UQ-mobile

UQモバイルでLINEは使える?年齢確認やID検索は不可能なの? LINEの利用方法まとめ

投稿日:

UQモバイルというと通信速度が非常に早い格安SIMとして知られ、au系列の格安ブランドということでテレビCMもバンバン流しているので人気も知名度もトップクラスに高いです。

特にauユーザーの乗り換え先として有力候補なUQモバイルですが、気になるのはLINEの登録や年齢確認、ID検索などが今まで通り使えるのか?ということ

例えば、ソフトバンクの格安ブランドである ワイモバイル ならLINEの利用登録に加えて、ソフトバンクのシステムを使うことによってLINEで年齢認証をして、ID検索を可能にすることができます。

ワイモバイルと同様に、au系列のUQモバイルでも同じようにできるのか?

結論だけ先に言いますと、UQモバイルでLINEの利用登録はできますが、年齢認証によってID検索を可能にすることはできません。

詳しくは下記で説明していきます。
LINEはもはや誰にも必須アプリなので、UQモバイルへ乗り換えを検討中の人はLINEの使い方をチェックしておきましょう。

公式サイト UQモバイル

スポンサーリンク

UQモバイルでLINEは利用可能

まず、UQモバイルでLINEは利用可能であることを知っておきましょう。利用するうえで知っておきたいことについて詳しくチェックしていきます。

 UQモバイルは全てのプランでLINEを利用登録できる

UQモバイルで現在展開されているプランは下記の4つ。

  • ぴったりプラン(音声SIMのみ)
  • おしゃべりプラン(音声SIMのみ)
  • データ高速3GBプラン(音声SIM/SMS対応SIM)
  • データ無制限プラン(音声SIM/SMS対応SIM)

ぴったりプランとおしゃべりプランは音声SIMのみ、データ高速プランとデータ無制限プランはSMS対応SIMと音声SIMが展開されています。

LINEを利用登録・機種変更するには、基本的にSMS認証を行わなければいけません

(SMS認証をしないで登録する裏技的な方法もありますが、割愛します)

UQモバイルのSIMはどのプランでもSMSを送受信できるため、全てのプランで問題なくLINEの利用登録ができます。

これがドコモ回線の格安SIMでデータSIMを選んでしまうと、LINEを単体で利用開始するのにちょっと手間がかかってしまいます。UQモバイルはそもそもデータのみのSIMがないので登録段階では躓くことはありません。

登録の途中で電話番号を入力するとSMSメッセージで認証番号が届くので、これを入力すればLINEを利用開始できます。

UQモバイルではLINEの年齢確認ができないので、ID検索は不可能

UQモバイルでは、残念ながらLINEの年齢確認をすることができません。

ワイモバイルであればソフトバンクのシステムで年齢認証が可能なのですが、auのシステムで年齢認証をするなどの方法が用意されていないからです。

年齢確認ができないため、UQモバイルではID検索で友達を追加する機能も使えませんID検索は年齢認証をしなければ開放されない機能だからです。

ちなみにそもそもですが、LINEの年齢認証ができる格安SIMは ワイモバイル LINEモバイル の2種類しかありません

そのため、年齢確認やID検索ができないのは格安SIMなら当たり前で、UQモバイルが特別ダメなわけではないのでご注意ください。

どうしても年齢認証をしてID検索を使いたいなら、ワイモバイルかLINEモバイルに乗り換えましょう。

参考 ワイモバイル

参考 LINEモバイル

ID検索ができないってそこまでデメリット?

ID検索ができないこと自体は、もちろん「本来できるべきことができない」という点ではデメリットと言えます。

しかし利便性で考えればどうでしょう?
LINEの友達登録は、ID検索以外にもQRコードなどを駆使して行えます。

対処法があるため、実際のところそこまで大きなデメリットではないのではないでしょうか。

どうしてもID検索を使って友達を追加しないといけないのでなければ、UQモバイルでも問題ないでしょう。

LINEモバイルを別に契約すれば、裏技で年齢確認が可能!

裏技的な方法ですが、LINEモバイルを契約すれば、UQモバイルのSIMをメインで使っていても年齢確認ができます。

年齢確認画面で「LINEモバイルで年齢確認」を選択し、LINEモバイルのマイページに表示される利用コードを入力すれば年齢が確認され、ID検索が可能になりますよ。

わざわざID検索のためにLINEモバイルを契約するのはちょっと高くついてしまうのでオススメはしませんが、2台持ちや使い分けなどでLINEモバイルも利用する人は覚えておくと良いでしょう。

参考 LINEモバイル

UQモバイルにおけるLINEの使い方

http://official-blog.line.me/ja/archives/cat_544058.html

LINEには無料で通話できる機能があるので、これをうまく活用してUQモバイルのデメリットを補えます。

通話サービスがないデータ高速プランは、LINEの無料通話を活用

UQモバイルのデータ高速プランには、定額通話や5分かけ放題といった通話サービスがありません。そのため、LINEの無料通話機能を使って通話をすることにより、できる限り通話料金を浮かせられるのは大きなメリットと言えるでしょう。

