LINEモバイル キャンペーン情報

【4月30日まで】LINEモバイルの音声SIMが最大3ヶ月無料!キャンペーンのメリットとデメリットを解説

更新日:

LINEモバイルが新規契約者に超お得なキャンペーンを実施しています。

2017年4月30日までにLINEモバイルの”音声SIM”に新規申し込みすると、月額基本料金が最大3ヶ月間無料になるキャンペーンが行われています。

キャリアから格安SIMに乗り換えるにあたって、できれば費用は抑えたいところですよね。また他のMVNOからの乗り換えを検討している人も、LINEモバイルを試してみる絶好のチャンスです。

LINEモバイルはTwitter、Facebook、インスタグラムなど使い放題になる「カウントフリー」も備えており、しかもサービス開始直後とあって通信速度もめちゃくちゃ早いです。

下記では、LINEモバイルの最大3ヶ月無料キャンペーンについて詳しく解説します。メリットもデメリットもありますので、チェックしてみてくださいね。

公式サイト LINEモバイル

月額料金が最大3ヶ月無料に!LINEモバイル・春の新生活応援キャンペーンの内容とは?

LINEモバイルでは、春の新生活応援キャンペーンが開催中です。

このキャンペーンは、音声SIMを新規契約した場合に6、7月分の月額基本料金が0円になるという内容です。

音声SIMであればどのプランでも月額0円の対象となります。各プランについては後半で紹介するので参考に。

「6月と7月の2ヶ月?」と思いますが、LINEモバイルの月額基本料金は実は初月無料です。そのため初月+6月、7月で合わせて3ヶ月間の月額基本料金が無料となるわけですね。

LINEモバイル契約時には初期費用3000円+SIM発行手数料400円がかかるわけですが、その分は十分このキャンペーンによって補えますよ。

キャンペーン期間は2017年の4月30日までです。

LINEモバイルを契約するなら今が最大のチャンスです。

本来は3月31日で終了予定だったキャンペーンですが、好評につき1ヶ月だけ延長されています。これ以上の延長はないので、検討中の人は必ず4月中に新規申し込みをしておきましょう。

LINEモバイルのキャンペーンの注意点は?

http://official-blog.line.me/ja/archives/cat_544058.html

今回のキャンペーンは割引額こそ高額ですが、しっかりと内容を理解しておかなければ損をすることもありますよ。

無料になるのは6月と7月の月額基本料金であり、契約直後ではない

一番の注意点は、無料になるのは6月と7月の月額基本料金であることです。4月に契約しても5月は普通に月額料金が発生します。

つまり、月額料金が0円になることを見越してあえて最初大容量のプランを選んでしまうと、5月は月額料金が請求されるため支払いに困ってしまうかもしれませんよ。

また、無料になるのは基本料金だけなので、追加チャージをしたり通話をしたりしたことで発生する料金は普通に支払わなければいけません。

無料だからと長電話をしたら高額な通話料金になってしまうかもしれませんので、こちらも要注意です。

LINEモバイルの音声SIMには12ヶ月の最低利用期間がある

LINEモバイルの音声SIMは、最低利用期間が12ヶ月です。もし12ヶ月以内に解約すると、税抜き9800円の違約金が発生します。

無料期間だけお試し利用してすぐに解約しようと思うと、むしろ割高になるので注意しましょう。

データSIM・SMS対応SIMは対象外

今回のキャンペーンは音声SIMのみが対象です。そのためデータSIMや、SMS対応SIMでの契約は対象外になります。

音声SIMは不要ということであれば、キャンペーンを利用できないため今契約しなければならない必要性はないでしょう。

Q. LINEモバイルって何がいいの?|A. 通信速度が超早いです

LINEモバイルを選ぶべき最たる理由は、通信速度が非常に速いことです。

24時間キャリアとそう変わらない速度が出るので、格安SIMの一番の懸念事項である通信速度の心配が入らないのは絶対正義とも言えるメリットです。

私も実際に現在LINEモバイルを使用していますが、下記はスピードテストをしてみた結果です。

(左が昼12時/右が夜20時)

一般的に格安SIMが回線混雑で速度低下しやすいのが昼12時〜13時と、夜20時〜22時前後。この魔の時間帯でも、LINEモバイルは上記のようにキャリア並みの通信速度が出ています。

LINEモバイルの通信速度については下記記事で詳しく検証したので、「まだ証拠が欲しい」という人はチェックしてください。

通信速度最強のLINEモバイルは実際早いか遅いか?1日使ってみて調査した結果

2016年に誕生したばかりのLINEモバイルは、通信速度が非常に早い格安SIMとして人気があります。まだスタートしたばかりなので回線が混雑しておらず、それが速度の快適さに繋がっています。 しかし当然、 ...

