子供用スマホ

有害サイトをブロック!子供用格安スマホはフィルタリングサービスの活用必須です

投稿日:

連絡と防犯の用途で格安スマホを子供に与える親が増えていますが、心配なのはネットの悪影響です。

スマホがあれば、子供でも色々なサイトに簡単にアクセスできてしまいます。その中には暴力系やアダルト系サイトなど、子供にとって不適切な内容のサイトが星の数ほどあり、そういったサイトに子供がアクセスしてしまう可能性は十分にあります。

そんな心配を解消するため、格安スマホにおいても有害サイトへのアクセスをブロックできるアプリ・サービスが多数展開されています。

一般的に「フィルタリングサービス(機能)」と言いますが、子供の安全を守るため与えるスマホには必ず付けておきたい機能です。

フィルタリングサービスは格安SIMのオプションとして契約できる場合もありますし、個別にサービスを契約することもできますので、この記事で代表的なものをいくつかご紹介します。

しむまる
子供が怪しいサイトに踏み込まないよう、フィルタリングアプリで守ってあげましょう。

スポンサーリンク

格安SIMで使える定番のフィルタリングアプリ「i-フィルター」

格安SIM(格安スマホ)を使う前提として、定番のフィルタリングアプリと言えば「i-フィルター」です。

スマホやパソコンにおいて提供されているフィルタリングサービスですが、18歳未満の子供でも使える格安SIMではセット契約できることが多いので、「フィルタリングアプリと言えばi-フィルター」というくらい代表的なサービスです。

i-フィルターでできること

有害サイトをブロックし、子供がアクセスできないように制限

「フィルタリング」の名の通り、最もオーソドックスな機能が有害サイトのアクセスブロックです。

「暴力系」「アダルト系」「違法系」「詐欺系」など、予めブロックするカテゴリーを指定しておき、子供がアクセスしようとしたときにブロックしてくれます。

基本的に子供が使うスマホへのフィルタリングサービスの適用は義務になっているので、子供に格安スマホを使わせる際は、きちんとフィルタリングサービスを適用しておきましょう。

ブロック判定となるサイトの中から個別に閲覧を許可することもできる

基本的には「暴力系」や「アダルト」などカテゴリー丸ごとブロックしてしまうので、中には問題ないサイトでもブロック判定になってしまうサイトもあるかもしれません。

そんな時は、個別のサイト(URL)だけブロック解除するなどの設定も可能です。子供に申し出られたら、一度サイト内を確認してからブロック解除してあげましょう。

年齢別にフィルターの強度(内容)を変えられる

フィルタリングの強度は、お子さんの年齢によって変えることが可能です。フィルタリングレベルは以下のようにレベル分けされています。

  • ファミリー
  • 小学生
  • 中学生
  • 高校生
  • 大人

※強度レベルごとの制限カテゴリーは公式サイト参照。

公式サイトi-フィルター制限カテゴリ(Android)

中学生や高校生になってくると、小学生向けに設定されたガチガチのフィルタリングではさすがにちょっと支障が出てくるものなので、そこは調整してあげましょう。

一応フィルタリングをオフにすることもできますが、最低でも高校生になるまではフィルタリング必須かと思います。

i-フィルターの機能一覧

一応、見やすく一覧でまとめてみました。

フィルタリング機能で子供に対して「見せる」「見せない」Webサイトを設定

  • 年齢にあったフィルタリングを簡単設定
  • カテゴリを選択するだけでできる細かな設定
  • 必要なサイトだけ「見せる」ことも可能

こちらはアダルトサイトや暴力系・違法系サイトを見せないようフィルタリング(ブロック)するのに最適です。

見守り機能で子供の状況を親が確認可能

  • ブロックしたサイトだけではなく、 閲覧したサイトや検索した単語の確認が可能
  • フィルタリングの強度変更も可能
  • 1日1回、利用状況をメールで受け取ることも可能

子供がスマホで「どんなサイトを見てどんな検索をしてるのか」など監視できてしまいます。プライバシーも大事なのでほどほどに。

子供が勝手にアプリをインストールしないよう親が使用アプリを制限できる

  • お子さまに不適切なアプリを自動的に選別してフィルタリングが可能
  • 年齢にあったフィルタリングを簡単設定
  • カテゴリを選択するだけでできる細かな設定

勝手に課金してしまうアプリを制御したり、怪しいアプリをフィルタリングしたりできます。

そのほかの機能

  • 利用時間の制限
  • 情報に不正アクセスする危険性があったり、 アプリ内で課金するアプリの起動時にスマートデバイスの利用者に通知Android端末用の機能です
  • 子供のスマートデバイスの位置情報履歴を表示

i-フィルターの価格

i-フィルターは、「Android版」「iOS版」「マルチデバイス版」の3種類あります。

Windows、Android、iOSの全てで使えるマルチデバイス版がおすすめですが、価格は「台数」と「利用期間」に応じて下記の通り。

ただ、次で説明する通り、i-フィルターは特定の格安SIMだと格安料金で使えるので、子供にスマホを与えるならi-フィルターがセット利用できる格安SIMを契約するのが最も手っ取り早く節約できます

i-フィルターを使える格安SIMは?

LINEモバイルなら無料!

