格安SIMの基礎知識

白ロムスマホとは何か?入手方法や格安SIMで使う方法を知っておこう!

更新日:

格安スマホに興味があれば、「白ロムスマホ」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。聞いたことはあるけれど、実際よく分かっていない人いますよね?

格安SIMを販売しているMVNO各社では「SIMフリースマホ」をセット販売しているわけですが、白ロムとSIMフリーはどう違うのでしょうか。

そこでこの記事では、「白ロムスマホとは何か?」について詳しく解説したいと思います。

白ロムの意味だけでなく、メリットや入手方法、格安SIMでの使用方法についても解説するので、未見の方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク




白ロムとは?用語解説からメリット・デメリットまで

まずは白ロムに関する様々な疑問を、一気に解決していきましょう。

これを読めば、白ロムについて聞かれても答えられるようになりますよ。

「白ロム」は、キャリアで販売されていたスマホのこと

白ロムとは、簡単に言えばキャリアで販売されていたスマホです。購入者の情報が書き込まれていないまっさらな状態のことです。

キャリアでスマホを買うと、その端末にドコモならドコモ、auならauのSIMカードを入れて渡されますよね。白ロムスマホは、このスマホからSIMカードを抜いた状態のことを言います。

スマホからSIMカードを抜いて初期化すれば、購入者の情報は基本的に内部に残りません。中古ショップなどで販売されているキャリア製のスマホは「白ロムスマホ」ということになります。

要するに、中古のキャリアスマホですね。

ちなみにあまり聞かなくなりましたが、「黒ロム」もあります。これは契約者の情報が残っている状態で、スマホの場合、中にSIMカードが残ってて通信もできることになりますね。

「赤ロム」は通信不可能になった白ロムスマホ

赤ロムという用語もあります。
これは白ロムスマホなのですが、一つ違うのは通信ができない状態になっていることです。

赤ロムになってしまうと、そのスマホでは他のSIMカードを入れて設定しても通信ができません。

なぜ赤ロムスマホが生まれてしまうのかというと、そのスマホの所有者が端末の残債を未払いになってしまった段階で、遠隔で通信不能な状態にされてしまうからです。

白ロムスマホは突然赤ロムになる危険性を秘めているので、保証がある中古ショップで買うのが安心ですよ。

白ロムのメリットは、高機能・高性能なスマホが安く手に入ること

白ロムには未使用品も含まれますが、基本的には中古品となります。

中古のスマホをわざわざ買うよりも、格安SIMとSIMフリースマホをセットで購入した方が良いんじゃないの? と思うかもしれません。

しかし、白ロムにもちゃんとメリットがあります。
それは、同じ価格で買えるSIMフリースマホに比べて機能が充実していたり、性能が高かったりする場合が多いことです。中古といえ、元はキャリアスマホであることを忘れてはなりません。

日本で販売されているSIMフリースマホは海外製のものが多く、おサイフケータイや防水にはあまり対応していません。当然、キャリアが販売する高額スマホにはスペック面でそう勝てません。

白ロムスマホなら、キャリアで販売されていたこともあり、海外製の端末も含めて日本向けにカスタマイズされています。結果としておサイフ機能があったり防水が使えたりします。

キャリアのスマホは元が10万円近い高額な端末だったりもするので、基本的に性能も抜群です。2年くらい前に発売された端末でも、バッテリーが劣化しているなどの不具合がなければまだまだ使えますよ。