格安SIMにおいて「通信速度が速い」を上回る強みはないでしょう。

LINEモバイルを契約するならどのプランがおすすめ?

ここからは利用用途に合わせて、LINEモバイルを契約するならどのプランにするべきかを解説していきます。

今回のキャンペーンは音声SIMならすべてのプラン・すべての通信量が対象なので、それぞれ比較して検討してみてくださいね。

ほぼLINEしか使わない人はLINEフリープラン

スマホの利用はLINEが中心で、LINE以外のアプリはほとんど使用しない人には、LINEフリープランがおすすめです。

「LINEフリー」の名の通り、LINEアプリの通信量が一切かかりません。LINE使い放題なので、スマホはほぼLINEしかしない人ならこちらを検討しましょう。

料金体系はシンプルに一つのみ。
通信量は1GBで、月額料金は音声SIMで1200円です。

3ヶ月の割引額は3600円となり最も少ないのですが、使わないのに無理に高額なプランを選ぶ必要はありませんよね。

LINEフリープランはLINEの通信量がかからないしくみなので、好きなだけLINEを使うことができます。LINEの無料通話も通信量が発生しなくなるので、通話は基本的にはLINEで行うと良いでしょう。

公式サイト LINEモバイル

最もおすすめは人気SNSが使い放題になる「コミュニケーションフリープラン」

「コミュニケーションフリープラン」では、LINEに加えて、Twitter、Facebook、Instagramもカウントフリー=使い放題になります。

SNSを幅広く使っている人はもちろん、一般的なスマホユーザーに最も人気でおすすめなのがこちらのプランですね。

こちらは3GB〜10GBまで幅広く用意されているので、どの層の人にも使えるプランです。

SMS対応SIM 音声SIM
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2880円
10GB 2640円 3220円

※コミュニケーションフリープランではデータSIMを選べません。

料金的には最安水準ではありませんが、カウントフリー機能を考慮すれば妥当なところです。

LINEは誰しも使うとして、FacebookやTwitter、そして最近流行りのインスタグラムに中毒になっているのであればコミュニケーションプラン一択ですね。

公式サイト LINEモバイル

LINE MUSICを使っている人は「MUSIC+プラン」

「LINE MUSIC」は、LINEが提供する定額の音楽配信サービスです。

先に紹介した2プランではLINE MUSICの通信量が普通にカウントされるのですが、MUSIC+プランに限ってはカウントされません。つまり、通信量を気にせず好きなだけ音楽を聴くことができるわけですね。

MUSIC+プランの月額料金はこちら▼▼

SMS対応SIM 音声SIM
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円

LINE MUSICのユーザーならMUIC+プランを選びましょう。

ただし、LINE MUSICの”通信量がかからない”というだけで、LINE MUSICの月額料金は別にかかるので注意してくださいね。

公式サイト LINEモバイル

【おまけ】LINEモバイルは18歳以下の子供にも持たせることが可能です!

