DMMモバイル

DMMモバイルでau・ソフトバンクのiPhone7/6は使える?テザリングはできる?

更新日:

日本で人気のスマホといえばやっぱり圧倒的にiPhoneです。海外に比べても、日本でのiPhone人気は非常に高いと言われていますよね。

今はキャリアでiPhoneを使っている人が多数だと思いますが、格安SIMに乗り換えればキャリアよりも格段にスマホ代を抑えられます。

ただ、格安SIMは海外製のSIMフリースマホ(Androidスマホ)と一緒に使われることが多いので、今キャリアでiPhone7や6を使っている人は、「格安SIMでiPhoneは使えるの?」と不安かもしれません。

しかしご安心を。私は実際に格安SIMのDMMモバイルを契約していますが、iPhone7で問題なく使えています。

DMMモバイルは格安SIMの中でもさらに料金プランが安く使いやすいので、キャリアから格安SIMデビューするのに最適ですよ。

今回は、auやソフトバンクからiPhoneのまま、格安SIM(今回はDMMモバイル)に乗り換えたい時に知っておくべき基本知識や注意点をおさらいしていきます。

iPhoneは高価なスマホです。月額料金が安いDMMモバイルと組み合わせれば、総額を抑えられるのでおすすめですよ。

公式サイト DMMモバイル

スポンサーリンク

DMMモバイルで、au/ソフトバンクのiPhone6や7は使えるの?

(私が実際に利用しているDMMモバイルとiPhone7)

DMMモバイルはドコモ回線の格安SIMです。そのためドコモのiPhoneなら、複雑な設定をしなくても簡単にDMMモバイルのSIMで通信できるようになります。

目当ての格安SIMをそのまま契約して、SIMカードが届いたらそのままドコモiPhoneに差し替えればOKです。

一方、auやソフトバンクでiPhoneを契約している場合、回線が違うのでDMMモバイルをそのまま使うことはできません。

なので今回は、auとソフトバンクのiPhoneを使っている人向けに、DMMモバイルを使う方法をまとめていきます。

  • ドコモのiPhoneの場合:DMMモバイルのSIMカードに差し替えればそのまま使える
  • au・ソフトバンクのiPhoneの場合:そのままでは使えず、ちょっと手間が必要

auやソフトバンクのiPhone6までは、DMMモバイルで使えない!

まず最初に断っておくと、iPhone6までのiPhoneシリーズは残念ながらDMMモバイルで利用することができません。

キャリアのiPhoneというのは基本的に、そのキャリア以外で使えないように「SIMロック」という制限がかかっています。auならau以外で使えないよう、ソフトバンクならソフトバンク以外では使えないようにするロックです。

DMMモバイルはドコモ回線なので、ドコモ回線で使うにはこのSIMロックを解除する必要があるのですが、iPhone6以前の機種は残念ながらSIMロック解除ができません。

SIMロック解除ができるのは、2015年の5月以降に発売された機種のみと決められているんです。

iPhone6は2014年の9月に発売された機種なので、どうやってもSIMロック解除はできないわけですね。SIMロック解除ができない以上、auやソフトバンクのiPhoneをドコモ回線の格安SIMで使うことはできません。

※auのiPhoneは、au回線の格安SIMでならそのまま(SIMロック解除なしで)利用可能です。ただし、格安SIMは現状ドコモ回線がほとんどなので選択肢はかなり少ないです。

▼au回線がある格安SIM▼

UQモバイル

mineo

IIJmio

最新のiPhone7は、SIMロック解除をすればDMMモバイルで使える!

2015年9月に発売された6s以降の機種なら、auやソフトバンクのiPhoneでもSIMロック解除によってDMMモバイルで使えます。

つまり、最新のiPhone7であれば、どのキャリアで購入していてもDMMモバイルで使えます。

今auやソフトバンクのiPhone7を持っているなら、まずはSIMロックを解除して、それからDMMモバイルに乗り換えましょう。

iPhone7のSIMロック解除方法・DMMモバイルの利用方法

auのiPhone7の場合

auのiPhone7をDMMモバイルで利用するには、まずSIMロックを解除しましょう。

SIMロック解除といっても非常に簡単です。

  • SIMロック解除は、auのマイページかauショップで可能
  • 購入日から181日目、つまり買ってから半年ほど経っていることが条件

SIMロック解除はauのマイページなら無料でできますが、ショップ店頭でやってもらうと3000円かかるので、マイページから手続きするのがおすすめです。

SIMロック解除申請をしてSIMロックが解除されたら、あとはDMMモバイルのSIMカードを契約して本体に入れ、Wi-Fiに接続しましょう。

続いてSafariを開き、DMMモバイルの公式サイトの手順に従ってAPN構成プロファイルをインストールすればiPhone7でDMMモバイルの利用を開始できます。

「APN設定って何?」という人は、SIMカードが届いてから公式サイトの説明通りに進めれば大丈夫です。初期設定みたいなもので難しいことはありません。

公式サイト詳細 DMMモバイル

※ちなみにSafari以外のブラウザアプリではAPN構成プロファイルをインストールできないので、注意しましょう。

ソフトバンクiPhone7の場合

ソフトバンクのiPhone7でSIMロック解除を行う場合も、流れはauとほとんど変わりません。

  • 購入日から181日目以降が条件
  • マイページかショップでSIMロック解除可能。マイページからなら無料、ショップなら3000円の手数料がかかる

SIMロックが解除されたらDMMモバイルのSIMを本体に挿して、Wi-Fi接続→SafariからDMMモバイルの公式サイトにある「APN構成プロファイル」をインストールしましょう。

これで、ソフトバンクのiPhone7でもDMMモバイルが使えます。

公式サイト詳細 DMMモバイル

iPhone7でDMMモバイルを使う場合の基本知識

iPhone7とDMMモバイルの組み合わせでテザリングは利用可能?

