U-mobile

ユーモバイルにソフトバンク回線「U-mobile S」登場!iPhoneやiPadで利用可能

更新日:

格安SIMにおいて今まで長くデメリットとして挙げられてきたのが、ソフトバンクのスマホではそのまま乗り換えて使えないことでした。

ソフトバンクユーザーが格安SIMに乗り換える場合は、2015年5月以降に発売された端末をSIMロックを解除しない限りは手持ちのスマホは使えず、多くの人は別途新しい端末の購入が必須だったのです。これでは初期費用の負担と手間が大きく、ソフトバンクユーザーの格安SIMへの乗り換えのブレーキになっていました。

しかしついに、史上初の「ソフトバンクのSIMロックがかかったスマホ」を利用できる格安SIMとして、ユーモバイルの「U-mobile S」が誕生しました。

これにより、ソフトバンクのiPhone・iPadを持っている人でも、SIMロック解除の必要なく、その端末のままユーモバイルのSIMを挿して使うことができます。

iPhoneとiPadのみ対応、データSIMのみとまだ制限が多いとはいえ、ソフトバンク回線の格安SIMが登場したのは初なので要チェックです。

この記事では、ユーモバイルSのサービス内容やメリット・デメリットに迫ります。ソフトバンクのiPhoneやiPadを持っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

公式サイト U-mobile

スポンサーリンク

「ユーモバイルS」の特徴|ソフトバンク回線のメリットとは?

まずは、業界初のソフトバンク回線となったユーモバイルSの特徴について解説していきましょう。

注意点も多いユーモバイルSですが、メリットもあります。

ソフトバンクスマホ(SIMロックあり)でも格安SIMが使えるようになる

今までソフトバンクのスマホで格安SIMを使うには、SIMロック解除が必要でした。さらにSIMロック解除処理ができるのは2015年5月以降に発売された端末のみなので、それ以前に購入したソフトバンクスマホではどうあがいても格安SIMが使えなかったのです。

しかし今回登場したユーモバイルSは、iPhoneとiPad限定とはいえSIMロックがかかったソフトバンクスマホをそのまま使えます。

また過去にソフトバンクを契約していた人であれば、昔使っていたソフトバンクのiPhoneが手元に残っている方が大勢いるでしょう。

その場合、その使わなくなっていたソフトバンクのiPhoneやiPadにユーモバイルSのSIMを入れて、再び使い始めることができます。

2台目のスマホとしての使い方は後半で紹介しますが、子供がいる方であれば子供の連絡用スマホにするのも良いでしょう。

まだユーザー数が少なく通信速度が非常に速い

現在ユーモバイルSは通信速度が非常に早いです。

これは新しい格安SIMであることに加えて、非常に限定されたサービスであるためにユーザー数があまり増加していないのも理由でしょう。

お昼でも夕方〜夜にかけても高速で通信できるのはユーモバイルSのメリットですね。iPadに入れて動画鑑賞用SIMとして楽しんでみてはいかがでしょうか。

デメリットはテザリング不可、音声SIMがないこと

iPhoneとiPadでしか使えないことはそれほどデメリットではありません。が、データSIMしか用意されておらず、テザリングも不可なのはデメリットですね。

データSIMしかないのではメインスマホとしては絶対に使えませんし、テザリングができないのでモバイルルーター代わりにできないため、その端末でしか通信もできません。

もしこれら2点の問題が今後解決されれば、ユーモバイルSは一気に普及して行くでしょう。

ただ、ソフトバンクが自社で「 ワイモバイル 」という格安SIMを展開している関係もあって、みすみす他社に音声SIM回線を提供することはあまり期待はできません。

※そのほか詳細は必ず公式サイトでご確認お願いします。

公式サイト U-mobile

データSIMであるユーモバイルSの使い道は?