LINEモバイルを子供に持たせたいと考えている両親もいるでしょう。このキャンペーンを利用して両親がLINEモバイルを契約すれば、子供を「利用者」としてLINEモバイルを持たせることができますよ

子供に持たせたい方は下記を参考にして契約しましょう。

LINEモバイルには、契約者と利用者の区別がある

まずLINEモバイルには、「契約者」と「利用者」の区別があります。

  • 「契約者」……LINEモバイルを実際に契約して利用料金を支払う人。
  • 「利用者」……LINEモバイルのSIMを実際にスマホに入れて使う人。

一般的には契約者と利用者は同一人物になることが多いですが、例えば家族などはちょっと違ってくることもあります。

家族で子供に使わせる場合、契約して支払い義務を持つお父さん(お母さん)が契約者、使う子供が利用者となるわけですね。

契約者ができること

LINEモバイルの契約者ができることは、

  • LINEモバイル公式アカウントからマイページへのログイン
  • 支払った金額の1%分のLINEポイントがもらえる

以上の2点です。

LINEアプリからマイページに移動して契約内容の変更や通信量の追加を行うことは、契約者でなければできません。

これにより、利用者(例えば子供)が勝手に追加チャージを行ったり、プランを変更したりできなくなるわけですね。

ただし、契約のIDやパスワードを子供が知ってしまったら、勝手にブラウザからログインして追加チャージなどをしてしまう危険性があります。子供にIDやパスワードは教えないように気をつけましょう。

利用者ができること

利用者ができることは、

  • データ残量の確認
  • データプレゼント

この2つです。

今月どのくらいスマホを使ったかを確認したり、余った通信量を誰かにプレゼントしたりできるだけで、契約に関わることはできません。

これなら保護者の方も安心ですよね。

連携をしなければ、機能は利用できない

契約者・利用者共に、「連携」をしなければここまでに紹介した機能が利用できません。

LINEモバイルのSIMでの通信自体はできますが、LINEアプリの「LINEモバイル公式アカウント」から契約者・利用者連携をしないとデータ残量の確認さえできないので、LINEモバイルを契約したら契約者・利用者は連携をしておきましょう。

この連携はLINEアプリのメニュー「契約者連携」から設定できます。詳細な操作方法は公式サイトで確認できます。

公式サイト LINEモバイル

有害サイトをブロックするフィルタリング機能も無料で使える!

LINEモバイル フィルタリング

LINEモバイルでは利用者登録の他に、フィルタリング機能も無料で使えます。

LINEモバイルの「i-フィルター」というフィルタリング機能を使いますが、主な機能は3つあります。

1. 有害サイトへのアクセスをブロック

子供にスマホを与える場合に懸念されるのが、アダルトや暴力、違法、詐欺系の有害サイトへのアクセスです。下手すれば架空請求の被害にもあいかねません。

i-フィルターの大きな役割は、これら有害サイトへのアクセスブロックです。

Webサイトのカテゴリーごとに除外設定してブロックしたり、サイトURLごとに除外設定することもでき、好きなようにカスタマイズすることができます。

2. ネット利用状況を遠隔で把握できる

子供(利用者)がどんなWebサイトを見ているのか、どの程度の時間ネットをしているのか、PCから契約者(親)が把握することができます。

ブロックされたサイトや、検索したキーワードまでチェックできるので、子供がどんなことを検索したり興味を持っているのか知れてしまいます。

悪い方向に興味を進めるのを止めるには最適ですが、子供にも知られたくないプライバシーってものがあるので使い方には気をつけなければなりませんね。

3. ネットの利用時間を制限できる

スマホの長時間利用は小さい子供にとって心身ともに悪影響を与えかねません。そんな時は親が利用時間を設定・制限することができます。

遅い時間のネットを制限することで、子供の寝不足や夜更かしも改善できると思いますよ。

i-フィルターはマイページから申し込みしておこう!

i-フィルターはiPhone、Android 、Windowsで利用できます。

マイページから発行した申し込み可能なので、申し込んだらi-フィルターアプリをダウンロードしましょう。申し込み時のコードをアプリのID欄に入力すれば使えるようになります。

詳細 LINEモバイル

まとめ

LINEモバイルでは、2017年4月30日まで、月額基本料金が最大3ヶ月間無料になるキャンペーンを展開しています。

LINEモバイルはまだ始まったばかりの最新SIMなので、通信速度が非常に早い状態です。一番快適に使えるのは間違いなく今現在です。

LINEモバイルの契約を検討している方は、必ずこのキャンペーンを逃さぬようお早めに申し込んでおきましょう!









-LINEモバイル, キャンペーン情報

Copyright© おすすめの格安SIMで賢いスマホ節約術|賢者のSIM , 2018 All Rights Reserved.