LINEモバイル 速度テスト・レビュー

通信速度最強のLINEモバイルは実際早いか遅いか?1日使ってみて調査した結果

更新日:

2016年に誕生したばかりのLINEモバイルは、通信速度が非常に早い格安SIMとして人気があります。まだスタートしたばかりなので回線が混雑しておらず、それが速度の快適さに繋がっています。

しかし当然、格安SIMのスピードはユーザー数の増加により常時移り変わっていくもの。今までこそ評判が良かったLINEモバイルですが、このままユーザーが増え続ければ遅くなっていく可能性だってあります。

そこで今回は参考までに、2017年3月21日時点で計測したLINEモバイルの通信速度をまとめました

ただスピードテストをしただけではなく、実際に動画を見たり音楽を聴いたり、さらにネットサーフィンも試してみています。

普段は自宅のネット回線を使っている私ですが、この日はLINEモバイルだけで自宅の通信をすべて行いましたLINEモバイルは1日快適に使えるのか、最新の通信速度に興味のある方はご覧ください。

公式サイト LINEモバイル

スポンサーリンク




早朝の速度は快調!

今回のスピードテストは、すべてiPhone7Plusでテストしています。

まずは朝のスピードテストからチェックしましょう。

朝7〜8時は学生や会社員の人なら通勤・通学する時間帯で、電車内でスマホいじる人が多いです。そのため格安SIMの中では意外と見落としがちであるものの、けっこう回線が混雑しやすいんですよ。

さて、そんな中でLINEモバイルがどの程度の速度を出せるかみてみましょう。

ご覧の通り、爆速です。

文句なしに驚くべき早さですね。
PINGの値が小さいためデータの読み込みが始まるまでの速度も速く、下りは爆速です。

ネットサーフィンはもちろん、50MBや100MBの大容量アプリのダウンロード・更新しようともこの速度なら全く問題ありません。

LINEモバイルのこの速度がどれくらい早いのか分かりやすくするために、同じドコモ回線のIIJmioでもスピードテストしてみました。それがこちら▼

どうでしょう、IIJmioも大手SIMですが、LINEモバイルとは比較にならないほど遅いですよね。

ただこれは、IIJmioが特別遅いわけではありませんよ。ほかの格安SIMでも朝の通信速度は低速化するのが普通です。

つまり、それだけLINEモバイルが速すぎるということです。

続いて、動画鑑賞や音楽鑑賞などの用途について簡単に使用感をチェックしてみました。

動画再生(YouTube)は至って快適

通勤や通学中でも気軽にサクッと見られるYouTube。

YouTubeの動画再生は、普段使っている自宅の固定回線とまったく遜色ない読み込み時間でした。むしろ私の家のネット回線はケーブルテレビで、おそらくLINEモバイルより遅いですね……笑。

動画は通信量を大幅に消費するので注意が必要ですが、LINEモバイルなら朝の動画視聴に最適です。

ちなみに、iPhoneにおけるYouTubeの動画再生は回線速度によって自動で画質が変更されます。今回は非常に綺麗な画質で再生されていたので、おそらく画質はHD以上になっていたと思います。

高画質で動画をストリーミング再生したい人にも、LINEモバイルは理想のSIMと言えそうですよ。

音楽の再生もまったく問題なし!

今回はApple MusicやLINE MUSIC、radikoを使って音楽再生のテストをしていますが、どのアプリも朝の利用はまったく問題ありませんでした。

アプリの起動から再生開始まで、非常にスムーズです。これなら、通学や通勤の際に音楽を聴く人も安心ですね。

ネットサーフィンも快適そのもの

朝のネットサーフィンは快調でした。

キャリア並みの高速通信なので、Webページを開くくらいの処理は全く遅れをとりません。画像や広告の多いサイトでもLINEモバイルならストレスゼロで閲覧できますよ。

最も速度低下(混雑)する昼でも速い!もはやキャリア並みの通信速度

続いてテストしたのが最難関のお昼時、格安SIMが最も混雑して速度低下する「魔の時間帯」です。お昼休みになって皆が一斉にスマホをいじりだすので、回線が一瞬にして満員電車状態になります。

さて、そんな中でLINEモバイルの速度はどうだったでしょうか?

ご覧の通り、昼間でも爆速です。

これは驚きの結果ですね。朝方と大差ありません。
通信速度は10Mbps以上出ていれば基本的に体感速度は変わりませんので、LINEモバイルは昼時でもほとんど速度低下を感じずに使えることになります。

3月頭頃よりも、速度が明らかに改善されている

実はLINEモバイル、3月のあたま頃は速度が落ちて昼は下り3Mbpsくらいだったんです。しかしどうやらユーザー数の増加に合わせて設備増強が行われたようで、速度が見事に回復しています。

