IIJmio

IIJmioが20/30GBを追加できるデータオプション開始!他社比較でみるメリット

投稿日:

単純にスマホの通信量がとにかく多い、あるいはテザリングやポケットWi-Fi代わりにも使いたい人にニーズが高い大容量プラン。大手どころでは20GBや30GB以上の大容量プランを用意しているところが増えてきましたね。

そして2016年6月より、新たに大手IIJmioでも、大容量プランに近いサービスの「データオプション」が開始されました。このデータオプションは、既存のプランに20GBや30GBのパケットを追加することで大容量通信を可能にするサービスです。

しむまる
IIJmioは最大10GBプランまでなので、データオプションと合わせて月最大40GBまで使えるようになったということですね。

大容量プランを展開するMVNOもどんどん増えてきました。
この記事では、IIJmioのデータオプションについて詳細を解説しつつ、他社の大容量プランとの比較も行なっていきたいと思います。

公式サイト IIJmio

スポンサーリンク

大容量GBを追加できるIIJmioのデータオプションとは?

ドコモ回線とau回線を選んで契約できるIIJmioは現在、「3GB」「6GB」「10GB」の3つのプランのみで展開されていて、シンプルな選びやすさは初心者向きなのですが、時代の大容量化への波にちょっと押され気味でした。

そこで2017年6月より新たにスタートさせたのが、大容量データを”追加”できる「データオプション」です。

20GBと30GBを「追加」できる

データオプションは、通常プランに20GBか30GBのパケットを追加できるサービスです。

それぞれの月額料金は、以下の通り。

20GB 3100円
30GB 5000円

20GBか30GBの好きな方を「追加」できます。

ちなみに、IIJmioの通常プランは以下の通り。

タイプD(ドコモ回線)

データSIM 音声SIM
ミニマムスタートプラン(3GB) 900円 1600円
ライトスタートプラン(6GB) 1520円 2220円
ファミリーシェアプラン(10GB) 2560円 3260円

 

タイプA(au回線)

SMS対応SIM 音声SIM
ミニマムスタートプラン(3GB) 900円 1600円
ライトスタートプラン(6GB) 1520円 2220円
ファミリーシェアプラン(10GB) 2560円 3260円

どちらのタイプも最大10GBプランなので、30GBのデータオプションを「追加」すれば最大40GBまで毎月通信が可能になるということ。

と、ここまで聞いて誰もが思うのが、

しむまる
「追加」ってどういうこと?

ですよね。
今までこんな形式のオプションは他社にもありませんでした。

この「追加」はちょっと独特の形式で注意点もあるので、具体例で説明しますね。

データオプションを適用した月額料金の例

例えば、タイプDの3GBプラン(音声SIM)に20GBのデータオプションを追加したとします。

月額料金の内訳は、

  • タイプDの3GBプラン(音声SIM): 1600円
  • データオプション(20GB): 3100円

月額料金の合計は、4700円となります。
使える通信量は23GBです。3GBプランに20GBプランを追加しているためですね。

そして追加した分のデータ容量は、翌月末までは繰越すことが可能です。使いきれなくても無駄にせずに済むのは便利ですね。

このデータオプションはあくまで月額制オプションなので、よくある「追加チャージ」のように好きな時な時に追加できるわけではありません。事前に利用申し込みが必要になります。

普通の大容量プランより何がいいの?

人にもよりますが、オプションの付け外しで大容量まで調整できる利便性にあるのではないでしょうか。

大容量が必要なときだけデータオプションを付け、必要なくなったらオプションを解約すればいい。わざわざプラン変更するよりもオプションの付け外しで調整できる方がラクな人もいるでしょう。

データオプションの注意点

  • 利用には申し込みが必要
  • 申し込み後のキャンセルは不可
  • 解約は月末適用なので、月半ばに解約してもその月は満額発生

といったところです。

しむまる
そのほかの詳細は公式サイトでご確認ください。

詳細 IIJmio

データオプションと他社の大容量プランを比較してみる

なかなか利便性は高価そうなIIJmioのデータオプションですが、果たして「料金的に」お得なのかどうか?

ということで、20GBと30GBを対象に他社と比較してみました。

ただIIJmioは「追加」という形式上20GBと30GBのピッタリにはできないので、

  • 他社の20GB/30GBプラン(音声SIM)
  • IIJmioの3GBプラン(タイプD音声SIM)にデータオプション20GB/30GBを追加

という条件で比較してみます。

20GBプラン

IIJmio(23GB) 4700円
DMMモバイル 4680円
楽天モバイル 4750円
OCNモバイルONE 4850円
BIGLOBE SIM 5200円

 

30GBプラン

IIJmio(33GB) 6600円
楽天モバイル 6150円
OCNモバイルONE 6750円
BIGLOBE SIM 7450円

※DMMモバイルには30GBプランがありません

しむまる
おぉ、IIJmioは3GB多いにも関わらず比較的安いじゃないですか!

IIJmioの大容量は最安水準

20GBと30GBの比較表を見てみると、IIJmioも安い方であることが分かります。さらにIIJmioは他社より3GB多い計算ですから、その点を踏まえると「最安値」と言っていいのではないでしょうか。

30GBにもなると最安の楽天モバイルと差額450円。ただIIJmioの3GB分を考えると互角の勝負でしょう。

さらにIIJmioの場合、この契約だとシェアSIMを1枚追加することができます。楽天モバイルはシェアSIMを使えないので、その点まで考慮するとIIJmioの方が総合力では上回るかもしれません。

最安値でこそないものの、安さと便利さを両立しているIIJmioはまさに最良の選択肢と言えるのではないでしょうか。

【5月31日まで!】3GBのパケットがもらえるキャンペーンが開催中!

IIJmioでは、5月1日から31日までにデータオプションに応募すると3GBのパケットがもらえる「大容量オプション提供開始感謝キャンペーン」を展開しています。

こちらも合わせてチェックしてみてください。
3GBのパケットは本来データSIMで月額900円なので、5月31日まで申し込めば900円分お得です。

詳細 IIJmio

まとめ

IIJmioで誕生したデータオプションは、今までにない「追加オプション」という形式の大容量化であり、他社の大容量プランと比較しても使い勝手、料金ともにお得な内容と言えそうです。

出張のときや旅行のときなど、「ちょっとの間だけ大容量ほしい」という時はオプションの追加で済むIIJmioの使い勝手は良さげではないでしょうか。

最近はちょっと地味めな印象だったIIJmioですが、ここへきて新しい一手を打ってきましたね。

 






-IIJmio

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.