Y!mobile 端末・新機種

ワイモバイルAndroid One S1とS2のスペック評価!507SHと比較してみた

投稿日:

現在、格安SIMの中でもトップクラスのスピードで普及を進めているワイモバイル。

厳密にはソフトバンクのサブブランドにあたり格安SIMではないのですが、キャリアよりも安く、そして通信速度は24時間キャリア並みに速いということで、キャリアから乗り換え先として人気があります。

そんなワイモバイルでは「Android One」という、アップデートを保証しているAndroidスマホを積極的に販売しています。

そして今回も新しくAndroid Oneの端末が2つ登場しました。SHARPの「S1」と、京セラの「S2」です。

S1は3月3日現在すでに販売中、S2は3月10日より販売開始となります。

今回は、最新のAndroid Oneである「S1」や「S2」のスペックを、すでに発売中であるAndroid Oneスマホの507SHと比較しながら紹介します。

S1、S2共に507SHにスペックで劣っている部分もあれば、優れている部分もあります。

Android Oneを検討中の人はチェックしておきましょう。

公式サイト ワイモバイル

スポンサーリンク

ワイモバイル Android One S1とS2の基本スペック

まずは、「S1」と「S2」のスペックをチェックしてみましょう。

※スマホは横スクロール可能。

S1 S2
税抜き価格 30000円 46100円(オンラインストアでは30000円)
CPU Snapdragon 430
(MSM8937)
1.4GHz+1.1GHz(オクタコア)
Snapdragon 425
(MSM8917)
1.4GHz(クアッドコア)
メモリ 2GB 2GB
ストレージ容量 16GB 16GB
カメラ メインカメラ:1310万画素
サブカメラ:800万画素
メインカメラ:1300万画素
サブカメラ:200万画素
重さ 134g 142g
画面 5インチ、フルHD 5インチ、HD
バッテリー容量 2530mAh 2300mAh

参照 ワイモバイル

S1は価格が安く、画面がフルHDなのがメリット

先に結論を言ってしまいますが、S1とS2なら断然S1がオススメです。

まず、S1は税抜き30000円と価格が手頃ですね。ワイモバイルで販売されているスマホの中では安い方です。

画面がフルHDなのは嬉しいですし、自撮り用のインカメラが800万画素と高画質なのは良いですね。

また、S1は防水防塵対応となっています。
海外製が多いSIMフリースマホで防水はあまりないので、この点は大きなメリットですね。

ただし、全体的な性能を見ると、同価格帯のSIMフリースマホに比べてやや劣っているようにも思えます。

例えば2016年に人気を博した「Zenfone 3」は、2017年3月現在、楽天モバイルで29600円で購入できますが、CPU性能はもっと高いですしメモリ3GB(S1は2GB)、ストレージ容量は32GB(S1は16GB)です。

参照 楽天モバイル

ただ、Zenfone 3は発売からの時間経過でセール価格になっているだけで、もとは定価4万程度のスマホなので性能は高くて当たり前ですけどね。

S2はスペック低すぎて買うメリットがない

S2とS1のスペックを比較してみると、まずS2の価格の高さが際立ちますね。スペック的にはむしろS2の方が劣っているのにも関わらず、なぜか通常価格はS2の方が1万円以上高いです。

ワイモバイルのオンラインストアでの値引きありきでこの価格がつけられているように思えますし、値引き後の金額でもなお割高に思えるのが残念です。

基礎スペックを見渡して、特にひどいのがインカメラの性能ですね。S1の800万画素に対して、S2の200万画素は低すぎますし、今時これほど低い画素数はそうないレベルです。もちろん自撮りにも向いていません。

さらにさらに。
S1より重くてHD液晶、CPU性能も劣っていますし、バッテリー容量も少ない。わざわざS1と同時期にこのスマホを販売する意味は一体どこにあるのでしょうか?