LINEモバイルは18歳未満の子供でも利用できる貴重な格安SIMであり、しかもi-フィルターを無料で利用できます。他はふつう月額オプション料がかかるのですが、無料で使えるのはLINEモバイルだけです。

さらに、LINEモバイルはLINEやツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどSNSも通信量がかからない「カウントフリー」機能も持っている(プランによる)ので、子供のLINEは使い放題ですし、LINEの無料電話も通信量を気にせずにかけ放題です。

LINEモバイルは通信量も爆速なので、スマホゲームも快適にできます。子供スマホ用の格安SIMとしてはもっともおすすめですね。

しむまる
子供が一番喜んで使える格安SIMでしょう。

公式サイト LINEモバイル

※18歳未満の子供にLINEモバイルを使わせるには、親を「契約者」にして子供を「利用者」として登録する必要があります。詳しくは下記記事参照。

参考LINEモバイルは18歳未満の子供でも使える?利用者登録を利用しよう!

楽天モバイルでは月額300円でi-フィルターを使える

格安SIMのシェアトップを争う人気を誇る楽天モバイルも、親を「契約者」子供を「利用者」として登録することで18歳未満の子供でも利用できる格安SIMです。

子供に使わせるスマホにはi-フィルターの契約が必須なのですが、月額料金300円がかかります。

LINEモバイルが無料なのでちょっと割高に見えてしまうかもしれませんが、それでも月額300円なら十分安いです。

楽天モバイルはスマホ代で楽天ポイントが貯まる、そしてスマホ代に使えるというポイント制度のメリットがあるので、親が 楽天カード を持っている楽天ユーザーであればメリット大きいです。

しむまる
楽天モバイルと楽天カードを持っていると、楽天市場での買い物でポイントが最大7%還元になるので、貯まるポイントでスマホ代を全額賄うことも夢じゃありません。

公式サイト 楽天モバイル

※楽天モバイルを子供に与えるための利用者登録は、この記事を書いている2017年5月時点では楽天ショップ店頭でしか行えません。ネットでは利用者登録できないので注意。

参考楽天モバイルの利用者登録とは?契約者以外の家族・同居人も楽天モバイルSIMが使える!

IIJmioは月額500円でi-フィルター+ウイルスバスターを使える

IIJmioでは月額360円でi-フィルターを利用可能です。ウイルスバスターとセット契約なら月額500円。

IIJmioは子供の利用者登録サービスはないので、契約者(親)がシェアSIMを発行して子供用に与えるカタチになるでしょう。つまり通信量を共有することになるので、子供がスマホを使いすぎた時は道連れになって親スマホも速度制限がかかったりします。

しむまる
小さい子供ならまだ安心ですが、ゲームや動画にハマりだす時期の子供だとやや心配ですね

公式サイト IIJmio

BIGLOBE SIMは月額200円

 

BIGLOBE SIMは楽天モバイルより安い月額200円でi-フィルターを利用できます。

BIGLOBE SIMも親子で個別契約はできないので、シェア利用するカタチになりますね。

i-フィルターの月額は安いですが、無料であるLINEモバイルよりBIGLOBE SIMを選ぶメリットがあるかというとちょっと難しいです。ゼロベースで選ぶなら確実にLINEモバイルですね。

もし親がすでにBIGLOBE SIMを利用していたり、BIGLOBEの光回線などを契約している場合は、BIGLOBE SIMでシェアSIMで子供にスマホを与えて月額200円のi-フィルターを付けてあげましょう。

公式サイト BIGLOBE SIM

i-フィルター以外のフィルタリングサービス・アプリ

フィルタリングサービスはもっぱらi-フィルターが主流ですが、他にもいくつか同じようなサービスはあります。

ノートンファミリー

ウイルス対策ソフトの定番として有名なノートンが提供している「ノートンファミリー」では、有害サイトをブロックや位置情報の監視が可能です。

GooglePlayストアのレビューを見ると星1がたくさんあるのですが、これは親からフィルタリングをされてスマホを満足に使えない子供たちの嘆きの声です。

つまり、それくらいフィルタリング効果の強さがあるということですね。

1年契約で4000円くらい。30日間の無料お試し利用ができます。

公式サイトノートンファミリー

まもるゾウ2

まもるゾウ2では、「まもるゾウ・ブラウザ」をブラウザに指定することで、SNSなど子供に使わせたくないサイトをしっかりとガードできますよ。

また、子供が親にガード解除のリクエストをする機能があるのも特徴です。問題ないサイトだと判断できたら許可するようにすれば、子供もある程度納得してくれるのではないでしょうか。

そのほか、電話をかけていい相手を設定したり電話時間を制限できたりと色々な機能があります。

月額150円と安いのもお得ですね。

公式サイトまもるゾウ2

まとめ

格安スマホにおける有害サイトのブロック・フィルタリングは、やはりi-フィルターが鉄板ですね。多くの格安SIMでもi-フィルターを採用しています。

ベストなのはやはり無料で使えるLINEモバイルです。i-フィルター無料なのはLINEモバイルだけですし、18未満の子供も利用者登録できるうえ、通信速度も一番早いとくればLINEモバイル以外を選ぶ理由がありません。

子供にスマホを与えたい親の方は、ぜひ参考にしてください。

公式サイト LINEモバイル

 






-子供用スマホ

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.