iPhoneも白ロムを購入できる

iPhoneも白ロムで購入可能です。iPhoneは購入者が多いので、中古市場に白ロムが流れてくることはとても多いですね。

白ロムでドコモ製のiPhoneを購入すれば、多くの格安SIMで利用できます。またauのiPhoneも、au回線の格安SIMでなら基本的に使えますね。

白ロムのデメリットは、キャリア製アプリの存在

白ロムにはデメリットもあります。それはキャリア製のアプリがたくさんあることです。

キャリア製アプリは格安SIMでは使えない仕様のものが多いため、アプリがたくさんあるのも困りもの。それだけでなく、頻繁に通知を表示するアプリも多いです。

通知はブロックできないものがいくつかあります。無視して削除すればいいのですが、鬱陶しいと思う人もいるでしょう。

スポンサーリンク




白ロムはどこで購入できる?おすすめの購入先を紹介

白ロムの入手経路はいくつかあります。おすすめの購入先と、注意点を解説します。

白ロムの入手先は、中古ショップが一般的

白ロムは、ブックオフやゲオ、じゃんぱらやイオシスといった中古ショップで購入するのが一般的です。

中古ショップで購入するメリットは、保証がある場合が多いことですね。保証があれば、もし壊れたり赤ロムになってしまったりしても返品や交換ができます。

ただし代わりに、価格はやや高めに設定されています。

ヤフオクやメルカリでも買えるが、注意が必要

とにかく安く入手したいなら、ヤフオクなどのオークションサイトやメルカリなどのフリマアプリがおすすめです。個人取引なので、売り切りたいユーザーが安く白ロムスマホを販売しています。

購入費用を大幅に削減できるのはメリットですが、一つ注意したいポイントもあります。それは安全性に欠けることです。

悪いユーザーは赤ロムスマホを白ロムと騙って販売していることもあります。これは危険ですよね。また説明にない不具合があることも考えられます。

ただし、ヤフオクやメルカリなどはスマホの取引の場合、受け取って問題がないと確認して受け取り連絡をしなければ相手にお金が振り込まれません。

そのため、こうした悪質なユーザーに引っかかるリスクは昔よりは減っていますね。特に赤ロムについては、ちゃんと確認してから受け取り連絡をするように気をつければ問題ないでしょう。

商品の状態については個人同士のやりとりなので、実物の質が説明よりワンランク落ちるかもしれないことは踏まえておきましょう。人によって状態の判断基準はばらつきがあるので、ここは仕方ありません。

本当に状態が正しく、安全な取引をしたいなら、中古ショップでの購入がおすすめです。

白ロムは、SIMフリースマホと同じように格安SIMで使える

白ロムスマホは格安SIMでも問題なく使えます。設定手順や注意点をご覧ください。

白ロムスマホは、APN設定やプロファイル設定をすれば格安SIMで使える

白ロムスマホは、SIMフリースマホと全く同じ手順で設定すれば、それだけで格安SIMで使えます。

Androidなら設定アプリからAPN設定を行えばOKです。
iPhoneの場合は、Safariから設定用URLにアクセスし、プロファイルをダウンロードする流れになります。

2015年5月以降に登場したauスマホなら、中古の白ロムもSIMフリーにできる

2015年5月以降に発売されたauのスマホは、白ロムであってもauショップに行くことで、SIMロックを解除してSIMフリーにできます。

VoLTEに対応しているauスマホの場合、SIMロックを解除しなければ格安SIMで使えません。しかしauスマホなら中古の白ロムもSIMロックが解除できるので、基本的には問題ないわけです。

ソフトバンクの白ロムスマホは、まだ購入するべきではない

ソフトバンクの白ロムスマホは、ソフトバンク回線が使える格安SIMがほとんどないため、2017年2月時点では格安SIMで使えませんそのため、まだ購入するべきではありません。

ただし、2017年3月以降はソフトバンク回線の格安SIMが登場するとされているので今後は状況も変わってくるでしょう。

まとめ

白ロムスマホは、要するにキャリア製のスマホの中古品です。あなたが現在キャリアで使っていたスマホを持っているなら、それも言ってしまえば白ロムですね。

白ロムは、安く買えて性能や機能が充実しているのがメリットです。ただし中古の白ロムを買うときは、バッテリーが劣化している可能性があることには注意したいですね。

格安SIMと白ロムを組み合わせれば、安価に充実した環境を構築できます。

SIMフリースマホは性能的にイマイチ満足できないということなら、白ロムスマホから使う端末を探してみてはどうでしょうか。









-格安SIMの基礎知識

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.