この結果って、同じく速度が速いことで有名な UQモバイル よりも速いですよ。今のLINEモバイルの速度に匹敵するのは、格安SIMだと ワイモバイル だけですね。

ワイモバイルは独自のワイモバイル回線なので、使用できる端末がけっこう限られてきます。

LINEモバイルはドコモ回線なのでたくさんの端末が使えるため、この速度が今後も維持できるならLINEモバイルが最強の格安SIMとなるでしょう。

動画、音楽、ネットサーフィンはいずれも問題なし

スピードテスト結果を見れば察しはつくと思いますが、もちろんYouTubeもApple Musicも、ブラウザでのネットサーフィンもまったく問題ありませんでした。

この時間帯の動画再生テストでは普通の格安SIMならちょっと厳しいHuluも試してみましたが、余裕で見られます。

朝から昼過ぎにかけてiMacで仕事をしたものの、まったく問題なし

私は普段、Googleドキュメントを使って常時データを保存しつつ記事を書いています。

この日もテザリングを使ってMacのネット回線だけLINEモバイルに切り替えつつ、普段通りに仕事をしましたが、前日までと何も違いが感じられませんでした。

つまりそのくらい、LINEモバイルは常時回線速度が安定して高速なんです。ノマドワーカーにもおすすめできますよ。

夕方も通信速度は早く、帰宅中でも快適に使える!

夕方も朝と同様、速度が思ったより落ちてくる時間帯です。学校や会社から帰る人がちらほら出てくるので、朝と同様に帰宅中にスマホをいじる人が増えだすんですよね。

そんな夕方のスピードテスト結果がこちらです。

夕方もやはり、まったく問題ないですね。
あまりにも常時高速なので、コメントに困ってしまうほどです。

YouTubeでの動画再生はもちろん、音楽もネットサーフィンもまったく問題ありません。帰りの電車やバス内で、あらゆる手段を使って暇をつぶすことができますね。

この時間はゲームアプリ「ファイアーエムブレムヒーローズ」もテストしましたが、普通に遊べています。

夜間も常時高速でした

最後は、夜のスピードテストです。

夜は自由に時間を使える人が多いため、昼間に次いで速度が低下しやすい魔の時間帯ですね。

ですがもうお察しの通り、LINEモバイルはこの通り高速で通信できます。

下り32.40Mbps出ていますし、PINGの値も小さめで応答速度も速いです。

アップロードも十分な速度が出ていて、スピードテスト結果のスクリーンショットはすぐに転送できました。

動画再生、音楽、ネットはいずれも問題ありません。

調査結果まとめ:LINEモバイルの速度は常時キャリア並み!

感想を一言でいうと、「速すぎ」でした。

24時間通してあまりに早いので、デメリットを語る隙が全くありませんでしたよ。

ドコモ回線という、多くの格安SIMが不安定な速度になる回線を使用しているのにも関わらず、LINEモバイルだけはキャリア並みの速度で常時安定しています。

朝から晩まで何らかの端末でネットを使っている私ですが、普段自宅で使っている固定回線とまったく違いがわからないくらい安定して高速でした。

記事執筆時点の2017年3月時点では、最も速度の早いクラスの格安SIMで間違いありません。ユーザー数の増加に伴い回線強化している形跡も見られるので、「高速のLINEモバイル」の称号は今後も長く続くでしょう。

LINEモバイルの速度以外のメリットをまとめてみた

http://official-blog.line.me/ja/archives/cat_544058.html

最後に簡単に、LINEモバイルの速度以外のメリットをまとめます。

LINEや各種SNSがカウントフリー(使い放題)

LINEモバイルの最大の特徴は、特定アプリの通信量がかからなくなる「カウントフリー」という機能が備わっていること。

カウントフリーにできるアプリはプランによって異なります。

カウントフリーになるアプリ

  • 「LINEフリープラン」:LINE
  • 「コミュニケーションフリープラン」:LINE、Twitter、Facebook、Instagram
  • 「MUSIC+プラン」LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE Music

 

SNS廃人こそLINEモバイルが圧倒的におすすめですね。

4大SNSが全てカウントフリーになるので、SNSで月1GB使っている人はLINEモバイルに乗り換えるだけで、普段よりまるまる1GB多く使える計算になります。

LINEのアプリから通信量の確認ができる

LINEモバイルを契約すると、LINEアプリから通信量を確認できるようになります。

ちなみに今回テストを行った1日の通信量はこんな感じでした。

※LINEやTwitterの通信量がカウントされていません。

こうした通信量や利用状況が、普段慣れ親しんでるアプリで手軽に確認できるのは地味に良いですよ。

まとめ

「LINEモバイルは超速いらしい」という噂はやはり本当でした。実際にスピードテストした結果、LINEモバイルはいつでも快適に高速通信を楽しめます。

私はLINEモバイルを4ヶ月程度継続で利用していますが、ここしばらく落ちてきていた速度がまた回復していて驚きましたね。

LINEモバイルの高速神話はまだまだ続きそうですよ。

いまドコモ回線の格安SIMで最もおすすめするとすれば、間違いなくLINEモバイルですね。









-LINEモバイル, 速度テスト・レビュー

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.