DMMモバイル 端末・新機種

修理無料!DMMモバイル「つながる端末保証」は故障スマホの交換修理がお得に!

更新日:

スマホ代を半額以下に安くできること格安SIM(スマホ)の人気が日に日に高まっていますが、その代わりにキャリアに比べてサポートが整っていないことが問題としてあげられがちですよね。

中でも多い苦情が、端末保証を受けられないことです。

端末保証を受けられないと、スマホが壊れてしまうと新しく買い直す必要があり、大きな費用がかかってしまうの避けたいところ。

そんな格安SIMの弱点をカバーするため、DMMモバイルが今手持ちのスマホにも付けられる「つながる端末保証」をスタートさせました。

いま使っているスマホに「つながる保証」を付けておけば、壊れた時も修理や交換の対応をしてもらえる上、修理費50000円までは無料で修理してもらえます。

下記では、DMMモバイルが新たにスタートさせた「つながる保証」について詳しくチェックしていきます。

しむまる
「格安SIMは保証がないからいやだ」という人も、DMMモバイルなら万一スマホが壊れた時も安心ですよ

公式サイト DMMモバイル

スポンサーリンク




DMMモバイルの新オプション「つながる端末保証」とは?

月額500円で今もっているスマホに端末保証をつけられる

DMMモバイルでは、月額500円を支払うことで「つながる端末保証」に加入できます。つまり有料オプションですね。

詳しくは後ろで説明しますが、スマホが故障したときに無償修理や格安で機種交換してくれるサポートです。

つながる端末保証で保証対象にできるスマホは、

  • DMM mobileで購入したスマホ
  • SIMフリースマホ、タブレット、モバイルルーター
  • ドコモで販売されていたスマホ、タブレット、モバイルルーター

以上の3点です。

キャリアですでに保証が切れているキャリア製スマホでも、DMMモバイルで新しい保証をつけられるのが特徴ですね。

ただし、AndroidかWindowsのOSが搭載されている機種が対象なので、iPhoneやiPadは対象外です。注意しましょう。

保証対象となる故障は下記の3パターン。

  • 自然故障(メーカー発売日から3年以内)
  • 水濡れ
  • 破損、全損

これらの故障に限ります。盗難や紛失は対象外になるので注意しましょう。

修理か端末交換に対応

つながる端末保証は、端末の修理か交換を行うシステムとなっています。壊れた端末を「修理受付センター」に送ると結果が報告され、修理してもらうか交換機を受け取ることになります。

修理の場合は修理費50000円まで無料保証してもらえますが、交換になる場合は交換費用が4000円かかります。

  • 【修理】:50000円まで無料保証。5万円超えた分は自己負担。
  • 【機種交換】:年2回まで対応。1回目4000円/2回目8000円

修理なら基本無料でしてくれるのが大きなメリットですね。ただオプション料に月額500円払っているので得するか損するかは人によります。

機種交換は年2回までですが、年に3回も交換が必要になる人はレアケースなので問題ないでしょう。

代替機を貸してもらえるのが嬉しい

格安スマホで修理対応になった場合に、代替機を貸してもらえないことが格安スマホ問題としてよく挙げられがちですが、つながる端末保証では代替機を無料で貸してもらえます。

代替機も安心ですが、修理にかかる日数も3〜5日と非常に短くすぐに修理された元スマホが戻ってくるのでストレスはありません。

なお、代替機の利用自体は0円ですが、代替機の発送にかかる送料は着払いになっています。まぁこの程度は文句を言わず負担してあげましょう。

受付と課金の開始は申し込んだ翌月から

つながる端末保証を申し込んでも、受付と課金開始は申し込みの翌月となります。つまりもし、保証が受け付けされる前の時点で壊してしまったら保証を受けられません。

例えば5月1日に申し込んだとしたら、保証が始まるのは6月1日です。1ヶ月間は端末を壊さないように注意しましょう。

つながる端末保証の申し込み方法は?