言い換えれば、データ高速プランは通話料が通常20円/30秒かかるので、できる限りLINE経由で通話をするようにしないと通話料金が膨れ上がる恐れがあります。

基本的にデータ高速プランは、通話自体をそこまでしない人におすすめのプランですね。

5分かけ放題おしゃべりプランでは、5分以上の長電話にLINEを活用

UQモバイルがイチオシしているおしゃべりプランは、5分かけ放題がセットになっているプランです。

5分以内のかけ放題は何回でも無料になるので細かい通話が多い人に非常に助かりますが、5分を超えた分は10円/30秒で通話料がかかってきます。

10円/30秒でも通常の半額なのですが、やはりもったいないので5分を超えるとわかっている通話はLINEの無料電話を使うのが便利ですね。

LINEの無料通話はIP電話(ネット回線を利用する通話方法)なので、通信量を消費してしまう点だけがネックですが、それでも通話料無料なのはそれを上回るメリットです。

料金プラン UQモバイル

UQモバイルって何がいいの?

最後に、UQモバイルという格安SIMの魅力も簡単にまとめておきましょう。

au回線であるUQモバイルは、とにかく通信速度が早いことが最大の長所なので、速度重視の人には非常におすすめですよ。

UQモバイルの月額プラン

UQモバイルには、

  • 通常の3GBプラン/無制限低速プラン
  • 通信量+5分かけ放題/無料通話のセットプラン

の2種類のプランがあります。

iPhoneSEを安く買えるのはセットプランの方の「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」です。

セット内容として

  • 5分かけ放題なら「おしゃべりプラン」
  • 無料通話なら「ぴったりプラン」

それぞれ料金は下記の通り。

ぴったり/おしゃべりプラン

※スマホは横スクロール可能

 ぴったり/おしゃべり 通信量 音声SIM
プランS 1〜2年目:2GB
3年目〜:1GB
1年目:1980円
2年目〜:2980円
プランM 1〜2年目:6GB
3年目〜:3GB
1年目:2980円
2年目〜:3980円
プランL 1〜2年目:14GB
3年目〜:7GB
1年目:4980円
2年目〜:5980円

通常プラン

SMS対応SIM 音声SIM
データ高速プラン(3GB) 980円 1680円
データ無制限プラン 1980円 2680円

参照 UQモバイル

ちなみに、ぴったりプラン(無料通話セット)とおしゃべりプラン(5分かけ放題セット)は途中変更も可能です。基本的にはシンプルな5分かけ放題=おしゃべりプランの方がおすすめですね。

月額料金はそこそこ高いですが、それだけメリットが多い格安SIMです。5分かけ放題のように通話サービスも充実していますが、それだけではありません。

UQモバイルは通信速度が非常に早い

UQモバイルは全格安SIMの中でもトップクラスに通信速度が早く、また安定しています。24時間快適に通信できるのは非常に大きなメリットです。

一般的に格安SIMが速度落ちがちな昼間と夜のスピードがこちら。

(左が昼/右が夜)

通信が最も混雑するこの時間帯でこのスピードは、格安SIMとしては圧倒的な速さです。正午でも問題なく通信できるので、速度低下のストレスは24時間ほとんどありません。

なぜUQモバイルがここまで高速かというと、au直系のサブブランドであるためauより速度が優遇されていると言われています。

※UQモバイル運営の「UQコミュニケーションズ」はKDDI系列会社。

そりゃau(KDDI)からしたら、グループ企業の格安SIMを優遇させたい気持ちもわかりますよね。

有料(月額200円)でキャリアメールも使える

格安SIMと言えば「キャリアメールが使えない」というのが共通の弱点でしたが、UQモバイルであれば月額200円払うことでキャリアメールが使えます。

キャリアメールとは、ドコモメールなどと同様のメールです。

格安SIMであればGmailなどのフリーメールで代用するのが普通なのですが、これだとガラケーやキャリアスマホにメールを送るときに相手側の迷惑メールフィルターに弾かれてしまうことが多いので厄介なんです。

しかしキャリアメールを持っていれば、迷惑メールフィルターを厳重にかけているガラケーやキャリアスマホの持ち主ともちゃんと連絡を取れます。

その点もUQモバイルなら安心ですね。

格安SIMの弱点を全て補ったSIM。それがUQモバイル。

一般的に格安SIMの弱点というと下記のような点でした。

  • 通話料金が高い
  • 速度が遅い
  • キャリアメールが使えない

しかし、UQモバイルはこれら弱点を全て克服した格安SIMだと言えます。

  • 5分かけ放題や無料通話を用意
  • 通信速度は24時間速い
  • キャリアメールは月額200円で用意

唯一の弱点は、au回線の格安SIMであることくらいですね。

auユーザーならそのまま乗り換え可能なので文句なしですが、ドコモやソフトバンクからの乗り換えではSIMロック解除や端末購入など一手間必要です。

しかし、それ補って余りあるほど優秀かつ人気の格安SIMであることは間違いありません。

公式サイト UQモバイル

 

まとめ

再確認ですが、UQモバイルはLINEの利用登録はできるものの、年齢確認やID検索はできません。

どうしてもID検索がしたい場合は、 ワイモバイル LINEモバイル に乗り換える、あるいはLINEモバイルをデータSIMなどで別に契約することになるでしょう。

UQモバイルは通信速度が速く、知名度も人気も圧倒的な格安SIMです。ID検索は基本的にできないですが、総合評価では指折りのおすすめの格安SIMですよ。






-UQ-mobile

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.