ちょっと辛口な評価になってしまいましたが、S2はやめておいた方が良いでしょう。

せめてものS2のポジティブ要素としては、赤外線や耐衝撃機能が搭載されているという点ですね。

しかし、赤外線通信ってガラケー時代なら必須でしたが、今や搭載されていないスマホの方が多いので使う機会はないのではないでしょうか……。同様に耐衝撃機能も悪くはありませんが、S1にケースをつければ良いでしょう。

総じて、S2をあえて選ぶ意味はほぼないかと思います。

Android OneのS1、S2を507SHとも比較してみる

「507SH」は、少し先に登場したAndroid One端末です。一応同じ仲間として、今回登場した2機種と比べてみましょう。

※スマホは横スクロール可能

S1 S2 507SH
税抜き価格 30000円 46100円(オンラインストアでは30000円) 48100円
CPU Snapdragon 430
(MSM8937)
1.4GHz+1.1GHz(オクタコア)
Snapdragon 425
(MSM8917)
1.4GHz(クアッドコア)
Snapdragon 617
(MSM8952)
1.5GHz+1.2GHz(オクタコア)
メモリ 2GB 2GB 2GB
ストレージ容量 16GB 16GB 16GB
防水
ワンセグ
赤外線通信
カメラ メインカメラ:1310万画素
サブカメラ:800万画素
メインカメラ:1300万画素
サブカメラ:200万画素
メインカメラ:1310万画素
サブカメラ:500万画素
下り最大通信速度 112.5Mbps 112.5Mbps 187.5Mbps
重さ 134g 142g 135g
画面 5インチ、フルHD 5インチ、HD 5インチ、HD
バッテリー容量 2530mAh 2300mAh 3010mAh

参照 ワイモバイル

CPU性能は、高価格な507SHがやはり一番高い

CPU性能は507SHが一番高いですね。これは価格が最も高いので当然といえば当然です。

メモリとストレージ容量はどの機種を選んでも同じですが、CPU性能がダントツトップなのは507SHです。

507SHなら、CGゲームアプリなどスペックが要求されることでもある程度は快適に行えるでしょう。一方でS1やS2はCPU性能がやや劣っているので、一定レベル以上のスペックを要求するゲームではもたつきが見られる可能性が高いです。

ゲーマーに向いているのは507SH一択ですね。

ワンセグが見られるのは507SHだけ

まだ愛用している人がどれだけいるか不明ですが、507SHはワンセグが見れるのも一つポイントです。

震災など緊急時にワンセグが見られると何かと便利なものでもあります。それに通勤や通学中に見たいという人もいるでしょう。

ワンセグが見られるのは507SHだけなので、ワンセグを必要とするなら507SHを選ぶのがベストです。

端末デザインは507SHのターコイズブルーが一番個性的

S1やS2、特にS2のデザインは平凡すぎて個人的にちょっと微妙に思えました。

端末のオシャレさや格好よさを重視するなら、507SHのターコイズブルーがオススメですね。青と紫の中間のような絶妙な色合いがとても美しいです。

実は私も過去に持っていたのですが、デザインは非常に気に入っていました。

実際、価格がそれなりに高めなだけあって触っても安っぽさは全くありませんよ。

507SHはスピーカーの音が波打つのがデメリット

私は507SHを手放したのですが、その理由はスピーカーから出る音が波打っていたことです。使っていて急に音が小さくなったり大きくなったりしたんですよね。

故障かと思ったのですが、ネットで口コミを調べてみると同様の不具合を指摘している人が何人もいたので、おそらく仕様上の問題かと思います。

これさえなければ完璧な端末だっただけに、非常に残念でしたね……。

Android Oneなら総合的にS1がおすすめ

というわけで今回3機種を比較して考えましたが、結論としてAndroid Oneを選ぶなら現状はS1が最もおすすめです。

まず、消去法でS2は消えますね。
デメリットは上で散々あげたように、耐衝撃機能は一応の魅力的ではあるものの、価格に対してスペックが低すぎるのであえて選ぶ意味がありません。

スペックだけを見れば507SHがおすすめなのですが、いかんせん価格が高めです。

S1と507SHで価格差が約2万円ほどあるので、ゲームアプリなどのヘビーユーザーでなければS1が最もコスパが良いと思います。

S1は画面解像度もフルHDですし、インカメラも800万画素で文句ありません。価格とスペックを見比べたときに最も「安く・良く使える」のがS1ですね。

S1をチェック ワイモバイル

まとめ

価格がある程度安く抑えられているAndroid Oneの端末が、今後のワイモバイルの主力となっていくことが伺える新機種の登場でした。

S1とS2、どちらもオンライン購入なら販売価格が3万円台になるわけですが、今回の2機種では圧倒的にS1が魅力的ですね。

個人的には507SH推しですが、5万弱は手が出せないという人はS1を選びましょう。S2は選ぶメリットがないのでスルーして大丈夫ですよ。






-Y!mobile, 端末・新機種

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.