つながる端末保証に入れるのは「新規契約時」のみ

まず大事なことですが、「つながる端末保証」はDMMモバイルの新規申し込み時にのみ加入できるしくみです。つまり、契約後に新しく保証に入ることはできないので要注意ですね。

そして保証対象になるのは契約時にIMEI番号を入力した端末のみです。例えば契約後に機種変更をしたら、新しい端末は保証対象にならないため気をつけなければいけません。

その点を踏まえつつ、新規契約時に「つながる端末保証」をつけるか否か検討しましょう。

公式サイト DMMモバイル

端末が壊れたらコールセンターに連絡し、指定住所に壊れたスマホを発送する

つながる端末保証を利用する流れについて。

まず端末が壊れてしまったら、コールセンターに連絡しましょう。朝10時から夕方6時までコールセンターが開いています(番号はマイページから確認可能)。

続いて、故障した端末と修理同意書を修理センターに発送すれば、あとは結果が連絡され、修理となります。

しむまる
DMMモバイルは実店舗を持っていないので、全て電話かネットでのやりとりになります。

つながる端末保証はつけるべきか? メリットデメリットを考える

ここまでつながる端末保証について説明してきましたが、「実際つけた方がいいの?どうなの?」という点を、私個人の視点で考えてみます。

バッテリーが保証対象外なのは難点

つながる端末保証は、消耗品であるバッテリーが保証対象外です。これが大きな難点ですね。

基本的に、スマホの部品で最も劣化しやすいのがバッテリーです。スマホをある程度使ってたらどんどん充電の減りが早くなってくる感覚はみんな知っていますよね?

バッテリーというのは、どんなに大事に使っていてもどんどん消耗していきます。バッテリーが消耗したら充電の減りが早くなり、やがて1日持たなくなり、どんどん不便になってしまいます。

一昔前のスマホならバッテリーを販売していたので自分で新しく買って交換できましたが、ここ数年のスマホはバッテリーを販売していないものも多いです。

もっともネット上などで交換用のバッテリーが販売されていることも多々あり、やろうと思えば自分で交換できます。ただその交換を行ってしまうと、「自分で修理・改造したもの」となるためつながる端末保証の対象外となってしまうのが厄介ですね。

1年や2年で頻繁にスマホを壊してしまうような人でない限りは、スマホが故障するよりも早くバッテリーが死んで使いづらくなる可能性が高いので、どのみち新しく買い換えることになるかと思います。

そう考えると、2年程度のスパンで故障する可能性が低い人は保証を付ける必要ないかと思いますね。

しむまる
月額500円というと年間6000円程度なので、2年で1回お世話になれば損はしないとも思えます。過去のスマホ利用を踏まえて、2年で修理が必要になったことがある人は考える価値はあります。

DMMモバイルで購入するスマホには、つながる端末保証より「端末交換オプション」の方が良い

もしDMMモバイルでスマホをセット購入するなら「端末交換オプション」の方がおすすめです。

端末交換オプションは、スマホが壊れた場合に新しいのと交換してくれるオプションです。

端末交換オプション概要

  • 月額350円
  • 保証対象はDMMモバイルで購入した端末のみ(キャリアスマホNG)
  • 交換は年1回まで
  • 交換費用は機種によって異なる(3000円/5000円/7000円)

端末交換オプションは月額350円なので安上がりですが、修理はなく交換のみなので、必ずその時に3000円〜7000円の自己負担が発生します。

ここだけがデメリットなのですが、人によっては修理よりも新しく交換してほしいという人も多いでしょう。交換なら「つながる端末保証」でも4000円かかるので、交換費用はどちらもそう変わりません。

月額費用も安いので、年1回の交換の可能性だけ考えれば、(DMMモバイルでセット購入した機種に限っては)端末交換オプションの方がおすすめですね。

しむまる
端末交換オプションの詳細は公式サイトでご確認ください

公式サイト DMMモバイル

まとめ

「つながる端末保証」は、今使っているスマホやDMMモバイル契約時に購入したスマホに保証をつけ、修理や交換対応を行えるサービスです。

スマホは高額な商品なのでできるだけ長い間使いたいものですよね。そして毎日持ち歩くものですから、壊す可能性も低くはありません。

もしもの時のために、つながる端末保証(あるいは端末交換オプション)に入っておくことも検討してみましょう。









-DMMモバイル, 端末・新機種

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.