お昼や夜など混雑時用のサブ回線に便利

ユーモバイルSは、スマホの2台持ちをして2台目に入れておくSIMに最適です。

過去に使っていたiPhoneや中古のソフトバンクiPhoneにユーモバイルSのSIMを入れて起き、格安SIMの回線が混雑するお昼時や夕方〜夜に使いましょう。

ユーモバイルSの通信速度が早いメリットを活かしましょう。
特に動画を見たり音楽をストリーミング再生したりする人は、ユーモバイルSの回線を持っていれば役立ちますね。

子供にiPhoneを持たせて連絡用に使う

子供用スマホとしてソフトバンクのiPhoneにLINEやSkypeを入れて、ユーモバイルSで通信可能にすれば連絡手段の出来上がりです

塾帰りの連絡などにユーモバイルSが役立ちますね。

ただしユーモバイルSではSMSの送受信ができない関係上、単体でLINEのアカウントを登録することはできません。LINEアカウントには基本的にSMS認証が必要です。

ただし解決策はいくつもあります。ガラケーのSMSを使ったり、Facebookアカウントを利用したりしてアカウントをiPhoneで使えるようにしましょう。

面倒なら、特に面倒な作業不要で始められるSkype(スカイプ)を使うと良いでしょう。

ポケモンGOなど遊べるアプリも入れてあげれば子供も喜ぶのではないでしょうか。

ソフトバンク版iPadを安く入手して、外出先で使う

iPad用のSIMも提供されているので、ソフトバンク版のiPadを安く入手してきて外出先でネットサーフィンなどを活用しても良いでしょう。

初代iPadから最新のiPad Proまで、全てのiPadがユーモバイルSで利用可能です。

古いiPadはmicroSIMが使われているので、microSIMで契約しましょう。

詳細 U-mobile

ユーモバイルSの料金プラン

容量 月額料金 最低利用期間
1GB 880円

なし

3GB 1580円
7GB 2980円
30GB 4980円

ユーモバイルSの料金設定は、データSIMとしてはかなり割高です。

例えば3GBプランは月額1580円ですが、DMMモバイルの音声SIM3GBプランなら1500円。音声SIMよりもさらに高いデータSIMということになりますね。

わざわざこんな割高な料金を支払ってまでユーモバイルSを契約する意味があるのかどうかは、人によって意見が分かれてくるでしょう。

私としては、現在ソフトバンクのSIMロックがかかったiPhoneやiPadが手元にあるのであればユーモバイルSを契約するのもアリだと思います。

ただしわざわざ中古のソフトバンク版iPhoneやiPadを購入してきてまでユーモバイルSを使うのは、かえって割高になってしまうようにも思えますね。

同じiPhoneでも5sや6であれば、ドコモモデルも十分安く買えます。ドコモモデルで購入して、ドコモ回線の維持費が安いデータSIMを契約した方が長い目で見ればお得でしょう。

今後ソフトバンク回線の格安SIMがもっと発展していくかどうかはわかりません。2017年4月の現時点では、使える端末を持っていない限りはとりあえず様子見した方が良いですね。

ユーモバイルSの注意事項

最後に、ユーモバイルSの注意点をもう一度まとめます。

  • データSIMのみ
  • iPhoneとiPad用のSIMのみが販売されていて、Androidスマホでは使えない
  • 月額料金の設定は高め

これら3点を踏まえつつ、契約するかどうか検討してみましょう。

現在ソフトバンクのiPhoneやiPadを持っている、過去に使用済みで放置していた端末を持っている人は、これを機会にうまい使い方ができるかもしれません。

公式サイト U-mobile

まとめ

ついに登場したソフトバンク回線の格安SIM「ユーモバイルS」。

既にワイモバイル回線のユーモバイルSUPERがある中で、本家ソフトバンクの格安SIMまで登場することとなりました。

ユーモバイルSはデメリットも抱えた格安SIMですが、もし余っているiPhoneやiPadがあるなら再利用できます。メインスマホとしてまだ使いづらいのが難点ですが、活用できそうな人はぜひ使ってみましょう。






-U-mobile

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.