楽天モバイル 端末・新機種

ファーウェイnovaのスペック解説|nova liteと性能比較もしてみる

更新日:

春が近づくにつれ、次々に新しいスマホが発表されていますね。たくさん登場するので一体どれを買っていいか選べない人が続出しそうです。

2016年に一気に知名度あげたファーウェイのスマホも、P9の後継機であるP10や、P9liteより安くそれより少し性能が上がっているnova liteなど、次々に新しいSIMフリースマホを発表しています。

これら2機種の陰に隠れていますが、ファーウェイは「nova」という5インチ画面のSIMフリースマホも発表しました。小型でありつつもスペックが高めであり、いわゆるコスパの高いSIMフリースマホです。

今回は、このnovaについて解説したいと思います。

novaとnova liteのスペックの違いについても比較しますので、どちらを購入しようか迷っている方も参考にしてみてくださいね。

販売サイト 楽天モバイル

スポンサーリンク

ファーウェイnovaのスペックをチェック!

まずはnovaのスペックや機能について表で確認しましょう。

価格(楽天モバイル) 37980円(セール期間は34800円)
OS Android6.0
CPU Snapdragon 625
メモリ 3GB
ストレージ容量 32GB
画面 5インチ、フルHD
カメラ アウトカメラ:1200万画素
インカメラ:800万画素
重さ 146g
バッテリー容量 3020mAh

参考 楽天モバイル

画面サイズが5インチなのがもっとも特徴的なポイント

novaで一番重要なのは、画面サイズが5インチサイズと小型なことです。

ここ数年で発表されるスマートフォンは5.2インチサイズが一般的です。さらには5.5インチのスマホも多くなってきていて、どちらかと時代の流れ的に大型化しているんですよね。

5.2インチのスマホは画面が大きくて動画やネットサーフィンに最適ではありますが、人によっては片手で操作できない、ポケットに入れると邪魔など不便利感じる人もいるでしょう。

novaの5インチならギリギリ片手でも操作できるサイズです。手の小さい女性でも操作しやすいサイズ感と言えるでしょう。

コンパクトな5インチ画面のスマホが欲しい人には、novaがオススメですね。

端末デザインはiPhoneっぽい

端末デザインもシンプルでiPhoneっぽいですよね。特にグレー、シルバー、ローズグレイという3つのカラーは明らかにiPhoneを意識しているでしょう。

ここは好みが分かれるところですが、なかなか爽やかなデザインで良いじゃないかと個人的には思いました。

4K動画も撮れるカメラ性能。撮影モードも豊富です。

4K動画の撮影も可能なカメラ性能は、メイン1200万画素/インカメラ800万画素を誇り、撮影モードも多様に揃えています。

自撮りに最適化された「パーフェクトセルフィー」機能や、メイク加工が可能な「メイクアップモード」もあるので、自撮りをSNSにアップしたい人には嬉しいですよね。インカメラ800万画素も十分です。

一眼レフのようなプロっぽい写真を取りたい人には「プロカメラモード」が用意されていて、シャッタースピードやISO感度、ホワイドバランスまで自分好みに調整することが可能です。

カメラを楽しみたい人でも満足できる性能ではないでしょうか。

搭載OSは2017年3月現在最新のものではない

novaに搭載されているOSはAndroid6.0で、これは2015年に登場したOSです。2017年3月現在はAndroid7.0シリーズが展開されているので、ちょっと古いOSということになりますね。

ファーウェイはhonor 8やP9シリーズのOSをアップデート対応していますので、おそらくnovaについても同様にアップデートは行われるでしょう。

しかし2017年のこのタイミングで発売するなら、最初から7.0で発売して欲しかったですよね。

Android7.0だと画面に2つのアプリを同時に表示できたり、通知画面からメールの返信ができたりと細かい進化があるため、それらが使えないのはちょっと残念です。

 CPUはSnapdragon 625。Zenfone 3と同じくハイスペゲームも可能

CPUは「Snapdragon 625」が搭載です。
これは、2016年に日本で非常に人気が高かったSIMフリースマホのZenfone 3と同じCPUですね。

このCPUのメリットは、動画や音楽、その他様々なアプリのほとんどは快適に動作し、さらにハイスペック要求のゲームにも強いことです。

ファーウェイ系のスマホは「Kirin」という独自のCPUを搭載していることが多いのですが、Kirinは日本のゲームアプリにしっかり対応していないことが多く、非対応の例えば「デレステ」などはうまく動作せず、快適に遊べません。

novaはSnapdragonというXperiaなどでも使われるタイプのCPUを搭載しているため、ゲームも快適に遊べると考えられます。CGがふんだんに盛り込まれたゲームでも快適に動作するでしょう。

