きません。そういう人はしっかり工事して SoftBank光 を繋ぎましょう。

そして最後に。

SoftBank Air契約前に、必ず自分の地域のエリア情報を確認しましょう。下記公式サイトの「住所別下り最大速度情報」で調べることができます。

ここに載っていないエリアは下り最大261Mbpsが出ません。自分の住所が載っていればOK、載っていなければ契約は控えた方が良さそうです。

>> 公式サイトでエリア情報を確認する  









-SoftBank Air

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.