スマホと格安SIMの組み合わせによっては、テザリングができないことがあります。

しかしSIMロックを解除したiPhone7とDMMモバイルの組み合わせなら、問題なくテザリングができますよ。

テザリングをすることで、外出先でもパソコンやタブレットなどを簡単にネットにつなげることができます。

テザリングを使う機会がある人は、iPhone7とDMMモバイルの組み合わせが最適ですね。

DMMモバイル公式アプリで追加チャージや通信量の確認ができる

DMMモバイルには、iOS向けの公式アプリがあります。アプリから通信量を確認したり、追加チャージを行ったりできるのが非常に便利です。

格安SIMは自社の公式アプリを用意しているところが多いですが、その中でもDMMモバイルのアプリの使いやすさはトップクラスですね。今まで色んなSIMを使ってきましたがアプリの使いやすさはDMMモバイルが1番かもしれません。

もちろんどのキャリアのiPhoneでも利用できるので、DMMモバイルを契約したら必ず活用しましょう。

キャリアメールは使えないので対策が必要

DMMモバイルをiPhoneで使う場合の最大の注意点が、キャリアメールが使えないことです。

「キャリアメールがなくてもGmailやicloudなどのフリーメールを使えば全く問題なし!」と言われがちですが、実際そうとは限りません。

家族や友人知人の中に、ドコモメールやソフトバンクメールなどのメールアドレスしか連絡先を知らない人がいませんか? 特にガラケー持ちの相手だとその可能性が高いです。

その場合、Gmailなどフリーメールからメールを送っても、相手側の迷惑メールフィルターで弾かれてしまい連絡不能になる可能性があるんです。

事前に相手にそのことを伝えて迷惑メールフィルターの設定を緩めてもらったり、自分のフリーメールを受信許可設定にしてもらったりして対策しましょう。

設定してもらうのが難しい場合はSMSでやりとりするのも良いですね。

DMMモバイルの魅力を1分で解説!

最後に、DMMモバイルの魅力を簡単に説明していきましょう。

DMMモバイルのメリットをざっくりまとめると、

  1. 月額料金が安い!
  2. ドコモ回線なので電波も安定、繋がりやすい
  3. 追加チャージが480円/1000MBと安い(ただし繰越なし)
  4. SIMカードを最大2枚追加して、通信量をシェアできる
  5. 5分かけ放題オプション(月額850円)もあり

以上の5点ですね。

DMMモバイルの最大のウリは「業界最安水準」という料金の安さ。しかも決して「安かろう悪かろう」ではなく、むしろ料金が安いのにサービスは充実しています。

料金プラン

データSIM 音声SIM
ライトプラン 440円 1140円
1GB 480円 1260円
2GB 770円 1380円
3GB 850円 1500円
5GB 1210円 1910円
7GB 1860円 2560円
8GB 1980円 2680円
10GB 2190円 2890円
15GB 3280円 3980円
20GB 3980円 4680円

どのプランも業界最安レベルを維持しています。

プランに関して強いてデメリットをあげれば、20GB以上がないことでしょうか。他社は30GBや40GB以上も出してきているので、大容量コースでは若干遅れをとっているかもしれません。

気になる通信速度は?

DMMモバイルの実際の通信速度は、一言でいうと「可もなく不可もなく」です。

実際にスピードテストした結果がこちら

(左が昼11時ごろ/右が夜9時ごろ)

私も実際にいまDMMモバイルを利用していますが、体感速度としてもそこまで遅いと感じません。

通信速度は基本4Mbps出ていればストレスなしと言われますが、24時間通して昼12時〜13時と夜10時あたりを除けば概ねそのくらいの速度は出ています。

ただし、格安SIMが最も速度低下する昼12時〜13時の1時間は急激に速度低下します。この時間帯はネットサーフィンも遅く感じるレベルなので、テザリングや動画鑑賞などは不可能ですね。

DMMモバイルのデメリットを教えて

「料金は安い」「サービスも充実」「速度も普通」ときて、じゃあDMMモバイルのデメリットってなんなの? というと、

ネットでしか契約できない(実店舗がない)。

という点ですね。ネット契約に慣れていない高齢者などにはやや不親切かもしれません。

ただ、公式サイトには初心者向けのチャットも用意しているので困ることはそうないと思いますよ。

公式サイト DMMモバイル

まとめ

DMMモバイルはドコモ回線の格安SIMですが、SIMロックを解除すれば他のキャリアのiPhoneでも使えます。

auやiPhoneでiPhone7を契約している人は、SIMロックを解除してからDMMモバイルに乗り換えてみても良いでしょう。

iPhoneはOSのアップデートが長い間行われますし修理店も豊富です。何より周囲のみんな使っているほどの人気スマホですから、おすすめの理由もいりませんよね。

私も今回iPhone7でDMMモバイルを使ってみましたが、月額料金を安いので端末代とのトータルコストを安く抑えられて良かったです。

キャリアからiPhoneを持って格安SIMデビューしたい人は、DMMモバイルという選択肢もありですよ。






-DMMモバイル

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.