メモリやストレージ容量などは、4万円のスマホとしては標準のスペック

メモリは3GB、ストレージ容量は32GBで、ここもZenfone 3と被っていますね。4万円程度のSIMフリースマホの多くがこのスペックを備えているので標準と言えます。

メモリが4GBだったりストレージ容量が64GBだったりするとより魅力的なのですが、平均的なスペックなので特に語るところはないですね。

もっともメモリは3GBあれば十分快適に動作します。動作にもたつきを感じる場面はほとんどないでしょう。

ストレージ容量も、32GBあればたくさんのアプリや音楽データを保存できます。しかしスマホを頻繁に使う人なら、やがて足りなくなることもあるかもしれません。

Androidスマホなので、もし写真をたくさんとったり動画を保存したりするならmicroSDカードを追加で購入すると良いでしょう。

そのほか、もっと詳しい性能や数値については公式サイトをご確認ください。

novaとnova liteをスペック比較してみる

続いて、novaとnova liteをスペックで比較してみましょう。まずは比較表にまとめてみました。

※スマホは横スクロール可能

nova nova lite
価格 37980円(セール期間は34800円) 21800円(セール期間は19800円)
OS Android6.0 Android7.0
CPU Snapdragon 625 Kirin 655
メモリ 3GB 3GB
ストレージ容量 32GB 16GB
画面 5インチ、フルHD 5.2インチ、フルHD
カメラ アウトカメラ:1200万画素
インカメラ:800万画素
アウトカメラ:1200万画素
インカメラ:800万画素
重さ 146g 147g
バッテリー容量 3020mAh 3000mAh

参考 楽天モバイル

まず価格が圧倒的に違いますね。
さすが「lite」と付くだけあり、nova liteのほうが圧倒的にお手頃価格です。

novaとnova liteの大きな違いはCPU性能

novaとnova liteの大きな違いは、CPU性能にあります。nova liteはKirinのCPUなのでゲームには不利です。

novaの方がCPU性能は高いので、性能の高いスマホが欲しいならnovaを購入すると良いでしょう。

ストレージ容量でもnovaが勝っている

nova liteのストレージ容量は16GBです。
これはちょっとギリギリな容量で、microSDでの増量は必須でしょう。

novaなら32GBあるので、動画データなどをたくさんダウンロードしない限りはmicroSDがなくてもなんとかなる人は多いですね。

OSはnova liteの方がなぜか新しい

nova liteの方が新しいOSを搭載しているのが印象的ですね。これは謎です。

最新のAndroid7.0を使いたいならnova liteがオススメです。

ゲームをしない人ならnova liteでOK

性能については意外とnova liteが健闘しているので、スマホ初心者やそこまでスマホをたくさん使わない人ならnova liteでも十分でしょう。

novaを購入する理由としては、

  • 5インチの小型スマホが欲しい
  • CGを使うハイスペックゲームをする
  • ストレージ容量16GBは足りない

こんなところですが、そもそも格安SIMを使う人はスマホ自体のライトユーザーが多いので、個人的には多くの人はnova liteで大丈夫じゃないかと思いますね。

nova liteについては下記記事に詳しくまとめています。

激安高コスパスマホのnova liteを価格やスペックでP9liteと比較してみた

2016年にスマホ界隈において最も知名度を上げた会社といえばファーウェイですよね。P9liteやhonor 8、Mate 9といったスペックの違う様々なSIMフリースマホを販売し、飛ぶ鳥を落とす勢いで ...

nova liteを販売しているのは 楽天モバイル OCNモバイルONE です。最大手がこぞって取り扱ってますね。

novaを販売している格安SIM

novaは取り扱っているMVNOも多いですね。

端末のみ購入ということであれば、やはりセールの多い 楽天モバイル が強いですね。

まとめ

novaは5インチ画面とコンパクトサイズのSIMフリースマホです。

性能が高めですがそのぶん価格もそこそこするので、人を選ぶスマホでしょう。5インチサイズで性能が高めのスマホを探している人にはおすすめです。

販売中のMVNOも多いので、好みのサイトで検討してみてはいかがでしょうか。






-楽天モバイル, 端末・新機種

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.